2021年01月02日

2021年からはいよいよ財政インフレが意識されるか



新型コロナウイルスの猛威が止まり
ません。他国ではワクチンの接種が
始まっていますが、この効果も一体
どれほどのものなのか、副作用に
ついてもまだまだこれから、と
いった様子。変異種も見つかって
おり、本当に先が見えない状況です。


先が見えないと言えば各国の財政
状態も同じです。新型コロナ対策
でお金を刷りまくっていますから、
このツケは何らかの形で清算され
ることになる
でしょう。


どういった形で?


私は50年位前にあったニクソン
ショックの振り子が逆に触れる
ことが起きる
と思っています。
とはいっても振り子が思い切り
行き過ぎることはなく、まずは
軽く1/3位金本位制の方に戻る
という感じでしょうか。


私の予想では信用だけで通貨を
いくら刷っても、モノ・サービス
に交換できることには限度があり
ますから、ここでどこかで破綻が
生じ、やっぱり信用だけでお金を
刷るってのは良くないね、だから
何らかの裏付けが必要だよね、

いう空気になるのだと思います。


その筆頭が先進国では日本が一番
になるのでは?とコロナ前から
ずっと思っております。


日本ではこれから2025年問題
起きることは明白ですから、お金
の問題がクローズアップされやす
くなります。今回のコロナでこの
2025年問題がさらに大きな問題と
なりました。
今の日本の財政状況
からして、そう遠くないうちに
財政インフレ(もしくは公債イン
フレ)
がさらに意識され始める
ことになるでしょう。


▼参考(コトバンク)
財政インフレーション




コロナが収まってきたらきたで
財政インフレの問題がチラホラ。
でも借金は減らせる感じではない。
場合によっては意外と一気に事が
起こるかもしれません。言い方は
悪いですが世界から見たら日本は
大国が破綻するとどうなるかの
実験的要素がある
と思います。


しかし我々はそこに住む日本人
ですから、実験とはいえあまり
悪い状況にはなりたくありません。
被害はどうしてもあるでしょうが、
少しでも被害を少なく、うまく
いけば逆転のチャンスもあるのが
次のガラガラポン
です。


その日は確実に近づいてきている
と思われます。もうどうせなら
早く時がきて、新しい国づくりに
邁進したほうが日本にとって良い
ことだと思います。今生きている
我々はそのガラガラポンの時に
いかにうまく切り抜けるか。
生き残るか。あわよくば一儲け
するか。
そろそろそこを真剣に
考えた方が良い時期だと私は
思います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国家破産はこわくない (講談社+α文庫) [ 橘 玲 ]
価格:924円(税込、送料無料) (2021/1/2時点)



posted by ごくう at 22:52 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。