2017年09月10日

気になる記事:グーグルが突きとめた!社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ




企業で「生産性を高める」という
ことは企業にとっては当然のこと
なのかもしれませんが、私は企業
の規模を問わず、また業種・職種
を問わず、うまくいったりいかな
かったりする気がしていました。
(※私は上場企業、ベンチャー企業、
零細企業の経験があります。)


うまくいってもいかなくても、
単純にその会社(チーム)の能力
が高いから(低いから)、とか、
コミュニケーションがうまくいって
いたから(いないから)、という
見方で話が完結しがちですが、
やはりそう単純なものではない
ようです。


昔の高度経済成長期のように
「今日より明日は必ず良くなる」
という雰囲気(国も会社も)なら
ともかく、そんな時代はむしろ
かなり特殊な時代なわけで、
成長したり衰退したりを繰り返し
たり、むしろ今の日本のように
国として衰退に入っていくような
時代こそ、この記事の内容は大事
なのではないかと感じました。


この記事にも出てきますが、
「心理的安全性」は友人関係・
恋人関係・夫婦関係・家族関係・
会社の人間関係など、「あらゆる
人間関係」に共通すること
だと
思います。そういった意味では
この「心理的安全性」が確保
できるかできないかというのは
とても大事ですし、これが即
自分の「生きる力」に繋がる
ような気がしてなりません。





------------------------------------

社員の生産性を極限まで高めるには、
どうすればいいのか――米グーグルが
2012年に開始した労働改革プロジェクト
の全貌が明らかになった。


社員同士のコミュニケーションを中心に、
その仕事ぶりを徹底的に観察するワーク・
モニタリングは、果たして功を奏したの
だろうか?・・・・・(省略)



共通するパターンが見つからない



分析の対象として、特に重視したのは
「チームワーク」であったという。


ビジネスがグローバル化し、複雑化の
度合いを深めている今日、多くの業務は
単独の従業員ではこなしきれない。どう
してもチームによる共同作業が多くなる
からだ。


このためプロジェクト・アリストテレス
では、社内の様々なチームを観察し、
上手く行っているところと、そうでない
ところの違いを明らかにしようとした。


たとえば「同じチームに所属する社員
(チームメイト)は、社外でも親しく
付き合っているか」「彼らはどれくらい
の頻度で一緒に食事をしているか」
「彼らの学歴に共通性はあるか」
「外向的な社員を集めてチームにする
のがいいのか、それとも内向的な社員
同士の方がいいのか」「彼らは同じ
趣味を持っているか」など、多岐に
渡る観察を行った。





人員分析部では、これらの観察結果を
図式化して、そこから業務目標を上回る
チームに共通するパターンを見出そう
とした。しかしパターン抽出が得意な
はずのグーグルなのに、自らの社員の
労働分析からは、目立ったパターンを
見出すことができなかったという。



たとえば同じく生産性の高いチーム
なのに、片方は「社外でも仲良く付き
合う友達同士」のような関係であり、
もう片方は「まともに会話するのは
会議室の中だけで、そこを出ればアカ
の他人」というような関係であった。


また、あるチームでは、強いリーダー
のもとに階層的な人間関係を築いて
いたのに対し、別のチームではもっと
フラットな人間関係を敷いていた。
それでも両者の生産性に、ほとんど
違いは見られなかったという。

・・・・・・(続く)


引用:現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48137
------------------------------------



posted by ごくう at 10:39 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年09月03日

コントロール思考になればなるほど「浅い人間」になっていく



人(主に他人)・状況・環境を
コントロールしようとするほど
人はどんどん「浅い人間」に
なっていく・・・。今回は
こんなことになる仕組みに
ついて書こうと思います。


自分の都合の良いように人や
状況をコントロールする、と
いうことは、場合によっては
嘘をついて相手を陥れるような
こともあります。


嘘をついて人や状況をコント
ロールし続けていくと、次第に
それが当たり前のようになって
いきます。
嘘はついてもバレない、
嘘をついても何とかなるはず、
こんな思考がクセになると、嘘を
つくことに対して罪悪感がなく
なり、コントロール優位の思考
になっていくのです。
だってその
ほうが楽で手っ取り早いですから。






でもそのようにずっとコント
ロールばかりしていると、次第
に思考停止状態に陥っていきます。
たいして考えなくても嘘を
ついてコントロールしてしま
えば何とかなる。
そう思って
いるのですから、深い考えなど
無用なのです。



熟慮したり試行錯誤したり
しなくても、コントロール
することがラクで正しい。


これは一時的には良いかも
しれませんが、これが長く
続くと思慮に欠ける行動しか
とれなくなり、仕事も人生も
趣味も友人関係も次第に
浅い取り組み方になって
いきます。


こうなってしまうとそれまで
何事にもそれほど考えること
もなく、試行錯誤もなかった
ので、年齢を重ねたとしても
「浅い人間」「薄っぺらな人間」
になってしまいます。





そんなことがあるのか、と
思われる方もいるでしょう。
しかし私の経験だと、意外と
このような人は多いのでは
ないか、と思うのです。


・年を重ねている割に物事に
 対して真正面から取り組まない。
 (正確に言うと”取り組めない。”)

・嘘を平気でつく。

・周りをコントロールしたがるが
 本人に魅力が無く、人が付いて
 こない。

・仕事や家庭(子育て)では
 マネジメントとコントロール
 を完全に混同している。

・身近な人に対して「コントロール
 することが愛情だ」と思う
 など、はき違えをしている。

・人を道具のように扱う。



このようにコントロール思考に
なってしまった人は年齢を問わず
意外といるような気がします。


コントロール思考の怖いところは
「コントロールしようとすれば
するほどコントロールできなく
なる」
ことにありますが、今回
のタイトルのように


コントロール思考になればなる
ほど「浅い人間」になっていく


という面もかなり恐ろしいことです。
もし自分がコントロールに頼って
いるなと感じたら(←この自覚が
実は難しいのですが)、「浅い人間」
になってしまう前にとにかくコント
ロールすることを辞めましょう。

コントロールに頼ろうとしな
かったら自然と「深い人間」に
なり、周りから一目置かれる人に
なる
ような気がします。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人間力の磨き方 [ 池田貴将 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/9/3時点)



posted by ごくう at 22:51 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

良い記事:南キャン山里に聞く「不毛な嫉妬」の本質 自己肯定が嫉妬を成長に変える




人間誰しも「嫉妬」の感情という
ものがあります。この「嫉妬」、
最初は他人との比較から始まり、
それから「嫉妬」になっていく
ものなのだと思いますが、この
「嫉妬」を自分の人生にうまく
使うか、それとも悪い方に使う
かでだいぶその後の人生が変
わっていくようにも思います。



こちらの記事は南海キャンディーズ
の山里さんのことが書かれて
いますが、「嫉妬」に対する
考え方、自己肯定感の捉え方など、
とてもためになる記事だと
思いました。どうせ湧いて
くる「嫉妬」の感情なら
うまく使っていきたいですね。
「真の生きる力」がつく何度も
読み返したくなる良い記事です。





------------------------------------

嫉妬で潰れてしまう人と、嫉妬で
伸びる人がいる。南海キャンディーズ
の山里亮太さんは後者だ。相方、
芸人仲間、ときにはイケメン俳優
にも「嫉妬」する一方で、「生まれ
変わってもこのままの自分がいい」

と強い自己肯定感がある。なぜ山里
さんは嫉妬の感情をプラスに変え
られるのか――。


お笑いコンビ、南海キャンディーズ
の山里亮太さんは、自身を「嫉妬
マン」と呼んでいる。「M-1グラン
プリ2004」で初出場ながら準決勝
まで勝ち進んだあと、世間が注目
したのは相方の「しずちゃん」
(山崎静代さん)だった。
そのとき、山里さんは「しずちゃん
の人気に嫉妬するキモい男」という
キャラクターになりきった。

その後の活躍ぶりは説明不要だろう。
慶應義塾大学特任准教授の若新
雄純さんは、テレビ番組で共演した際、
「嫉妬と自己肯定」をうまく使いこ
なす山里さんの様子に強い関心を
もったという。
連載「マネジメント
からの逃走」、今回は特別版として
山里亮太さんと若新雄純さんの対談
をお届けします。・・・・・・・


引用:プレジデント・オンライン
http://president.jp/articles/-/22980
-------------------------------------



posted by ごくう at 15:06 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月16日

気になる記事:「即時再充電可能」なバッテリー技術が誕生、電気自動車の未来を大きく変える可能性




ギガジンに気になる記事が出ていた
ので紹介させていただきます。


「即時再充電可能」なバッテリー技術が誕生、
電気自動車の未来を大きく変える可能性

http://bit.ly/2i3ySCy


記事を読んでいただれば分かるとおり、
すぐに充電可能なバッテリー技術が
開発されつつあるそうです。


日本の自動車業界も電気自動車の
開発をしていますが、やはり現行の
ガソリン車やハイブリッド車に
未練もある感じが・・・。


▼記事はこちら
マツダが世界初の圧縮着火エンジンを発表!
http://car-moby.jp/233372





このような中、日本製紙でも
自動車に使えそうなCNF(セル
ロースナノファイバー)という
”樹脂と混ぜて固めれば、鉄の
5倍の強度、5分の1の重さの
高機能プラスチック(引用)”

を開発しているそうです。


▼記事はこちら
日本製紙、新素材で「紙頼み」脱却へ
「自動車からおでんまで」セルロース
ナノファイバーに注力

http://nkbp.jp/2w0B9UV


こうなってきますと、いままでの
ガソリン車・鋼材による部品製作
という流れが一気に代わってくる
可能性があります。電気自動車で
部品はCNF(セルロースナノファイ
バー)製、そして給油から充電へ。





どんな時代でもそうですが、今まで
当たり前だった技術や仕組みが一気
に代わることって普通にある
わけです。
過去には電話交換手がいましたし、
洋裁やそろばんも重宝された時代が
ありました。街には普通に写真屋さん
があって、フィルムから現像するのが
当たり前でした。スマホを中高校生が
持つなんて最近の話で、つい20年前は
「大学生が携帯電話持つなんて意味が
分からん」
と言われていたのです。


どんなことでも10年、20年で急速に
変わることが普通にあります。



こんな感じで自動車業界がガラッと
変わっていくとしたら、日本の産業
はどうなるのでしょうかね・・・。
日本は自動車産業だけは大丈夫だと
思っていませんかね・・・?



新しい技術が出るということは、
今までのことが「旧」になると
いうこと。その繰り返しで人類は
進化してきたのです。自動車業界
だけ特別、なんてことは当然無い
と考えるのが普通だと思います。




posted by ごくう at 15:18 | Comment(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月15日

普段当たり前にやっていることにはルーツがある。自分のルーツを知ることはとても大切なこと。




今日は終戦の日です。

終戦の日だから、というわけでは
ありませんが、今回は


【自分のルーツ】


について書きたいと思います。

ルーツといっても自分は中国系とか
韓国系とかそういうことではなくて、


現在の自分の性格を作っているルーツ


のことです。


私は最近いろいろな機会があり、
この自分のルーツを強く意識する
ようになってきました。(40代にも
なって今更かもしれませんけど。)


ここでは自分のルーツ、つまり


・今の自分の思考回路(と思われる)下地
・今の自分があるベース



について書きたいと思います。
私を例に書きますが、もうこれは
幼稚園の頃からさかのぼります。





まず自分が幼稚園の時の先生
(女性)なのですが、今思えば
とても優秀でバイタリティ溢れる
先生でした。というのもこの先生
はいまだに幼稚園で仕事をして
おり、今は園長をしています。


数多くの若い女性の幼稚園の
先生が入っては消え、入って
は消えという業界で(まあ
結婚して辞めるというパターン
がほとんどですが)、いまだに
しぶとく(笑)残って現役でいら
れるそのバイタリティは、やはり
私が幼稚園の頃からありました。



なので自分の先生はちょっと
した対応が他の先生と比べても
明らかに秀でたものが多く、
幼稚園の私でも「自分の先生
はちょっと他の先生とは違うな
(いい意味で)。」
と思った
ものです。





そして次に小学校の時の話。
私が小学校4、5年生だった
時の先生は、これまたバイタ
リティ溢れる先生でした。
この先生はクラスの子全員に
朝からグラウンド5週(約2km)
を課し、その後朝の計算ドリル、
そして朝の合唱ということを
やらせたのですが、こんなこと
やっていたのは当時の学校では
この先生だけ
です。


またこの先生は毎日学級通信
を手で書き、生徒と親に情報を
発信もしていました。これも
小学校でこんなことする先生は
他におらず、毎日学級通信を
発行していたのは自分の担任
だけだったと記憶しています。


その後この先生は教頭か校長
までなったのですが、それを
聞いた時は「そりゃそうだろ」
と思ったものです。だって小学
4年、5年生の私の目から見ても
明らかに色々な面で他の先生とは
違っていましたから(これもまた
良い意味で)。





このような感じで過去の自分
に関わっていた先生や親、友人
が、実は今の自分の思考の根幹
を作っている
、ということは
案外あると思います。


私の場合、色々な先生の中でも
先に挙げた2人の先生のことが
強く印象に残っていて、そして
これがいつの間にか今の自分に
強く影響している。例えば自分
で言うのも何ですがバイタリティ
溢れる行動はこれらの先生から
来ているのだとやっと気付きま
した。


過去に関わった人で尊敬している、
いないに関わらず、


自分はどんな空気を吸ってきたか


を自覚することはとても大事な
気がします。もし今のあなたが


・何となく会社の社風に合わない

・仕事が向いてないように思う

・夫婦関係や親子関係がギクシャク
 している


などがあるとすれば、案外自分の
過去から影響を受けているのかも
しれません。


普段自分が当たり前にやっている
ことは、実は自分を作ってきた
ルーツから来ている。普段当たり前
にやってしまっているがゆえについ
忘れがち
ですが、もっとこのこと
を自覚して生きていく方が良いの
かもしれませんね。





posted by ごくう at 23:57 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする