2022年01月22日

しょうがパウダーであらゆる病気を招く冷えを改善!


最近ひどい冷え性の子供のために
しょうがパウダーを買ったのですが
生姜について調べてみるととても
良い効果が色々ありますね。

▼購入した商品はこちら


生姜には冷えに効く効果がある
のは有名ですが、生の生姜だと
逆に体を冷やしてしまうようです。

蒸して乾燥させたものだと効果も
上がり体を温めるとか。
自分で蒸したりするのは大変
ですが今はパウダーになったもの
が市販されているのでこちらは
お手軽で本当に便利です。


さて生姜の効能というより冷えが
誘発する病気ってたいていの病気
は冷えから来るのかもしれません
が、漢方ではうつ症状も冷えから
来ると考えられている
ようです。


私の経験でも冬になると不眠等の
うつ症状が出ることがありますので
冷えがうつを誘発することもある
ような気がします。




いずれにしても血の巡りが悪いと
何も良いことはありませんし、
体温を上げるためにもしょうが
パウダーはとても効果がありそう
です。ゴースト血管の復活にも
活躍しそうですね!



さてしょうがパウダーを使い始めて
20日位経ちますが、私もお腹から
冷えが出ていった感じ(常にお腹
が温かい感じ)
がしますし、子供
も手足が温かい感じがすると言って
います。健康維持のためにも、また
うつ病の予防にもお手軽なしょうが
パウダーはおススメです!


posted by ごくう at 13:22 | Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2022年01月09日

とても良い記事:“なぜかいつも幸せそうな人” がしている3つの習慣。幸福を感じるには「たった5分」あればいい




なぜかいつも幸せそうな人がいる
一方で、なぜかいつも不幸せそうな
人もいます。

同じような環境であってもこうした
差はあるように感じますが、これは
一体どこから来るのでしょうか?

どうせ生きていくなら「いつも幸せ
そうだ」と思われるような生き方の
方が絶対良いに決まってます。

そのコツが書かれています。

では記事をどうぞ。

▼記事はこちら
“なぜかいつも幸せそうな人” が
している3つの習慣。
幸福を感じるには「たった5分」
あればいい

---------------------------------------

      (引用)

忙しい毎日でも、いつも幸福を感じ
ながら過ごしたい。でも、心身は
疲れてるし、少しもゆとりがないし、
幸せどころではない……。

そんなあなたに、「たった5分」で
幸福感が高まる3つの習慣をお伝え
します。どんなに慌ただしくても
手軽にできるものばかり集めました。
さっそく説明していきましょう。


1. 5分で「感謝ノートを書く」習慣

ほんの些細なことへの感謝を、
ノートに書きとめる習慣です。

じつは、「感謝する」行為が幸福感
を高めるということが、研究により
明らかになっています。

(省略)

この研究で感謝したグループが書き
とめていたのは、両親、好きな歌手、
朝の目覚めなどさまざまなことに
対する “ちょっとした感謝” でした。
わざわざ “特別な感謝” をしなくても、
幸福につながるのです。


2. 5分で「大好きなことをする」習慣

いつも幸せを感じられる人でいるには、
短くても、自分が大好きなことに没頭
する時間をつくることが有効です。

なぜなら、大好きなことに夢中になった
ときに感じる「ワクワク感」が、脳を
プラス思考に導いてくれる
から。




3. 5分で「ちょっとだけ掃除をする」習慣

「今日も私は幸せだ」そう感じられる
日々を送るために、短い時間でちょっと
だけ掃除をするという良習慣を始めま
せんか?

というのも、掃除と幸福感の関係が
心理学的に認められているから。

心理カウンセラーの小高千枝氏に
よれば、掃除を継続すると、頭と心を
常に整理しておけるので、安定した
心理状態を保てるとのこと。
そうして精神的なゆとりが生まれ、
小さなことにも幸せを感じられる
ようになる
ので、幸福感が高まって
いくのだそうです。掃除は、心理療法
のひとつでもあるのだとか。

「毎日忙しすぎて掃除してる暇なんか
ない!」という人でも心配ありません。
掃除の時間が短くても、幸福感を得ら
れることが明らかになっているのです。
---------------------------------------

幸せそうな人、不幸せそうな人を
比べてみると、幸せそうな人は
何かと整然としていて余裕があり、
その余裕がまた整然を生み幸せ
そうに見えている感じです。

反対に不幸せそうな人は常に何かに
追われているような感じ
で、整然と
してないので空回りばかりしている
印象。頑張ってるんだけど空回り
している感じがするのはピントが
合っておらず無駄なことばかりして
いる感じがする
から。つまりこれは
何をやるにしても整理されておらず
行き当たりばったり感があるから
なんだと思います。


周りからの印象もさることながら
自分自身の余裕の無さが本当に
大変で痛々しいならとても損
ですね。

なのでこの記事にある通り、
ちょっとしたことで幸福に
繋がる行動をとれるならやらない
手はありません。
自分が不幸せ
だなと感じているなら今日から
でもこの記事のことを実行する
ことが良いのではないでしょうか。


posted by ごくう at 14:00 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2022年01月03日

気になる記事:2022年は「インフレ下の低賃金」、苦しくなる生活〜現実味帯びるスタグフレーション




物価高がいよいよ身に染みてきた・・・。
2021年後半以降何かと物価が上がり
「あれ?」と思った人も多いのでは
ないでしょうか。


それが2022年になるともう手にを
得ない感じになってくるのでは?

思います。値上がりは当たり前で
10%の実質値上げならまあ大した
ことないか、というのがデフォに
なるような気がします。


でも給料はすぐには上がりません。
しかしそれに対して国や企業に
対して文句を言うのは間違ってます。

だってインフレというのはそういう
ものですから。国内外問わず過去の
事例を見ればそんなことはごく普通
のこと。インフレに対して準備を
しておくのが当たり前
なのです。


デフレの後には必ずインフレが来る
と聞いたことがあります。
数十年続いたデフレのマグマは深く
大きい。

それがどういう形でインフレになる
のかは分かりません。円安による
輸入インフレならまだマシかも。
私が一番心配しているのは財政への
信用失墜で起きる財政インフレ
です。
これは本来一番最後に起きるインフレ
でしょうが日本の場合赤字国債が
大きすぎてかなり早い段階で来る
可能性もあると見ています。




記事にあるスタグフレーションは
もう普通のこととして受け止めて
います。それよりも今できることを
コツコツとやっていく。
外国株投信(ETF)等に替えておく
のは当然として、

・無くなるととたんに困る生活必需品
(台所洗剤、洗濯用洗剤、歯磨き粉等)
 の備蓄を増やす
・子供達の学業に影響が出ないように
 消しゴム、シャーペンの芯レベルで
 備蓄しておく
・寿命が近づいている家電は少し早めに
 買い替えておく
・欲しかったモノは無駄遣いにならない
 レベルでもう買ってしまう


そういうレベルに来ていると思います。
ネットのニュースもようやく(?)円安
危機、輸入インフレ危機、そして財政の
リアルな不安が出てくるようになって
きました。
今年はいよいよターニングポイントに
なる年かもしれません。

▼記事はこちら
2022年は「インフレ下の低賃金」、
苦しくなる生活〜現実味帯びる
スタグフレーション





posted by ごくう at 10:44 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2022年01月01日

ニキビに悩む人や頭皮のケアに!買って良かった「リファファインバブルS」



家族4人のうち男性は私一人の家庭
ですが、前から気になっていた
「リファファインバブルS」を使って
約10日。使ってみて初めて分かった
のですがこれホントにいいです!

元々はいくら言っても長〜くシャワー
を使う(1時間はザラ)娘達の節水
対策、ガス代対策に買ってみようと
思ったのですが、リファを使って
みると肌、頭皮の感じが全然違う!
ミストの効果で肌はしっとりして
いるし、鼻の黒ズミは毛穴スッキリ
パックをしなくてもキレイになって
るし、頭皮のアブラはよく落ちて
いるせいか1日経ってもベタベタ
していないし、娘のニキビも劇的に
改善しているしで、これはとても
良い買い物をしたわ!と家族で
喜んでいます。




これで当初の目的どおり水道代、
ガス代が減らせれば本当に嬉しい
のですが、たとえそれが無かった
としてもこれだけの美肌効果、
美容効果があるなら3万円でも
安いと思います。

女性の方はもちろん、しつこい
ニキビで悩んでいる方や頭皮の
ケアを気にしている方にもピッ
タリの製品だと思いました。


posted by ごくう at 16:09 | Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021年12月08日

良い記事:立場が上になるほど「誰かが見ている」...結局は“部下第一”が重要な理由



長年仕事をしていると必ず

ここは踏ん張り時

ということがあります。

仕事だけでなく人生でもそう。
何事につけても踏ん張り時
必ずやってくるのです。


その時、どう対応するか。


ここが立場が上になる人か、
それともそうでないかの見極め
どころです。


例えばリーマンショックやコロナ
ショックでどう対応しているか。
これこそ踏ん張り時

これは仕事もそうですし家庭でも
そうです。ピンチが来た時にどう
対応するかが今後の周りの人にも
影響していきます。


踏ん張り時に頑張ることができ
ない人はリーダーを務めるべき
ではありません。もっと言うと
親になってもいけないと私は
思います。



踏ん張らないといけない時に
踏ん張れることが出来ない人は
基本的に周りから信頼を得る
ことはありえないでしょう。


今回の記事のタイトルにある
「誰かが見ている」というのは
立場が上の人だけに言えること
ではありません。いきなり立場
が上になることはありませんから、
下の立場からその姿勢を持って
いることが大事なのだと思います。


要は仕事に対して覚悟を持って
仕事をしているか。家庭なら
覚悟を持って家を運営しているか。


そういう人間の本質のような
ところが周りの人は見ていると
いうことですね。




-------------------------------------------

(本記事の大事なところ抜粋)

自分中心ではリーダーは務まらない

自分中心ではなく、『会社第一』
『部下第一』に物事を考えることが
できるかどうか、ということ

本当に正念場のときには、自分の
プライベートや家族のことよりも、
会社や部下のことを優先せざるを
得なくなります。極端な話、家族が
災害に遭ったときでも、自分の家の
ことは置いておいて、会社に行かな
くてはいけないときだって出てきます

いざというときに身体を張る覚悟は
あるか

本当に正念場のときには、自分の
プライベートや家族のことよりも、
会社や部下のことを優先せざるを
得なくなります。極端な話、家族
が災害に遭ったときでも、自分の
家のことは置いておいて、会社に
行かなくてはいけないときだって
出てきます

今どき、「会社や部下のために、
自分の生活や家族を犠牲にする」
というのは、時代の潮流に逆行
しているようにも思えるが……。

「いやいや、『自分や家族なんて
二の次だ。会社や部下のために、
常に身体を張って働け』と言いたい
わけではありません。リーダーを
務めていても、ほとんどの日々は
平穏に過ぎていくものです。
そんなときはプライベートも充実
させればいい。

けれども、組織には、何年かに一度は
非常事態と呼べるようなことが
必ず起きるものです。大切なのは、
そのときに身体を張れるか、という
ことです。事態の対処に失敗すれば、
クビや左遷になるかもしれない。
部下の給料を減らしてしまうことに
なるかもしれない。

そんなときに『私に任せてくれ』と
発言でき、会社第一、部下第一で事に
臨めるだけの覚悟があるかどうかと
いうことです。もし『そんな覚悟は、
自分には持てそうにないな』という
人は、最初からリーダーになること
を辞退するべきだと思います

立場が上になるほど「誰かが見ている」

「サムシンググレイト」を信じる
ようになって以来、丹羽氏は生きて
いくうえでの姿勢が変わったという。

「どんなときでも『クリーン、オネスト、
ビューティフル』であろうと考える
ようになりました。誰にもばれない
ようにやっているつもりでも、誰か
がきっと見ています。
仕事で手抜きをしたときでも、道徳的
によくないことをしたときでも、
誰かが必ず見ている。

部下との対話には五感を使うべき


▼記事はこちら
立場が上になるほど「誰かが見ている」...
結局は“部下第一”が重要な理由

-------------------------------------------


posted by ごくう at 15:32 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする