2020年08月15日

気になる記事:「金を買え」が持論の私が、史上最高値の現在も「金を買え」という理由




まずは記事から・・・。

▼記事はこちら

「金を買え」が持論の私が、史上最高値
の現在も「金を買え」という理由
「金1万ドル時代」が来ても驚かない



最近、金(ゴールド)の価格が
騰がってきています。


コロナ禍で大量に発行されて
いる通貨への信認が揺らいで
きている
のだと私は考えて
います。

具体的にどの国の通貨の信認が
損なわれた、というわけでは
なく、どの国も通貨を増発して
いるため通貨そのものへの信認
が落ちてきている
ということだ
と思います。


とりわけ日本は膨大な財政赤字
を抱えている国。
よく「いくら
通貨を発行しても問題ない」と
いったことを最近耳にしますが、
どんなものでも大量に存在する
ものに対しては信用が無くなって
いく、というのはいつの時代で
あっても同じことだと思います。


通貨がこれだけ大量に発行されて
いて、いったいどう着地させる
のか。これはまだ誰にも分かり
ませんが、ひとつ言えることは
歴史を振り返れば同じような
ことを繰り返すことが多い
ので
(姿、形を変えても結局やって
いることは一緒という意味で)
大きな参考になると思います。




そういった意味でも資産の一部
に金(ゴールド)を持つことは
とても意味のあること
だと思い
ます。

今回紹介した記事のタイトルの
副題が

「金1万ドル時代」が来ても驚かない

です。一昔前なら「頭大丈夫?」
と言われたかもしれませんが、
今ならこれは決して妄言とも
言えないと私は思います。
それだけ通貨量が増えている。
大きなパラダイムシフトの
前触れだと思われるこの時代。
金が値上がりするのは当然の
ことなのかもしれません。




posted by ごくう at 17:30 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。