2021年02月20日

職場の人間関係で辞めようかと悩んだらこれを思い出そう



職場の人間関係で仕事を辞めたく
なる。こういう方も多いかと思い
ます。


今のようなコロナ禍だから言う訳
ではありませんが、仕事を人間関係
で辞めるのはとても勿体ないです。
なぜなら「実はそんなに悩むこと
ではないから」
だと言うことです。


このブログでも何度となく書いて
きましたが、職場の人とは仲良く
なろうとするものではありません。

職場とは仕事をするところですから
仲良くなれたらラッキーくらいの
つもりでちょうどいい
のです。


でも仲良くならないと何かと不利
になるんじゃ?


そう思う方、またそう思っている
職場も多くあると思います。
ですがそれは明確に間違っている
と言えます。


なぜなら職場で仲良くなろうと
思ってしまうと仕事で失敗するか、
自分自身が病んでしまう確率が
グンと上がるからです。



そもそも職場は学校と違って年齢、
学歴、収入、出身、生い立ちなど
がバラバラであることが多いもの
です。そんな場所で色々合わせ
ようとしてもあまり意味はなく、
それよりも一番の共通話題である
「仕事」でコミュニケーションを
取っていれば十分ですし、簡単
なのです。


繰り返しになりますが職場で人間
関係に悩んでいる方、仕事以外の
ことで悩んでいませんか?

職場では趣味や話題なんてオマケ
みたいなものです。はっきり言って
しまえば「どうでもいい」のです。

そこを勘違いして「いや、職場で
仕事以外の話は大事だよ」という
人は職場に私事を持ち込む幼い
人か、他にコミュニティが無い
寂しい人かのどちらか
です。
もちろん飲み会の場などでは
私事の話をしましょう。それが
難しいようなら飲み会は行かな
ければいいだけの話です。




---------------(引用)-------------------

新卒入社で感じる不安のなかでも、
毎年トップクラスにランクイン
するのが「入社後の人間関係」です。
年齢の近い同期や先輩がいない職場
だと、その後も働き続けられるか
どうかを左右する、大きな不安材料
になります。


・・・・途中省略・・・・


地方の専門商社の営業マンの河野翼
さん(仮名・25歳)も、入社直後が
人間関係の最底辺だったと語ります。


・・・・途中省略・・・・


面接でも「久しぶりの新卒社員」と
告げられていた河野さんですが、
入社してすぐにその意味が分かった
といいます。


「僕以外は役職付きか、パートの
事務職しかいない環境でした。
直近の先輩は32歳でしたが、他の
営業所にいるので、話せる機会は
ほとんどありません。もし東京で
就職していたら同い年や年が近い
先輩社員と話せると思っていた
だけに、ギャップは大きかったです」


仕事のやりとりはともかく、一番
つらかったのは休憩時間や飲み会。

昼休憩は会議室に集まって食べる
のが恒例だそうですが、年上の
社員の会話を聞きながら黙々と
ご飯を食べるのに耐え切れず、
車の中で食べていたとのこと。


「基本的に40歳以上の方々ばかり
なので、子どもとか、年金とか、
体調の話とか本当に付いていけな
かったですよね。話題を振って
もらっても『わからないですね』
とか『そうなんですね』ばかりで……。
便所飯ならぬ、車飯を1年くらい
続けていました」


「桜坂」がすべって精神的危機に


さらに2次会のカラオケでは、持ち
ネタの福山雅治『桜坂』を熱唱した
ものの微妙な空気に。
「一時期は本当にノイローゼ気味
なりました」と河野さんは振り
返ります。


一時期は退職も検討したものの、
SNSでつながっていた大学時代の
先輩に相談した際に言われた
「新卒なんだから、まずは業務に
脳内リソース使ったほうがいいん
じゃない?」

という一言で、事態が好転した
といいます。


「職場では仕事以外の話はしなくて
いいと思ったことで気持ちの整理が
ついたんです。わざわざ、身の上話
とか考えなくても、仕事とか業務の
質問だけで、コミュニケーションの
機会ってとても多いことも気づきま
した。そうなると自然に会社とか
上司の経験とか、聞きたいことや
知りたいことが増えてくるんです。


先輩たちも喜んで答えてくれるし、
そこで他の人も巻き込んだやりとり
も生まれます」


・・・・途中省略・・・・


職場のコミュニケーションに対する
意識を変え、すぐに実行したことが、
河野さんがドン底から抜け出した
大きな要因です。人間関係は雑談
だけではなく、仕事ベースで構築
できることは、多くの会社員に
とって覚えておいて損はない

ではないでしょうか。


▼参考記事
就職先は平均40歳オーバー!
唯一の新入社員が「どん底職場」
で再起できた訳


---------------(引用)-------------------




posted by ごくう at 13:50 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021年02月14日

職場などで派閥を作ろうとするのはデメリットにもなる



派閥のような仲良しグループって
学生の頃からありますよね。
かくいう私も小学生の頃から
このようなグループがあって
何かしらのグループに自然と
所属していた記憶があります。


しかし大人になっても一生懸命
派閥を作ろうとする人がいます。
悪い例だと職場で古株の人が
新しく入った人をいびったり、
新しい提案をしてくる人に対して
チームを組んで阻害しようと
したり・・・。



とても大人の振る舞いとは思え
ませんが、こういうみみっちい
人っているんですよね。



こういう人たちはおそらく仕事も
プライベートも幸せではないので
スルーしておきましょう。

どうせそのうち勝手に自滅するで
しょうから。


しかし!
そうとは限らないこともある
ので、そういうケースの場合は
懐広く見てあげるのがいいんだ
と思います。


そうとは限らないケースとは以下
の記事の場合のような時です。
(あるある話だと私は思います。)


▼記事はこちら
職場の支配者だったはずなのに…
念願の正社員になったお局の挫折





こちらの記事の目次は以下の通りです。

-------------------------------------------------
目次
・立ち上げ期と異なる中途社員への苛立ち
・上司のお気に入りとして活躍し、念願の
 正社員に
・そして、「お局」と呼ばれている自分を知る
・創業期の「仲間」を手放して楽になる
-------------------------------------------------


記事を読んでいただければ分かりますが
「知らず知らずのうちに派閥になっていた
パターンがある」
ということです。


自分ではそんなつもりはなくても新しい
人から見れば派閥に見える。



特に現状に不満を持っているような
パッとしない人は、新しく入ってくる
人に対してロクでもないことを吹聴
してまわることがあるので注意が
必要なのですが、こういう人は早晩
信頼を無くして人が離れていくのが
通例ですのであまり気にしなくて
良いと思います。




派閥と言っても色々あって、特に
気を付けたいのは


・会社なのに好き嫌いを持ち込んで
 いる幼稚な友達派閥

・新しい人、新しい提案を無条件で
 拒んでいる旧態依然大好き派閥

・能力の高い仕事のできる人を
 拒んでいる低レベル派閥



あたりではないでしょうか。


こちらの記事でも上記3点どれも
当てはまっているような感じも
しますが、こちらの方はそこに
気付いて自分を変えることができた。
(変わらざるをえなかった。)
それでまた一つ皮がむけて成長
されて良くなったわけです。


いくらお局的な人でも会社はいつ
までもそのような人を放置しておく
わけにはいきません。自ら変われた
ことでこの人は悪い方向(降格や
左遷など)を免れたのではないかと
思います。



派閥も色々ありますが、実はかなり
怖いものなのかもしれません。




タグ:派閥 お局
posted by ごくう at 16:49 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021年02月11日

職場で人間関係にフォーカスしすぎていないか



職場での人間関係はとても大事です。
どんな会社でも人間関係が良ければ
つらい仕事も乗り越えられるという
こともあります。


しかしこの職場の人間関係、ここに
フォーカスしすぎている人は案外
多いのでは?と思うことがあります。


本来どうでもよいこと、単に自分の
好き嫌いであったり嫉妬であったり
することに対して、仕事そのものより
人間関係ばかりにフォーカスして
いるとどうなるか?


私はこれこそが鬱の原因だと思って
います。



なぜなら職場の人間関係は色々な
人達が集まる場ですから、気が合う、
合わないなんてあって当然
なのです。
友達ではなく同僚ですから合う合わ
ないなんて二の次、三の次。
それよりも仕事そのものに悩んだり
試行錯誤したりするのが当たり前で
あって、そこにはフォーカスせずに
人間関係ばかりに視点が行っている
としたら身が持ちませんよ!


こういう人は職場ではまず人間関係
にフォーカスしてしまう癖がついて
いるのです。
新しい人が入ってきたら
まず仲良くなることが最優先。
普段の仕事でも波風立てずに過ごす
と言ったら聞こえはいいですが、
仕事上の意見対立なんてあって
当たり前のこと。意見交換(対立)
があって内容が洗練され良い仕事に
なっていくのですが、人間関係を
重視しすぎている人にはそれが
理解できないでしょう。




私の経験上ですが職場を不自然に
転々としている人、仕事がそれほど
ハードではないのにメンタルがやら
れてしまう人
はこういう傾向が強い
ように思います。職場での優先順位
として

仕事>自分>人間関係

くらいで丁度いいんだと思います。

人間関係>自分>仕事

ではうまく行くわけがないんです。
だって職場は仕事をする場所です
から!


▼参考記事
『仕事の人間関係が良好』と思って
いる人の割合は 日本は世界で最下位
なのだそうです





posted by ごくう at 15:44 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021年01月23日

「〇〇は無駄」という人ほど無駄を省いた実績がない



仕事をしていると新しい取り組みを
提案した人に対して


そんなことやっても無駄


と言う人がいます。


確かにそれは当たっていることも
あり、一概に間違いとは言えません。


しかし大抵の場合、新しい取り組み
に対して声高に否定する人は、その
人自身に無駄を省いたような実績は
まずありません。



こういう人は近視眼的な仕事しか
できず、何かを良くするアイデアは
あまり出てこないことが多いです。
だから新しく何かをやって無駄を
省こうとする人が目障りなのです。


これは人間の器によるところです。


器が大きい人は新しい取り組みが
たとえ無駄だと感じても、それを
声高に「無駄だ」などとは言いま
せん。なぜならまたそういう声が
出てきてそれが大きな無駄の改善
につながることを知っているから
です。




一回や二回でいきなり改善する
なんてあるわけがありません。
何度も何度も試行錯誤を繰り返し
色々と良くなっていくわけです。

だからこそ何度も改善する必要
があることを知っているのです。


無駄を省いた実績がない人が
なぜか無駄を省こうとアイデア
を出すことを否定する。



これは自分が出来ないことを
あっさりやってしまう人への
嫉妬だと言えるでしょう。
こうして否定する人にはアイデア
を提案してくれる人が寄り付かず
ますます無駄を省く実績から
遠のくことになります。

皮肉なことですがこういうことは
実によくあることなのです。




posted by ごくう at 12:50 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021年01月17日

参考になる記事:会議で重箱の隅つつく「めんどくさい人」を一発で黙らせる天才的な質問




会議で重箱の隅をつついては
自分が「良い質問をした」と
優位に立ったかのような人、
いますよね。こういう人を
見るにつけいつも思うのは


ああ・・・、損してるよな。
何でも質問すればいいって
もんじゃないのにな・・・。



と思います。

とにかくわざと答えに困る
ような質問をわざとして、
自分が上に立った気分に
なりたいのでしょう。
実はこの時点で下の立場に
なってしまうのに(余裕が
ないのが見え見えだから)。



こういう人たちにどう対応
していくか。そのことが
書かれている記事。
この記事ですべて解決は
難しいでしょうが、でも
会議で司会をする人に
とってはありがたい教え
ですよね。


--------------------------------------

めんどくさい人のトリセツその1:
矢継ぎ早に詰問してくる人



<特徴>
・答えられないことを質問してくる
・相手もそれをわかって質問してくる
・早口な人が多い印象



 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・




矢継ぎ早に詰問してくる人の取り扱い
方法3選


ひとつめの方法は、相手の質問に
攻撃をする方法だ。

「それは仮定の話にすぎませんよね。
 仮定の話にはお答えできません」
「その質問は、まちがった前提に
 立っていますね」
「その質問は、不正確ですね」
「その質問は、いまの状況とは、
 ぜんぜん関係がないですよね」


などと攻撃すれば、相手の質問はやむ。

つぎの方法は、質問に質問をかぶせる
方法だ。

「もっと明確に質問してくれませんか」
「抽象的すぎてわかりません。なにか
具体例をあげてくれませんか」

などと切り返せば、相手をしどろもどろ
にさせることもできる。


「なるほど、ですが、私の話はまだ
途中ですから」



さらに、相手に質問をさせないという
方法もある。

「なるほど、ですが、私の話はまだ
途中ですから」


といって、相手に連続で質問を
させずに、ひとつめの質問について、
自分で好き勝手なことをしゃべって
しまうのである。

これらの切り返し戦術を知って
おけば、少しは相手からの詰問
にも耐えられるようになるかも
しれない。ただし、重箱のすみ
をつついてくる人は、あなたと
議論をしたいのではなく、ただ
やっつけたいと思っているだけ
かもしれない。


そういう人だとわかったら、議論
などをせず、さっさと負けを認めて
しまったほうがいい。

議論をするだけムダなので、最初
から議論の土俵にのらなければ
いいのである。



▼引用(プレジデント・オンライン)

会議で重箱の隅つつく「めんどくさい人」
を一発で黙らせる天才的な質問

--------------------------------------



posted by ごくう at 11:29 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする