2019年10月20日

良い記事:ビジネスでもプライベートでも対人関係を円滑に進める「33%の法則」




学生でも社会人でも古今東西
悩みが尽きない「対人関係」
人が生きていく上でこの対人
関係がうまくいくかどうかで
幸福度はだいぶ差が出てきそう。
対人関係がうまくいけば人生の
悩みが半減すると言っても
過言ではないかもしれません。



そんな人生で大事な対人関係ですが、
そのことでとても良い記事を見つけた
のでご紹介します。


▼記事はこちら

ビジネスでもプライベートでも
対人関係を円滑に進める
「33%の法則」






記事内で特に良いところを引用します。

---------------(引用)---------------------

「対人関係のバランス感覚」が優れて
いる人とは、「家族」「上司」「部下」
の3者と、同じエネルギー配分(33%ずつ)
で付き合うことができる人
のことです
(今の自分にとっていちばん大切な人に、
残り1%を上乗せすると、100%になる)。
わかりやすく言うと、「家族」「上司」
「部下」を、分け隔てなく大切にする人
です。「家族に依存したり、上司にぶら
下がったりする人、部下を雑に扱う人は、
周りに気をつかわせ、協調性に欠ける
傾向がある」と青山社長はおっしゃって
います。


  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


伊藤社長からは、「33%のバランスを
意識して話したらどうか」
と教えて
いただきました。
話の内容は、「夢が33%、数字(業績)
が33%、笑い(雑談など)が33%」の
割合で組み立てる。
自分が一方的に話をするのではなく、
「自分が話す時間が33%、参加者が
話す時間が33%、余興の時間が33%」
の割合で配分する。そうすると、
参加者の聞く姿勢が変わる、という
のです。

--------------(引用)-------------------


ここでは人間関係でうまくいくコツが
書かれていますが、逆にうまくいって
いないとはまさにこの逆のパターンで、


・ベッタリくっつく(依存状態)
・変化がほとんど無い
・付き合う時間の割合がおかしい



ということがほとんどです。
つまり人との距離感がおかしい。


例えば私の子供が幼稚園の時に周りの
ママ友から嫌わていた人は、ずっと
二人でベッタリでお互いの家に頻繁に
行き来をし、その頻度がほぼ毎日、
下手をしたら土日も家族一緒にお出かけ、
みたいな人でした。


そういう人が「今度一緒にみんなで
バーベキューでもしようよ!」と
言っても、正直イヤですよね。
だってベッタリしないとしないで
距離が取られそうだし、距離を取り
すぎるとそれはそれで悪く言われそう
だしで、どっちに転んでも距離感が
面倒くさそう
だからです。


このおかしい距離感は最初はいいの
ですが、時間が経つにつれデメリット
の方が大きくなるので、どうしても、
特に年齢を重ねるにつれ距離が置かれ
がちになる
のです。


この距離感は友人でも家族でも仕事でも
すべて一緒。いい距離感、いい割合で
接することができる人は多くの人から
重宝されます、だって面倒くさくない
から。



友人に関して言えば、親友なんて人生で
2人か3人出来ればいい、
と言われますが
その理由が分かりますよね。人と程よい
距離感で付き合いつつ(色々と周りに
気を配りつつ)親友になれる人なんて
そんなに多くいるはずないですから。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

年収1億円になる人の習慣 [ 山下 誠司 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/10/20時点)



posted by ごくう at 17:58 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年10月14日

若いうちに勉強、苦労したほうがいいのは「やれば意外と何とかなる」ことに気付けるから




他人をコントロールしようとする
のは無意味、なぜなら基本的に
コントロールできないから。

それなら自分をコントロールする
ことにエネルギーを注いだほうが
はるかにいい・・・。

他人や状況をコントロールしよう
とすればするほど、うまくいかない。



コントロール思考を止めて脱コン
トロール思考に転換すれば物事が
好転しだす
、とこのブログでたび
たび書いているのですが、さらに
そのことが具体的に書かれている
記事を見つけたので紹介します。


▼記事はこちら

「若いうちに勉強する、苦労する、etc.」は
根性論以外にどんな意味があるのか






こちらの記事では自責思考、他責
思考
ということで書かれていますが
これはまさにコントロール思考
脱コントロール思考か、と同じ
ようなことだと思います。


コントロールできないものをいくら
コントロールしようとしても無理が
出てしまいロクなことがないのに、
どうしてもコントロールしようと
してしまうのは一種の思考のクセ。
これに気付かない限り一生つらい
ままでしょう。


ところが若いうち(家庭環境や
学校環境、友人環境)にまわりが
コントロール思考(他責思考)
ばかりだとそれがインストール
されてしまい、


他をコントロール=良いこと


という生き方になってしまいます。
これが間違いの始まり。


逆に若いうちに脱コントロール
思考(自責思考)
を少しでも
身に付けておくと、人はどうし
てもコントロール思考になびいて
しがちなのですが、どこかで


他をコントロール=悪いこと


ブレーキをかけてくれますので、
他をコントロールするよりも自分
をコントロールしたほうが実は
楽で手っ取り早いというコント
ロール思考の人とは真逆の思考で
しかも人生の王道に戻ることが
でき、人生が好転する
んですね。


こちらの記事にもあるとおり


若いうちに努力して何かしらの結果を
得ることは、「やれば意外となんとか
なる」の思考の原点になる



ことはとても大事ですので、じゃあ
それはどうしたら良いかといえば
若い学生時代に


勉強・部活(スポーツ)・友情


という古の人たちが用意してくれた
「学校」という場で王道を目指す
だけで十分
なんだと思います。


そんな十分用意された場ですら
うまくやれない癖がついてしまうと
コントロール思考(他責思考)に
支配されやすくなってとてつもなく
苦労する場合がありますよ、
という
ことなんですね。若い頃の勉強や
苦労はつくづく大事ですね。




posted by ごくう at 00:01 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年10月06日

節約は仕事は本業を大事にし、買い物は「代替する」でうまくいく



消費税が10%になりましたね。
元々8%から延期されていた
ものがついに10%になったわけ
ですが、この増税傾向、まだまだ
続いていくのではと思っています。


消費税が10%になろうが20%に
なろうが日本にいる限りは生きて
いかないといかないわけで、私の
本音はお金さえあれば海外に移住
したいところなのですが、それも
残念ながら難しいところもあって、
なら日本にいながら「要領良く
やっていこう!」
とするしか
ないんんです。


じゃあどうやって要領良くやって
いくのかと言えば、


お金を増やす、減らさない(守る)。


これに尽きるわけです。


まず「お金を増やす」
これは一番最初にやることは
「本業をうまくやること」だと
思います。昨今ツイッターなんか
を見ていると「副業バンザイ」的
な若い人をよく見ますが、まずは
本業で軌道に乗らないと信用が
得られない。
副業を否定している
わけではありませんが、本業が
メインで副業はあくまでサブ、
そのサブが大きく成長したら
メインに変えればいいだけの話
であって、はじめから副業ありき
になってしまうとせっかくの本業
が伸びない可能性があるので勿体
ないと思うのです。


そして副業とは別にお金に稼いで
もらうために投資をする。今は
NISAなどがありますから絶対に
やるべきだと思います。





そして「お金を減らさない(守る)」
投資関連でお金を増やすだけでなく
減らさない仕組み(インフレに負け
ない仕組み)を作りつつ、日々の
生活も無駄なことは極力減らす。
時間もお金も無駄になる意味のない
飲み会なんてもってのほかです。
会社の飲み会すら意味が無い場合が
ありますから、そこは思い切って
参加しないでおきましょう。
私は今管理職ですが、今時飲み会
に参加しないからといって仕事を
振らない、なんてことを部下に
やってしまえば、それこそモラル
が問われ私の評価が下がります
ので、そんなことは普通の上司
であれば絶対にしません(でき
ません)。

だから会社でそこそこコミュニ
ケーション(会話)をとって
いれば十分な時代とも言えます
から、古い世代の考えに洗脳
されないためにもほどほどの
距離感が大事と言えそうです。


そして日々の買い物も代替が
効くものはひたすら代替で
済ませていきましょう。
1本100円超もする缶コーヒー
は辞め、粉末にすればコストは
1/10程度で済みます。
サプリメントも日本のものは
買わず、サプリ大国アメリカの
iHerb(アイハーブ)で購入
すれは安く手に入ります。
服もユニクロだけでは飽きる
でしょうからGLADD(グラッド)
で買えば良いブランドの服が
安く手に入ります。
スマホも格安SIMにすれば
月々のコストがグッと抑え
られます。


とまあこんな感じで現代は
昔と違ってネットが普及して
ます
から、投資信託も服も
飲料も無理に我慢しなくても
ほぼ同じクオリティを保ち
ながら節約できるはずです。
そうすれば税金が上がっても
それほど怖くないのでは?と
思います。




posted by ごくう at 18:06 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年09月29日

楽天カードのチューリッヒ500円保険とは別に自転車保険に加入


私の住む横浜市では2019年10月1日
から条例で自転車保険に加入しない
といけなくなりました。

条例がどうとかの以前に高校生と
小学生の子供がいる我が家では
自転車保険は入って損はない

思っていたので、自転車保険では
ないのですが楽天カードを持って
いると入ることのできるチュー
リッヒの団体保険には入って
いました。

このチューリッヒの団体保険、
月500円なのですが個人賠償責任保険
として機能していて、自転車の事故
で(家族で)1億円まで補償なので
改めて自転車保険に入る必要は無い
かな〜とも思ったのですが、楽天の
自転車保険(家族型)なら節約型で
年間4000円もしませんので、とり
あえず入っておきました。



入ったのはこちら↓



楽天の方はケガで入院した場合は
日額1500円しか出ないのですが、
チューリッヒの方は日額5500円
出るんですよね・・・。そんな
理由でチューリッヒの方はまだ
解約しないでおくか!ということ
なんですけど、何だか重複して
いて無駄な気もしてきました・・。

どちらかというとケガで入院
よりも病気で入院することの
ほうが多いと思いますし・・・。

時期をみてチューリッヒの方は
解約しようかなとも考えてます。


まあ自転車保険に一番期待する
ところは個人賠償責任保険金額
「1億円」というところです
から、他は何でもいいというか。

保険も色々あってよく分からない
というのが正直なところです。




posted by ごくう at 11:29 | Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年09月22日

とても良い記事:低学歴と高学歴の世界の溝


ツイッターやはてなブックマーク
界隈にとても良い記事がありました
ので紹介します。


▼記事はこちら

低学歴と高学歴の世界の溝





私はこの記事を読んでけっこうな
衝撃を受けました。というのも
私も似たような生い立ち、家庭環境
があり、この記事のことがとても
よく理解できたから
です。


例えばですが、私の父方系ですと
まず高卒がいません。そしてその
父親の妻、私の母親は高卒なので
すが、高卒だということで父の
親族から「高卒だからって鼻に
かけている」
と母は何度も言わ
れたそうです。


母親が高卒だといっても当時
すでに高校進学率は90%を超えて
いたそうで、しかも通った高校
は地元では最低レベルの高校にも
関わらず「高校に行ったからと
いって鼻にかけている」
という
環境。この環境は親族に大卒が
普通にいる家庭の人にはおそらく
ピンと来ないだろうと思います。





そういう私は一応有名私大に
入り無事卒業、就職した企業も
比較的知名度のある会社に就職
したのですが、やはり大学に
行った時は何となく周囲の人と
壁のようなものを感じた
ことを
覚えています。


それはもしかすると私が地方
出身で、家がサラリーマン家庭
ではなく商売をしていたことから
くる周囲との差だったのかも
しれません。しかしこちらの
記事を読むとそれだけではない
ことは明白です。


一言で言えば低学歴の家庭と
高学歴の家庭では文化レベルが
違うのです。
文化レベルが違う
から生活レベル、社会レベルも
違ってくる。
ここが一番大きな
差だと思うのです。


文化レベルが違う、というのは
低学歴家庭だとパチンコ、酒、
タバコ、離婚、かなりの低収入

がつねに当たり前にある、と
いう感じ。低収入なのになぜか
運要素の強いパチンコなどの
ギャンブルに興じ、結果的に
負けることが多いので(これは
当たり前です、パチンコ屋も
商売ですから)お金が無い。
だから親はしょっちゅうイラ
ついていて子供の教育にまで
気が回らず、「勉強なんか
やっても意味がない」
と普通
に言う。


こんな感じが当たり前なのです。


もっと言えば、そういう文化
レベルの家庭環境なので、
離婚万引きは当たり前、
ひどくなると電気が止めら
れた、自転車が買えない、
給食費が払えない、高校中退

などの光景も当たり前です。


はっきり言えばどうしようも
ない低レベルの世界なのです。



記事にあることを引用させて
もらいますと、


----------------(引用)----------------------

大学へ行ってまず俺が驚いたことは、
友人達の家庭環境と文化レベルの高さ。


・両親がサラリーマン家庭(そういう友達は
 地元ではほとんどいなかった)

・家族兄弟の誰かが海外赴任とか海外住まい
 とか普通にいる(英語ならお姉ちゃんが
 ペラペラだよ、とかすげぇ)

・海外旅行経験者多すぎ(国内旅行すら
 修学旅行くらいだった俺には衝撃)

・趣味が舞台鑑賞とか美術館めぐりとか
 (ギャンブルが趣味じゃないって凄い)

・騙す人なんてほとんどいない、無条件に
 人を信用する人の多さ

・お金を貸しても絶対返ってくる

・「ありがとう」とか感謝の言葉が普通に
 飛び交う
  

などなど。


もう大学卒業して結構経ってしまったから
その当時の衝撃を少し忘れてしまっている
けど、「高学歴の世界」の人からみたら、
ごく当たり前のこんな感じのことで当時の
俺は衝撃だった。


今思うとここが「高学歴の世界」への
入り口だったんだなと思う。・・・・

----------------(引用)----------------------



と、まさにこんなことなのです。





低学歴の世界はこの逆。
これは出身が都会とか地方とかあまり
関係ないと思います。


私は現在東京の会社で仕事をして
いますが、


「子供は大学に行かせない」

「もし大学に行くならお金は絶対
払わない」



と普通に言っている中年(30代、
40代)の人が何人かいます。
私の会社は大卒が少数派という
レベルの低い会社ですので、
その時点でだいたいお察しかと
は思いますが、非大卒の人の
感覚というのはこういう人が
21世紀の東京でも普通に存在
するのです。


子供が大学に行きたがっている
けど自分の稼ぎでは難しい、
だから子供には申し訳ないが
奨学金を使ってもらうしかない、
とかなら現代なら別に普通かと
思います。しかし低学歴の世界
とは


「子供は大学に行かせない」

「もし大学に行くならお金は絶対
払わない」



という世界なのです。お金がある
とか無いとかではなく、大学に
行ってほしくないのです。
もっと言ってしまうと、大卒が
嫌いなのかもしれません。私の
父方の親族が「高卒だからって
鼻にかけてる」
的なことと同じ
なのです。


はっきり言いますが、低学歴の
世界とは「生理的欲求」の楽しみ
くらいしかないように思います。
飲んだ、食った、ヤッた。
もちろん生きるためにはそういう
ことも大事ですが、そのレベル
しかないのはなんとも低い次元だ
と思います。だって人間として
当たり前のことばかりだから。



しかし高学歴の世界は生理的欲求
はそれほど話題にしないというか、
それよりももっと面白いこと、
つまり誰でもできるわけじゃない、
高みに立つにはそれ相応の努力や
センスが必要とされることに価値
を置きます
ので、そう簡単にその
レベルにはなれないことは分かって
いて、そのために色々と努力を
惜しまない、というそういう感じ
なのです。


低学歴の人からするとそういう
ところが鼻につくのかもしれません。

どちらの世界が楽しいか、価値が
あるかは人それぞれですが、今の
日本でもここに大きな溝がある
ような気がしてなりません。

そしてこの溝は世代から世代へと
受け継がれることもありますので
容易には埋まらない溝かもしれま
せん。ただ、私の経験から言わせて
もらえば、低学歴の世界から高学歴
の世界に行きたいのであれば、一番
手っ取り早いのは偏差値のそこそこ
高い(私立大学なら偏差値55以上、
できたら60以上)大学に行くのが
一番良いのではないかと思います。





posted by ごくう at 15:29 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする