2021年11月27日

”いつも得しよう”としていると損をする


人生でも投資でもかもしれませんが
”いつも得しよう”としている人は
長い目で見ると損をしているパターン
が非常に多いです。


例えば会社である中年男性が特定の
若い女性に頻繁にお菓子をあげて
いたとします。

その中年男性はその女性を狙って
いるとかそういうわけでなく、単に
仲が良いから頻繁にお菓子等をあげ
ているだけという感じ。

しかしこれは中年男性も若い女性も
どちらも長い目で見て大きな損を
しています。


少し考えれば分かることですが、
周りにはお菓子を貰ってない人も
いるわけです。
そのお菓子を欲しい
というわけではなく(笑)、特定の
人に、しかも大っぴらにお菓子を
あげてしまうと「何であの人だけ?」
となり、それが続くと次第にその
人達(あげる人ももらう人も)とは
距離を取っていくのが普通です。


どんなことも「してもらって当たり前」
はありません。もしそれが当たり前
だと思っているのだとしたら、心の
どこかで”いつも得しよう”と思って
いるのだと思います。




しかしこの”いつも得しよう”の考え、
そんなストレートに言えませんから
言い方を変えて表現します。

その言葉に騙されてはいけません。
こういう”いつも得しよう”と思って
いる人は必ず行動に出てきます。

・人が苦労していても手を貸さない
・平気で人に仕事を押し付ける
・自分が得することには飛びつく


とまあいつもこんな感じですから
自然とまともな人は離れていきます。
そして変な人しか周りにいないと
いうのは人生で見ると”大損”です。


”いつも得しよう”と考えている人は
人や物事を平気でコントロールして
きます。しかし最初はコントロール
できていたとしても次第にコント
ロールできなくなっていくのがオチ
ですから、これほどの損はありま
せんね。

反対に”損してもいいや”と考えて
いる人は、周りが応援してくれる
ことが多いですし、コントロール
しようとしないので周りに良い人
が集まってきやすい。
というかこういう人はそもそも
”目先の得か損か”だけで考えて
おらず、大きな視点で物事を
見ているものです。


知らず知らずのうちに”いつも
得しよう”
としていませんか?
でもそれは実は損の始まり。
そうならないように気を付けて
いきたいものです。



posted by ごくう at 18:11 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。