2017年10月15日

とても気になった記事:貧乏な家の子どもがお金持ちになれない本当の理由と「思考格差」の正体=午堂登紀雄




私の知り合いの人で


子供の大学費用は出さない


という人がいます。もし私立
大学に4年行くとすると、お
よそ500万円程度かかる、そん
なお金は出したくない。そう
公言する人がいます。


一方で


もし子供が大学に行きたいと
言い出したら親が出して当然



という人もいます。ここで
面白いのは、どちらの意見の人
も収入的にはそれほど大きな差
が無い
ということです。





いくらお金があっても(子供の
自立を促すとかそういう次元で
はなく)大学の費用なんか出さ
ない、という人は、結構自分に
お金を使っている感じ
がします。
いい車を買い、おいしいものを
食べ、スマホは新しいものが
出るたびどんどん変えていく。


一方でお金があまりなくても
うまくやりくりし、教育費用を
捻出しようと必死な親もいる。


どちらが正しいとかそういう
問題ではないのかもしれませ
んが、ひとつ言えることは


子供はしっかり親の姿を見ている


ということです。子供が大学に
行くにしろ行かないにしろ、その
希望をかなえてくれそうかどうか。
またその希望を考慮して今まで
やってきてくれたかどうか。

この思考格差は大きいと私は
思います。そしてこの思考格差
が所得や学歴に大きく影響して
しまう。子供でこのカラクリに
気付くことができる人は少数派
でしょう。もしかしたら一生
気付かずに過ごしてしまうのか
もしれません。せっかく伸びる
素質があっても、親の所得格差
ではなく思考格差のせいで子供
が損してしまうのは、あまりに
もったいない
と私は感じます。





------------------------------------

「親の経済格差⇒子の教育格差⇒連鎖
する貧困」はどこまで本当か


相関関係はあっても、因果関係はない


雑誌やネットのコラムなどで、「親の
所得格差が子の教育格差を生み、貧困
が連鎖する」
という記事がたびたび
取り上げられます。

確かに相関関係はあると思いますが、
私は直接的な因果関係はないと考えて
います。

昨今ではすでに、高等教育を受ければ
いい会社に就職もできて安泰という
図式は崩れつつありますし、奨学金
制度があるので大学に進学できない
というケースは稀でしょう(私自身、
高校・大学には奨学金で進学し、
15年かけて完済しました)。

貧困が連鎖する本当の原因は、親の
子育て
ではないかと私は考えます。

それは、低所得の親の思考パターン
と行動パターンが子に伝わる
からです。


低所得の親が抱える「本当の問題」とは


そもそも、なぜ親は低所得なのか。
それはたとえば、難しい課題に取り
組もうとしない、新しい仕事に挑戦
しようとしない、困難にもくじけず
耐えようとしない、逆境を乗り越えて
目標を達成しようとしない、勉強して
能力を高めてより成長しようという
意欲が低いために起こることではない
でしょうか。

つまり、親自身が勉強することの
価値を理解していない
のです。親
自身が「学ぶこと、努力することに
よってのみ自分を成長させることが
できるのだ」と認識していなければ、
それを子どもに伝えることはできま
せん。

たとえば「勉強しろ」「早く宿題
済ませろ」
などというのは教育でも
何でもなく、単なる強制です。

大人でも会社で上司から「仕事しろ」
「さっさと終わらせろ」
などと言わ
れたら気分は良くないでしょう。

そして、そういうマインドは当然、
日常生活の親の振る舞い、そして
子供にかける言葉にも違いを生じ
させます。

「自分にはムリ」と思っている親の
口から出る言葉は、「お前にはムリ」
ではないでしょうか。・・・・・・


引用:マネーボイス
http://bit.ly/2zoDZle
------------------------------------



posted by ごくう at 11:46 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月12日

事柄や他人の話題にばかり終始している人は、人生の主役を放棄しているのと同じである




私自身中年になりそれなりに
色々な人を見てきたつもり
ですが、何歳になっても


・話題が事柄中心

・他人のことについてばかり
 話をしている


という人がいます。


事柄の話題というのは、


・〇〇のニュースが〇〇だった
・□□に行くには国道〇線から
 行って〜・・・・


などという話題です。また他人
のことについてばかり話をして
いるというのは、事柄の話題と
も似ているのですが


・営業部の〇〇さんが異動で
 ××に行った
・野球選手の〇〇投手が□勝
 をあげ、年棒〇〇億円に
 なった



というような話です。





もちろんこのような話は世間話
として面白いですし、コミュニ
ケーションの一つ(潤滑油)と
しては良いものだと思います。


しかし話題のほとんどがこの
ような事柄や他人の話で、
肝心の


・自分はどうしたいか
・自分はどうなりたいのか
・過去は〇〇だったが、それを
 踏まえて□□という自分に
 なった。だから次は・・・



というような、自分軸の話が
まったく無いという人が意外と
います。



このような人は自分以外の所に
ばかり目が行ってしまい、それを
楽しんでいるようなところが
あるのですが、これでは「人生
自体が週刊誌を見てだけのよう
なもの」
になってしまい、結局
「自分は何をしたいのか」という
のが無いというのは、何のための
人生なのかと思ってしまいます。


週刊誌のゴシップネタのような
ものは娯楽としては正直とても
面白いと思います。また会社内
の人事の話題も同じで、とても
気を引くものです。他人(特に
話題の人)の動向はどうしても
気になりますもん。


でも所詮は他人の人生です。


〇〇さんが部長になろうが、
□□さんが左遷されようが、
△△投手が二軍から一軍に
なろうが、それらは所詮
他人の人生の話です。


他人はともかく・・・・・
自分は何をしたいのか。
自分の人生はどうありたい
のか。自分の墓標には何と
書かれていたらいいのか。



そういうことにもキチンと
目を向けないと、中年以降
恥ずかしい人になっていく
一方だと思います。





まあ、いつも自分の話ばかり
している人もまずいと思いま
すが、でもそれと同じくらい
事柄や他人のことばかりの話
に終始している人は魅力的に
感じません。



人生の主役は自分です。
〇〇投手がMVPを取ろうが、
□□という力士が横綱にな
ろうが、総務部の△△さんが
出世しようが、その人たちを
眺めているだけの人生には
なってはいけない
のだと思
います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自分軸のつくりかた 生きるのがラクになる50の方法 [ 中山庸子 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/10/12時点)



posted by ごくう at 23:11 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月09日

やはり北朝鮮とアメリカは戦争をするのではないか



思えば北朝鮮の挑発行動は、かなり
前からあったと思います。今から
約20年前に阪神淡路大震災があり
ましたが、私はこの時たまたま
大阪におり、朝方すごい揺れと
地響きを感じました。その時
半分寝てたのですが夢うつつの
中で


「あ、ついに北朝鮮が攻めてきた
のかな」



思ったものです。

それから20年経った今、以前より
さらに北朝鮮は挑発行為を強めて
います。もうそろそろ北朝鮮も
他国もお互い限界なのでは?

思います。





そんなタイミングの中、我が国
では総選挙が行われることに
なりました。


北朝鮮が挑発を繰り返す中でなぜ?
という声も聞かれますが、未来から
の目線で「今」を見てみますと


ああ、首相からすれば今がまさに
総選挙のタイミングなのかな


とも見ることができます。


というのも11月にトランプ大統領が
来日し、その中で何が話し合われる
のかと言えばやはり北朝鮮問題が
メインとなる
でしょう。そこで
日本国内の意思統一がゴタゴタ
しているわけにはいかない
のです。
そしてトランプ大統領の来日後、
どのくらい後になるかはわかり
ませんが、おそらくそう遠くない
うちに


「北朝鮮はもう限界だ、危険すぎる」


ということで、いよいよ米朝で戦争
状態になるのでは、と私は見ています。
(トランプ大統領もよく意味深なこと
を口にするようになりましたしね。)


もし戦争が始まったら総選挙どころ
ではないでしょう。だからこのタイ
ミングなのでは?(安倍総理は米朝
戦争がかなり高い確度で行われる
ことを知っているのでは?)
と私は
思います。





北朝鮮はもう後には引けないところ
まで来てしまいました。親族である
金正男も暗殺したかと思えば、妹で
ある金与正が幹部に選出されるなど、
もともと内向きな思考がさらに極端
になっており、
かなり精神的にも
追い詰められている感じがします。


私はこのような状況なので、S&P500
の投資信託を解約したり、SPDRゴー
ルドシェア(金のETF)を買い増し
したりしました。また他に少しでも
利益の出ている投信なども今のうち
に少し解約しておき、下落に備えた
と思っています。


何にしろ本当は戦争など起きないのが
一番の理想なのですが、そういうわけ
にもいかなくなってきている、という
のが今の状況なのかなと思っています。
人は言葉では嘘をつけますが行動で
嘘をつくのは案外難しい。
今回の
選挙も野党から「大儀がない」とか
「加計学園問題から逃げるためだ」
などと言われていますが、もしも
米朝戦争が近々行われる可能性が
非常に高いと知っているのなら、
このタイミングでの解散総選挙は
とても意味のあるものだ
と思えて
しまうのです。




posted by ごくう at 16:50 | Comment(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月07日

気になる記事:部下とのノミニケーションをやめるべき5つの理由



部下との飲みにケーションについて
書かれた記事。ノミニケーションは
会社の人間関係の潤滑油になる、
コミュニケーションに必要だ、と
する考え方もありますが、こうした
飲みにケーションが一方的に正しい
とされた時代は終わった気がします。
というか実は昔から飲みにケーション
「???」だったのかもしれません。
昔は職場に女性も少なく、ほぼ
全員が正社員で年功序列で給料が
上がっていたから飲みにケーション
をやっても良かった、と言えるの
かもしれませんね。


-----------------------------------

部下とのノミニケーションは当然必要、
と考える管理職は少なくありません。
ましてや、現場の若手社員を直接指揮
する課長クラスならなおさらのこと。
しかし『課長のための「やらない」
教科書』
著者で人材育成コンサルタント
の田原洋樹氏は、部下とのお酒の付き
合いは、デメリットのほうが多い

断言します。


「ノミニケーション」は
メリットよりもデメリットが多い



価値観が多様化している現代において
さえ、お酒の席を部下とのコミュニ
ケーションの場とする風潮はまだまだ
あると思います。


私もJTB時代やリクルートでの研修
講師時代に、よく飲みに行って、それ
なりに楽しみ、またそれなりに苦労も
しました。


まずは、職場での永遠の難問かもしれ
ない、


「ノミニケーションは必要か否か?」


ということを、考えたいと思います。


この問いに、どちらかを選べと問われれば、
私は「必要ない」と答えます。

理由は明快です。

「今の時代にノミニケーションを積極的に
行なうのは、デメリットのほうがメリット
を上回っているから」
です。・・・・・


引用:ダイヤモンドオンライン
http://bit.ly/2z511NV
-----------------------------------





私は社会人を20年以上やっていますが、
軽めの飲みにケーション(たまに食事
に行く程度)の人は仕事ができる人が
多いと感じますが、頻度高めの飲みに
ケーションをやる人(やりたがる人)
で仕事ができるなという人をいまだ
に見たことがありません。
この理由は
とてもシンプルで


仕事ができる人ほど仕事ベッタリでは
ない(他の世界も持っている)


仕事ができる人ほどプライベートも
うまい(例:家庭もうまくいってる)


仕事ができる人ほどコミュニケーション
重視だが、それは基本的に勤務時間内
に行われている(「飲みに行って」だと
不公平感が生じることを知っている)



という感じです。飲みにケーション重視
の人ほど酒などの「場の力」に頼って
実は飲み会でも人自体を見ていない、
ということがとても多いのです。
そもそも、人をよく見るなら酒席など
それほど必要でもないはず。それを
わざわざ酒席をもうけて・・・・と
いう発想自体が


ああ、コミュニケーション能力が無い
のかな・・・・



と思わせてしまいます。


この記事にもあったノミニケーションの
5つの弊害として

-------------(引用)---------------

1.誘いを断られる上司、断る部下、双方
 にしこりが残る

2.行けない人が、なんとなく疎外感を持つ


3.課長がおごっても、割り勘にしても、
 後味が悪い

4.翌朝に疲労が残り、生産性が落ちる

5.酔った席での話は、実現性ゼロ

-------------(引用)---------------



とありますが、私はこの中の2の


行けない人が、なんとなく疎外感を持つ


が特に問題だと思っています。
さらに言いますと、職場でわざわざ
(飲み会に行った人が来なかった人
に対して)疎外感を出す、という
ケースすらあり(昨日の飲み会は
〇〇さんが酔いつぶれたよね〜、
など、その場にいない人しか分から
ない話を持ち出す、など)、そんな
雰囲気になってしまうならいっそ
飲み会なんぞやらない方がマシだ

と思うこともあります。


まあ潤滑油的なものとして、たまに
サラッとやるなら悪いものでもない
と個人的には思います。仮に飲み会
に来なくても疎外感を感じないような
空気なら全然やってもいいかと。
ただ、どちらかというと仕事にしか
世界観を持ってない人が飲みにケー
ションをやりたがる傾向にあるので、
そのような理由から会社の飲みにケー
ションは「やらない方がいいかな」と
私は思っています。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール [ 浜口直太 ]
価格:1026円(税込、送料無料) (2017/10/7時点)



posted by ごくう at 14:34 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月01日

「働き方改革=労働時間の短縮ではない」という言葉が刺さった「働き方シンカ論」というサイト




最近よく言われる「働き方改革」
という言葉ですが、これって単純
に「=労働時間短縮」だけでは
ない、
というのは多くの労働者が
感じているところだと思います。


もちろん無駄に長い労働時間は
無くすべきだと私も思いますが、
それで会社の利益が減って結果
的に給料も減る、では誰もやる
気なんか起きない
んですよね。


労働時間を減らしつつ、でも
給料はできたら増えていって
欲しい、それが出来そうなら
働き方改革に皆真剣に取り組
むかもしれません。


もっというと、給料の話だけ
ではなくて、労働時間が短縮
されたらされたで、例えば
給料は変わらないで週休3日制
になったとしても、日本には
「休みをどうしたらいいんだ?」
なんていう輩がけっこういる
のだと思います。下手をしたら
「休みなんかいらないから会社
に行きたい」
なんていうヤツが
ガラガラ出てきてもおかしく
ないかも・・・?と思うこと
すらあります。もしそんな
ことになるなら、これは正直
言って異常だと私は思います。





これは日本人の多くが「就職」
ではなくて「就社」
という感覚
が強いからなのかもしれません。
このような古い感覚からいつまで
たっても抜けきれないから、政府
主導で「働き方改革」なんて
いうことになっているのでは、
と思います。何だかいつまでも
昭和の亡霊がいる感じですが、
まああれだけの高度成長という
成功体験があったのだから仕方
ないのかもしれません。





もうそろそろ「会社」という
ところから一歩引いて客観視
していかないといけない時な
のかもしれません。
今後高度
成長は難しいでしょうし、さらに
日本はこれから人口オーナスで
苦しむでしょうから、会社
ドップリから離れて自分の時間
を楽しむような生き方を目指す
べきだと思います。
会社なんて
ただの稼ぎ場、それくらいで
ちょうどいいのでは?と個人的
には思うのですが、私がドライ
すぎるのでしょうか?


そんな思いの中、


働き方シンカ論
http://bit.ly/2fBL1dQ


とうサイトを見つけました。
IT系のネタが多そうですが、
それ以外にも人事系のネタ
も多くあり、とてもタメに
なりました。これからの
働き方改革のうちの「意識
改革」
という面でとても
役に立ちそうなサイトでした
ので紹介させていただきます。


働き方シンカ論
http://bit.ly/2fBL1dQ




posted by ごくう at 22:38 | Comment(2) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする