2017年01月14日

外(周り)よりも内(自分)へのコントロールを優先する



私は今の会社に入って10年以上
経ちますが、私が入社してから
ずっとパソコンの操作ができない
(覚えようともしない)50歳位の
人がいます。


多くの会社でそうだと思いますが、
10年も経てばIT化がかなり進み
ます。私の会社も10年前と今とで
はITへの依存度はかなり増えて
います。その変わり仕事は明らか
に楽になっており、ITのおかげ
で効率はとても良くなってきて
います。


そんな状況でも、上記の50歳の人
はIT関連のことを覚えようとは
しません。
プログラムを組んだり、
エクセルでピボットテーブルを
使ったりするようなことではなく、
比較的簡単なことも覚えようとは
しません。50歳も過ぎていると
いうのに、PCを使う時は周りの
若い人に頼ってばかり。それでも
全然気にしてません。こんな感じ
なので若い人たちは「何でいつま
で経っても覚えないのか」
と怒り
をあらわにしています。





このような中年のITへの抵抗感
だけでなく、いろいろなところで


やるべきこと、覚えるべきことを
何だかんだ言ってやろうと(覚え
ようと)しない



という場面を目にします。


・勉強は苦手だと言って試験勉強
 をしない学生。


・料理は苦手と言って料理を覚え
 ようとしない親。


・異性は苦手だと感じて妙な距離感
 を取る人。



このようなことはたいてい状況を
コントロールしているにすぎません。



もちろんすべてのことを出来るように
なる必要はありませんし、またそれを
目指す必要も無いと思います。
出来ないことは素直に他の人に頼る、
ということも大事だと思います。


しかし状況をコントロールばかりして
自分を正当化し続けていると、いつの
間にかそれが当たり前になってしまい
ます。
この状態が続くとちょっとでも
「無理」「キツイ」と感じるとすぐに
コントロールすることで逃げてしまう。
しかも年を取るごとにそういう傾向が
強くなる。これでは何一つ進歩が無い
人間になってしまいます。


状況をコントロールすることを辞め、
受け入れるところは受け入れるように
心がけていれば、自然と自分から覚え
ようとなるはずです。人はそういう
人に対して力を貸してくれるものです
から、自分もプラス、周りもプラス
いう良い関係が出来るようになって
いくのだと思います。





このような謙虚さが無い人は、どんどん
コントロール思考が強くなっていき、


・自分は年がいってるから覚える
 必要がない


・自分には向いていないからやらない


自分をコントロールするのでは
なく、外(周り)をコントロール
することばかり考える
ようになって
いきます。


ここで一番怖いのは、人から好かれ
人が力を貸してくれる人というのは


内(自分)へのコントロール優位な人
        
外(周り)へのコントロール優位な人


という法則がある、ということです。


単純に、また短期的に見ると、
外(周り)へのコントロールが強い人
の方がうまくいっているように見える
時があります。


しかし少し深く、そして中長期的に
見てみると、
内(自分)へのコントロールが強い人
の方がうまくいっていることが多いと
感じます。内(自分)へのコントロール
が優位な人は、外(周り)へのコント
ロールは弱いもの
です。この姿勢が
自然と外(周り)への脱コントロール
に繋がり、中長期的に継続してうまく
いっているように思います。



コントロールしようとすればするほど
コントロール出来なくなる



と感じるのは、元を遡ればここから来て
いるのだと私は思います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もう悩まない!「引き寄せの法則」 [ ボブ・ドイル ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/1/14時点)



posted by ごくう at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月12日

Windowsの更新にやられた〜!


昨日毎月恒例のWindowsの更新
がありましたが、その更新の
タイミングがたまたま悪かった
のか、パソコンがフリーズして
しまいました。どうやっても
フリーズが直らない(マウス
のカーソル自体も動かない)
ため、電源ブチ切りをしました。


そしたら今度はパソコンが
起動しない。起動しようとする
と青色のエラー画面


エラーコード:0xc000000d


というのが出て、またマズイ
ことにリカバリーディスクの
準備も怠っていたため、色々
調べたり他のパソコンから
リカバリーUSBを作成したりと
回復にとても時間がかかり
ました。
この「0xc000000d」
というエラーは更新時の失敗
によるもの
みたいですので、
おそらく更新中だったのに
私がブチ切りしてしまった
のがいけなかったのでしょう。





それにしてもこのWindows
の更新、Windows10になって
から何だかとても調子が悪い

という印象です。


というのもWindows7なら
更新時には画面右下に


更新をダウンロードして
います(〇〇%)


更新をインストールして
います(〇〇%)


と出て、インストールが
最後まで終わったら


再起動しますか?


というメッセージまで
出ました。


このおかげでたくさんの
作業をしたりしていても、
インストール時や再起動時
の時は意識してパソコンの
負荷を減らしてあげること
ができました。そのせいか
インストール時にパソコン
が固まる、ということは
ほとんどありませんでした。






しかしWindows10になって
からというもの、どういう
わけか更新のダウンロード
自体もうまくいかないこと
が多く、インストール時も
気付かないうちに行われて
いて、おまけに再起動を
促す指示も分かりにくい

ので、本当に使いづらいと
感じていました。


今回のエラーコードからの
復帰には数時間もかかって
しまったのですが(リカバリー
の準備してなかった私も悪い
のですが)
、Windows10の更新
はWindows7のようにもっと
分かりやすくしてほしいと
感じました。なんかXPから
どんどん分かりにくく、使い
づらくなっていってるような
気がしてなりません。

OSこそシンプルイズベスト!

そんなOSにしてほしいと思い
ます。




posted by ごくう at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月04日

カウンセラーの教えから学ぶ・・・「一発で解決しようとするのは素人」



数年前に産業カウンセラーの
講習を受けている時、とても
印象に残った話があります。


「相談で一発で解決しようと
するのは素人。プロは何度も
話を聴いて、相談者が解決策
を自分で発見できるように
導いていく。」



この話を聞いた時、テレビ
などで人生相談をしていて


「奥さん、そんな旦那なんか
別れちゃいないよ。」



「(若い20代位の人に対して)
そんなのだからダメなんだ、
自分で食えるようになるために
早く自立しろ。」


などとしたり顔で言っている
司会者のことを思い出しました。
ああ、言われてみれば確かに


「素人ほど一発で解決しようと
しているな」


と感じました。


人の悩みは色々なことが
複合的に絡んでいること
が多いから、普通は一発
で解決するのは難しい。
そのために一緒に話を
聴いて(その人の鏡と
なって)解決に導く人が
カウンセラーなのだ。
私はそう捉えました。





この相談の例に限らず、何事も
「一発で解決しようとする」
のは素人考えだな、と最近
よく思います。


もちろん勢いよく「一発で」
の方がいい時もあります。
しかし、・・・必要以上に
難しく考える必要は無いで
しょうが・・・色々なことを
「一発で良くしよう」と考える
こと自体が自分への自信の無さ
を生むのではないか
、と思う
のです。


本当に実力がある人は様々な
試行錯誤を繰り返し、力を
付けてきた人です。実力を
付けていく過程でたくさん
失敗もし、捨てるところも
たくさんあったはずです。
そのたくさんの負の出来事
の中から正を絞り出して
いるから「実力がある」
のです。



しかし「何事も一発で」解決
しよう、良くしようとする
人は、私の見ているかぎり
たいてい失敗で終わっている
ことが多い。
一発で良く
しようとし、良くならないと
思うとすぐに諦めてしまう。
成功や解決も一発で出来ると
思っているなら、失敗も一発
なのです。
だからそこから
何も学ぶことができず、いつ
まで経っても「素人」という
レベルから脱出できないのです。





またこのように何事も「一発で」
と考えること自体がコントロール
思考になっている
と思います。


コントロール思考に試行錯誤
はありません。
壁があって乗り
超えようとはしますが、壁を
乗り越えられないと思えば
一発で簡単に諦めます。
そして次第に壁を乗り越える
こと自体を否定する
ように
なっていくのです。


これを繰り返していくと自分
に自信の持てない、劣等感が
強く壁を越えようとしない
コントロール人間になります。
そして試行錯誤を繰り返し、
粘り強く取り組んで自分の
力で壁を乗り越える人を


「調子にのっている」

「何となく嫌い」

「上から目線だ」



などと言って避けるように
なっていくのです。





試行錯誤をしてこなかった
コントロール思考の人の
中年以降は悲惨です。
自分に自信が無い状態でも、
年齢だけは行っているから
虚勢を張ったり見栄を張って
しまう。必要以上に自分を
強く見せてしまう。



試行錯誤をしてきた中年
以降の人は、妙な劣等感
が無いため、そもそも
コントロール思考では
無いことが多い
です。
そして自分に自信がある
ため、虚勢もはりません。
見栄もはりません。
そして何事も一発で解決
しようとはしません。

こういう人はだいたい
常に脱コントロール状態
ですが、【自然と】周りを
巻き込んでいきます。
コントロールする必要が
無いからこそ、周りに人が
付いてくるのです。



自分に自信が無いコントロール
思考の人からすると、こういう
人こそ「周りをコントロール
している」
と見えてしまうも
しれません。


でも根本的に違うのです。


自信が無いから周りを
コントロールしてしまう
人と、自信があって脱コ
ントロール状態なのに
自然と周りをコントロー
ルする(巻き込める)人。
この差は周りの人の見る目
(信頼感)が全然違うので
一目瞭然
です。





もし自分が「何事も一発で
解決しようとしている」

感じたら、一度よく考えて
みたほうがよいと思います。


どうして自分は一発で解決
(成功)しようとし、また
すぐに諦めてしまうのか



と。それは自分の自信の無さ、
劣等感から来ている可能性が
あります。その劣等感を解消
するために、何事ももう少し
粘りを持って試行錯誤して
取り組んだほうが良いのかも
しれません。



posted by ごくう at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月03日

今回も大活躍!ふるさと納税でゲットしたホタテ1kg



昨年のクリスマスから年末年始
まで、我が家ではふるさと納税
でゲットした


北海道枝幸町のホタテ(1kg)


が大活躍しました。


DSC01064.JPG


おいしいんですよね、ここの
ホタテ。


こちらのホタテは1万円の
寄付でゲットできるのですが、
買えば5000円位はするのでは
ないでしょうか?


1kgあれば我が家では


クリスマスで1回
年末で1回
お正月で1回



と3回に分けて食べる
ことができます。


とっても甘いホタテなので、
私はワサビをちょっと多め
つけて、辛口の白ワインか
辛口の日本酒で刺身で食べる
のがいつものパターンです。
これだけ甘くて大粒のホタテ
なら刺身が一番!と思って
ます。


ふるさと納税の制度がいつ
まで続くか分かりませんが、
本当に大助かりな制度です。
このふるさと納税制度の
おかげで、なんか最近株主
優待制度が霞んで見えて
しまって、
優待目的で株を
所有しようと思わなくなって
いる自分がいますね。私は
ふるさと納税で大満足です。


ホタテの刺身にオススメ!
イエローテイルの白ワインです。↓


posted by ごくう at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年ふるさと納税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月01日

人生の目標と目的は違う。「何をやりたいか」より「どうありたいか」



2017年になりました。


私(我が家)の最近の正月は
寝正月。食べたい時に食べ、
テレビを見たり昼寝をしたり
して過ごしています。前は
正月と言えば親族に会って
いたのですが、うちの子供達
も大きくなり、親が高齢化
してくると、なかなかそれも
難しくなってきました。
それですっかり寝正月スタイル
が定番になっているのですが、
う〜ん、どうなのかな・・・。





さて、私も40代になり、本当に
今更という感じもするのですが
仕事と人生のことをよく考える
ようになってきました。



というのも、今の会社の経営者
たちの考え方にかなり違和感を
感じることが増えてきた
から
です。


正直言えば10年ほど前に入社
した時から「あれ?」という
こともたくさんありました。
しかし、「今までの会社とは
色々違って当然なのだから、
ここは合わせないといけない」

と思って仕事をしてきました。


しかし年数を重ねるにつれ、
経営者や古株の人たちとの
価値観の違いが、ここ最近
どんどん大きくなってきて
いるように感じました。





人の「価値観」はなかなか
変わらないものです。また
変える必要も無いのかもしれ
ません。
「趣味」や「好み」
と違い「価値観」はその人が
生きてきた過程で様々なものが
溶け込んで出来たものですので、
その人の「本質中の本質」の
ようなものです。そこは簡単
には変わりません。


そこが経営者とズレを感じる
ようになってきてしまったら、
もうその会社にいる意味が
無い
と思うようになって
きたのです。


結婚も同じかもしれません。
「趣味」や「好み」も大事か
もしれませんが、「価値観」
がズレてきてしまうと、もう
結婚生活は難しいと思います。





「四十にして惑わず、五十に
して天命を知る」


と言いますが、40代になって
自分の生き方(価値観)が
はっきりしてきたからこそ、
今まで会社で自分をごまか
してきたことが「何か違う
んじゃないか」
となり、
さらに経営者の人たちが
変わったのか私自身が
変わったのかは分かりま
せんが、とにかく


「価値観の違いが大きく
感じるようになった」


ということは事実ですので、
この年にして転職も考え
始めたのです。


40代の転職って・・・。
なんかうまくいくイメージが
湧きませんね・・・。



でも、今年は転職にチャレンジ
してみようと思っています。





それにしても20代、30代は
人生の「目標」、つまり
家を買ったり、子育てを
したり、仕事のスキルを
上げたりと、割と分かり
やすいものが多く、それに
向かって結構素直に努力
したものですが、40代に
なると人生の「目的」、
つまり・・・


「何のために生まれてきたのか。
自分の人生を通しての【目的】
は何なのか。」


という、なんか簡単には答え
が出ないような、そんな意識
が強くなってきた感じが
します。


これは「五十にして天命を知る」
の前段階だからなのでしょうか、
それとも普通はもっと若い時に
そう思うものなのでしょうか?
(若い時は何にも考えずに進学・
就職してしまったもので・・・。)


ただ今の自分にとっては、


人生の「目標」→「何をやりたいか」
人生の「目的」→「どうありたいか」



こんな感じなんだと「目標」と
「目的」を分けて考えています。
そして今の自分は「何をやりたいか」
より「どうありたいか」の方が
強くなっていて、それで会社と
自分の価値観の違いをはっきり
感じ、人生最後の転職をした
ほうが良いのかも?と思って
いるのです。


私の年齢、子供の進学の費用を
考えると、転職は現実的では
無いかもしれません。
しかし
あと20年近くも今の会社に
勤めるかと思うと、ちょっと
自分に自信がありません。

このまま続けても「価値観」
のズレがどんどん大きく
なっていく一方ですので。


ということで今年は


可能なら人生最後の転職を!


という年にしたいと思っています。



posted by ごくう at 22:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする