2022年02月27日

手っ取り早く何かをやって満たそうと考えている時は「相当ヤバい」。


受験シーズンもそろそろ終わり
ですね。

我が家も長女が大学受験でしたが
だいたいの目途が付きました。
後は補欠と繰上がりを待つのみと
いう状態ですが、ほぼ受験は決着
ということで参考書を捨てたり
して部屋の掃除に入っています。

さて・・・
大学受験もスポーツも仕事も
どんなことでも簡単なことを
手っ取り早くやって、それで
やった気になって満たそうと
する人って意外といるものです。

誰が見てもそれほど難易度は
高くないのに自分で高く設定
してやった気になったり、
逆にこれはダメだととても
早く見切りをつけては別の
ことに着手し、それも成果も
ないのに手を付けただけで
やった気になったり。


そういう人ほど「自分はやって
るぜ!」
アピールのマウントを
取ってくるから不思議(笑)。

この手の人は結局劣等感が
すごく強い
んですね。

劣等感を無くすために何かを
衝動的にやるのですが、結局
能力も持続性も無いからすぐ
諦めてしまう。
それでまた簡単なものばかり
に手を出したり、全く違う
ジャンルのことをやりだし
たりして、でも結局成果は
出ない。

天才でもない限りどんな
こともそんなすぐに成果
なんて出ないです(笑)。





例えば高校生で英検4級を
取って自分を満たそうとして
いたらそれはダメです。
高校生ならやっぱり準2級か
2級以上を取らないと。

どんなことも自分を満たそうと
する時に「手っ取り早く」から
考えたらまず満たされない。

それは単に劣等感の解消でしか
ないから
です。

劣等感を解消しようと何かを
するより、今自分にあるものに
感謝をした方がよほど満たされ
ると思いますけどね。


posted by ごくう at 15:22 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2022年02月19日

とても良い記事:冷え性を改善する食べ物は「生姜入り味噌汁」 体温を上げてやせ体質に一変



しょうが入りの味噌汁で冷え性が改善し
冷え性をはじめ便秘、関節痛、めまいや
耳鳴りが改善したという記事です。

私自身しょうがパウダーを使うように
なって1か月半ですが、たいして食事
制限もしていないのに体重が減り、
日々の仕事でも疲れにくくなっている
気がしています。

記事では擦ったしょうがやチューブの
ものも出てきますが、生のしょうが
より蒸して乾燥して作られたしょうが
パウダーの方が効果も高くお手頃に
使えておススメです。この「手軽に
続けられる」
というところがポイント
だと思います。使う量も少量で済む
ためコスパも良いですし。

私はしょうがパウダーの良さを知り
会社でも冷やした緑茶のペットボトル
に混ぜて飲んでますが、体がポカポカ
してとても気分が良いです。身体の
中から燃焼しているのが分かる。

ということで記事にあるしょうが
味噌汁をはじめ、色々としょうがの
パウダーを入れて生活していくと
良いことが多いので本当におススメ
です。




-------------------------------------------

ショウガの辛みが和らぎ患者さんに大好評!

「足が冷たくて眠れない」
「腰周りがスースーする」
「夏でも冷房が寒い」。

こうした悩みを持つかたは少なくありません。
一般に「冷え症」といわれる症状ですが、
重症化して長引くと、関節痛や耳鳴り、
めまい、頭痛、高血圧
などを引き起こします。
私のもとにも、そうした悩みを持つかたが
毎日たくさん見えます。

冷え症対策は、まず腹部を温めること。
腹巻きや毛糸のパンツで冷えを防ぐのは
もちろん、体を温める物をとり、内側から
働きかけることも必要です。

体を温める代表的な食材が、ショウガです。

ショウガの薬理作用は、ガラノラクトン
などの芳香成分や、ジンゲロール、ショウガ
オール
などの辛み成分にあります。これらが、
新陳代謝を活発にして体温を上げたり、
筋肉を増強して血液を隅々まで巡らせたり
するのです。

こうしたショウガの効果が広く知られる
ようになり、最近では、レストランでも、
「ショウガをください」と頼むと出して
くれる店が増えています。

私は20年以上、冷え症の患者さんに
ショウガを勧めてきました。効果を期待
できるショウガの量は、1日15g。手の
親指の先くらいの大きさです。

最初はショウガ紅茶を勧めていましたが、
「辛くて飲みづらい」という声が多く
聞かれました。
ショウガの辛みが和らぐ方法を模索した
結果、最も飲みやすかったのが、
「ショウガみそ汁」だったのです。


実際、患者さんに勧めたところ大好評。
以来、ショウガみそ汁が定番となりました。

(続く)

▼引用
冷え性を改善する食べ物は
「生姜入り味噌汁」
体温を上げてやせ体質に一変


-------------------------------------------

posted by ごくう at 14:08 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2022年02月06日

良い記事:コロナ禍でできた一人時間に気づいた。「求めるだけの私」を卒業する (求めるだけ=コントロール思考)




長引くコロナ禍。
次から次へと新しい種類が出てきて
一体いつ終息するのやら・・・。
本当憂鬱な気分な方も多いのでは
ないでしょうか。

しかしちょっと見方を変えてみると
自分一人の時間ができやすいことに
気がつきます。

自分一人のの時間が多いと自ずと
自分を振り返ることができる。

これは良い方にも悪い方にも出る
のですが、どちらにしても「自分を
知る」ということはとても大事な
ことなんですね。

その中でこちらの記事の方は

求めるだけの自分を辞める

と気づかれたようです。

これ、本当に大事なことですね。

では記事をどうぞ。

▼記事はこちら
コロナ禍でできた一人時間に気づいた。
「求めるだけの私」を卒業する

-------------------------------------------




こちらの記事の中で大事なワードが
いくつかあります。

それは以下の通り。(引用)

・「求めるだけの私」の存在が、自分を
 傷つけているのではないか

・なんだか私って人に求めてばっかりだな

・私は目に見えない愛情や絆を信じること
 ができていなかった。私のために何か
 行動してくれるタイミングで愛情や絆を
 感じていた。

・無意識のうちに自分の価値観を相手に
 押し付けていたことにも気づいた。
 自分の中で、私と相手の境界線がかなり
 曖昧だったのだ。



この思考法、実はすごく多くの方が持って
いると私は思っています。

求める=環境、状況、相手をコントロール

目に見えない愛情や絆を信じることが
できない=無意識に相手に何かを求めている


この無意識(人によっては意識的)に
相手をコントロールしようとすれば
するほど、自分と相手との境界線も
曖昧になり、そしてどんどん自分が
強くなっていく。
ひどい場合は相手は自分のために存在
するとさえ思う(すごい勘違い)。

こうなると実は相手をコントロール
できたとしても次第に何事に対しても
コントロールできなくなっていく。
そしてその人は勝手に傷付く。

そもそも自分自身をコントロール
するのも難しいのに、相手や状況を
コントロールできていると思って
しまうのは独りよがりなんです。
実は全然コントロールなんかできて
いないと感じる。だから苦しい。

「求めるだけの私を卒業する」で
「求める」のはいいけど「求めるだけ」
はダメってこと。
そこに気付かれた
のはすごく大きいと思います。

シンプルに

求めるだけはコントロール思考

と思っても良いかもしれません。

コロナ禍はつらいかもしれませんが
まんざら悪いことばかりではありま
せんね。


posted by ごくう at 10:44 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする