2021年01月10日

人生うまくいってないなと感じたら「面倒くさいの沸点」を考えてみる



人によって「面倒くさい」の沸点は
異なるものですが、この「面倒くさい」
と感じる沸点が低すぎる、あるいは
高すぎると人生で一体どうなるので
しょうか。


まず「面倒くさい」の沸点が「低す
ぎる」人。



このような人は世間一般で経験する
ことを経験せずにいる可能性が高い
です。例えば中高校生なら部活を
やっていない、成績が極端に低い、
極端に友達がいない、
など。

大人ならいい歳して基本的なPCの
操作が分からない、ちょっとした
仕事の改善も嫌、やたらと転職の
回数が多い、
など。


つまり少し壁に当たってしまうと
「もういいや、面倒くさい!」
なってしまうため、すぐに放り投
げてしまう習慣がついているので、
ちょっとしたことでゼロへ向けて
行動してしまうのです。転職回数
が多いのは面倒くさいでしょ?と
思うかもしれませんが、何年社会人
をやっていても横軸(X軸)の移動
(会社が変わるだけで平社員から
平社員というような)にはすぐ取り
組みますが、縦軸(Y軸)の場面
(平から主任へ、主任から係長へ)
に遭遇すると対処の仕方が分からず、
(この壁は普通にやっていれば誰
しもが遭遇する壁なのですが)
本を読んだり先輩上司に対処法を
教えてもらうということは「面倒
くさい」ため、すぐ横軸を検討
してしまう
のです。


学生時代や若手社員の頃に一定の
苦労や試行錯誤、葛藤を経験して
いれば、そんなすぐには「面倒
くさい」と思わないのですが、
そういう経験をしていないので
すぐに違う方向を目指してしまう
のです。
これでは30代、40代
以降がつらいと思われます。




そして今度は逆に「面倒くさい」
の沸点が「高すぎる人」。


こういう人は一見「深く狭く」でも
高いスキルを持っているかのように
見えますが、実は普通ならもう
ここらでいいよね?という見切り
が出来ない人
なので、知識行動に
偏りがありまくるため、周りから
「何やってるんだろ?意味わからん」
と思われがちなのです。


学生時代の部活、勉強にしてもそう。
国語の点数が悪いのに配点が5%の
漢字の勉強をやたらとしている、

なんていうのもその典型です。
明らかにブラックな部活でもあまり
疑問にも思わずにやってしまう。



社会人でもエクセルを使えば5分で
終わる仕事を、手作業で計算機を
使って2時間かけていても平気。

(もちろん周りからは「?」と
思われています)
ブラック企業で心身を壊しそうでも
何とかやれると思ってしまう。





こう考えると人生は「面倒くさい」
の沸点って結構大事なんじゃないか
と思うのです。低すぎてもダメ、
高すぎてもダメ。
ちょうど良い
ところって案外難しい・・・。


じゃあどうやってその「いい沸点」
を見つけるか。


これはやはり子供の頃からいかに
色々経験するかだと思います。

かといって特別なことをする必要
はありません、友達と遊ぶ、部活
をやる、そして勉強をする。趣味
もやる。家族ともうまくやるよう
努力する。


これらを子供の頃からやるだけで
自然と色々な葛藤と向き合うこと
になり、その中で自分の沸点が
高いか低いか分かるようになって
くる。
それで大人になって自分の
年代とは違う年代の人たち、考え
も育ちも違う人たちとも一緒に
仕事をしていく中でうまくやれる
ようになるのではないかと思うの
です。


何だか人生うまくいってないなあ
感じている人。
一度自分の「面倒
くさいの沸点」がおかしくないか
振り返ってみてはいかがでしょうか。




posted by ごくう at 17:31 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021年01月04日

良い記事:萩本欽一「運の神様はいる」幸運は不運な時にこそ芽生える



欽ちゃんこと萩本欽一氏の運に
まつわる話の記事。


私自身、かなり運で生きてきて
いるところがあると思っている
のですが、運ってある程度自分
で何とかなる面が多いと思うん
です。
(私は運は貯金できると
考えています。)


日々の行いが良ければ運が良く
なるというより、「運は人が
運んできてくれる」
。まさに
字のごとくですよね。


運が分からない人は運をホント
に「運まかせ」にしてしまって
いる。
「運まかせ」は「人まか
せ」と同じで、自分ではなく
何か他のところに丸投げして
しまっている人は本当に運が
悪い
です。


そりゃそうですよね、運の神
だろうが人だろうが、自分は
楽しておいて他に任せておいて
いる人に運なんか来るわけが
ないです。運って自分で引き
寄せるところがあるので、
それが分からない人は仮に
宝くじに当たっても運が悪い
ままでしょう。




こちらの記事でとても参考に
なったのは以下のところです。


------------(引用)--------------

「でもね。
仕事、お金、健康、家庭、友達
……
この5つの中から1つしか運は
得られないというのがぼくの持論。

欲張ってがっついちゃダメ。
たとえば、仕事がうまくいって
いる時は、仕事以外の運は望ん
じゃいけません。
だけど、もしいや応なく同時進行
しなくちゃいけない局面に遭遇
したら、心の中でこっそり優先
順位をつけるといいんじゃない
かな。
順位をつけるのが難しかったら、
とりあえず家庭を優先すると
いいと思います。・・・・・
------------------------------------


あまり「あれもこれも」だと運が
逃げるよ、ということですね。
例えば仕事がうまくいっている
時はついつい家庭や友達、お金
にも調子乗ってしまいがちなん
ですけど、こういう人は鼻に
ついて周りから足を引っ張られる
ことが多い。で、人が運を持って
きてくれなくなって、仕事の方も
うまくいかなくなってしまう。


だからうまくいっている時ほど
少し謙虚に、控えめにしておくと
また運が廻ってくるのだろうと
思います。

人生で運は大事ですよね。


▼引用(日刊ゲンダイデジタル)
萩本欽一「運の神様はいる」
幸運は不運な時にこそ芽生える





posted by ごくう at 18:56 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021年01月03日

私の財政破綻対策(2021年版)


私は一貫して日本は財政破綻
するとずっと思っています。
財政破綻は言い過ぎですか、
少しオブラートに「実質的な
財政破綻になる」
と言って
おきましょうか。とにかく
このまま財政が持つとは
とても思えません。


そんな私は大学を卒業して
からずっと額は小さいなが
らも財政破綻対策を地道に
行ってきました。まだか、
まだかと言っては不謹慎で
すが、コロナによって遂に
いよいよかな、
とも感じて
います。その対策を自戒も
込めて書きたいと思います。

(※なお本ブログでは同じ
ようなことを何度も書いて
います。ご容赦ください。)

------------------------------------------

【1】日常的に簡単にできる節約を行う
 (ただし可能な限り生活水準は維持)


 1.ボディソープは使わず石鹸に
 
 2.スマホは格安スマホ(ただし
  子供は別)、キャリアは格安SIM
 
 3.首都圏に住んでいるなら車は不要

 4.自販機、コンビニは極力使わない
  会社には水筒を持参する
 
 5.楽天経済圏を駆使する

 6.サプリはiHerbで購入

 7.会社では同じような面子と同じ
 ような話のために飲みに行かない
 (成長しないような話の場に参加
 しない)
 
 8.キャッシュレス決済(d払い等)
  で支払う  

 9.ふるさと納税で節約




【2】お金を円(日本)から疎開させる

 1.外国投信、NASDAQ等に投資

 2.金ETF、プラチナ投信に投資

 3.iDeCo、NISAを駆使

 4.円を持つ割合は20%以下にする


【3】生活周りのインフレ耐性を上げる

 1.シャンプー、洗剤、歯磨き粉等の
  生活必需品は安い時に貯め買い

 2.電球はLEDに替える

 3.インフレ時に家電は壊れると痛い、
  壊れる前に買い替えておく

 4.定期券や自賠責保険等はできるだけ
  長めに入っておく

------------------------------------------

とまあこんなもんですかね。
あとは入金力を上げるために仕事を
しっかりやって出世していくことも
大事な財政破綻対策かと思います。




posted by ごくう at 10:36 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021年01月02日

2021年からはいよいよ財政インフレが意識されるか



新型コロナウイルスの猛威が止まり
ません。他国ではワクチンの接種が
始まっていますが、この効果も一体
どれほどのものなのか、副作用に
ついてもまだまだこれから、と
いった様子。変異種も見つかって
おり、本当に先が見えない状況です。


先が見えないと言えば各国の財政
状態も同じです。新型コロナ対策
でお金を刷りまくっていますから、
このツケは何らかの形で清算され
ることになる
でしょう。


どういった形で?


私は50年位前にあったニクソン
ショックの振り子が逆に触れる
ことが起きる
と思っています。
とはいっても振り子が思い切り
行き過ぎることはなく、まずは
軽く1/3位金本位制の方に戻る
という感じでしょうか。


私の予想では信用だけで通貨を
いくら刷っても、モノ・サービス
に交換できることには限度があり
ますから、ここでどこかで破綻が
生じ、やっぱり信用だけでお金を
刷るってのは良くないね、だから
何らかの裏付けが必要だよね、

いう空気になるのだと思います。


その筆頭が先進国では日本が一番
になるのでは?とコロナ前から
ずっと思っております。


日本ではこれから2025年問題
起きることは明白ですから、お金
の問題がクローズアップされやす
くなります。今回のコロナでこの
2025年問題がさらに大きな問題と
なりました。
今の日本の財政状況
からして、そう遠くないうちに
財政インフレ(もしくは公債イン
フレ)
がさらに意識され始める
ことになるでしょう。


▼参考(コトバンク)
財政インフレーション




コロナが収まってきたらきたで
財政インフレの問題がチラホラ。
でも借金は減らせる感じではない。
場合によっては意外と一気に事が
起こるかもしれません。言い方は
悪いですが世界から見たら日本は
大国が破綻するとどうなるかの
実験的要素がある
と思います。


しかし我々はそこに住む日本人
ですから、実験とはいえあまり
悪い状況にはなりたくありません。
被害はどうしてもあるでしょうが、
少しでも被害を少なく、うまく
いけば逆転のチャンスもあるのが
次のガラガラポン
です。


その日は確実に近づいてきている
と思われます。もうどうせなら
早く時がきて、新しい国づくりに
邁進したほうが日本にとって良い
ことだと思います。今生きている
我々はそのガラガラポンの時に
いかにうまく切り抜けるか。
生き残るか。あわよくば一儲け
するか。
そろそろそこを真剣に
考えた方が良い時期だと私は
思います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国家破産はこわくない (講談社+α文庫) [ 橘 玲 ]
価格:924円(税込、送料無料) (2021/1/2時点)



posted by ごくう at 22:52 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンテンツ消費型人生は自分を生きていない人生である


コロナが猛威を振るっています。
家で過ごす時間が長くなっている方
も多いかと思います。


今のようなコロナ禍に限らずですが
人生でコンテンツ消費ばかりしても
楽しいと思えるのは子供の頃の話で、
それをいい年をした大人(20歳以上)
がコンテンツ消費をメインに人生を
過ごしていたとしたら、それはとても
つまらないと思います。


こういうことを言うと


「人生の楽しみ方は人それぞれ。
それに口出しをするな!」



という人がいます。


そんなことは当たり前であって、
わざわざ言う時点でまだ子供だと
いうことです。



私もコンテンツ消費の趣味である
ゲームや読書がありますが、大人に
なったらほどほどに楽しむからこそ
いい
、と心から思います。これは
心身のリフレッシュになるからで
あり、本当の意味で悩み解決をする
には「人生を生きる」しかない
こと
に気付いたからです。




「人生を生きる」とは人としての
道を生きること。

学生時代を終えたら自分で選んだ
仕事をし、結婚し、子育てをし、
自分の体をメンテし、親を介護する。
これらだけで十分人生を堪能できる
ように設計されていると思うのです。


しかしそこに満足感が得られない
からか、あるいは何か勘違いして
しまっているのか、コンテンツ消費
こそが人生だと思っている人が多く
なっているように思います。



現代は周りを見ればコンテンツに
溢れている時代ですからね。
コンテンツ消費が人生だ、と思って
しまっても無理はないのかもしれま
せん。さらに言うとコンテンツを
消費すればするほど(コンテンツの
知識を持っていればいるほど)偉い、
人生が豊かだ、なんていう風潮も
ありますからね。どうしたって
コンテンツ消費型人生が良く見えて
しまうのかもしれません。


でも本当の人生は、コンテンツ消費
はあくまでオマケであって、主では
ないはずなんですね。

いくらコンテンツをたくさん消費
しても心が豊かになれないのは、
それは所詮他人が作ったコンテンツ
に乗っかっているだけだから
です。
ということは自分の人生を堪能する
のではなくお金を払って他人の人生
を生きているようなもの。

だからいくらコンテンツを消費しても
虚しいだけなんです、ちゃんとした
大人であれば。




posted by ごくう at 06:18 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする