2021年03月28日

全国民必読記事:財政破綻という最悪の事態に備えを



日本が財政破綻するなんてありえない。

そういう論調が最近目立ちます。

厳密にいえば財政破綻は無いのかも
しれませんが「明らかに国家として
財政破綻状態である」
ということに
なる確率は相当高いと思います。


お金を刷れば何の問題もない。
今は緊縮財政である。


そうおっしゃる方は今の通貨価値が
いつまでも続くとお考えでしょうか。
昭和45年頃、日本の月給が1万円、
2万円の時代に、国がお金を沢山
刷って月給を20万円、30万円に
しなかった理由は何でしょうか。
そもそも国が沢山お金を刷れば
国民の月給は上がるものなので
しょうか?


通貨価値はその時代によって
異なります。ここ100年だけを
見てもそんなことすぐ分かると
思うのですが?



通貨の信認に疑念が生じ、通貨が
暴落し激しいインフレになって
月給が100万円になった!やった!
と喜んでいても米が10kgで5万円
になったら額面が100万円になろう
と1000万円になろうと通貨価値が
下がっただけの話であり、これで
喜ぶのは借金をしている人、
外貨資産や株、金、プラチナを
持っている人達だけでしょう。



記事を読んでいただければ分かり
ますが、日本に蔓延しているのは
「無謬性のロジック」でしょう。

ちょっと骨太の話になるとすぐに
「無謬性のロジック」を持ち出して
来る人が多いと思うのは私だけで
しょうか。

しかしこれはあまりに現実を無視
しすぎです。現実にすべて答えが
あるのであって、現実を無視して
いてはすでに「負け」に向かって
走っているようなもの
です。


消費税を25%〜30%にする、社会
保障費をこれ以上上がらないよう
にメスを入れる、あるいは負担を
増やす、など、思い切ったことを
やらないともう国は持たない領域
に来ていることは間違いないと
思います。(だからコロナ禍でも
色々手当てが薄くなってしまうの
だと私は思います。)




------------------------------------------


(主な項目)


財政は破綻しない?――日本を蝕む
無謬性のロジック


人類未踏の領域に達する債務の
行く末は


財政破綻とはどういう事態か


高率のインフレで国民生活は
どうなるか


「財政に問題はない」という
議論は正しいか


財政再建よりも経済成長を優先
させるべきか


将来世代のための合意



▼記事はこちら
財政破綻という最悪の事態に備えを
(東京財団政策研究所)

------------------------------------------

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

財政破綻後 危機のシナリオ分析 [ 小林 慶一郎 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2021/3/28時点)


posted by ごくう at 13:45 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021年03月21日

良い記事:「働くことが楽しいなんて人、いるんですかね?」と言う後輩に、言いたかったこと




働くのはしんどい、きつい。
そう思っている人は休みの日はウキウキ
しても日曜日の夕方には「ああ、また
明日から仕事か〜。憂鬱だな・・・。」

なんて思うと思います。


かくいう私も結構な年齢になるまで
ずっとそうでした。
仕事どころか
中学くらいまでは夏休みの終わりが
近づいてくると日に日に憂鬱になった
ものです。


しかし今はどうかと言えばそれほど
働くことが嫌だとは思いません。
しんどいと思う時はしょっちゅう
ありますが、「休みがもっと欲しい」
とか「もっとラクしたい」とは思い
ません。



なぜ仕事への考え方が変わったのか?


それは「仕事が楽しい」とまでは行き
ませんが、だいぶ「楽しい」に近い
ところまで来ているから
だと思います。


ではなぜ「楽しい」か?


それはこちらの記事を読んでもられば
分かりますが


▼記事はこちら
「働くことが楽しいなんて人、いる
んですかね?」と言う後輩に、言い
たかったこと



結局は2つあって


・仕事が無い時の辛さを知っている

・仕事は自分を表現する場所である



ということで、この記事の方と同じ
考えに至ったからです。


まず「仕事が無い時のつらさを知って
いる」から。

私は15年位前に病気で入院した経験が
あります。入院は10日程だったので
すが、最初はゲームをしたりDVDを
観たりして快適に過ごしていたの
ですが、3〜4日でその生活も飽き
ました(笑)。
そして5日それ以降はゲームしても
DVDを観ても読書をしてもそれほど
楽しめませんでした。


何の制約もなく自由な時間で人が
創ったものを楽しんでいるだけ、と
いうのはそれほど長時間は楽しめ
ないんですね。




そして「仕事は自分を表現する場所
である」にも繋がっていくのかも
しれませんが、結局何らかの形で
自分を表現する場所、アウトプット
する場所がないと息詰まってくる
んです。



仕事という行為は「時間やお金や
権限という縛りがある中でいかに
うまくやるか」というゲームみたい
なものです。これは勉強にも言える
と思うのですが、何の制約もなく
できることという方が辛いのだと
思います、これだと頭を使わなくて
いいですからね、そっちの方が
よっぽど辛い。



なので「働くことが楽しいなんて
人、いるんですかね?」という人は
ズバリ言ってしまえば、


それほど縛りもないから辛い。
実は言うほど働いてないし、
仕事以外もたいして活動していない。


ということなんだと思います。


でもこの記事にあるような話は
どの会社でも聞く話。
ポジティブとかネガティブとか
そういう話でもなく、誰でも
通過する中二病みたいなもの

なのかもしれません。




posted by ごくう at 15:16 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021年03月20日

我が社はこのコロナ禍で「営業は要らない」と判明



私の会社は非常にニッチな商材を
扱う会社です。
ニッチな商材ながら色々な分野で
使われることが多い商品で固定客
が多い、だから営業は基本的に
ルート営業のスタイル。
お客に顔を売っていればコンス
タントに注文が入ってくる仕事
でした。


しかしこのコロナ禍で営業活動が
実質的に停止。
お客と会うことも
ままならず営業は一体何の仕事を
すればいいのか?なぜかZOOMを
使うこともせず、かと言って電話
で営業をするわけでもなく、ただ
社内にいるだけ(見積り等はやる)、
そんな状況が半年位続きました。


半年経過後、社内の多くの人が
感じたのですが、不思議なことに
営業活動をしないことが原因と
思われる売上減少は無く、売上
は回復してきました。

営業活動を殆どしていないにも
関わらず、お客はしっかりと
ついていてくれたのです。


それもそのはず、我が社はニッチ
な商材を扱う企業。別に営業が
売り込まなくても固定客がつい
ている状態なら営業はこれと
いって必要が無いのです。



実はコロナ前から薄々そう感じて
いた人は多かったのですが(私も
その一人)、会社の人員の2割も
いる営業に対して面と向かっては
言えません。ですが多くの人達は
「営業って何してるの?」
と影で言っていて、それがこの
コロナ禍で「営業は(それほど)
必要ない」
ということが判明して
しまったのです。


もちろん新規開拓や休眠企業の
アプローチは必要でしょうが、
ニッチがゆえにそこまで競争が
無い業界で一度ルートさえ出来
てしまえば営業は要らないという
仕事スタイル。


これ、社内では革命が起きた
ようなものです!





このようなことは私の会社に限らず
実は多くの会社で起きているのでは
ないでしょうか?



この仕事、必要だと思っていたけど
実はたいしてやらなくても良かった


テレワークにしてみたら思いのほか
普通に仕事がまわった


飲み会が減ったけど仕事にはあまり
影響が無かった



そんなことが今後どんどんと判明
されてきそうです。
コロナ前とコロナ後。今までずっと
当たり前だと思っていたことが実は
必要なかった。いやむしろその方が
良かった。

こんなこと言っては何だがコロナが
あったおかげで無駄が炙り出すこと
ができた。

今までなかなか言い出せなかったが
コロナという外圧があったおかげで
改革ができた。


あと2〜3年で会社の運営の仕方も
かなり変わっていくのでは?と思わ
ざるをえません。これは歴史の必然
なのかもしれませんね。




posted by ごくう at 23:38 | Comment(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021年03月14日

能力は高かったのに自ら自滅に追い込んでしまった人。その原因とは



私の会社にいわゆる高学歴と
言われる大学に入ったにもかか
わらず、年々仕事で不利な立場
になっている
人がいます。


入社した当時はさすがに高学歴
だけのことがあり色々改善の
アイデアを出し、業務効率化に
貢献していました。


しかしそれもいつまでも続くわけ
ではありません。仕事内容自体が
とてもシンプルなせいかいわゆる
「ネタ切れ状態」になり、仕事の
改善案もめっきり減っていき、
普段の仕事さえもやさぐれて
いるような状態
になってしまい
周りからも人がどんどん離れて
いってしまった
のです。


能力は高かったのにやさぐれて
態度が悪いと周りに協力者が
いない状態になり、こうなると
次第に良い情報が入りづらい
状況になって本来の力が発揮
されなくなってしまった

だと私は思います。


これは周囲の人が彼を孤立化
させようとしているわけでなく
やさぐれている人に人は寄って
こない
だけのこと。


でも彼はそこに気付けず、周り
は力を貸してくれない、周りは
バカばっかりだ、
周囲を見下す
ようになっていってしまい、
それがまた孤立化→やさぐれる
という悪循環パターンになって
いってしまったのです。




「能力は高かったのに」と書き
ましたが、能力はずっと高いまま
維持できるとは限りません。

初期能力は高くても下がる人も
いればさらに上がる人もいます。
この人は能力高かったのに周囲
を見下していたせいで「実質的
に能力が下がってしまった」

実に勿体ないことです。


こうなってしまったのは結局
自分がそういう方向付けをして
しまったのです。

初期能力が高いばかりにそれが
いつまでも続くと勘違いして
しまった典型例。会社、人、
世の中は常に流動的です。
いつまでも同じことが続くとは
限りません。
高学歴の人、お金持ちの人、
英語やパソコンが得意といった
スキルを持つ人。

どれもすごいことでしょうが、
この価値が未来永劫続くとは
限らないのです。

今現在優位な立場にいる人ほど
このことを忘れてはいけない
のだと思います。




posted by ごくう at 09:42 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021年03月07日

休みの日にスマホばかり見ていない?疲れを溜めないために、休みの日こそ動く!




私の会社は3月決算なので3月は
何かと忙しいです。さらに個人的
に2月〜3月は確定申告もあるし
とにかく休みが貴重。最近は有給
義務化で休みもだいぶ取りやすく
なりましたけど、それでも3月は
なかなか休みを取るのが難しい
というのが現実です。


しかし、そんな忙しい時の休日
こそ家の掃除やら住宅ローンの
見直しやら、やらないといけない
こと、やっておいたほうが後で楽
になることを積極的にやっておく
と、頭から「やらないとストレス
が溜まること」が減ることで、
逆に疲れが取れると最近気付き
ました。


▼関連記事はこちら

3連休明けの学校や仕事が嫌だ
と思う人に・・・・・
必要以上にオフを休み過ぎて
ませんか?


良い記事:うまくいっていない
という不満を持つ人ほど、日々
の活動量が足りていない





今日は年末の大掃除の時できな
かった冷蔵庫の掃除、あとは
住宅ローンの見直しに伴う銀行
への連絡、その他家の掃除を
やりました。


仕事が6連勤で疲れが溜まって
いるせいか少し昼寝をしてしま
いましたが、それでも家が綺麗
になると気分もスッキリするし
住宅ローンのこともやっておい
たほうが良さそうなのでこれも
また少しスッキリ。逆にこれを
やらなかったらまた後でやる
だけなので、やって良かった!


疲れを溜めないために、休みの
日こそ動く!



たまにはダラダラする日も必要
だけど、スマホやテレビばかり
見て過ごす休日はたいして疲れ
が抜けない
だからこそ動く!


これからもこういう感じで休み
を過ごしたいと思います。




posted by ごくう at 17:39 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする