2020年08月16日

参考になる記事:「ずるい人」を寄せつけない方法



ずるい人というのは社会に出ると
結構普通にいるものだな、とよく
思います。平気で嘘をつく、人の
手柄を取る、人を陥れる。
こんな人、本当にいるの?
どんな育ちをしてきたのだろう?

と思う方もいらっしゃるかもしれ
ませんが、ごく普通にいると私は
思います。もしそう思わないので
あれば、あなたの周りは相当に
いい人が集まっているのかも
しれません。何とも羨ましい限り。


▼参考記事はこちら

「ずるい人」を寄せつけない方法
「真面目な人」ほどターゲット
にされる!


記事にありますが、ずるい人の
根っこにあるのは「嫉妬」
この嫉妬という感情は実に厄介
だと思います。
でも・・・自分の嫉妬心で人を
陥れてはいけないのですが、
こういう人は案外無意識でやって
いることもあるんだな
と思うん
ですよ。もうそれが人生のスタ
イルになってしまっている。
それはそれで悲しいものがあり
ますけど・・・でも人を陥れる
ということはダメです。だって
結局自分に返ってきてしまう

のですから。


嫉妬の感情が強い人は劣等感が
強い
とも言えます。そして
自己肯定感が低い。これは様々
な要因(それこそ幼少期から)
が絡んでいますから一概にどう
とは言えませんが、しかし大人
になったのなら、必要以上の
劣等感、低い自己肯定感は
止めるべきだと私は思います。
なぜなら、それは自分でそう
している(選んでいる)面が
実は多くあるから。





いやいや、私の劣等感や低い
自己肯定感は親から、あるいは
兄弟から、友人から来たもので
私は悪くないよ!と言いたい方
も大勢いると思います。


でもそれは子供の時の話では?
大人になったら、少なくとも
20歳を過ぎたら自分でそういう
環境から抜け出しましょうよと
私は言いたい。厳しいことを
言うようですが、人のせいに
してその環境から抜け出せない
のは実は本人のせいです。
今すぐには難しくても、自分の
劣等感、低い自己肯定感を
そのままにしておくのは自分で
それを選んでいることが多い。
だってラクですから。
私はそう思います。


その劣等感などの怒りを自分
より優れているだろう人に
ぶつけてみても、実は何にも
なりません。いや、ならない
どころかマイナスにすらなる。


▼参考記事はこちら

嫉妬という感情が強ければ強いほど、
自ら悪い状況を引き寄せてしまう



だから人を妬んでも何にも良い
ことなんて無いんです。



そんなことより自分自身を楽しみ
ましょうよと言いたい。
勉強、子育て、介護、仕事、どれも
大変そうですが実は人が生きる上で
多くの人がこれらを経験します。
ならいっそのことそれらを真正面
からやってのけていったほうが
人生有意義ではないでしょうか?
そうすれば人のことなんてどうでも
よくなると思うんですけどね。





posted by ごくう at 16:53 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。