2020年05月24日

良い記事:「指示待ち」労働者は、永遠に貧しいままである



私は40代の中間管理職ですが
様々な年代の人を見ていて常々
感じていることがあります。

それは


受け身(指示待ち)の人は本当に
仕事が辛そうである



ということ。


少し前に


給料をもらうか、給料を稼ぐか

という記事を書きましたがそれと
ほぼ同じですけどね。


それにしても今のようなコロナの
時ほど、受け身(指示待ち)の人は
本当に辛そう
です。


反対に自分から仕事をやっていく人、
つまり指示待ちでない人は、そこまで
辛そうではなくむしろ「時間ができた、
ラッキー!」
という感じ。


これ年代・性別・社歴は関係ないです。


私の職場だけかもしれませんが特に
40代、50代の中高年指示待ち族は本当
に辛そう。

もう人生自体が辛そうでビジュアル的
にも見てられません(笑)。


こういう人たちほど会社から指示
されると「何でこんなことするんだ?」
「意味あるのか?」
と真っ向から否定。
じゃあお前ならどうするんだよ?
聞くとゴニョゴニョとお茶を濁して
しまう始末。何がしたいんだろう?
と思います。


下記にある記事はまさにこのような
指示待ち(受身)人間に警鐘を鳴ら
しています。正直言って40代より上
で指示待ちの人はもう矯正が効かない
かもしれませんが、若い世代の方は
本記事を読んで指示待ち中高年に
なってリストラされないように気を
つけることはできるでしょう。


こちらの記事にある「労働者1.0から
労働者2.0を目指せ」。

まさにその通りだと私は思います。




----------------(引用)------------------

日本は少しずつ、確実に貧しくなって
います。
それでも平成の時代は昭和の遺産を
食いつぶすように生きながらえる
ことが出来ました。
しかし、令和の
時代はますます厳しさが増していく
ことは間違いありません。
今はコロナ
のことで皆さん頭がいっぱいになって
いますが、この危機が去った時に
どんな経済状況が待っているのか。
それを考えるとゾッとします。

日本人の貧困化を食い止めるには
どんな方法があるのか?

その一つは、一人ひとりが「投資家
の思想」
を持つことだと思います。
これまで多くの日本人は「労働者の
思想」しか持っていませんでした。
しかしその思想では、もう未来が
ないのです。

「投資家の思想」こそが日本の未来
を切り開くと私は信じています。
少なくとも、その思想を持てた人は、
生き残ることが出来ます。


投資をすることがビジネスパーソンと
していかに大事であるかということを
知っていただきたいと思い、私は
『ビジネスエリートになるための
教養としての投資』(ダイヤモンド社、
5月27日発売)
という本を書きました。
ここで言う投資とは、チャートとにら
めっこして売り買いを繰り返すこと
ではありません。それは「投資」では
なく「投機」です。ギャンブルとなんら
変わりありません。私が言う「投資」
とは、もっと大局的でビジネスの本質
に関わるものです。・・・・・・


▼参考記事(続き)はこちらから▼
「指示待ち」労働者は、 永遠に貧しい
ままである

----------------(引用)------------------




posted by ごくう at 10:55 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年05月23日

「人生」とは字の通り「人を生きること」。



よく


人生とは何ぞや?

生きる意味って?


という深いテーマの本やネット記事
を見かけます。哲学とか宗教とか
そういったカテゴリーになりがちな
壮大なテーマ、「人生とは?」


これは人によって様々な考えがある
と思いますが、現在の私はいたって
シンプルに捉えていて、それは字の
通り「人を生きる」ということ。


私の考える「人を生きる」とは
そのステージや場所で「精一杯
生きる」こと。ライフイベントを
しっかりやっていくこと。



中学・高校なら分かりやすいです。
部活と勉強と友達、この3つを
精一杯楽しむこと。それだけです。


会社も家庭も分かりやすい。
会社ならその年代、ポジションで
精一杯やり切ること。
家族なら結婚して子育てして介護
をしっかりとすること。




でもこれらのことは現代では意外
と難しい。


というのはスマホやネットで常に
やることがある。
人によっては
ペットを飼ったり色々なイベント
に精を出す。そんな環境が普通で
やることが色々とある。


こうなると肝心のライフイベント
がおろそかになる。

ライフイベントよりもスマホや
趣味やペットが主になってしまう。
これは「人を生きる」とは言えない。


もっと単純に「人を生きる」を
頑張ればいいし楽しめばいい。
その息抜きでネットや趣味に精を
出せばいい。けどライフイベント
でないところに人々は精を出し
すぎ、「生きている意味が分から
ない」
と言う。そりゃそうだ、
だって「人を生きていない」の
だから、生きている実感なんて
感じられるわけがない。



これが10代、20代のうちにクセに
なってしまうと怖い。誰かが気付
かせてくれるなら良いが、周りも
そんな人ばかりになってしまって
いたらとても怖い。特に今のよう
なスマホ時代は「非人生」に偏り
がちだから注意が必要だ。




posted by ごくう at 17:30 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年05月19日

給料をもらうか、給料を稼ぐか

会社員を長年やっていると

会社から給料をもらっている

という感覚になる時があります。
会社という組織はそもそも利益を
上げるために集まった組織であり
仲間を作りにくる場所ではない
のですが、いつの間にか仕事に
慣れ切ってしまうと

会社から給料をもらっている
(会社に労働力を売っている)


という思考になってしまいます。


しかし私が新入社員の時に言わ
れたのは


あなた達は今はまだ稼げる人材
ではないけれど、将来は稼げる
人材になってほしい



という言葉です。


「給料をもらう」という感覚は
極端に言えば


・会社に8時間いれば給料がもらえる
・何をしなくても(たいした成果を
 産まなくても)給料をもらえる



という思考になっていってしまう
ような気がします。




そうではなくて先にも書きましたが
会社は利益を上げる集合体なので
会社員である以上は


給料を稼ぐ


という感覚が正しいのだと思います。

営業でなくても経理や総務の管理
部門であっても会社に貢献することで
「給料を稼ぐ」という感覚になると
思います。


どんなに長年会社員をやっていても


給料をもらう感覚になっていないか
給料を稼ぐ感覚を保っているか


ここを忘れてしまってはいけない
ですね。




posted by ごくう at 16:01 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年05月17日

特別定額給付金を何に使うか


コロナショックで特別定額給付金
1人10万円支給されます。


このお金が配られることの是非は
賛否両論ありますが、ここは素直に
使うのが経済のため
になりますので
どうしようか、何を買おうかと
思案中です。


我が家は4人家族ですので40万円。
それにしても、よく考えると買う
モノってもうある程度決まって
しまっているんです。


まずテレビ。
我が家のリビングのテレビは12年
くらい前に買った37インチのもの。
たまに画面の一部が切れてしまう
現象が起きますので、もうそろそろ
限界かという話は家族の中でも出て
ました。

なのでテレビは決定。
さて何のテレビにするか?
今使っているのは東芝レグザなの
ですが、ハイセンスという東芝の
親会社のテレビもかなり良さそう。


▼狙いはこれ
ハイセンスの大ヒット
4Kテレビが大幅進化!
「U7F」は“これが欲しい”に応えた
実力派スタンダード機だ



東芝のレグザエンジンを使っていて
録画画面も同じような感じ。
この一つ上の「U8F」でもいいかなと
検討中。


そして次はパソコン。
今使っているHPのパソコンに不満は
無いのですが(ネットサーフィンや
ブログ、ネット証券くらいにしか
使わない)、このパソコンも10年位
使っており、もうそろそろ寿命かと。
元々Windows7だったものを無料と
いうことでWindows10にアップ
したのはいいですが、スペックが
足りないのかたまにブラックアウト
することも。おまけに子供も大きく
なり、中高校生ともなるとExcel
PowerPointも普通に使いますから、
パチモノのofficeではなく正規版の
ものを入れておこうかと。
CPUはAMDのRyzenが入っている
ものを使ってみようと思ってます。
最近AMDの評判もいいですしね。




あとは洗濯機。
これも寿命が近づいているので。


さらに娘の部屋のエアコンも。


そう考えると生活必需品の家電
ばかりで余分な買い物はしません。

あ、もし少しお金が余ったら
嫁さんのスマホの調子が怪しい
のでUMIDIGIPOWER3を買おう
かと思ってます。このUMIDIGIは
中華スマホですが前に買ったら
クオリティが高かったので。



というわけで我が家の場合は使う
お金も必ずしも日本国内にお金が
落とすわけではありませんが、
経済は巡り巡っていくものなので
とにかく使うことが大事かと。

ハイセンスのテレビを買っても
巡り巡って東芝やビックカメラに
お金がまわるだろうという感じ。


それにしても私はマイナンバー
カード
を持っているのですが、
横浜市では偽サイトが出ている
そうなので、念のためネットの
申請は辞めようかと。なんだ、
マイナンバーカードの意味ない
じゃん、という感じです。




posted by ごくう at 14:13 | Comment(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年05月16日

とても良い記事:人間関係がうまくいく人といかない人の違い



尊敬するDJあおいさんの記事。
学校、職場、ご近所付き合いなど、
ありとあらゆる所で悩むことが多い
人間関係。その改善法がズバッと
書かれています。



▼記事はこちら

人間関係がうまくいく人と
いかない人の違い





こちらの記事にあるとおり、結局
人間関係で悩む人というのは

濃い付き合いを望んでいる人

ということかもしれません。
濃い付き合いを良しとするから
色々と悩むことが出てくる。

あの人に嫌われたのではないか、
あの言い方は無かったかもしれ
ない、こっちのグループよりも
あっちのグループの方がいい、
などなど・・・。


でも・・・極端に言ったらそんな
ことはどうでもいいのかもしれま
せん。



誰から好かれようが嫌われようが
果たして自分の人生にどれだけ
影響があるか?そういうことです。


よ〜く考えてみるとそれほど影響
がない、ということにも気付くの
かもしれません。
だからそんなに深刻に考えること
は時間の無駄という場合もある
のです。(もちろんそうではない
こともありますが。)


なのでそんな他人が自分をどう
思うか、なんていうことは気に
しないで、記事にもあるように


------------(引用)---------------

他人に対する関心を減らして
その分のエネルギーを自分に
向ければ
自分自身のためにもなるし
いざというときに他人を助ける力
にもなる

他人ではなく
もっと自分に興味を持った方が
いいということですね

------------(引用)---------------



ということです。


他人より自分の方が分からないもの。
ならば自己理解を深めたほうが
よっぽど生きやすくなるという
ものです。


人間関係は淡いくらいがちょうどいい。
確か美輪明宏さんもそう言ってたと
思います。


人間関係は大事ですが他人に関心を
持ち過ぎて、肝心の自分への関心は
疎かになっては何のために生きて
いるのか分からない
というものです。




posted by ごくう at 22:38 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする