2022年02月06日

良い記事:コロナ禍でできた一人時間に気づいた。「求めるだけの私」を卒業する (求めるだけ=コントロール思考)




長引くコロナ禍。
次から次へと新しい種類が出てきて
一体いつ終息するのやら・・・。
本当憂鬱な気分な方も多いのでは
ないでしょうか。

しかしちょっと見方を変えてみると
自分一人の時間ができやすいことに
気がつきます。

自分一人のの時間が多いと自ずと
自分を振り返ることができる。

これは良い方にも悪い方にも出る
のですが、どちらにしても「自分を
知る」ということはとても大事な
ことなんですね。

その中でこちらの記事の方は

求めるだけの自分を辞める

と気づかれたようです。

これ、本当に大事なことですね。

では記事をどうぞ。

▼記事はこちら
コロナ禍でできた一人時間に気づいた。
「求めるだけの私」を卒業する

-------------------------------------------




こちらの記事の中で大事なワードが
いくつかあります。

それは以下の通り。(引用)

・「求めるだけの私」の存在が、自分を
 傷つけているのではないか

・なんだか私って人に求めてばっかりだな

・私は目に見えない愛情や絆を信じること
 ができていなかった。私のために何か
 行動してくれるタイミングで愛情や絆を
 感じていた。

・無意識のうちに自分の価値観を相手に
 押し付けていたことにも気づいた。
 自分の中で、私と相手の境界線がかなり
 曖昧だったのだ。



この思考法、実はすごく多くの方が持って
いると私は思っています。

求める=環境、状況、相手をコントロール

目に見えない愛情や絆を信じることが
できない=無意識に相手に何かを求めている


この無意識(人によっては意識的)に
相手をコントロールしようとすれば
するほど、自分と相手との境界線も
曖昧になり、そしてどんどん自分が
強くなっていく。
ひどい場合は相手は自分のために存在
するとさえ思う(すごい勘違い)。

こうなると実は相手をコントロール
できたとしても次第に何事に対しても
コントロールできなくなっていく。
そしてその人は勝手に傷付く。

そもそも自分自身をコントロール
するのも難しいのに、相手や状況を
コントロールできていると思って
しまうのは独りよがりなんです。
実は全然コントロールなんかできて
いないと感じる。だから苦しい。

「求めるだけの私を卒業する」で
「求める」のはいいけど「求めるだけ」
はダメってこと。
そこに気付かれた
のはすごく大きいと思います。

シンプルに

求めるだけはコントロール思考

と思っても良いかもしれません。

コロナ禍はつらいかもしれませんが
まんざら悪いことばかりではありま
せんね。


posted by ごくう at 10:44 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。