2022年06月05日

いい大人でやたらイライラしたり怒りっぽいのは、自立していないからである



心理学では精神的自立は30歳頃に
起こると言われていますが、その
あたりの年齢を過ぎてもやたらと
イライラしたり怒りっぽいので
あれば、それは精神的に自立して
いないからだと思います。

精神的に自立していれば、周りの
声や出来事にいちいち反応しません。

これは年齢を重ねて感情がマヒして
きたとか、冷たくなったということ
ではなく、自立していれば周りの
ことなどさほど気にならなくなる
ものです。

ところが精神的に自立できていない
人は周りが自分を見てくれている、
自分中心にものが回っている

考えているため、自分の思い通りに
いかないとすぐに怒り出すのです。

大人であれば何事も自分でどうにか
しないといけない、他人にやって
もらうのは次の手段
と考えますが、
自立できていない人は自分ではなく
まず周りがやって、できなければ
その人が悪い
と考えてしまいます。

子供なら分かりますが30歳を過ぎて
精神的に自立できていない人を見て
いると、たいてい40代、50代でも
同じまま。
つまり精神的に成長が
ストップしているのです。




こういう40代、50代の人はやはり
頻繁にイラついているように見え
ますし、実際自分の思い通りに
いかないとすぐに怒りだします。
機嫌は悪いは幼いはで、こういう
人は若い人たちからは距離を取ら
れるか、あるいは逆に若い人達と
異常に仲良くなったりします。
精神年齢が幼いから中高年よりも
若い人たちと合うのでしょうが、
これは自分ではすごいと思って
いるかもしれませんが、端から
見れば「?」という状態です。

もっと言えば

自立していない=コントロール思考

ということ。

いい大人なら自立していないと
本当にみっともないのです。


posted by ごくう at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする