2022年03月21日

自分以外のことでどれだけ汗を流せるか


社会人や大人を長くやっていると
どういう人が周りから好かれ、
逆にどういう人が嫌われるか
何となく分かることがあります。

シンプルに言うと好かれる人は
自分以外のことでサラッと汗を
流せる人。
また他人のことで汗を流しても
それを恩着せがましくしない。


こういう人が好かれていて
必要とされる人です。

反対に嫌われる人はこの逆で
とにかく自分のために汗を流す
ことは平気でも、他人のために
汗を流すことはとことん避ける
人。
または他人のために汗を流した
としたらそれを恩着せがましく
言う人。


こういう人は一時的に得をする
こともありますが、たいていの
場合足元をすくわれてしまい
悪い流れになっていく。

応援者がいないので落ちる時
には一気に落ちてしまうのです。

他人のため、自分以外のために
平気で汗を流せる人は応援者が
必ずいます。

困ったとき、状況が悪くなった
時に応援者が手を差し伸べてくれ、
良い流れに変わっていくのです。




この勤勉さ、誠実さは実は人生
ではとても大事で、年齢を重ね
れば重ねるほどこの能力が求め
られるような気がします。


いい年齢になってもここに気付
かず、むしろ年齢を武器に自分
にばかり汗をかいたり、または
若い人に平気で汗をかかせたり
する人はたいてい没落していく。


なので年齢を重ねれば重ねるほど
自分以外のこと、他人のことに
汗をかかないといけないのだと
思います。


posted by ごくう at 17:11 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする