2017年02月09日

親しくなろうとしているのか、それとも・・・、手懐けようとしているのか




人間関係を作っていく上で
相手と「お互いに良い関係」
を築いていくことはとても
大事です。


しかしこの「お互い良い関係」
を作る上で、意外と勘違い
されやすいのが


親しくなろうとしているのか、
それとも・・・・
手懐けようとしているのか



この区別です。





会社員ですと飲みに行ったり
親しげに話していたりすれば
一見「親しくなろうとしている」
と見ることもできます。


しかし疑うわけではないですが、
このようにしてくる人の中には
「手懐けようとしている」人も
結構いるものです。



本人に自覚はあるかは分かり
ませんが、「親しくなろう」
より「手懐けよう」という
魂胆が見え見えだったりする
こともよくあります。


「親しくなろう」と「手懐け
よう」の区別は若い人だと
難しいことがあるかもしれ
ません。
そこでこの見分け方
を書こうと思います。





★手懐けようとする人の
 パターン



・入社間もない人に対して
 やたらと接触しようとする


・評判の悪い人の悪口を吹き
 込み、その人に近づけさせ
 ないようにする
 (評判が悪い=個人的理由
 ということもあるので注意)


・やたらとモノや食べ物で
 機嫌をとろうとする


・権限や部署を越えるような
 面倒見の良さ


・相手の話より自分の話



このような動きをする人は
「親しくなろう」というよりは
「手懐けよう」とする人だと
思います。


反対に親しくなろうとする人の
パターンも書いておきます。





★親しくなろうとする人の
 パターン



・入社間もないからといって
 いきなりむやみに仲良く
 なろうとはしない


・それほど社内事情に詳しく
 ない相手に対して人の噂や
 悪口を言わない


・面倒見は良いが、適度な
 距離を保っている


・むやみに飲みに誘ったり
 しない(飲みに行かなく
 ても大丈夫だと自信が
 ある&相手のプライベート
 を思いやる度量がある)


・自分の話より相手の話



こんな感じです。


まあ・・・、
手懐けようとする人は
コントロール思考
という
ことでしょう。親しくなる
には脱コントロール思考
が大切ですから、やっぱり


余裕を持って相手に接する


ということが大事なような
気がします。これはなかなか
簡単にはいかないことだと
思いますが、できるだけ余裕
を持ちたいものですね。




posted by ごくう at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月21日

「ちょうどいいところ」を見つけていくのが脱コントロール思考



ストレスや疲れ、人間関係の
悩みの多くがコントロール
しようとすることにある、
このブログではそう書いて
きました。


状況や他人、結果について
コントロールしようとすれば
するほど、コントロールでき
ないようになっていく。



これは人間の生きる上での
法則のようなものです。この
「所詮人間がコントロール
できることは決まっている、
多くのことはコントロール
できない」
ことを学ぶために
人生がある、と言っても過言
ではないのかもしれません。





しかしそれでも人間はコント
ロールしようとしてしまう
ものです。



コントロール思考になると
相手を支配しようとしたり、
状況をコントロールして
自分の有利になるように
持っていきがちですが、
それもいずれ限界がきます。
なぜならコントロール思考
の多くは「ゼロかイチか」
という極端な発想になる
ことが多いからです。


世の中のたいていのことは
「ゼロかイチか」ということ
のほうが少ないのです。
多くのことは40点なら努力が
足りない、60点ならまあOK、
80点なら優秀、という感じ
なのに、コントロール思考
になると「100点でないと
ダメ、完全に支配しないと
ダメ、自分が支配できない
相手ははダメな奴」
と考え
がちになってしまうのです。





ゼロかイチか、支配(コント
ロール)できるかできないか。
そのような基準で物事や人を
見るようになると、コント
ロールできないことばかり
が目につく(気になる)よう
になり、それに捉われていく
ようになってしまいます。


こうなると人はどんどんと
離れていきます。



人との距離感でちょうど良い
ところを見つけ、人や状況を
コントロールしないように
していけば人生がグッと楽に
なってストレスも減るのです。
人付き合いや人間関係に無駄
に干渉しなくなり、その分を
自分自身を振り返る(整理する)
時間ができ、物事に納得しな
がら生きていくことができる
のです。





コントロール思考が一番悪い
のは自分をコントロールする
よりも他人や状況をコント
ロールすることばかりに目が
行ってしまうこと
です。
それで自分がおろそかになって、
自分を客観視できなくなり、
ストレスが溜まったり自己
嫌悪になったりするのです。
だから意識的に脱コント
ロール思考になるように、
コントロールすることを
避ければいいのです。


とはいってもコントロール
する癖があるとなかなか
変われないもの。

また自分自身も知らず知らず
のうちにコントロールされて
いることもあり、


「コントロールする、される」


の関係が当たり前の環境だと、
脱コントロール思考を目指し
ましょうと言われても一体
何をしたらよいのか
と思って
しまうかもしれません。





まずは自分が「ゼロかイチか」
極端な考え方になっていないか
チェックしてみてはどうで
しょうか。
「ゼロかイチか」
だとコントロール思考になって
いる可能性が高いからです。

特に自分が拘っている分野や
自分の生活に密着していること
(人間関係、勉強、部活、仕事、
子育て、介護など)に対して
「ゼロかイチか」になって
いないかを振り返ってみる
ことが効率的かもしれません。


そしてもし「ゼロかイチか」に
なりがちだったなと感じたら、
無理とも感じず(満点を目指
さない)、かといって楽すぎず
(甘やかさない)、という

「自分にとってちょうど良い感じ」

のところを探してみてください。
コントロール思考が強くなって
いると「自分にとってちょうど
良い感じ」
のところはすぐには
見つからないかもしれませんが、
そこを自然に目指していけば
脱コントロール思考に近づいて
いくように思います。
そしてそこでちょうど良い感じの
脱コントロールできるポイントを
見つけたら、人生の様々なところで
「自分にとっての脱コントロール
ポイント」
を見つけていけば良い
のだと思います。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


くまで「脱コントロール思考」は
自分にとっての心地良いポイントの
ことです。
周りがどう感じるか、
周りがどう思うか、ではなく、
「自分にとって厳しすぎず、甘すぎず」
のところです。人生でそのポイント
をいかに多く見つけるか。このポイ
ントを探すことだけが人生の目的と
なってはいけませんが、それでも
いかにそこを多く見つけることが
できるかが、「自分らしく、楽に、
人生を生きるコツ」
なのではないか
と思います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なんでも仙人流悩みゼロの教え [ みやがわみちこ ]
価格:1800円(税込、送料無料) (2017/1/21時点)



posted by ごくう at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月14日

外(周り)よりも内(自分)へのコントロールを優先する



私は今の会社に入って10年以上
経ちますが、私が入社してから
ずっとパソコンの操作ができない
(覚えようともしない)50歳位の
人がいます。


多くの会社でそうだと思いますが、
10年も経てばIT化がかなり進み
ます。私の会社も10年前と今とで
はITへの依存度はかなり増えて
います。その変わり仕事は明らか
に楽になっており、ITのおかげ
で効率はとても良くなってきて
います。


そんな状況でも、上記の50歳の人
はIT関連のことを覚えようとは
しません。
プログラムを組んだり、
エクセルでピボットテーブルを
使ったりするようなことではなく、
比較的簡単なことも覚えようとは
しません。50歳も過ぎていると
いうのに、PCを使う時は周りの
若い人に頼ってばかり。それでも
全然気にしてません。こんな感じ
なので若い人たちは「何でいつま
で経っても覚えないのか」
と怒り
をあらわにしています。





このような中年のITへの抵抗感
だけでなく、いろいろなところで


やるべきこと、覚えるべきことを
何だかんだ言ってやろうと(覚え
ようと)しない



という場面を目にします。


・勉強は苦手だと言って試験勉強
 をしない学生。


・料理は苦手と言って料理を覚え
 ようとしない親。


・異性は苦手だと感じて妙な距離感
 を取る人。



このようなことはたいてい状況を
コントロールしているにすぎません。



もちろんすべてのことを出来るように
なる必要はありませんし、またそれを
目指す必要も無いと思います。
出来ないことは素直に他の人に頼る、
ということも大事だと思います。


しかし状況をコントロールばかりして
自分を正当化し続けていると、いつの
間にかそれが当たり前になってしまい
ます。
この状態が続くとちょっとでも
「無理」「キツイ」と感じるとすぐに
コントロールすることで逃げてしまう。
しかも年を取るごとにそういう傾向が
強くなる。これでは何一つ進歩が無い
人間になってしまいます。


状況をコントロールすることを辞め、
受け入れるところは受け入れるように
心がけていれば、自然と自分から覚え
ようとなるはずです。人はそういう
人に対して力を貸してくれるものです
から、自分もプラス、周りもプラス
いう良い関係が出来るようになって
いくのだと思います。





このような謙虚さが無い人は、どんどん
コントロール思考が強くなっていき、


・自分は年がいってるから覚える
 必要がない


・自分には向いていないからやらない


自分をコントロールするのでは
なく、外(周り)をコントロール
することばかり考える
ようになって
いきます。


ここで一番怖いのは、人から好かれ
人が力を貸してくれる人というのは


内(自分)へのコントロール優位な人
        
外(周り)へのコントロール優位な人


という法則がある、ということです。


単純に、また短期的に見ると、
外(周り)へのコントロールが強い人
の方がうまくいっているように見える
時があります。


しかし少し深く、そして中長期的に
見てみると、
内(自分)へのコントロールが強い人
の方がうまくいっていることが多いと
感じます。内(自分)へのコントロール
が優位な人は、外(周り)へのコント
ロールは弱いもの
です。この姿勢が
自然と外(周り)への脱コントロール
に繋がり、中長期的に継続してうまく
いっているように思います。



コントロールしようとすればするほど
コントロール出来なくなる



と感じるのは、元を遡ればここから来て
いるのだと私は思います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もう悩まない!「引き寄せの法則」 [ ボブ・ドイル ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/1/14時点)



posted by ごくう at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月04日

カウンセラーの教えから学ぶ・・・「一発で解決しようとするのは素人」



数年前に産業カウンセラーの
講習を受けている時、とても
印象に残った話があります。


「相談で一発で解決しようと
するのは素人。プロは何度も
話を聴いて、相談者が解決策
を自分で発見できるように
導いていく。」



この話を聞いた時、テレビ
などで人生相談をしていて


「奥さん、そんな旦那なんか
別れちゃいないよ。」



「(若い20代位の人に対して)
そんなのだからダメなんだ、
自分で食えるようになるために
早く自立しろ。」


などとしたり顔で言っている
司会者のことを思い出しました。
ああ、言われてみれば確かに


「素人ほど一発で解決しようと
しているな」


と感じました。


人の悩みは色々なことが
複合的に絡んでいること
が多いから、普通は一発
で解決するのは難しい。
そのために一緒に話を
聴いて(その人の鏡と
なって)解決に導く人が
カウンセラーなのだ。
私はそう捉えました。





この相談の例に限らず、何事も
「一発で解決しようとする」
のは素人考えだな、と最近
よく思います。


もちろん勢いよく「一発で」
の方がいい時もあります。
しかし、・・・必要以上に
難しく考える必要は無いで
しょうが・・・色々なことを
「一発で良くしよう」と考える
こと自体が自分への自信の無さ
を生むのではないか
、と思う
のです。


本当に実力がある人は様々な
試行錯誤を繰り返し、力を
付けてきた人です。実力を
付けていく過程でたくさん
失敗もし、捨てるところも
たくさんあったはずです。
そのたくさんの負の出来事
の中から正を絞り出して
いるから「実力がある」
のです。



しかし「何事も一発で」解決
しよう、良くしようとする
人は、私の見ているかぎり
たいてい失敗で終わっている
ことが多い。
一発で良く
しようとし、良くならないと
思うとすぐに諦めてしまう。
成功や解決も一発で出来ると
思っているなら、失敗も一発
なのです。
だからそこから
何も学ぶことができず、いつ
まで経っても「素人」という
レベルから脱出できないのです。





またこのように何事も「一発で」
と考えること自体がコントロール
思考になっている
と思います。


コントロール思考に試行錯誤
はありません。
壁があって乗り
超えようとはしますが、壁を
乗り越えられないと思えば
一発で簡単に諦めます。
そして次第に壁を乗り越える
こと自体を否定する
ように
なっていくのです。


これを繰り返していくと自分
に自信の持てない、劣等感が
強く壁を越えようとしない
コントロール人間になります。
そして試行錯誤を繰り返し、
粘り強く取り組んで自分の
力で壁を乗り越える人を


「調子にのっている」

「何となく嫌い」

「上から目線だ」



などと言って避けるように
なっていくのです。





試行錯誤をしてこなかった
コントロール思考の人の
中年以降は悲惨です。
自分に自信が無い状態でも、
年齢だけは行っているから
虚勢を張ったり見栄を張って
しまう。必要以上に自分を
強く見せてしまう。



試行錯誤をしてきた中年
以降の人は、妙な劣等感
が無いため、そもそも
コントロール思考では
無いことが多い
です。
そして自分に自信がある
ため、虚勢もはりません。
見栄もはりません。
そして何事も一発で解決
しようとはしません。

こういう人はだいたい
常に脱コントロール状態
ですが、【自然と】周りを
巻き込んでいきます。
コントロールする必要が
無いからこそ、周りに人が
付いてくるのです。



自分に自信が無いコントロール
思考の人からすると、こういう
人こそ「周りをコントロール
している」
と見えてしまうも
しれません。


でも根本的に違うのです。


自信が無いから周りを
コントロールしてしまう
人と、自信があって脱コ
ントロール状態なのに
自然と周りをコントロー
ルする(巻き込める)人。
この差は周りの人の見る目
(信頼感)が全然違うので
一目瞭然
です。





もし自分が「何事も一発で
解決しようとしている」

感じたら、一度よく考えて
みたほうがよいと思います。


どうして自分は一発で解決
(成功)しようとし、また
すぐに諦めてしまうのか



と。それは自分の自信の無さ、
劣等感から来ている可能性が
あります。その劣等感を解消
するために、何事ももう少し
粘りを持って試行錯誤して
取り組んだほうが良いのかも
しれません。



posted by ごくう at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月25日

コントロール思考は世代間で連鎖する可能性がある



コントロール思考はコントロール
する側の人にとってとても便利な
思考なので、コントロール思考で
味をしめてしまうと


「コントロールは正しい」


という錯覚してしまいます。


仕事や勉強、親子関係や人間関係
においてもコントロール思考は
強い影響をもたらしますが、
コントロールの味をしめてしまうと
状況・他人をコントロールしたくて
たまらなくなるのです。


コントロール思考の怖いところは
コントロールする領域がどんどん
広がっていくことです。



はじめは勉強や仕事だけ、つまり
自分だけに及ぶコントロールが、
エスカレートしていくと友人関係、
親子関係など、他人に対しても
コントロールすることが良いこと
であると錯覚してしまうのです。





ここでは家庭(親子関係)での
コントロール思考を挙げてみたい
と思います。例えば・・・・


「本人のため(会社のため)」と
言いながら、進学先や結婚相手
まで親が決めてしまう。


家族旅行に行くと言いながら
親だけで行き先からプランまで
決めてしまう家庭。


父も母も共働きだからと言って
家の掃除や家事などを半強制的に
子供にやらせる親。


子供が就職先(進路)を選ぶ際
親の意見を子供に強く反映させ
てくる親。(同じく子供が部活
やアルバイトを選ぶ時も強く介入
してくる親。)




このような親(家庭)で育った
人はコントロール思考に充満
した家で育っているので、
「コントロールする・される」
が当たり前であり、「コント
ロールする・される」
が愛情
であったり人情であると考えて
しまいがちなのです。





怖いことに、コントロール思考
の下にいることが正しいと錯覚
している人は、多くの場合は
周りの人を不幸にしていきます。

それは周りの人を心から信頼
することができず、信頼して
接するということが出来ない
ので、相手が次第に息苦しく
感じるようになってしまい、
強いストレスが生まれてしまう
からです。


しかしコントロール思考の
人はそこに気付きません。

コントロールすることこそが
愛情であったり人情であると
勘違いしているため、ますます
コントロールしようとして
しまう
のです。


コントロール思考の人は自分は
コントロールしているという
自覚がありません。
それは親
(家庭)からそのような環境で
育てられたので、それがごく
当たり前のことだからです。





現在はこのような親を「毒親」
と言ったりもするようですが、
この毒親こそコントロール思考
に陥っているのと同時に、彼ら
もまたコントロール思考の親に
育てられた可能性があるのです。
そういった意味では毒親と言わ
れている人は加害者でもあり
被害者でもあると言えます。


コントロール思考にも同じような
ことが言えます。コントロール
思考の下で育った親が今度は
子供をコントロールしてしまう。

そしてそれが愛情であったり、
しつけであったり、人情だと
錯覚してしまう。


本物の愛情や人情には、相手を
コントロールしようという思い
はないはずです。
子供であって
も自分の道は好きなように
選ばせる。進路であっても
〇〇高校や〇〇大学へ行け、
などとは言わない。自分が
社長だとしても子供が会社を
継ぐか継がないかは子供に
選択させる。


そうできるのは子供を従属物
(コントロール)としてでは
なく、一人の人間として扱い
(脱コントロール)、心から
信頼しているからこそできる
のです。(信頼していない親は
子供を平気でコントロールして
しまいます。)


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


このようにコントロール思考は
世代間でも連鎖する可能性が
あるため、注意が必要です。
まずは自分がコントロール下
にあったのか、なかったのか、
その自覚(振り返り)が大事
なのかもしれません。
もし
自分がコントロール思考が
強いなと感じたら、自分の
世代でコントロール思考は
終わらせて脱コントロールを
目指していく、そう考えた方
が良いと思います。



posted by ごくう at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする