2017年03月05日

「現実的なことを言う人は信頼できることが多い」という話



もう10年以上前になりますが
私は以前小売業で家電を販売
していたことがありました。
そこでレンジの接客をして
いた時の話です。


レンジを買いに来るお客さんで
30〜40代くらいは、今でいう
スチームオーブンレンジの
ような、そこそこいいレベルの
レンジを買いに来るお客さんが
多いです。


でも実際に話を聞いていくと、
スチームオーブンレンジを買い
に来たけどオーブン機能なんて
使ったことがない、レンジなんて
ほとんど温めるだけしか使わない、

なんて感じで


「本当にスチームオーブンレンジ
を使うのかな?」


ということもよくあるのです。


こういう時に私は


「もしそのような感じでお使い
でしたら、もっとお手軽なもの
(安くて機能が少ないもの)も
ございますけど?」



なんて言うのですが、そうすると
たいていのお客さんは手軽なもの
(安いもの)ではなく、スチーム
オーブンレンジのような高機能
なものを買っていくのです。
これは何故でしょうか?





最初私は「高いものを買いに来た
のに店員に安いものを勧められた。
ちょっと悔しいから高いのを買って
やろう!」的な、見栄のような
気持ちから買っていくのかな?とも
思いました。


中にはそのような人もいるで
しょうが、実際は


「店員は自分の普段の使い方を
踏まえて現実的な手軽なものを
勧めてくれた。が、それほど
金額が変わるものでもないし、
せっかくだからいい方を買って
おくか。店員も信頼できそうだし。」



ということなんじゃないか、と
今は思っています。


というのも、客の普段のレンジ
の使い方を聴くわけでもなく、
はじめから高いレンジを勧めて
くる販売員だとしたらその人は
まず信用されないでしょう。

しかし私はまずは普段どんな
使い方をするか聞いて、それで
現実的なものを勧めた。
これなら大丈夫だから、ここで
買おうかとなると思うのです。





実はこのことに気が付いたのは
私がマンションを購入する時
でした。


私がマンションを買おうと
していた時は30歳。そして
マンションの担当者はほぼ
同世代の人でした。


銀行の審査も通り、いよいよ
あと少しのステップで契約に
入るぞ、という時に担当者は
私にこう言ってきたのです。


「〇〇(私)さん、マンション
買って本当にいいんですか?
まあ、私は契約が取れるから
いいんですけど。〇〇さん、
今ならまだ契約取り消しも
できますよ?」



私はこう言われたとき、少し
びっくりして


「どうしてそんなこと言うん
ですか?」


と聞くと、


「〇〇さんの実家は長野です
よね。ここ(横浜)で住むのは
いいですけど、ご両親が年老い
たらどうするんですか?長野に
戻るとなったらせっかく買った
マンションも売ることになる
かもしれませんよ。あと、今は
転勤なしの会社にお勤めのよう
ですど、今後どうなるかなんて
分からないですよね。それでも
本当にマンションを買っても
いいんですか?」


と言うのです。


私はこの人なら大丈夫だと感じ、
マンション購入の契約をしました。





社会人の方なら、このような人は
「やる気がない。売る気がない。」
と見る人もいるでしょう。しかし
レンジでもマンションでも、相手の
ことを本当にきちんと考えていれば
(見ていれば)、かなり現実的な
ことを言ってくるのが普通
だと思う
のです。


ですが相手のことなんて考えず、
単に売上を上げよう、契約を取ろう
とするだけの人は、やたらと良い
言葉(美辞麗句)を言っては現実的
なことを避けようとします。





こういう対応をしていると自然と
相手に伝わり、


「なんとなく信用できない」

「なにか胡散臭い」



と思われてしまい、売りを逃して
しまうのです。


自分に自信があり、商品にも自信
があれば美辞麗句でごまかそうとは
なりません。
そして経験的に現実的
なところもきちんと開示できるもの
です。


このようなウソの無い姿勢が相手に
安心感を与えて「よし、買おうか」
となるのだと思います。これは
販売などの話だけではなく、人間に
おいても同じことが言えるのでは
ないでしょうか。現実的なことを
言う人は信頼でき、美辞麗句が
多い人は信頼できない。
そういう
ことだと思います。




posted by ごくう at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月26日

ふるさと納税:北海道当別町のいとうジンギスカンが今年も届きました



昨年に続き今年も申し込みをした
北海道当別町のジンギスカンが
届きました。


DSC01125.JPG


冷凍の500グラムのジンギスカンが
4パック。この量なら4人家族で
2回分は楽しめます。


今年は他のジンギスカンも頼んで
みようかなとも考えたのですが、
結局ここに落ち着きました。
それだけいい商品ということで
しょうが、来年こそは違う自治体
のジンギスカンを申し込んでみよう
かな・・・。


楽天でもふるさと納税でジンギス
カン、色々ありますね。ポイント
も付きますし、楽天で申し込むと
いうのも一手ですね!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】ジンギスカン
価格:10000円(税込、送料無料) (2017/2/26時点)





posted by ごくう at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年ふるさと納税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月25日

傾聴はコントロール思考を抑えてくれる



傾聴・・・。


カウンセラーの方でなくても
傾聴という言葉はよく耳に
すると思います。


この傾聴、カウンセラーや
管理職、教師など、人と接する
ことが多い人には馴染みが
あるでしょうが、言葉は聞いた
ことはあるけど実はよく分から
ないという人も多いと思います。


傾聴とは簡単に言うと自分
のフィルター(準拠枠)を
できるだけ取り除いて、
相手の言うことに対して
肯定も否定もせず、でき
るだけそのまま聴く姿勢
のことです。


傾聴してもらうことで
自己理解が深まり、自分
を客観視することで
スッキリしたり問題が
解決したりすることも
あるのです。


傾聴では聴く側の人
からのアドバイスは
基本的にありません。
あくまで話している
本人が自己解決できる
ように導いていく、と
いうスタンスです。





この傾聴、私は産業
カウンセラーの養成
講座で100時間ほど
練習していますが、
なかなか難しいなあ
というのが本音です。


どうしても自分の
フィルター(準拠枠)
が入ってしまう。
これはあって当然で
完全に無くすことは
不可能なのでしょうが、
それでもなかなか相手
目線に立つということ
は今でも難しいなと
思っています。





この傾聴スキルを身に
付けると、聴いている
フリをして相手をコン
トロールしようという
ことが減ったと思いま
す。このような態度は
傾聴ではありませんから、
このような態度に少し
でもなるとカウンセラー
(傾聴)の指導者に
注意され、そこで


「ああ、今自分は相手
に介入しようとして
いたんだな」



と気付くのです。


この傾聴スキルを身に
付ければ、相手をコン
トロールしようとしな
くなるので、人間関係
が円滑にいくことが
増えるのですが、なか
なか「真剣に傾聴を学
んでみよう」という
ところまで行かない
のが普通ですよね。





でももし・・・


「何となく人間(親子)
関係がうまくいかない」


「何だか人とギクシャク
してしまう」


と感じることがあるの
なら、一度傾聴スキル
を学習したほうが良い
かもしれません。


傾聴スキルを身に付け
ることで、相手をコント
ロールしようという
ことは確実に減る
はず
です。


相手をコントロール
しないようにすれば、
自然とうまくいくこと
が増えていきます。



そして・・・今度は相手
だけでなく、状況や結果、
あるいは自分さえも過度
にコントロールしないで
いたほうが物事がうまく
いく
、ということに気が
ついていくのです。


傾聴は脱コントロールの
ベースになると言っても
過言ではないかもしれ
ません。
少なくとも傾聴
を学ぶことでコントロール
思考を抑えてくれる効果
はある
と思います。


傾聴スキルは簡単に身に
つくものではありません
が、興味がある方は一度
学んでみることをオススメ
します。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マンガでやさしくわかる傾聴 [ 古宮 昇 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/2/25時点)



posted by ごくう at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月18日

うつで悩む方にオススメの本「うつヌケ」



先日偶然本屋で見つけた
「うつヌケ」という本。
マンガ形式で気軽に読める
本ですが、とても良い本
だったので紹介します。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち [ 田中圭一 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/2/18時点)



絵の感じが手塚治虫のような
テイストなのが不思議な感じ
もしますが、肝心の内容は
色々な方の体験談が載って
おり、とても参考になりま
した。



産業カウンセラーの私は
「うつの症状」「対応の仕方」
などは勉強していますが、
病気を治すのはあくまで
医者だというスタンスが
カウンセラーですので、
うつが回復していく様は
あまり知識が無いのです。
なのでこの本は「うつヌケ」
していくところがとても
参考になりました。





またうつに入っていく様も
とても興味深いものがあり
ました。いろいろな人の
例が載っていましたが、
この本では「人生的に
いいパターンが来て、
そこから落ちてうつに
なった」
というパターン
が多かったように思い
ます。もしかすると
本の例だけではなく、
うつになるパターン
のようなものがある
のだとしたら、この
ようなパターンになる
のかもしれません。
そう考えると「人生
良い時ほど注意すべき」

と言えるのかもしれま
せんね。


うつに関心がある方だけ
でなく、人生の流れ
(アップダウン)や
考え方など、人生論や
生き方に興味がある方
にもオススメの一冊

だと思います。




posted by ごくう at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月13日

正しい他者視点と悪い他者視点


最近仕事をしていて
「正しい他者視点を持つ」
ことが本当に大事なんだ
と思うことがありました。


こんなことを書くと、


「正しい他者視点」って?

「正しい」って何だ?


と思われると思います。


どんな仕事でも人間関係
でも、他者視点なくして
良い関係は築けない
と私
は思います。また多くの
人がそう感じているので
はと考えています。





しかしこの他者視点、よく
よく考えると2つに分ける
ことができる
のではないか

と思いました。


一つはコミュ力があるベース
の「他者視点」。そして
もう一つはコミュ障ベース
の「他者視点」です。


コミュ力があるベース
「他者視点」は、多くの
人から賛同が得やすく、
また話を聞いていて引き
込まれるものがあります。
自分の視点も他者の視点
も違うことが前提
で、どう
刷り合わせをするか、その
視点から見ているので多少
食い違ってもすぐ正しい
方向に修正することが
出来ます。


しかしコミュ障ベース
「他者視点」は、ひとり
よがりのものが多く、人
から賛同を得られない
ばかりか、嫌悪感すら感じ
させます。どうしてこう
なってしまうかというと、
自分の視点と他人の視点
は違うのだという前提が
まるっきり無いから
なの
かもしれません。


そしてなによりコミュ障
ベースの「他者視点」の
嫌な部分は、実質「他者
視点なんか無い」
のに、
自分の足りないところは
他人が補ってくれて当然、
という姿勢の所です。



これではもはや「他者視点
がある」とは言えないのか
もしれません。コミュ障
ベース
の「他者視点」を
求める人は、単に自分の
欠けている部分をうまく
補完してもらうことに
依存している
のかもしれ
ません。





私は社会人になって20年
近く経ちますが、大企業
の偉い人ほど正しい他者
視点、つまりコミュ力が
ある他者視点
を持っている
感じがします。一方で
零細企業の社長みたいな
人ほど、コミュ障ベース
の他者視点
になっている
ような気がします。
(もちろん一概には言え
ませんが。)


これはおそらく大企業だと
多くの人に揉まれている
ので、自然とコミュ力が
上がり、さらにその上で
他者視点が形成されるから
だと思います。


しかし零細企業のような
ところだと、どうしても
普段付き合う人の数が
限られてしまいます。
家族経営のような少人数
でまわしているような
状態で、コミュ力がある
他者視点を養うというの
相当難しいと思います。


そういった意味では、
会社に入るのなら若い
うちほど大きな企業に
入ったほうが良いかも
しれません。
若いうちに
「正しい他者視点
(コミュ力がある他者
視点)」
を育てておけば、
きっと正しい他者視点と
悪い他者視点の区別が
つくようになると思い
ます。これは長い人生
という点から見れば、
とても大きな財産だと
言えると思います。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いつも余裕で結果を出す人の複線思考術 [ 齋藤孝(教育学) ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/2/13時点)



posted by ごくう at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする