2022年04月23日

不満を語るのは良いが、不満を探すのはダメ


人生に不満はつきものですよね。
不満が無い人なんていないわけですが
不満を語り不満を自分なり他人と協力
して良い方向に持っていくのは決して
悪いことではありません。むしろそう
して人類は発展してきたわけですから
不満から良くなることは沢山あるはず
です。

しかしいくら不満があるとはいえ、
不満を語りすぎると不満を探す人生に
なってしまいます。


これは人生の主役が不満になって
しまいます。決して楽しい人生とは
言えませんね。

例えばこんな考え方はどうでしょう?
↓↓↓

テレビが欲しいけど32インチ
のテレビは小さいから嫌、だから
50インチのが欲しい。せっかく
50インチにするなら液晶じゃなく
機ELがいい。
ん?ちょっと待てよ、そもそも
テレビって最近見るっけ?
じゃ買わなくてもいいか・・・?


不満から欲望を満たすことに意識が
向かったら今一度自分を振り返って
みましょう。本当にそうのでしょうか。
本当に必要なのでしょうか。




足るを知る者は富む

と言いますが、今有ることに目を
向けてみると実はとても多くのことが
満たされ、たくさん良いものを持って
いることに気付きます。

ところが不満ばかり言う人は不満を
探し続けているからすでに持って
いるもの、有るものに気付かない。


100種類の豪華な料理が並んでいても
2種類の気に入らない料理を探して
しまう。
そんな人生になっていませんか?
不満を探し続けていませんか?


不満は入ってきてしまうかもしれま
せんが、自分から探し続けるもの
ではありません。

自分から探し続けるものがあると
したらそれは良いもの、幸せなもの
の方でしょう。
不満ばかりをコレクションしても
人生良いことはありませんからね。




posted by ごくう at 10:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック