2017年08月16日

気になる記事:「即時再充電可能」なバッテリー技術が誕生、電気自動車の未来を大きく変える可能性




ギガジンに気になる記事が出ていた
ので紹介させていただきます。


「即時再充電可能」なバッテリー技術が誕生、
電気自動車の未来を大きく変える可能性

http://bit.ly/2i3ySCy


記事を読んでいただれば分かるとおり、
すぐに充電可能なバッテリー技術が
開発されつつあるそうです。


日本の自動車業界も電気自動車の
開発をしていますが、やはり現行の
ガソリン車やハイブリッド車に
未練もある感じが・・・。


▼記事はこちら
マツダが世界初の圧縮着火エンジンを発表!
http://car-moby.jp/233372





このような中、日本製紙でも
自動車に使えそうなCNF(セル
ロースナノファイバー)という
”樹脂と混ぜて固めれば、鉄の
5倍の強度、5分の1の重さの
高機能プラスチック(引用)”

を開発しているそうです。


▼記事はこちら
日本製紙、新素材で「紙頼み」脱却へ
「自動車からおでんまで」セルロース
ナノファイバーに注力

http://nkbp.jp/2w0B9UV


こうなってきますと、いままでの
ガソリン車・鋼材による部品製作
という流れが一気に代わってくる
可能性があります。電気自動車で
部品はCNF(セルロースナノファイ
バー)製、そして給油から充電へ。






どんな時代でもそうですが、今まで
当たり前だった技術や仕組みが一気
に代わることって普通にある
わけです。
過去には電話交換手がいましたし、
洋裁やそろばんも重宝された時代が
ありました。街には普通に写真屋さん
があって、フィルムから現像するのが
当たり前でした。スマホを中高校生が
持つなんて最近の話で、つい20年前は
「大学生が携帯電話持つなんて意味が
分からん」
と言われていたのです。


どんなことでも10年、20年で急速に
変わることが普通にあります。



こんな感じで自動車業界がガラッと
変わっていくとしたら、日本の産業
はどうなるのでしょうかね・・・。
日本は自動車産業だけは大丈夫だと
思っていませんかね・・・?



新しい技術が出るということは、
今までのことが「旧」になると
いうこと。その繰り返しで人類は
進化してきたのです。自動車業界
だけ特別、なんてことは当然無い
と考えるのが普通だと思います。




posted by ごくう at 15:18 | Comment(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月26日

朝にバナナを食べるようにしたら明らかに夜深く眠れるようになった



少し前にテレビかネットの情報で、
朝バナナを食べると夜よく眠れる、
という話を聞きました。


私の朝食は納豆に卵、ごはんと
ほぼ決まっていたのですが、
ものは試しと朝にバナナを
食べることにしてみました。
私はたまに眠りが浅くなること
があり(特に冬)、睡眠が下手
だと自覚している
からです。


実は私は昔から眠りが浅いのを
改善すべく、前からいろいろ
試してきました。眠れないと
次の日の仕事がキツイですから。


ドリエル、ビタミンD(肝油)、
マルチビタミン、アロマオイル
(ラベンダーなど)、入浴剤、
リラックスできる音楽など・・。



まあこのへんをやってはみた
のですが、正直効果があるのか
無いのか微妙・・・、なんて
ものもありました。この中
なら自分にはビタミンDと
マルチビタミンは効果が
あったかな〜、という感じ。






こんな感じでしたが、朝に
バナナを食べるようにした
ところ、食べ始めて3日目
くらいから眠りが明らかに
深くなりました。



この朝バナナ、バナナに
含まれるトリプトファンが
日中にセロトニンになり、
このおかげで良い眠りに
つながっているようです。

▼参考記事
サヌックとれいん
http://bit.ly/2oifyQk






私の場合はバナナだけでは
なく、納豆(大豆も良い)
と卵、あとはビタミンBコン
プレックスも摂っているので、
これらがうまく連携して
効果が出ているような感じ
もします。
いずれにしても「良い睡眠」
という点では私には朝バナナ
が一番合っているように思い
ました。


睡眠に不安がある方、夜
グッスリ眠りたい方、朝に
バナナを一度試してみては
いかがでしょうか。



ちなみに私は朝から生の
バナナは食べる気がしない

ので、ココナツオイルと
一緒に焼いて食べています。
焼くとバナナがトロトロに
なって食べやすくなります。
焼いても効果は出ている
ようなので、朝からバナナ
はちょっと・・・、という
方も焼いてみると意外と
食べられると思いますよ。




posted by ごくう at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月12日

SIMフリースマホ&LINEモバイルで低コストなスマホライフ



私は今までずっとガラケーを愛用
してきましたが、最近はガラケー
だけだとさすがに厳しいことも
増えてきました。私はデジタル系
にあまり抵抗が無い人間で、家では
タブレットとデスクトップPC、
外出先ではモバイルパソコンと
PSP(←古い)とガラケーが
あれば何も不自由が無かったの
ですが、もうそろそろスマホを
持ってもいいかな
、と。


というのも今までは三大キャリアの
スマホを持つのはどうしてもコスパ
が合わない
と感じていたのです。
安いと謳っているYモバイルでも
初年度1980円、2年目以降は2980円
もかかるなんて、やっぱり「高い」
だってアンドロイドの格安スマホと
格安SIMの組み合わせでいけば
月1000円台で可能じゃないか
思っていたので。(iPhoneに
こだわりがある人は別ですね。)






ということで色々と探してみた
結果、本体はフリーテルの「麗
(REI)」
が結構良さそうだった
ので、2月下旬時点で一番安かった
イートレンドで14,980円購入し
(フリーテル本家より安かった)、
SIMはLINEをよく使うと思ったので
LINEアプリのほとんどがカウント
フリーになるLINEモバイルに加入
(最低プランの1ギガ500円のもの)
することにしました。






これでスマホ本体14,980円、回線
維持費月500円。
スマホでこれだけ
安く維持できるので、親と電話
するためにもガラケーはしばらく
継続使用するつもりです。
(ガラケーは月1200円程度かかり
ますが10分通話し放題&旧ウィル
コム同士なら無料通話し放題です
ので、これは維持したいのです。)


スマホとガラケーの2台持ちは
一見面倒くさい感じがしますが、
実際やってみるとそれほどでも
なく、むしろすぐに電池が無く
なってしまうスマホの補助として
ガラケーがあるのは精神的にも
安心
できます。


こんな感じでしばらくは格安スマホ
とガラケーで行こうと思っています。


それにしてもイートレンドは安くて
オススメです。またLINEモバイル
今のところですが快適そのもの。
LINEモバイルはこれから加入が
増えそうなのでちょっと心配な
ところもありますが、このまま
快適なスピードが続けばいいな
と思います。


LINEモバイルに加入するなら
こちらがオススメです↓


★データSIM(SMS付き)エントリーパック


★音声通話SIMエントリーパック


posted by ごくう at 13:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月12日

Windowsの更新にやられた〜!


昨日毎月恒例のWindowsの更新
がありましたが、その更新の
タイミングがたまたま悪かった
のか、パソコンがフリーズして
しまいました。どうやっても
フリーズが直らない(マウス
のカーソル自体も動かない)
ため、電源ブチ切りをしました。


そしたら今度はパソコンが
起動しない。起動しようとする
と青色のエラー画面


エラーコード:0xc000000d


というのが出て、またマズイ
ことにリカバリーディスクの
準備も怠っていたため、色々
調べたり他のパソコンから
リカバリーUSBを作成したりと
回復にとても時間がかかり
ました。
この「0xc000000d」
というエラーは更新時の失敗
によるもの
みたいですので、
おそらく更新中だったのに
私がブチ切りしてしまった
のがいけなかったのでしょう。






それにしてもこのWindows
の更新、Windows10になって
から何だかとても調子が悪い

という印象です。


というのもWindows7なら
更新時には画面右下に


更新をダウンロードして
います(〇〇%)


更新をインストールして
います(〇〇%)


と出て、インストールが
最後まで終わったら


再起動しますか?


というメッセージまで
出ました。


このおかげでたくさんの
作業をしたりしていても、
インストール時や再起動時
の時は意識してパソコンの
負荷を減らしてあげること
ができました。そのせいか
インストール時にパソコン
が固まる、ということは
ほとんどありませんでした。







しかしWindows10になって
からというもの、どういう
わけか更新のダウンロード
自体もうまくいかないこと
が多く、インストール時も
気付かないうちに行われて
いて、おまけに再起動を
促す指示も分かりにくい

ので、本当に使いづらいと
感じていました。


今回のエラーコードからの
復帰には数時間もかかって
しまったのですが(リカバリー
の準備してなかった私も悪い
のですが)
、Windows10の更新
はWindows7のようにもっと
分かりやすくしてほしいと
感じました。なんかXPから
どんどん分かりにくく、使い
づらくなっていってるような
気がしてなりません。

OSこそシンプルイズベスト!

そんなOSにしてほしいと思い
ます。






posted by ごくう at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月31日

2016年は「ひょっとして日本はいまだに徳川時代を引きずっているのではないか」と思った1年だった




2016年も今日で終わりです。
今年も色々ありました。


私が今年一番印象的だったのは
SMAPの解散です。



私は別にSMAPが好きでも嫌い
でもないのですが、私が中学
の時に学研の「中一コース」
という本を取ってまして、
その本の表紙にSMAPが登場
したのを覚えています。
もう30年も昔だと思います。
その頃香取慎吾さんはまだ
小学生でした。「オレより
年下かよ!」
とかなり衝撃
を受けたことをハッキリと
記憶しています。私の中では
そんな頃からずっとSMAPが
身近にいました。


SMAPの解散については色々
報道されていますが、真相
はともかくとして、報道等
の情報を信頼するとすれば、
これは完全に


創業家 VS 実力のある家来
の権力闘争である



と私は感じました。


実力のある家来によって
自分たち創業家の立場が
危うくなるのではないか。
もしかしたら他の家来たち
も創業家の言うことを聞かず
実力のある家来になびいて
いってしまうのではないか。


そう感じた創業家の面々は
実力のある家来を排除し、
自分たち創業家のやり方を
貫き通そうとします。
こうして自分たちの身分・
権力を守ろうとするのです。







このような


創業家が何よりも偉い


という考え方は、ずっと世襲で
やってきた江戸時代の徳川の
発想と何ら変わらないのでは?

と思うのです。
創業家というだけでたとえ
ダメでも「偉い、すごい」
と見なしてしまう。


もちろん徳川のやり方が
全て悪いとは思いません。
265年もの間「江戸時代」を
続けることができた手法は
見習う点は多くあると思い
ます。しかし今の時代には
合わない面が多々あるのも
事実です。






どんなに優秀な家来が手柄
を立てても創業家を脅かす
ような存在は認めない。

そうするために創業家以外
の人間に対してたくさんの
制限を設定します。


情報化が進んでいない江戸
時代ならその手法も通用
したのでしょうが、今は
どんなこともすぐにネット
で拡散する時代
です。
いくら制限しても拡散を
止めることができない
ような時代になった今、
創業家があの手この手で
制限を加えても、実力が
ある人物はどうしても
頭角を現しやすい環境
になっている
のです。


しかし創業家はそれがどう
しても認められない。自分
で築いた体制は、何としても
自分の子や親族に継がせたい。

どんなに実力があって貢献
した人物でも、創業家の人間
を超えるなんてことはあって
はならない。



そんなところにSMAP解散の
本質があったのではないか
と個人的には思います。






このSMAP解散と似たような
構図に、セブンイレブンの
お家騒動がありました。


この騒動があった際、いまだ
に創業家である伊藤雅俊名誉
会長の名前が出てきたことに
正直驚きました。
またこの
騒動の発端となった鈴木敏文
元会長の息子に世襲を行わせる
のでは?という噂があったと
いうのも、事実かどうかは別
として「この時代になんて
時代錯誤な話なんだ」
と私は
思いました。(個人的には
鈴木敏文元会長は高齢だし、
もう引退していいんじゃない?
もっと言えばもっと早く引退
しても良かったんじゃない?
と思います。)


 ・  ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・  ・


SMAPの騒動もセブンイレブン
の騒動も、結局は


創業家 VS 実力のある家来
の権力闘争である


なら、いまだに徳川(江戸)
時代のような発想を引きずって
いるのが今の日本なのでは
ないか
、と思うのです。


実力ある人より創業家。
実力があるか無いかは
さほど問題ではない。
大事なのは創業家の意向
である。



この考え方は創業家が良い
方向に導いている時はいい
ですが、うまく行かなく
なった時にどうなるので
しょうか。


実力者を認めない仕組み
だと、うまく行かなく
なった時ほど実力者が
周りにいない
、という
組織になってしまって
いると思うのですが、
いかがでしょうか?




posted by ごくう at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする