2020年12月27日

「ありがとう」と「ごめんなさい」を言わない(言えない)人は、だいたい人生うまく行っていない




幼稚園でも教わる「ありがとう」
「ごめんなさい」。これ、幼稚園で
教わるくらいですから人生の基本中
の基本みたいな言葉
ですが、案外
この「ありがとう」と「ごめんな
さい」を言わない(言えない)
大人って多くないでしょうか?


明らかにこちらに非があって、やって
しまった時には「ごめんなさい」
誰かにフォローしてもらったら
「ありがとう」。こんな当たり前の
言葉をなぜ言わない(言えない)
のか考えてみました。


この文章の中で「言わない」だけで
なく敢えて「言えない」を( )で
書いているのは、そういう人も案外
多いんじゃないかと思うから
です。


・プライドが邪魔をして言わない
(言えない)。

・マウント癖があって言わない
(言えない)。

・親や友人からそのようなことを
教わらずに大人になってしまった
から言わない(言えない)。


どちらにしてもものすごーく感じ
が悪いこと
です。だって然るべき
時に「ありがとう」と「ごめんな
さい」が言えれば大抵のことは
丸く収まります
し、そもそもミス
は誰でもするもので、持ちつ持た
れつの関係こそ人間関係の基本で
あるのに、そこに「ありがとう」
と「ごめんなさい」が無いのは
人を上か下か同列かで判断して
いるからではないでしょうか?





人を対等に見ていればごく自然と
「ありがとう」と「ごめんなさい」
は出てきます。
しかしそう見て
いない人からはほとんどと言って
いいくらい「ありがとう」と
「ごめんなさい」が出てきません。
もう面白いくらいに、ね。


きっと常に自分を大きく見せよう
としてきたのか、マウント癖が
当たり前になってしまった人って
案外多いものです。


でもね・・・。


本当に強い人、能力の高い人って
自分を大きく見せようとしない
ことがほとんどなんですよ。
だって自分を大きく見せようと
しても良いことってあまりないで
すから、
それなら始めから小さく
見せておいたほうが何かと楽に
行くのですよ。だからできる
限り小さく見せておき、自然と
強いところが出てしまってきて
いるところでやっと本性を見せる
のが普通なんです。


だから自分を大きく見せよう、
隙があればマウントを取って場を
仕切ってやろう、としている人は
どうしても「ありがとう」と「ご
めんなさい」という発想が出て
こない
のです。だから良い人は
去っていき、良くない人だけが
残ってしまうから人生うまく
いかないことが多いのです。


▼参考記事
「ごめん」が言えない人には”意識的”
”無意識”2タイプが存在。社会で損を
するのは”無意識”なタイプ〜その2〜





posted by ごくう at 17:25 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。