2018年08月16日

物事に取り組んでいない人は、取り組んでいる人をちょっとバカにしていて、そして大損している




私が大学3年〜4年生の時は
いわゆる就職超氷河期でした。
私は大学を1999年に卒業して
いるのですが、いわゆるこの
世代は「ロスジェネ」とか
「アラフォークライシス」
言われてる、かわいそうな
世代のようです(と世間では
言われてます)。


でも・・・!


そのような超氷河期にも関わらず、
私はといえばロクに就職活動もせず
バイトをしたり、友達と遊んだりと
本当にどうしようもない学生でした。


じゃあ何でそんなに就職活動に熱が
入らなかったかと言えば、結局は
自分のやりたいことがいまいち
よく分からなかったから
なんです。


一方で真面目に就職活動をしている
同期がたくさんいたことも事実。

彼ら・彼女らは3年生後半に大学が
用意してくれた就職活動への心構え
の講座を受け、業界研究、自己分析
などをしっかりやっていました。
さらにSPI対策、面接対策、OB
(OG)訪問など、とにかく動いて
いました。


でも私はといえば、ほとんど何も
していない。

敢えてやったといえば自己分析
くらいかもしれません。
といってもそれも当時の習慣だった
日記の延長であって、たいした自己
分析というわけではないのです。






こういう時、当時の私は斜に構えて
いる
、というか、ひねくれている
というか、キチンと就職活動をやって
いる人をちょっとバカにしている
ところがありました。


「そんなにやっても意味ないよ」


「結局面接でうまく言えればそれで
OKなんだよ。自己分析なんて
適当でいいじゃん。」


「バイトもロクにやってないヤツが
就職活動なんてうまくいくのかね?」



とまあ、こんな感じです。


今書いていても恥ずかしいのですが
当時の私はこんな感じでした。


でも・・・、自分をフォローするわけ
じゃないですが、一部は合ってるんです。
就職超氷河期だから努力が報われるとも
限りませんし、面接なんてうまく言えた
もん勝ちですし。バイトをやってれば
それなりに「仕事に関わってるオーラ」
も身に付く。だからこれはこれで一理ある。


でも・・・、40代になっていまさら
なんですが、大学生の頃の私には
肝心のことが抜けてる
んですね。


それは


一体自分はどんな人間で、
それを元にどんな仕事をしたいか



ということです。


こんなこと自己分析等でいくらやっても
所詮20代の若造ですので、間違っている
こともある。むしろ独りよがりすぎて
間違っていることの方が多いかもしれない。


それでも・・・、自分で自問自答して
自分で考え抜く、ってことが大事なん
ですね。
しかもそれをやるにはとても
最適な時期。


ところが当時の自分はお恥ずかしい
ことにそこに気付けませんでした。
いや、気付こうともしてませんでした。


20代、30代と過ごしてきて、これは
とても大きな損失だったのではないか
と思う時があります。






40代の私はさすがに斜に構えては
いませんが、まわりのアラフォー、
アラフィフを見ると、就職活動の
時の私のように斜に構えてしまって
真面目に取り組んでいる人をバカに
したような人が少なからずいます。

そして残念なことに、こういう人で
仕事がうまくいっている、出世して
いる、人望がある、という人は
ほとんど見たことがありません。


結局コツコツ真面目にやっている人が
結果的に一番強い。
コツコツやっている
人は基本的にブレないから、そのまま
正比例に近い感じで伸びていく。一方
斜に構えている人は、肝心のことでは
頑張らず、
私の大学生の頃のように
就職活動期に就職活動をまともにやらず
バイトに精を出すような生き方をして
いる。だからいつまで経っても成果が
出ず、パッとしない。
そんな感じです。


物事に取り組んでない人は、一生懸命に
なって取り組んでいる人を涼しい顔で
高みの見物をしているが、結局何も
していない
わけで、その習慣が何年、
何十年と続けばおのずと結果は見えて
いるというものです。



アラフォー、アラフィフ世代は
真面目にやっている人をバカにして
いるヒマなんかないんじゃないか、
もう結構追い詰められてるのかもよ?
と、こう思うわけです。




posted by ごくう at 13:20 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年08月14日

色々考えさせられた記事:「性格が悪い子」は成績も伸びない根本理由



現役の東大生が書いた記事です。
「性格が悪い子」は成績が伸びない。
何とも刺激的なタイトルですが、
書かれていることはかなり的を
得ていると思います。


まずは記事をご覧ください。

「性格が悪い子」は成績も伸びない根本理由
元偏差値35の東大生「僕も昔はそうでした」



・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・


こちらの記事を読んでいただくと
分かると思いますが、伸びない人
(性格の悪い人)は


・人のアドバイスに耳を傾けない

・自分の欠点に向き合えない



ということです。


これは勉強に限らずスポーツや仕事
にも言えること。
このような性格の
人はいくら時間を費やしても伸びる
ことは少ない傾向があるように思い
ます。


そして逆に伸びる人(性格のいい人)



謙虚さ、素直さがある


を持つ人です。
これも勉強もスポーツも仕事も
一緒ですね。






ここでは勉強の話ですが、40代
社会人の私からすると、もう本当に
性格がいかに大事か
痛感させられ
ます。


伸びる人は素直にまっすぐ真面目に
やろうとします。



伸びない人は何事も斜に構えて人の
アドバイスも信用しません。
間違ったとしてもそれを認める度量
(謙虚さ、素直さ)もありません。






ではどうして性格が悪くなって
しまうのか?



私は自分の経験から次のようなこと
から性格が悪くなっていくのだと
考えます。


性格が悪くなる引き金(ポイント)


1.お互い成績の悪い者同士で足を
 引っ張り合う


2.成績上位の者を妬みバカにする。
 こうすることで成績下位の者が
 安心しあう


3.マンネリが大好き。新しいことは
 自分が下位からスタートすること
 が多く、それがイヤ。マンネリで
 あればおのずと上位にいられる
 (気分になる)



逆に性格が良くなっていく引き金は
次の通りだと思います。


性格が良くなる引き金(ポイント)


1.上位の者を素直に認め、良い所を
 学ぼう(真似しよう)とする


2.周りの上位者、下位者はあまり
 気にしていない。戦うのはあくまで
 自分。自分を伸ばすことに注力
 しており、そのために自分の
 強み・弱みをできる限り客観視
 しようとしている


3.マンネリを好まず、内と外を
 バランス良く見るようにしている



性格が良い、悪いとは、生まれ持った
ものではなく、上記のような繰り返し
で出来上がっていくもの
だと私は
思います。


言うまでもありませんが東大生の
ような勉強が出来る人すべてが
性格が良いとは言い切れません。
成績上位者でも内と外のバランスが
悪い人もいますからね。


ですが勉強でも何でも伸びるための
土台として性格が大きく影響して
いることは間違いない
と思います。
性格がいかに大事か。自分の性格が
悪い方に傾いていないか。毎日とは
言わないまでもせめて半年に一回
くらいは自己チェックする必要は
あるように思います。



▼関連記事
感じの良い50代になるために
若いうちからやるべきこと





posted by ごくう at 11:06 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年08月12日

気遣いは人情、絡むのは私情


気遣いが大事と言われます。


相手のことを慮って、相手の立場に
なってものを考える。


これは本当に大事だと思います。


しかし私が思う本当の気遣いとは
私情無く相手のことを気遣う姿勢
のことだと思いますが、私情優先で


【自分は気遣いをしている】


という人が結構多いのでそれは
違うだろ、と思うのです。


本当の気遣い分け隔てなく、
誰に対しても行われる行動。

分け隔てがあるのは気遣いでは
なくただの絡みです。






自分が絡みたくて相手に対して
気を遣うのは完全に私情です。
でも本当の気遣いは私情が無く
人情で動いているものです。


私情と人情を履き違えしている
人も案外多くいますが、気遣い
と絡むことを履き違えも案外
多くいる気がしてなりません。


本物の気遣いができるように
目指していきたいと思います。


▼関連記事

私情と人情を履き違えない

私情はコントロール、人情は脱コントロール




posted by ごくう at 17:07 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年08月05日

どんなことも役割が硬直化するとバラバラになってうまくいかなくなる



遊びでも仕事でも人間関係でも
硬直化すると何をやってもダメ
になる。そう思うことがよく
あります。


遊びなんか堅苦しく考えずに
何でもいいだろ、なんて思いがち
ですが、その遊びですら、遊び方、
遊ぶ相手、内容が硬直化すると
結局同じルーチンにハマることと
一緒なので、何もいいことが無い
のです。


仕事でも人間関係でも一緒です。
家庭でも同じかもしれません。
とにかく役割を固定化させては
ならない。
そう思います。






役割の固定化を防ぐことで、人の
ありがたみが分かり、人の気持ち
が分かるようになるので、一致団結
しやすくなるのだと感じます。



一致団結・・・。
一つになる・・・。


こういうことが大事だ、という所
(人)ほど、実は一致団結して
いないように思います。


なぜなら役割が硬直化していなけ
れば、自然と一致団結するから。

硬直化していないと皆がそこそこ
不安なので、一つになりやすいの
です。


一致団結しよう!一つになろう!
なんていう人ほど、役割を固定化
しようと必死だったりします。

でも逆なんですよね、これ。


変化や脱マンネリこそ新たなスキが
生まれて硬直化が防げる。そこに
新しい風が入り、何らかの変化が
生まれる。


この変化によって良くなるにこした
ことはないですが、悪くなったと
しても別に構わないと私は思います。
変化を起こして悪くなったとしても、
変化を起こさないよりマシ。
役割の硬直化はゆでガエルと一緒で
一番タチが悪い。
そう思います。


▼参考記事
人生は「変節」すると、うまくいく



posted by ごくう at 23:11 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年08月04日

「好き」が共通しているのがいいか、「嫌い」が共通しているのがいいか



学生時代や若い時、仲のいい人は
自分と「好き」が共通している人
という人は多いと思います。


趣味、部活、友人、考え方など、
自分が「好き」だと思うジャンルが
共通している人、そういう人が自分
と価値観が合うんだ、と私は若い時
思っていました。


しかし年を重ねていくと、「好き」が
共通するのも大事かもしれませんが、
それと同じくらい、もしくはそれ以上
「嫌い」が共通していることも大事
だと感じてきたように思います。


「〜感じてきたように思います」と
いうのは、実は私はこのことを言葉
にして誰かに言ったこともないし、
自覚らしい自覚もなかったような
気がするからです。


でも最近ツイッターでこのようなつぶ
やきを見て、「言われてみればそうだ
よな」と思いました。で、これって
結構大事なんだと思います。大人に
なればなるほど。






若いうち(20代くらいまで?)は
「好き」の共通の割合が高いですが、
年を重ねても長く付き合っていける
人っていうのは「好き」の共通も
ありますけど「嫌い」の共通も
かなり大事。「好き」の共通も
「嫌い」の共通もかなりかぶれば
相性バッチリでしょうが、注意し
たほうがいいのは「好き」だけ、
もしくは「嫌い」だけの一致で
価値観が近い、というのは怖いな
ということ
です。


「好き」の共通も「嫌い」の共通も
どちらも大事。どちらか一方だけで
判断しないようがいいよね、という
ことだと思います。案外忘れがちな
ことなのでブログに書いてみました。





posted by ごくう at 11:59 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする