2018年09月09日

やたらと優越感に浸ろうとする人の心理



日々生活をしていますと色々な人と
関わることが多いですが、その中で
「ん?」という人がやたらと優越
しようとしてくる人
です。


私がちょっと前に経験したのは、
4人ほどの飲み会があって、
そこは60代男性、40代女性、
50代女性、そして私(40代)と
いうメンバーだったのですが、
ここで60代男性がいかに自分の
仕事がすごいか、語り始めました。


その方はキャリアコンサルタント
なのですが、自分は学生の前で
色々講演をしている、あなたは
そのような仕事をしているか?
してないんじゃない?
みたいな
態度で私に話をしてきました。


実は私も会社で新人研修の担当
をやったことがありますので、
講師的な仕事はそれなりには
経験があるのですが、そこは
年配の人ということもあり、
サラッとかわしておきましたが、
このようなマウンティングと
いうか、相手より優越感に
浸ろうとする人が案外多いの
にはこの年になっても驚かさ
れます。


というのも私は子供の頃から
そのようなマウンティングの
ような行為はとても恥ずかしい
ことだと思うことがあり、私は
決して控えめでもないですし
それなりに言うべきことは
言うタイプなのですが、それは
決して優越感に浸ろうとする
とか、マウントを取ろうとか
そんなのは一切ない上で言う
べきことを言ったりしている
つもりです。






ところがどういうわけか何かと
マウンティングを取ろうとする
人がいて、これがこの飲み会の
ように真正面からやってくる
ならまだしも、裏でコソコソと
マウントするために画策する
ヤツなんかもいて、個人的には
そこまでして優越感を感じたい
のか?なぜそこまで?
と思って
しまうわけです。


結局優越感に浸りたい人という
のは、自分を良く見せようと
必死なわけで、それは結局の
ところ自分に自信が無いから
なんですね。
でも良く見せよう
とするのは見栄っぱりだから
ということなんでしょうけど、
これってやればやるだけ墓穴
を掘るというのがパターン

気がしてなりません。


だいたい本当に強い人は
自然体というか、ミスしても
すぐに素直に謝りますし、
怒る時は普通に怒る。つまり
とにかくナチュラルなんです
よ、強い人というのは。


でも逆に弱い人というのは
何か不自然が付きまとって
いて、優越感に浸ろうとする
あまり変に強気になりすぎて
しまったりとか、逆に謙虚に
なりすぎてしまう、とか、
とにかく演技じみている所が
ある
ことが多いんです。
ここで墓穴を掘ってしまう
んですよね。


だから真の優越感に浸りたい
のなら、強く見せよう、良く
見せようとするのではなく、
自然体で、かつ弱いところも
見せる
、というくらいの方が
真の優越感に浸れるのでは
ないかと思うのです。


まあいい年をして優越感に
浸ろうとしてしまう時点で
お察ししてしまう面もある
のですが、何にしても必要
以上に自分を良く見せようと
しないほうがカッコいいと
私は思います。




posted by ごくう at 23:10 | Comment(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年09月02日

ためになる記事:悪口に振り回されるかどうかは、すべて自分で決められる



まずは引用をお読みください。


--------------(引用)-----------------


気分を害すのも、傷つくのも、辱めら
れるのも、また、怒るのも、防衛的に
なるのも、すべて自分自身で選んで
いること。投げかけられた言葉や、
された行為が自分にとってどんな
意味を持つのかを自分自身で決めさえ
すれば、
傷つけられた感じる必要も
なければ、影響を受けることもあり
ません。


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


あなたと無関係な人たちには、あなたの
心や感情を傷つける力はありません。
あなたの心も感情も、あなたのコント
ロール下にあります。少なくともそう
あるべきです。



誰かがあなたに悪口を言ったり、いじ
わるなことをしたとしても、それで
あなたをどうにかできるわけではあり
ません。
そうした人たちはただ、自分の怒りに
油を注ぎ、自分の人生をコントロール
できなくなっていくだけです。



彼らと同じようにならないでください。
そうした人たちの言葉や行為は、彼ら
自身に跳ね返っていくだけです。
他人から影響を与えられないことを
選べば、与えられることはありません。


もちろん、他人から身体的に傷つけら
れる可能性はあるし、親しい人から
精神的に傷つけられることもあるで
しょう。
それは仕方がないことであり、その都度
対処するしかありません。


しかし、それ以外の、他人からの侮辱、
嘘、人格攻撃などについては、傷を
受けないと自分で決めれば、受けずに
済ますことができます。



引用:
人生の役に立つ言葉:悪口に
振り回されるかどうかは、
すべて自分で決められる



--------------(引用)-----------------






こちらの記事は人生でとても役立ち
そうな良い記事です。


どんなに悪い噂や嘘、マウンティング
でも、結局コントロール下に置かれて
しまってはダメだろ、ということ。


人にコントロールされない。
他人をコントロールしない。


自分をコントロールできるのは
自分だけ。


コントロールしない、させない、
持ち込ませない。
(なんか非核三原則みたいですね)


ということです。


所詮、人の言ってくる悪口や噂
なんてどうでもよいこと。

そんなことに心配しているより、
自分の成長や自分の特技を磨いた
方がよっぽど有意義だよ、という
ことです。


他人からの悪口なんて自分で
コントロールしてしまいましょう。
ということは他人の攻撃すらも
自分の力にしてしまえ、という
こと。他人からの悪口も
「良いアドバイスありがとう」
としてしまえば、妙な悪口は
出てこなくなるでしょう。




posted by ごくう at 18:06 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年08月26日

人の見えないところでの行動や言動がその人の本性を現す。お天道様は見ている、という話。




あまり人の見ていないところ
(目立たないところ)で良い
行いをするか、悪い行いを
するかでその人の器や本性が
分かります。


人の見ていないところで人を
コントロールしようとして、
人の悪口ばかり言ったり、
噂話をしている人は、そこに
時間をかけている割に色々と
成果を出せません。



それは当たり前の話で、人の
悪口を言ったり噂話ばかり
言っていてもたいしていい
ことがないから(時間の無駄
だから)
です。


でも人の悪口や噂話は楽しい。
たまにはストレス解消に良い
と思いますが、それが日常化
している人
は器が小さかったり
性格が歪んでいる人と言える
のかもしれません。


逆に人の見ていないところで
自分を成長させたり、良い
行いをしている人は、多少
時間がかかったり失敗したり
もあるでしょうが、結果的に
成果を出せることが多いように
思います。


「いつの間にか力を付けた」

「いつの間にか成長した」



というのはこういう人が多い
ように思います。






でも基本的に「いつの間にか」
というのは無いんですよね。


人が見ていないところで地道に
コツコツとやってきた結果が
成果を出しているだけで、
「いつの間にか」というのは
そう見えるだけの話。


だから人の見えないところでの
行動や言動というのは大事なの
です。


誰も見てないようなところで
ゴミを拾ってゴミ箱に捨てれるか


スマホが壊れた時、保険を適用
させるために嘘をつくか、つかないか




こういう日頃の行動は何気なく
言動・行動に出ます。

日頃から悪い行動をしている人は
自然に悪い行動をとる。逆もまた
然り。


人が見てないな〜、けどお天道様
は見てるよ、
という昔の人の教え
はとても大事なような気がします。




posted by ごくう at 13:01 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年08月19日

人生のやりたいことリスト(ウィッシュリスト)はとても大事



先日買った「PHP」という雑誌の
中に元テニスプレイヤーの杉山愛さん
の記事があり、そこに


「やらねば」より「やりたい」が大事
ウィッシュリストはとてもいい!



ということが書かれていました。


私はウィッシュリストという言葉は
初めて聞いたのですが、要は


「やりたいことリスト」


ということです。


人生でやりたいことは色々あると
思いますが、ただ「何となく」だと
いつの間にか忘れてしまって、自分
の気持ちや思い自体も忘れて


何で生きているのか分からない
人生つまらない



となりがちです。これでは人生
もったいない!というものです。


そこで私もこの記事を見習い、
ウィッシュリストを書いてみました。
紙に書いてもどうせ無くして
しまいますので、ライフログ・
日記アプリの「Journey」
書いてみました。


▼「Journey」はこちらから
日記、記録 - Journey






今の時代ウィッシュリストを書いても
スマホに簡単に残せますし紛失の心配
もないし、気軽に見返せるのがとても
いいですよね♪


それにしてもこのウィッシュリスト、
書いてみると結構出てくる出てくる!
私はとりあえず23個書きましたが、
やりたいことが小さくても大きくても
何でもいいんです、とにかく書くこと
が大事なんだと思いました。


というのも自分の書いたウィッシュ
リストを読み返すだけでも、何だか
やる気が出てくるというか、明るい
気持ちになります。
そして何より
自分のやりたいことが忘れないのが
いい!せっかくの「やりたいこと」
を忘れてしまったらもったいない
ですからね。


ということでこのウィッシュリスト、
自分のやりたいことを視覚化する
ためにもオススメです!


▼関連記事
リッチな人生を創る「ウィッシュ
リスト100」の魔法





posted by ごくう at 13:18 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年08月16日

物事に取り組んでいない人は、取り組んでいる人をちょっとバカにしていて、そして大損している




私が大学3年〜4年生の時は
いわゆる就職超氷河期でした。
私は大学を1999年に卒業して
いるのですが、いわゆるこの
世代は「ロスジェネ」とか
「アラフォークライシス」
言われてる、かわいそうな
世代のようです(と世間では
言われてます)。


でも・・・!


そのような超氷河期にも関わらず、
私はといえばロクに就職活動もせず
バイトをしたり、友達と遊んだりと
本当にどうしようもない学生でした。


じゃあ何でそんなに就職活動に熱が
入らなかったかと言えば、結局は
自分のやりたいことがいまいち
よく分からなかったから
なんです。


一方で真面目に就職活動をしている
同期がたくさんいたことも事実。

彼ら・彼女らは3年生後半に大学が
用意してくれた就職活動への心構え
の講座を受け、業界研究、自己分析
などをしっかりやっていました。
さらにSPI対策、面接対策、OB
(OG)訪問など、とにかく動いて
いました。


でも私はといえば、ほとんど何も
していない。

敢えてやったといえば自己分析
くらいかもしれません。
といってもそれも当時の習慣だった
日記の延長であって、たいした自己
分析というわけではないのです。






こういう時、当時の私は斜に構えて
いる
、というか、ひねくれている
というか、キチンと就職活動をやって
いる人をちょっとバカにしている
ところがありました。


「そんなにやっても意味ないよ」


「結局面接でうまく言えればそれで
OKなんだよ。自己分析なんて
適当でいいじゃん。」


「バイトもロクにやってないヤツが
就職活動なんてうまくいくのかね?」



とまあ、こんな感じです。


今書いていても恥ずかしいのですが
当時の私はこんな感じでした。


でも・・・、自分をフォローするわけ
じゃないですが、一部は合ってるんです。
就職超氷河期だから努力が報われるとも
限りませんし、面接なんてうまく言えた
もん勝ちですし。バイトをやってれば
それなりに「仕事に関わってるオーラ」
も身に付く。だからこれはこれで一理ある。


でも・・・、40代になっていまさら
なんですが、大学生の頃の私には
肝心のことが抜けてる
んですね。


それは


一体自分はどんな人間で、
それを元にどんな仕事をしたいか



ということです。


こんなこと自己分析等でいくらやっても
所詮20代の若造ですので、間違っている
こともある。むしろ独りよがりすぎて
間違っていることの方が多いかもしれない。


それでも・・・、自分で自問自答して
自分で考え抜く、ってことが大事なん
ですね。
しかもそれをやるにはとても
最適な時期。


ところが当時の自分はお恥ずかしい
ことにそこに気付けませんでした。
いや、気付こうともしてませんでした。


20代、30代と過ごしてきて、これは
とても大きな損失だったのではないか
と思う時があります。






40代の私はさすがに斜に構えては
いませんが、まわりのアラフォー、
アラフィフを見ると、就職活動の
時の私のように斜に構えてしまって
真面目に取り組んでいる人をバカに
したような人が少なからずいます。

そして残念なことに、こういう人で
仕事がうまくいっている、出世して
いる、人望がある、という人は
ほとんど見たことがありません。


結局コツコツ真面目にやっている人が
結果的に一番強い。
コツコツやっている
人は基本的にブレないから、そのまま
正比例に近い感じで伸びていく。一方
斜に構えている人は、肝心のことでは
頑張らず、
私の大学生の頃のように
就職活動期に就職活動をまともにやらず
バイトに精を出すような生き方をして
いる。だからいつまで経っても成果が
出ず、パッとしない。
そんな感じです。


物事に取り組んでない人は、一生懸命に
なって取り組んでいる人を涼しい顔で
高みの見物をしているが、結局何も
していない
わけで、その習慣が何年、
何十年と続けばおのずと結果は見えて
いるというものです。



アラフォー、アラフィフ世代は
真面目にやっている人をバカにして
いるヒマなんかないんじゃないか、
もう結構追い詰められてるのかもよ?
と、こう思うわけです。




posted by ごくう at 13:20 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする