2021年01月24日

受け身な人ほど疲れている


仕事で色々な人を見ていると
単純に仕事量が多いからという
わけではなく、何らかの理由で
疲弊している人がいます。


逆にバイタリティを持って様々
な仕事をしているにも関わらず
あまり疲弊していない人もいる。


これは何なんだろう?
不思議だなと思っていました。


学生もそうです。
勉強も部活も趣味も頑張る子が
いる一方で、まったくその逆の
子もいる。


勉強も部活も趣味もしている子
の方が明らかに疲れているはず
なのに、どちらかというと何も
していない子の方が疲れた感じ
がしている。


これって生まれ持ったバイタリ
ティの差なのかな?先天的な
ものか?とも思いましたが、
そうじゃないんですね。


じゃあ何かと言えば・・・・


物事(仕事)に対して受け身か
受け身じゃないか



それだけの話なんです。


受け身の人は物事を処理はして
いるけども、自分からこうしよう、
こうしてみては?
というアンテナ
が無い
から常にやらされ感がある。
そしてあまりやってない(と思い
込んでいる)人から「これやって」
なんて言われると何で私がやるの?
と思ってしまう。


受け身じゃない人は常に自分から
やることが当たり前だから、隙が
あればやってしまう。で基本的に
忙しいから手が空いてそうな人に
「これやって」となるのだけど、
受け身の人からするとやらされ感
で忙しいと感じているからさらに
疲弊してしまう。
それで受け身で
ない人と距離ができてしまい、
受け身な人としかつるめないから
「受け身&疲弊」のループから
抜け出せない。





一方で受け身じゃない人は別に
体力があるとか精神面が強いとか
ではなく、だいたい自発的に
物事や仕事を見つけてくるから
体は疲れるかもしれないけれど
心は疲れていない。だから体が
回復したらまたすぐに主体的に
物事に取り組む。


受け身で疲れているって・・・・
はっきり言って最悪だと思います。


単に受けることを待っている
だけで自分からは動こうと
しないなんて、一体何のために
生きているのかとさえ私は思って
しまうのですが、こういうことを
受け身な人に言うと「そうかも」
とはならずにだいたい怒るから
この問題は根が深いのでしょう。


だからこそ一度「受け身」の体質
になってしまったらとても人生で
ダメージが大きい
ので、何だか
心が疲れているなと感じたら、
受け身の姿勢が強くなってないか
チェックした方が良いかもしれま
せん。




posted by ごくう at 15:58 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする