2016年07月18日

参考になる記事:なぜ中小企業の管理職は“勘違い”してしまうのか?



私は零細企業に働く人間として
いつも注意していることがあります。


それはまさにこの記事の通り、自分が
仕事ができると勘違いしてしまわない
ようにする、ということです。


私が勤めるような社員数30人以下の
零細企業では、基本的にマネジメントが
働いていません。その代わりに働いて
いるのがコントロールです。


何らかの仕事を誰かに任命しても任命
しっぱなしはもちろん、その任命の意味
についてもあまり深く考えていません。
そんな感じですので「社員が辞めても
辞めっぱなし」
で、今後辞めないように
するためにどうしたらよいか、などと
いう反省もなく、「辞めたヤツのこと
なんか考えても無駄」
という風潮です。


小さい企業にはとにかく余裕が無い
というのが大企業から転職した私の
印象です。

この余裕の無さとは金銭面というより
精神面の余裕無さのほうが際立っている
感じがします。


自分としては勤める零細企業のせいで
勘違い人間にはなりたくないですから
(自分が勘違いをしたら子供にも悪影響
を与えてしまうようになります)、この
記事はとても参考になりました。


たかが零細企業でちょっと上になった
くらいで調子に乗ってしまっては器が
知れているというもの。
そうならない
ために日々精進していかなくては、と
思っています。






---------------------------------------

(記事は省略しています)


1.「管理職」になることが簡単

2.“勘違い”しやすい環境

3.人事異動や配置転換が少ない

4.経営者になることが比較的、簡単

5.劣等感が強い



引用:@DIME
http://dime.jp/genre/195488/1/
---------------------------------------



posted by ごくう at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年07月16日

仕事の報酬は仕事。そしてギブアンドギブ。



「仕事の報酬は仕事」という言葉が
あります。とても深い言葉です。


私は過去に何度かこの言葉を聞いた
ことがありますが、

「確かにそのとおり。」

という面と、

「本当にそれでいいのか?」

という思いが入り混じっていました。


「仕事の報酬は仕事」という言葉は
何だか仕事を押し付けられそうな
気もしますし、また従業員ではなく
経営者にとって都合の良い言葉な
感じがして(仕事の報酬は仕事だから
給料は上げなくてもいいだろ的な)、
あまり良い印象はありませんでした。






しかし最近になって「仕事の報酬は仕事と
いうのは、その通りだな。」
と思うこと
が多くなってきました。それは「仕事の
報酬は仕事」
のサイクルに入ると、金利の
複利計算のような感じ
でどんどん仕事が
回って来やすくなり、結果として自分が
成長できる(給料が上がる)チャンスが
あるからです。


こうなると仕事の幅が広がり、会社内で
「仕事の長期分散投資」的な感じになり、
色々な面で有利になっていくのです。
(長期分散投資的なので、すぐに給料や
ポジションに反映されないのは残念
ですが、ある程度は仕方のないこと
かもしれません。)



反対にこのサイクルから外れてしまった
人は、仕事が仕事を呼ぶ状態ではないので
自然と仕事の領域が狭くなっていきます。

仕事の領域が狭いのでやっていることも
限られており、いつ誰に代わられても
おかしくないポジション
になってしまい
ます。このポジションは極めて不利ですし
精神的にも良くありません。






このような長期的スタイルがいいか
悪いかは別にして、忘れてはいけない
ことは、結局「仕事の報酬は仕事。
なおかつギブアンドギブの精神を
忘れずに。」
ということです。


ギブアンドギブ的なマインドがある
からこそ「仕事の報酬は仕事」に
なってくるのです。テイクアンドテイク
では絶対にこうはなりません。


一度「仕事の報酬は仕事」のサイクル
から外れてしまったら、そこに戻るのは
容易ではありません。日々コツコツと
やって、コツコツと実績を出している
人だけが「仕事の報酬は仕事」のサイクル
に入ることができます。
そしてそのような
人たちはほぼ例外なくギブアンドギブの
精神を持っています。



長いこと社会人をやっていると「仕事の
報酬は仕事」だと「やってられない」
「割に合わない」と感じることもある
と思います。しかしだいぶ後になって
「仕事の報酬は仕事+お金+ポジション」
ということも出てきます。これは社内
だけとは限りません。力があれば転職で
スキルアップということもあるでしょう。

だから「仕事の報酬は仕事」の考え方と
「ギブアンドギブ」の精神は忘れては
いけないのです。

---------------------------
▼参考記事

仕事の報酬は仕事
http://amba.to/29BYzWh
(人の心に灯をともす)
---------------------------



posted by ごくう at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年06月26日

良い記事:一流のリーダーは「気配り」で部下のやる気を引き出している



よく会社で「報・連・相(ホウレンソウ)」
とか「気配りをしろ」と言われます。


この言葉、新人に言われがちなのですが、
よ〜く考えてみると新人よりむしろ上司、
しかも位が高くなればなるほど必要な
ことなのではないか
、と思います。


なぜなら「オレに気遣いをしろ」
言わんばかりの上司には、ほぼ全員
人徳が無く、人から情報が集まって
来ない
からです。


「自分は部下には気遣いなんかしないが
部下は上司に気遣いをして当然」

考えている人は、基本的にかなり大きな
損をしていると言えます。






会社でもプライベートでも、情報の
基本は「等価交換」です。いくら
部下でも上司に大事な情報を簡単に
渡すわけがありません。


さらに言うと情報に限らず、うまく
いく人は何事につけ「ギブ&ギブ」
悪くても「ギブ&テイク」の姿勢です。
決して「上司に気遣いをして当然」と
いうような「テイク&テイク」の姿勢
の人は大抵うまくいきません。


そういえばこんなことを聞いたことが
あります。

「上司を潰すのなんて簡単。情報を
回さなければいいだけさ。」

--------------------------------------


「気遣いは部下がするもの」
「忙しくて気配りをする暇がない」
「気遣いをしても業績が上がるわけではない」



そんなふうに思っていませんか?


「目配り」「気配り」「心配り」という言葉を
聞いたことがある人は多いでしょう。なかには、
新入社員の時に、先輩から「もうすこし気を
配りながら仕事をするように」と言われた
苦い想い出がある人もいるかもしれません。


一流の気遣いは
一流のリーダーから学んだ



私が「気配り」に関する取材を受けるとき、
こんなことをよく聞かれます。


「もともと『気遣い』ができる人が秘書に
なれるのですか?」


そう聞かれた時、「いえ、私がそうであった
(気遣いができなかった)ように、秘書という
仕事を通じて気配りを身につけていくのは
確かだと思います」と答えています。


また、こんな質問も受けます。


「先輩秘書を見習うかたちで、『気配り』を
身につけていきましたか? それとも、なにか
他の方法で身につけてきたのでしょうか?」

仕事上の『気配り』をどのようにして身に
つけてきたのか、というものです。


じつは、補佐してきたリーダーたちが、
なによりも「気配り」のできる方たちであり、
それゆえ、側で働く秘書である私も自然と
「気配り」が身についていきました。



こう言うと、大概の方が驚かれます。
・・・・・・

引用:ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/93366
--------------------------------------



posted by ごくう at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年05月03日

気になる記事:もうやめどき? 辞職すべきタイミングを知らせる10の兆候




昨日に引き続きネガティブ系の記事。
とても人生の参考になると感じたので
ブログで紹介します。


別に私が仕事を今すぐ辞めたいから
このような記事をブログに載せるの
ではありませんのであしからず・・・。


-------------------------------------


(記事は一部省略しています)


米経済ニュースサイト「ビジネス・
インサイダー」によると、人は
平均的に、人生のうち90,000時間
を仕事に費やす
という。仕事は
私たちの生活の大きな部分を
占めるのだから、自分に合った
会社で正しいチャンスを追求する
べきだ。


米国人は職場で物理的な時間を
過ごすだけではない。オフィスの
外にいても、仕事に精神的エネルギー
を費やしている。
仕事のことを
考えたり、上司や同僚とのやりとり
を思い返したりしているのだ。


今の仕事から一歩踏み出し、何か
新しいことに挑戦すべき時とは、
どんな時だろうか。


1. 朝、ベッドから出るのが嫌になった
 ・・・・・

2. 重要な会議や意思決定に関われない
 ・・・・・

3. 成果の質や生産性が落ちた
 ・・・・・

4. 自分の仕事は近く「時代遅れ」になる
 ・・・・・

5. ネットで無駄な時間を過ごすことが増えた
 ・・・・・

6. 私生活で悩みを抱えている
 ・・・・・

7. 学習も成長もしなくなった
 ・・・・・

8. 上司や同僚に不満がある
 ・・・・・

9. 人員や予算の削減
 ・・・・・

10. 仕事に情熱を感じない
 ・・・・・

引用:Forbes JAPAN
http://bit.ly/1QQPPof
-------------------------------------






それにしても仕事を辞め時なのは
アメリカ人でも日本人でも同じ
ようなものなんですね・・・。


どうせ一度きりの人生だったら
転職もアリだとは思いますが、
自分の反省すべき点に気付か
なかったり、他責ばかりに
なってしまった状態で転職しても
あまり意味が無い
ような気が
します。転職して給料が
下がってまた同じことが
繰り返されるだけなら、
今のところに留まった方が
いいような?という人は
意外といますからね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

転職に向いている人 転職してはいけない人 [ 黒田 真行 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/12/3時点)



posted by ごくう at 22:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年05月02日

気になる記事:会社があなたを大事にしていないことが分かる10の兆候



仕事をしていると「転職しようかな」
と思うことは誰にでもあると思います。


どのような扱いを受けると「転職
しようかな」と感じるか、この記事は
とても的確に表していると思います。


-------------------------------------

(省略)

ここに、「従業員や彼らのニーズは会社に
とって最も優先度が低い」
と考えている
雇用主が発信している10のメッセージ
紹介する。あなたはいくつ心当たりが
あるだろうか?


1. 上司の許可がなければ何もできない程、
 がんじがらめの人事方針を押しつけてくる。
 本当にひどい企業になると、以下のような
 きわめて不愉快で侮辱的な方針がある。


・家族が死去した際、忌引きを有給扱いに
 するためには葬儀の告知を提出しなければ
 ならない。


・毎年、従業員同士を競わせる人事・報酬
 評価制度を採用している。


・マネージャーがチームの「優秀」なメンバーの
 人数を制限する5段階評価を採用している。


・いい大人をわがままな子ども扱いする
 「出席義務」がある。


・細かすぎる服装規定がある。


・職場で同僚に風邪をうつされた場合でも、
 それを処罰するような病欠規定がある。


2. 年に1度、従業員意識調査で意見を聞く以外、
 従業員が仕事や報酬、上司についてどう考えて
 いるかを一切聞かない。


3. ほかの企業が何十年も前から取り入れている
 フレックスタイム制度や在宅勤務制度など、
 聞いたこともないような姿勢でいる。


4. 従業員の個人的な用事を考慮する気がなく、
 夜7時や日曜の朝に会議を設定する。


5. 現場監督者やマネージャーには、部下に
 威張ったり脅したりする“資質”を備えた
 人ばかりを任命する。


6. 大人らしく、共感を持って問題を解決する
 代わりに、段階的懲戒や業績改善計画(一定
 期間内に改善が見られなければ解雇する制度)
 を使う。


7. 従業員が給与水準について口にするのは
 犯罪に等しいとし、従業員に支払う給与は
 できる限り少額に抑える。


8. ちょっとしたことで従業員を懲戒免職
 処分にする。


9. 会社の業績の進捗や従業員自身のキャリアに
 ついて、従業員に嘘をつき情報を教えない。


10. 全ての意思決定を、企業財政への短期的
 影響に 基づいて行う。従業員の福利厚生は
 重要ではない。


(省略)


引用:Forbes JAPAN
http://bit.ly/1SUUYjn
-------------------------------------






いかがでしょうか?


私が特に気になったのは以下の5つです。


2. 年に1度、従業員意識調査で意見を聞く以外、
 従業員が仕事や報酬、上司についてどう考えて
 いるかを一切聞かない。



→一方的にコントロールすることがマネジメント
だと信じている(前近代的)。このような環境が
正しいと思っている人は育ちが悪い可能性が高い。


3. ほかの企業が何十年も前から取り入れている
 フレックスタイム制度や在宅勤務制度など、
 聞いたこともないような姿勢でいる。



→会社のトップの視野が非常に狭い可能性が
高い。自分の会社内だけがすべての世界に
なってしまっており、このような人がトップ
になると一緒に仕事をしていても楽しいと
感じられない。


4. 従業員の個人的な用事を考慮する気がなく、
 夜7時や日曜の朝に会議を設定する。



→仕事と称すれば何でもやっていいと思って
いる証拠。仕事以外に他にすることが無い
人は人間的魅力に欠け、マネジメントが苦手
な人が多い。


5. 現場監督者やマネージャーには、部下に
 威張ったり脅したりする“資質”を備えた
 人ばかりを任命する。


→人の動かし方を知らない。このような人
たちがのさばると、全社的にモチベーション
が下がり、欠勤者が増えて生産性が落ちやすい。
欠勤者が出ても「欠勤者が悪い」と一方的に
決めつけるのもこの“資質”である人が殆ど。


10. 全ての意思決定を、企業財政への短期的影響に
 基づいて行う。従業員の福利厚生は重要ではない。



→トップがセコい。器が大きくないので仕事も
セコくなりがち。この手のタイプは自分を大きく
見せる傾向があるが、たいていはウソくさい。


いかがでしょうか?


これらの項目に当てはまる会社はかなりの
確率でコントロール思考に侵されています。
会社がコントロール思考になって潰れても
転職すればよいだけですが、自分自身まで
コントロール思考に侵されてしまったら
大変です。一刻も早くこのような組織から
離れましょう。そのほうが有意義な人生が
送れるというものです。




posted by ごくう at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする