2021年05月23日

自分の機嫌を取るのは自分の課題であって、他人の課題ではない



ツイッターでとても良いツイート
がありました。



まさにその通りです。


以下はこのツイートから感じた
私の追加内容です。


--------------------------------------

自分をコントロールするのは
自分自身であって他人ではない。
逆に他人をコントロールしても
いけない。


自分の機嫌は自分自身でコント
ロールするもので、他人が気を
使ってコントロールしてくれる
ものでもない。


あたかも他人や不幸な出来事の
せいで自分の気分を害されている
と感じている人がいるが、それは
たいてい自分で感じているだけで
あって、他人からしたらどうでも
いいことだし、自分の気分が悪い
ことを周りにアピールされても
周りが困るだけである。
どうしてもそのアピールをしたい
のならそれはせいぜい家族までに
しておくべきである。


私の気分が悪い、それはあなたの
せいだ、という人は一方的に自分
の気分が悪いことを他のせいに
しようとしているが、多くは
それは自分の問題、自分の受け
取り方の問題である。


なのでこのツイートにある通り、
上機嫌は意思、不機嫌は惰性だ
と言える。つまりは不機嫌な
状態が多い人は怠け者、または
自立的でなく依存的と言うこと
ができる。
--------------------------------------





これらを簡単に言うと


コントロールするのは自分のみ。
コントロールできない他をコント
ロールしようとしてはいけないし、
もし他にイライラしているので
あればそれは非自立的、依存心
からくるコントロール思考である。



ここに陥ると何かとうまくいかなく
なっていく。
それはすべて自分のコントロール
思考のせいと言える。





posted by ごくう at 14:26 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。