2018年03月04日

ためになる記事:「ダメ上司」は部下の”忖度”を好み、「優れた上司」は○○に徹して”忖度”を避ける




会社において、いわゆる立場が上
の「上司」的な人間は周り(部下・
後輩)の忖度に注意しないといけ
ない、というとてもためになる
記事です。


年齢を重ねるにつれ、立場があがり、
後輩や部下ができると「自分は偉い」
と思いがち。でもそれは後輩や部下
が先輩や上司を立ててくれている
だけで、能力があるとは限らない。
勘違いしてしまわないように常に
自分をチェックしていないといけ
ないのだと思います。


そういう意味ではやたらと忖度する
人間というのはとても怖い。相手
の意を汲んで、ではなく、単なる
ゴマスリ
というケースも多いから
です。この記事にあるような自分
に直言してくれる人はとてもあり
がたい存在と言えるでしょう。


忖度を心地良く感じたらアブナイ。
そう思っておけば良いのかもしれ
ません。




--------------------------------------


(途中より)・・・・・・


「心地よさ」に酔っていると、恥ずかしい
存在になる



ただ、ここに誘惑があります。
というのは、“忖度”されるのは心地
いい
からです。自分が「正しい」と
思ったことに、労せずして部下が賛同
してくれるわけですから、心地いいに
決まっています。
しかし、この「心地よさ」が危ない。
なぜなら、自分が優れたリーダーだから、
何を言っても部下が賛同してくれるのだ
と勘違いを始めるからです。その結果、
「自分は優秀だ」「自分は正しい」
「自分が答えをもっている」などと
思い込んで、鼻もちならない上から目線
の“ダメな人間”が出来上がってしまう。
そして、偉そうに部下を呼びつけては
威張り散らすようになるのです。


これは、実に恥ずかしいことです。
なぜなら、本人はいっぱしのリーダー
シップを発揮しているつもりだけれども、
その実態は、組織が「裸の王様」を
生み出すメカニズムに乗せられている
だけだから
です。アンデルセン童話の
「子ども」のように素直な目をもって
いる人から見れば、“裸”なのは明らか。
誰も、心の底ではリーダーなどと思って
いない
のです。それは、とても恥ずか
しいことではないでしょうか?
・・・・・・


引用:ダイヤモンドオンライン
「ダメ上司」は部下の”忖度”を好み、
「優れた上司」は○○に徹して”忖度”
を避ける

--------------------------------------



posted by ごくう at 12:41 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年02月27日

良い記事:成功しているリーダーに「良い人」が多い理由



仕事でもプライベートでも
大事だと思われれるスキルに
「ヒューマンスキル」があり
ます。


漠然としているようなヒュー
マンスキル、いわゆる人間性
のことですが、どうしてこの
スキルが成功に必要なのか、
カッツモデルという理論から
的確に書かれている良い記事
です。


--------------------------------


突き抜けて活躍している人は何が
違うのか?
多くの人が気づいていない、もう
一つのスキル


25万8000円+消費税。これは弊社が
主催する女性限定塾「トップセールス
レディ育成塾」の受講料です。決して
安くはない金額ですが、受講生の半数
以上が自腹を切って受けに来ます。
このように、私はこれまで数多くの
「自ら学ぼうとする意思のある人」と
出会ってきました。
自己投資を惜しまず、自ら学ぼうと
する姿勢には素直に好感を抱きます。
ところが、そうした勉強熱心な方と
数多く触れ合ううちに、皆さん何か
大事なことに気づいていないのでは
ないか
と思い始めました。


というのも、資格を取ったり、パソコン
や英語の勉強をしたり、即効性のある
営業テクニックを求めたり、今目の前
にある仕事のためのスキルだけを習得
しようとする人が少なくない
のです。
テクニカルなスキルはもちろん仕事に
おいて価値あるものですが、それが
全てではありません。



実は、ビジネスにおいてとても重要な
意味を持つにもかかわらず、ビジネス
スキルとしてあまり認識されていない
ものがあります。それが、『ヒューマン
スキル』
です。・・・・・


▼引用:ダイヤモンドオンライン
成功しているリーダーに「良い人」
が多い理由

--------------------------------




若いうちはどうしてもテクニカル
スキルが大事だと思いがち
なので
すが、年を重ねるにつれてテクニ
カルよりもヒューマンスキルが
大事になっていると思います。


まずはテクニカルという姿勢は
大事ですが、いつまでもテクニ
カルスキルばかりに目を向けて
いても仕方がありません。
それ
よりも全体が円滑に回るように
なるヒューマンスキルを磨いた
方がよほど大事だと思います。


とはいえ、このヒューマンスキル
ほど厄介なものはありません。


これをやれば万事OK、という
ようなものではなく、常に発動
されつつも周りの人もこのスキル
については注目しているところ
ですので、本当に人間性そのもの
が問われるからです。



私はヒューマンスキルは生き方
そのものが出ると思います。


ヒューマンスキルのある人は
仕事も家庭もうまくいく。
逆にヒューマンスキルの無い人は
何をやってもうまくいかない。



結局このヒューマンスキルとは
誰に対しても誠実であったり、
公平であったり、謙虚であったり
するところからにじみ出てくる
ものです。この姿勢は一朝一夕に
身につくものではありません。



そう考えますと、若いうちから
色々な本を読んだり、色々な人の
意見を聞くようにして視野を広げて
おかないとヒューマンスキルは
育たないと思いますので、若い
頃からの心がけというのはとても
大事なのだ
と思いました。
テクニカルスキルは短期間で身に
ついても、ヒューマンスキルは
短期間では身に付きませんから。




posted by ごくう at 22:53 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年02月25日

良い記事:息苦しい職場は人の「主体性」を軽視している それでは生産性も士気も上がらない




まずは記事の引用(一部)から。


---------------------------------------

・・・・・・・

私はいままで企業の一社員として、
2014年秋からはフリーランスに転進
しておよそ50以上の日本の現場と向き
合ってきた。企業に官公庁に地方自治体、
オフィスに工場。業種や職種を問わず、
元気がある職場とそうでない職場がある。

何がその差を生んでいるのであろうか?


元気な職場には、ずばり「らしさ」がある。


・個人「らしさ」


・チーム「らしさ」


・組織「らしさ」



その「らしさ」は、社員の主体性を
伴っている。
社訓を毎朝大声で唱和
させる、などの強制力でもって無理
やり植えつけられたものではない、
内発的動機付けによる「らしさ」
こそ大事
だ。


どんなに残業を抑制して休みを取り
やすくしても、「主体性=(やる気)」
が生まれる環境がなければ、人は
物足りなさを感じる。
仕事をしたいモチベーションが高い
人ほど、意欲をそがれる。組織が成長
し続けるためには、メンバーの主体性を
認め、「らしさ」を発揮できる職場環境
に変えていく必要がある。
では、「らしい」職場とはどうやって
醸成されていくのか? 4つの観点を
紹介する。・・・・・(続く)


引用:東洋経済オンライン

息苦しい職場は人の「主体性」
を軽視している
それでは生産性も士気も上がらない

---------------------------------------




こちらの記事を読んでとても共感
できることが多かったのでブログ
で紹介いたしました。


「主体性軽視の職場」というのは
何だかとても息苦しそうです。
そのような職場だと飲み会をやろうが
一緒にランチに行こうが、とにかく
息苦しそう。
記事にもありましたが
労働時間が長い短いとか、そういう
問題じゃないんですよね、これは。


やっぱり目標・ゴールを設定して、
権限移譲(デグレーション)もして、
けど無理にワクワクさせようとせず、
「まんざらでもないか」という職場
を目指す。
こんな感じが多くの人に
とって主体性を発揮しやすい職場
と言えるのではないでしょうか。


これを書いていてふと思ったのは、
この空気は「イッテQ」のような
ものかもしれません。
内村氏が場を仕切っているように
見えますが、個々の主体性を重視
して、個々が活きるように仕向けて
いる。「イッテQ」はそのような
雰囲気の番組だから家族で安心して
見ることができるのです。だから
視聴率も良いのでしょう。


個々の主体性を出来るだけ発揮
できる職場に。
そうすれば多くの
人(会社)がもっとハッピーに
なれるような気がします。




posted by ごくう at 01:08 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月21日

良い記事:潰れる会社に必ずいる「静かな殺し屋」の正体 忖度できる便利な人材は危ない




タイトルにもある「静かな殺し屋」
=サイレントキラー。
会社という
組織も人間の病気も、サイレント
キラーほど厄介なものはありません。
糖尿病みたいに自覚症状があまり
出ないで進行し、手遅れになると
相当大変ですよ、というのはたい
ていサイレントキラーです。


▼記事はこちらから

潰れる会社に必ずいる「静かな
殺し屋」の正体 忖度できる
便利な人材は危ない

(東洋経済オンライン)


こちらの記事を読んでいて、一番
大事なのは下の引用の部分だと
私は感じました。




------------(引用)-------------

──ほかに衰退サイクルを回さない
重要なくさびは?



経営陣が現場や現実を基にロジカルな
議論を尊ぶ
という規範の存在。これは
すごく大事です。幹部が持論と経験談
一本やりだと若い人は口を挟めない。
おまえは青い、経験が足りない、で
終わりでしょ。
顧客接点にいるのはだいたい若い人
です。

要は、最近売れ行きが悪いとか、
お客から苦言が出たとか、営業の
最前線でアラームが鳴ったとき、
それがちゃんと経営の中枢に届く
仕組みになってることが大事。

ダメな会社ではいくら危機意識
を訴えたって、事前の根回しの
ところで排除されちゃうか、角が
全部取れて訳のわかんない文書に
なって会議に上がったりする。

------------(引用)-------------




結局どんな情報でも中間層・幹部層の
ところで情報をオブラートに包んだり
シャットアウトしたり、もしくは捻じ
曲げて情報を上げてしまう。最前線に
いる人の情報が中枢に届かない。

そんな組織では良くなるはずがない、
というわけです。


このようなことが組織にとっての
「忖度」だとして上層部で喜ぶ人は
いるのかもしれませんが、先の戦争
を見ても、日本が敗戦になったのは
このような情報伝達スタイルだった
からだというのは明らかです。

つまり経営にとって都合のいいこと
しか言わない、忖度ばかりして悪い
情報は上げない、というサイレント
キラーこそが一番の問題なのでしょう。


ここでは会社のこととして記事が
ありますが、これは会社だけの問題
ではありません。
政治でも家庭でも
学校でも、戦前からずっと続く日本
全体にはびこる問題なのではないで
しょうか。




posted by ごくう at 13:49 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月14日

ビジネスマネジャー検定にチャレンジすることにしました



私が登録しているブログサークル
というところを見ていたら、


ビジネスマネジャー検定を受ける


というブログを見つけました。
この資格は何だろう?と調べて
みますと、東京商工会議所で
行っている検定のようです。


▼サイトはこちら
東京商工会議所
ビジネスマネジャー検定試験



詳細を見てみると私の仕事に
とても役立ちそうなんですね。
産業カウンセラーもとても
役立つことが多いのですが、
このビジネスマネジャー検定も
かなり使えそうな予感。
公式の通信講座はお値段も
お手頃、期間もお手頃
という
ことで、今年はこの資格に
チャレンジしてみることに
しました。




資格を取るってそれなりに
大変なのですが、やっぱり
会社だけの見方、会社にいる
人間からだけでは得られる
知識は限界があると思います。

ですがこの資格のように体系的に
学べる仕組みがあれば、バランス
良く土台が作れそうですし、独り
よがりになりにくいでしょうし。
私のいるような小さい企業には
うってつけの資格なんですね。



ということでビジネスマネジャー
検定を頑張ろうと思います!




posted by ごくう at 22:41 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする