2018年01月04日

【かかとケア】かかとのガサガサ、ひび割れにはヴァセリンが一番!



冬の季節はかかとがガサガサに
なって、さらにそれが悪化して
ひび割れになったりします。


このかかとのガサガサ、ひび割れ、
年齢にもよるのでしょうが、私は
30代後半からひどくなったな〜と
いう感じです。ガサガサならいい
んですが、ひび割れまでいくと
結構痛い
んですよね、これ。


そこで対策としてハンドクリーム
やら、かかと専用のクリームやら
色々試してきたのですが、自分に
一番効果があったのはヴァセリン
でした。





ヴァセリンって使うとベタっと
した感じがしてあまり好きでは
なかったのですが、このベタっと
したのが効くかも?
と思って
使ってみたところ、たった1回
使っただけでかなりガサガサが
治ってビックリ!


ネットでヴァセリンを調べて
みると、かなり歴史のある製品
で副作用もほとんどないようで、
そのあたりも安心です。という
わけで、かかとのガサガサ対策
には安価で効果の高いヴァセリン
が一番オススメです。


→ヴァセリン(公式サイト)はこちら









posted by ごくう at 09:59 | Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月02日

どんなバブルも儲けるだけ儲けて勝ち逃げした人が一番賢い



ビットコインを代表とする仮想
通貨がバブルのような状態になり、
今そのバブルが弾けつつあるの
ではないか、というところです。


いや、仮想通貨はバブルなんか
ではなく、従来の法定通貨の
価値がどんどん下がっている
ところだ、
という人もいます。


私は現在の仮想通貨はバブル
だと思っています。



今なのか近い将来なのかは分かり
ませんが、このバブルはいずれ
弾けると考えています。


しかし、ここで大儲けした人に
対して、もしバブルが弾けたと
しても「バカだったな」とか、
「ざまあみろ」というような
考えは私は持ちません。



むしろ


「よくやったよね、スゴイ!」


と思いますし、尊敬すらします。


というのも、バブルであれ何で
あれ、何かしらの上昇気流に
乗って儲けたことができたの
ですから、そこは素直にスゴイ
と思います。






よく1989年のバブル崩壊で


「株なんかに手を出すもんじゃ
ない」


「私はあの時、株になんか手を
出さなかったから大損しないで
済んだんだ」



というようなことを言う人がいて
ゲンナリさせられます。こういう
ことを偉そうに言う人は負けも
無いでですが勝ちもない。
はっきり言えば土俵にすら上がら
ないでただ傍観していただけ
なの
ですから、暴落した時にだけ
偉そうに言う資格はないのだ
と思います。


たしかに高値で株を掴んでしまい
大損したらそりゃ笑われても仕方
がないかもしれませんが、でも、
確実にバブルに乗って大儲けして
いる人は存在しているのです。



今の仮想通貨バブルが崩壊したと
しても確実に儲けている人はいる
はずです。その人は勝者です。


しかしバブルだと思ったらすぐに
撤退し、儲けを確定して逃げること
ができる人が一番賢く、本当の勝者
だと私は思います。



いつバブルは弾けるかは誰にも
分かりませんが、ただよく言われる
のは


バブルがバブルだと思われなく
なったら、それはバブルが弾ける
前触れ



とか、


若い女の子や子供までもが投資
に興味を持ち始めたらもうその
相場は終わり



という話があります。


バブルの時はどういうわけか
いつまでも上昇すると思われ
がちです。でもどんな相場でも
そんなことはありえない。


また投資なり投機なり、そこに
興味を持つ層はだいたい決まって
いるのに、普通に考えて絶対興味
なんかないだろうという世代の人
(若い女の子や子供)
が興味を
持ち始めたら、もうその相場は
終わりつつある、ということです。






最近はスマートニュースなどでも
よく「まだ仮想通貨に投資して
いないの?」
という記事を見かけ
ます。またツイッターでも若い
女の子が「仮想通貨始めました」
と書くのをチラホラ見かけます。


これらを見て、私はもうそろそろ
終わりかな
と感じました。



じゃあ仮想通貨は無くなるのか?


それは分かりませんが、私の少ない
知識で知る限り、現在の仮想通貨は
「お試し期間」であり「壮大な実験」
なのではないでしょうか?


▼参考記事

「ビットコインの次」すでに始まった
金融革命に乗り遅れるな
これが「ブロックチェーン」の真の力だ



気になる記事:ビットコイン消滅?
「暗号通貨の勝利」を確信する
IMFラガルドが描く未来



ブロックチェーンの技術は世界で
使えそうですから、その技術を
民間の仮想通貨に持っていかれたら
世界の国家は面白くないですよね。

じゃあ世界のため、国家のために
ブロックチェーンの技術は使わせて
もらいましょう、
となりそうです。


その時、今の仮想通貨はどうなる
のでしょうか。実験に多大な貢献が
あった一部の仮想通貨は残るかも
しれませんが、大多数は消えて
しまうのではないでしょうか。



だからバブルは儲けるだけ儲けて
逃げた人が勝ち!
だと思います。




posted by ごくう at 16:24 | Comment(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月01日

幸せとは、客観的に、バランスよく、脱コントロールの状態で生きること。




「幸せ」とは一体何でしょうか。
この漠然とした問いに人は昔から
問い続け、研究を重ねてきたよう
に思います。


私も色々「幸せ」について本を
読んだり、自分の経験を通じて
考えてきました。「幸せ」とは
人によって異なりますので、


「〇〇なら絶対幸せ」


という決まったものではありませんが、
ある程度の共通性はあると思います。


そこで私なりに考えた「幸せ」に
ついて書きたいと思います。






私なりに考えた多くの人に共通
する「幸せ」とは、以下の3つの
状態で生きている時のことです。


----------------------------------

【1】
 主観より客観が優位になっている
 状態にあるとき


【2】
 何かに極端に偏りすぎず、様々な
 チャンネルにバランスよく関与し
 ているとき

 (ただし一時的に極端 に偏りが
 生じる時もある。それは 経験と
 して必要な時であり、一時的な
 偏りなら別に問題ない)


【3】
 脱コントロール状態にあるとき


この【1】〜【3】の状態で生きているとき、
人は「幸せ」だと感じる。



----------------------------------







上の【1】【2】について一言で言うなら


「自分に、他人に、人生に、様々な
ことに対してニュートラル」



ということです。


とても参考になるわかりやすい
図が以下のサイトにありました
ので、参考にしていただけると
よいと思います。


▼参考記事

不幸の原因はあなたの心にあった…
「幸せになりやすい人」が実践する
気持ち習慣



自分がどの位置にいるのか、どんな
思考のクセがあって、どんな偏りが
あるのか。


これを客観視すればするほど、自分の
現在の立ち位置、自分の生き方、考え方、
そして自分が今そう考えるようになって
いるベース(原体験)が分かりますので、
どういうことを目指せば自分の考える
幸せに近づくのか、理解できるのです。


しかしこれは容易ではありません。
自分を客観視する(自分と向き合う)
ことがある意味一番難しい。だから
自分を客観視し、自己理解を促進
させてくれるためにカウンセラーの
ような職業があるのです。


裏を返せば、自分のことを主観的に、
バランス悪く、様々なことに対して
ニュートラルな状態でない状態で
生きている人は不幸せだと感じる
確率が高い
ということです。







そして最後に【3】ですが、


幸せとは脱コントロールの状態である


ということです。


様々なことに対して客観的で、バラ
ンスよく、ニュートラルな状態で
あれば自然と脱コントロールになる
のだと思いますが、脱コントロール
であればニュートラルな状態に近づく
とも言えます。


どちらが先でも問題ないとは思います
し、ある意味で同義のようなところが
あると思いますが、やはり意識として
「コントロールを極力しない」という
視点は自制を促す意味でも大事だと
思います。コントロールをしようと
すれば客観的、バランスからは次第に
離れていき、非ニュートラル→コント
ロール思考に繋がっていってしまい
ますから・・・。


▼関連記事

良い記事:「才能と収入は別、努力は
人を裏切ると心得よ」水木しげる
人生訓「幸福の七か条」に大反響





posted by ごくう at 23:41 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年12月31日

ロボット掃除機搭載エアコンでもフィルター掃除は必要だった!



年末なので大掃除をしています。


我が家のエアコンは10年間掃除
不要
というロボット掃除機搭載
エアコンを使っているのですが、
使って4〜5年経ったのでエアコン
のフィルターを掃除してみること
にしました。


エアコンの内部のフィルターの
ところに「汚れが気になる時は
フィルターを掃除してください」

とあったので、汚れが気になる
かと言えば正直よく分からない
のですが、年末だし4〜5年経つし
とりあえずフィルターを掃除
しておこうか!
くらいの感じ
で水洗いしてみました。


そうしたら・・・・!!


ホコリや汚れがビッシリ!


もうこれでもか!ってくらい
汚れが出てくる!



写真を撮ってアップすれば
良かったというくらい汚れ
てました・・・・。






10年間フィルター掃除不要
っていう謳い文句でしたけど、
やっぱりフィルターの掃除は
やったほうがいいみたいです。

その証拠に、汚れをとったら
エアコンの効きがとても良く
なり、すぐに部屋が暖かく
なりました。


でもロボット掃除機が内蔵
されているおかげで、この
4〜5年は一度もフィルター
掃除をしてないわけです
から(ロボット掃除機が無い
機種の時は最低でも2か月に
1回は洗ってた)、ロボット
掃除機の効果は絶大
です。


ロボット掃除機搭載エアコン
を使っている方、私みたいに
謳い文句を鵜呑みにし過ぎず、
一度フィルターを洗ってみては
いかがでしょうか?
エアコンの
効きが格段に良くなりますよ!





posted by ごくう at 14:36 | Comment(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「年末年始はできるだけ休もう」という風潮が出てきたのはとても良いことだと思う




最近政府が主導する「働き方改革」
のおかげか、


無駄な残業はやめよう


出来る限り効率的に働いて自分の
時間を作り、プライベートも充実
させよう



という空気が出てきました。



またこんな記事(↓)を見つけた
のですが、一昔前なら総スカン
されたでしょうが、今なら受け
入れられそうな感じがします。

▼記事はこちら
郵便局がパンクしているようなので、
年賀状は控えさせて頂きます




電通の高橋まつりさんの事件、
ヤマト運輸などの物流業界の
値上げ、そして人手不足。
今までのような「長時間働き、
かつ休みも返上するのがスゴイ」
的な空気がダサいと感じる社会
になってきた
のは個人的には
とてもうれしいです。






仕事とプライベートのオンオフ
もなく、さらに人間関係までも
公私の境界線があいまいなのが
良い、つまり社内の人同士で
仲良くなるのは会社のためで、
もっと言えば社内恋愛から社内
結婚まですればもっと良い、と
いうような狭い世界観で生きて
いても、これからの時代では
絶対ロクなことが無いと思う
のです。


ネットが当たり前の時代で、
銀行への振り込みだってネット
で出来るし、株や投資信託も
ネットで購入できる。本だって
電子書籍で買えてしまう。
そんな時代に「働く場所(会社)
だけはできるだけ狭い世界に」

と言うほうが無理があるのです。


若い人たちに対してよくゆとり
世代
だ、さとり世代だとやや
下に見るような言い方でレッテル
を貼ることが多いですが、どちら
かといえばメリハリのある働き方
をしているのはこの世代
であって、
休み返上で働くのが素晴らしい、
長時間働くのが社会人だ、なんて
いうことを言っている世代のほうが
メリハリがなく、視野(世界)が
狭くなりがちだと思うのです。
ゆとり世代と言われる世代の方が
会社とうまく距離を取ってやって
いる感じがしてなりません。



それならゆとり世代を見習って、
休む時はしっかりと休み、働く
時はしっかり働く(←決して
長時間働くという意味ではない)、
というスタイルのほうがよほど
視野も広がりそうですし(これも
時間の使い方によるので個人差が
だいぶできそうですが)、精神
衛生上も良いのではないかと
思うのです。






そういうわけで年末年始も営業
されているお店や企業の皆さん、
多くの人が休んでいる中、仕事
をされているのはとても助かる
面もあるのですが、もうそろそろ
年末年始はもっと休んでもいい
のではないでしょうか?
コンビニ
だって全店年中無休でやらなく
たっていいんじゃないですか?


そして35歳以上の世代の皆さん、
もし働き方改革などで時間が
できたとしても、その空いた
時間で会社の人と飲んだり行動
したりするの、やめましょうよ。

せっかく時間ができたのなら、
会社から離れて自分の時間を
楽しんだり、会社以外の人や
会社以外の世界を楽しんだ方が
よほど意味があるというものだ
と思います。




posted by ごくう at 01:06 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする