2020年08月14日

気になった記事:老化とは「水分が失われること」です。認知症を防ぐ「朝と夜に1杯の水を飲む習慣」とは




今年のお盆はコロナの影響もあって
帰省しない家庭も多いでしょうが、
遠くに暮らす親がある程度の年齢に
なると気になるのは「認知症」。
もし認知症を発症したらどう介護
していけば?
これは遠方に暮らす子の切実な
心配事なのではないでしょうか?


そんな折、気になった記事を見つ
けました。


▼記事はこちら

老化とは「水分が失われること」です。
認知症を防ぐ「朝と夜に1杯の水を
飲む習慣」とは





水を飲むこと。
熱中症対策だけでなく認知症対策にも
なるのですね。


詳しい内容は記事を読んでいただければ
わかりますが、確かに水分が失われて
いくことが老化することだと言えるのだ
と思います。それなら老化予防のために
朝晩に水を飲むのは誠に理にかなって
います。
しかも簡単でお金もかからない。


そういえば年をとるとあまり水を飲ま
なくなるような気がしますね。私の
祖母も85歳を過ぎたあたりからあまり
水分を摂らなくなった感じがします。
若い時は人一倍水分を摂っていたの
ですが・・・。代謝が落ちるからで
しょうか?



そう考えるとやはり年齢を重ねたら
意識的に水を飲むようにしたほうが
良さそうですね。




posted by ごくう at 01:04 | Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。