2021年02月13日

嫉妬→コントロール思考→鬱という自家中毒状態の恐怖



心理学の本を多く出している
加藤諦三氏によると
「鬱の本質は嫉妬である」
とのことですが、働きすぎて
燃え尽きるような鬱なら休めば
治りも早いでしょうが、嫉妬から
来ている鬱は自分自身で起こして
いる自家中毒のようなもの
で、
なかなか治らない、もしくは
治ったとしてもまたぶり返して
しまうのではと思います。
(※私は医者ではありません。
あくまで私の主観ですので
ご注意ください。)


この嫉妬から来る感情が強く
なると(嫉妬が強くなると)
相手をコントロールしようと
する
人がいます。


このブログで何度も書いて
いますが、他人をコントロール
しようとすればするほど悪い
状況になります。
この理由は
至ってシンプルで、そもそも
他人はコントロールできない

からです。


本来する自分自身へのコント
ロール(自制・自律・自立)
二の次で、嫉妬相手である他人
をコントロールしようと必死、
でも基本的に他人はコント
ロールできないからイライラ
してしまって鬱状態になる。
こんな自家中毒型の鬱状態を
ずっと続けている人はいない
でしょうか?


知らず知らずのうちにこの
悪循環パターンにはまって
しまうと、どんな友達でも
どんな職場でも誰ともうまく
いかなくなるのは目に見えて
います。


こういう人は本当に小さな事
にたいしても常に勝ち負けを
持ち出してしまい、そこに
囚われ、それで無駄に嫉妬して
いるということが多いように
思います。
つまらないことで
勝ち負け(上か下か)を意識し
それで疲弊しつつ自分より上の
人が気に入らないからコント
ロールしようとし、さらに
悪いことに自分より下の人と
しかつるめなくなってしまう
から成長もしない、それで
ますます出来る人に対して
嫉妬をあらわにし鬱状態と
なる。




この鬱自家中毒状態は本当に
何も生み出さない。
楽しい
ことも良いことも生み出さず
本当に時間の無駄です。


そんな状態になるくらいなら
まずは嫉妬は実に馬鹿らしい、
自分は自分なんだと割り切って
自分が楽しいと感じることに
時間を使ったほうがはるかに
有意義というものです。


そうしていけば自然と他人を
コントロールしようとも思わ
なくなり(良い意味で他人に
それほど興味が無くなる)、
鬱状態も良くなるのではと
思います。




posted by ごくう at 23:09 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年12月30日

何かしてもらえないと嘆く前に、あなたは自分から何かしましたか?



コロナに始まりコロナに終わる。
2020年はそんな戦争状態のような
年でした。


得体のしれない新型コロナウイルス
のせいで一体どれだけの人々が
苦労し、犠牲になったのでしょう。
戦争のように爆弾が落ちてくるわけ
ではないですが、静かに入ってくる
ウイルスは物音がしない爆弾と同じ
と私は感じています。


それにしてもこのような状況で
やはり

「国は何もしてくれない」
「会社は何もやってくれない」

という人たちがかなりいるように
思います。


確かに戦争状態のような状況で
すから、国や自治体のサポートも
十分とは言えないかもしれません。


会社や学校だって同じです。
何が正解か分からない状況で色々
手を打っていても、それでも満足
できない状態かもしれません。


こういう話が出るにつけ、いつも
以前人から聞いた話を思い出します。


------------------------------------
友達や恋人がいないとボヤく人は
たいてい自分から話しかけたり
誘ったりしない。
そのくせ自分には友達や恋人が
いないと嘆く。
------------------------------------



まったくその通りの話です。


自分は友達から誘われない。
→じゃああなたは自分から誘った
ことはあるのですか?


上司は私に仕事を振ってくれず
気に入った人にだけ仕事を振る。
これじゃ出世しようがない。

→では上司にこういう仕事を
したいので機会があれば振って
くださいと言ったことはあるの
ですか?





人は受け身だとその人のキャラが
分かりません。自分からこういう
ことをする、こうしたい、という
意思が見えて初めてキャラが伝わ
るのです。受け身でいる人は何年
つるんでいても結局どんな人なのか
つかみようがないのです。



国は何もしてくれない、という
話も理解はできますが、私はこの
コロナ禍でもNISAでそこそこ
儲けを出しています。NISAで
出した利益は非課税です。これは
国がやってくれている制度です。


ふるさと納税もしかり。実質
2000円の負担でしゃぶしゃぶ用
豚肉3kg、ホタテ2.5kg、かつおの
刺身2kg、真鯛の漬け10パック、
ジンギスカン2.4kgをゲットして
家計の節約に励んでいます。


人間関係、コミュニケーション、
コロナ禍での国や仕事の対応、
いろいろ問題はあるでしょうが、
まずは自分から何かしてみること
が大事なのではないでしょうか?

自分では何もせず周りが何かして
くれて当然では虫が良すぎると
いうものです。


▼関連記事
「〇〇さんがやってくれない」はコント
ロール思考である





posted by ごくう at 18:34 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年11月07日

参考になる記事:9割の人が知らない「無自覚に相手をコントロールしてくる人」に対抗する方法




このブログでは脱コントロール思考
を目指し「コントロールしない、させ
ない」
が大事だと考えています。


相手をコントロールしようとすれば
するほど(一時的には良いかもしれ
ませんが)ロクなことが起きず、
自分と周りが不幸になるだけだと
考えていますので、このような
思考から逃れることがとても重要
だと思います。


こちらの記事は「これぞまさに!
コントロール思考!」
という内容
です。ではどうぞ。


-------------------------------------------

[質問]

親に公務員になれ、さもなくば来年度は
一切の経済援助をしない
と突然言われま
した。

4月に大学4年になる者です。首都圏の
大学に通っています。民間企業への就職
を考えて就活していたのですが、親に
公務員になれ、さもなくば来年度は一切
の経済援助をしないと突然言われました。
大卒資格を失うのは想定外だったので、
話し合って公務員になることに従うと
伝えました。

しかし、諦めきれなかった自分が悪いの
ですが、民間就職はどうしても駄目かと
最終確認をしたところ、激昂して「4月
から大学を辞めて帰ってこい、今まで
借りていた借金(学資ローンのようですが
詳細を教えてくれません)を働いて返せ」
と言われました。大学の就職課にも相談
しましたが、同情されただけでした。
期限まであと1ヵ月もありません。
自分の望みは大卒で首都圏で民間就職
することです。親と和解することは
できないのでしょうか?
今までの出来事から、親が恐ろしくて
逆らいたくない自分もいます。



マインドコントローラーに人生を譲り
渡してはいけない



[読書猿の解答]

まず落ち着いてください。それは、
無茶を押し付けパニックに陥らせて視野
と選択肢を狭めて言うことを聞かせる
いつもの手口
です。どうか冷静に、
呼吸は深く、視野は広く。


あなたの敗因は、そういうやり口が常套
手段になっている(味を占めた)相手に、
わざわざこちらから本心をさらけ出した
上に許しを得ようとしたこと、相手に
決定権を移譲したこと
です。


この手口を使う無自覚なマインドコント
ローラーは世の中に少なからずいて、
この手口に弱い人を見つけるのが得意です。
というより、フラットな人間関係を結ぶ
やり方を知らない
のでまともな人には
相手にされず、この手のやり方に弱い
犠牲者候補しか周りに残らない
のです。


つまり今回、親御さんの圧迫をやり過
ごせても、この先、あなたは同種の手口
を仕掛けてくる人間に繰り返し出会う
ことになります。
対策を身につけて
おかないと、人生を繰り返し譲り渡す
羽目に陥ります。事は、この一、二年を
棒に振るだけで済みません。


あなたは近い将来社会に出ることに
なるので、あえて申し上げますが、
あなたの問題を丸抱えして解決して
くれる人はいません。そうした振りを
してあなたに近づく人は皆、あなたの
視野と選択肢を狭めるやり方を使って
来るでしょう。



他人に解決を丸投げするのでなく、他人
から得られる部分的な援助を複数集めて、
自分なりに束ねて解決を目指す(無論
その責任は自分が負う)ことができる人
のことを、大人と呼びます。



・・・・


▼引用
9割の人が知らない
「無自覚に相手をコントロールしてくる人」
に対抗する方法

-------------------------------------------




長い引用でしたがいかがでしょうか。


コントロール思考の人は相手を平然と
コントロールしようとしてきます。
家族(子供)、友人、同僚、部下。
近い人に対して「コイツはコントロール
できる!」と見るや、すぐにコント
ロールを始めます。


彼らは基本的に相手と対等に関係を
築くことができません。

常に上か下かを意識し、自分が上に
なれそうなポジションだと即座に
上になろうとします。


またマウントを取ってくることも
常套手段です。常に上からでいたい
ため、事あるごとにマウントを取ろう
とし
、もしマウントが取れないと
不機嫌になったり相手を悪く見たり
(下げたり)します。


これらコントロール思考の根源には
激しい劣等感があり、常に余裕が
ありません。自信が無いのです。


自分に自信が無いから自分より下だ
と思える人としか付き合えないし、
上の人を敵視することで上のレベル
の人を見ようとせず、それで安心を
得ているのです。


このようにコントロール思考の麻薬に
染まってしまった人は、人間としても
成長もせずコントロールばかりして
いるのでまともな人からも嫌われ、
ロクな人が周りに集まらない悲しい
状態になってしまうのです。
まさに悲劇ですね。


だからいかにコントロール思考から
離れるか、無意識に染まってしまう
こともあるコントロール思考を意識
して脱コントロール思考にベクトル
を向けるかが重要
なのです。




posted by ごくう at 16:07 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年08月16日

参考になる記事:「ずるい人」を寄せつけない方法



ずるい人というのは社会に出ると
結構普通にいるものだな、とよく
思います。平気で嘘をつく、人の
手柄を取る、人を陥れる。
こんな人、本当にいるの?
どんな育ちをしてきたのだろう?

と思う方もいらっしゃるかもしれ
ませんが、ごく普通にいると私は
思います。もしそう思わないので
あれば、あなたの周りは相当に
いい人が集まっているのかも
しれません。何とも羨ましい限り。


▼参考記事はこちら

「ずるい人」を寄せつけない方法
「真面目な人」ほどターゲット
にされる!


記事にありますが、ずるい人の
根っこにあるのは「嫉妬」
この嫉妬という感情は実に厄介
だと思います。
でも・・・自分の嫉妬心で人を
陥れてはいけないのですが、
こういう人は案外無意識でやって
いることもあるんだな
と思うん
ですよ。もうそれが人生のスタ
イルになってしまっている。
それはそれで悲しいものがあり
ますけど・・・でも人を陥れる
ということはダメです。だって
結局自分に返ってきてしまう

のですから。


嫉妬の感情が強い人は劣等感が
強い
とも言えます。そして
自己肯定感が低い。これは様々
な要因(それこそ幼少期から)
が絡んでいますから一概にどう
とは言えませんが、しかし大人
になったのなら、必要以上の
劣等感、低い自己肯定感は
止めるべきだと私は思います。
なぜなら、それは自分でそう
している(選んでいる)面が
実は多くあるから。





いやいや、私の劣等感や低い
自己肯定感は親から、あるいは
兄弟から、友人から来たもので
私は悪くないよ!と言いたい方
も大勢いると思います。


でもそれは子供の時の話では?
大人になったら、少なくとも
20歳を過ぎたら自分でそういう
環境から抜け出しましょうよと
私は言いたい。厳しいことを
言うようですが、人のせいに
してその環境から抜け出せない
のは実は本人のせいです。
今すぐには難しくても、自分の
劣等感、低い自己肯定感を
そのままにしておくのは自分で
それを選んでいることが多い。
だってラクですから。
私はそう思います。


その劣等感などの怒りを自分
より優れているだろう人に
ぶつけてみても、実は何にも
なりません。いや、ならない
どころかマイナスにすらなる。


▼参考記事はこちら

嫉妬という感情が強ければ強いほど、
自ら悪い状況を引き寄せてしまう



だから人を妬んでも何にも良い
ことなんて無いんです。



そんなことより自分自身を楽しみ
ましょうよと言いたい。
勉強、子育て、介護、仕事、どれも
大変そうですが実は人が生きる上で
多くの人がこれらを経験します。
ならいっそのことそれらを真正面
からやってのけていったほうが
人生有意義ではないでしょうか?
そうすれば人のことなんてどうでも
よくなると思うんですけどね。





posted by ごくう at 16:53 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年08月11日

「〇〇さんがやってくれない」はコントロール思考である



・学校の先生が〇〇してくれない。

・部下、上司が〇〇してくれない。

・親が〇〇してくれない。

・国(行政)が〇〇してくれない。

・医者が〇〇してくれない。

・塾の先生が〇〇してくれない。

・友人が〇〇してくれない。



こういうことをしきりに言っている
人がいます。




私はこういうことを聞くと必ずこう
思いますし、以下のように質問します。


--------------------------------------
じゃあ、あなたは何をしたのですか?
--------------------------------------

--------------------------------------
では、あなたは何をしたいのですか?
--------------------------------------



こう聞き返すと相手はたいてい妙に
多弁になるか(←ほとんど言い訳)
黙ってしまいます。


つまり何もしていないのです。


何かをしていても「やった」とは
とても言えないようなレベルでしか
「やっていない」のです。


「●●さんが〇〇してくれない」と
言っている人は依存的な人です。
依存的な人は相手をコントロール
する、されるの関係です。
つまりコントロール思考にドップリ
浸かっているのです。



こういう人はどこに行っても何を
しても、最初はうまく行っていたと
しても、次第に行かなくなっていき
ます。
それは当たり前の話で、結局
相手に身を委ねているだけだから。

「自分が〇〇しよう」「自分はこう
しよう」というのが無い人に、誰も
応援はしてくれません。それでは
上手くいくわけがないですよね。


▼関連記事
自分をコントロールできないと
他人をコントロールしたくなる?


自分が提供側か消費側かの自覚はある?
この差はとても大きい。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひとの性格・感情辞典 心理学でわかる [ 渋谷昌三 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/8/11時点)



posted by ごくう at 11:54 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする