2019年12月30日

良い記事:専門家に学ぶ「マネジメント」の本当の定義。優秀な人ほど部下に嫌われる理由とは?




マネジメント。
会社でリーダーや管理職になると
大事なスキルですが、なかなか
理解できず難しいものがあります。

ここでマネジメントについて
とても分かりやすくて良い記事を
見つけましたのでご紹介。


▼記事はこちら

専門家に学ぶ「マネジメント」の本当の定義。
優秀な人ほど部下に嫌われる理由とは?




さて記事内にもありますが


-------------(引用)---------------------
そもそも人「を」マネジメントする、と
いうのが間違っていますね。
マネジメントは人「と」おこなうもの。
一方的に指示したり、管理したりする
ものではありません。
-------------------------------------------



まさにこれで、人を管理する、のではなく
人「と」マネジメントするか否か。
ここを間違えてしまうと変な方向に
行ってしまいがちです。


マネジメントとは、


-------------(引用)---------------------
ドラッカーは「マネジメントとは、組織に
成果をあげさせるための道具、機能、機関
である」と定義しています。


かみくだいて言うと、「人と力を合わせて
成果をあげること」。信頼関係を築いて
メンバーの強みを引き出し、存分に力を
発揮させることがマネジメントの本質です。


部下を一方的に「管理」するマネジメント
では、不平不満がたまり、力を発揮する
どころではなくなります。ドラッカーの
いうマネジメントは、それとは真逆なん
です。
-------------------------------------------


ということ。


これは仕事でも子育てにも通じるとても
大事なことですよね。





私の職場は小さな会社のためか私の入社
以来「マネジメントが無い」状態で
ずっときていました。

古い体質のファミリー零細企業に
ありがちな「一方的指示」「親分子分」
「村社会」
という環境にがしばらく
続いたのですが、マネジメントという
概念が入ってきてからというもの、
会社が明るくなってきたように思い
ます。


そりゃそうですよね、おかしいと
思っても意見も言えない、提案も
できない。そんなの息苦しいったら
ないですよ。


でもそんな職場に(再度引用)

-------------(引用)---------------------
ドラッカーは「マネジメントとは、組織に
成果をあげさせるための道具、機能、機関
である」と定義しています。


かみくだいて言うと、「人と力を合わせて
成果をあげること」。信頼関係を築いて
メンバーの強みを引き出し、存分に力を
発揮させることがマネジメントの本質です。


部下を一方的に「管理」するマネジメント
では、不平不満がたまり、力を発揮する
どころではなくなります。ドラッカーの
いうマネジメントは、それとは真逆なん
です。
-------------------------------------------


マネジメントを知っている人が力を発揮
したらどうなるか。答えは明らかです。


日本という国は先進国の中でずっと
労働生産性が低い国。何年かだけ
悪いんじゃなくて、ずっと悪いんです。
これはマネジメント意識が無いから
こうなってるのでは?と私は思います。
働き方改革もいいですが、労働生産性
を上げるにはまずはマネジメントの
見直しからはじめてみてはどうで
しょうか、特に中小零細企業は、
と思わざるをえません。


posted by ごくう at 17:08 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年12月22日

会社なのに親分子分の世界はうっとうしい。だから忘年会に行きたくないんじゃ?




最近「忘年会スルー」なる言葉が
流行っているそうですね。
私も最近会社の忘年会がありましたが
この制度ぼちぼち辞めにしてもいい
のでは?
と思っている一人です。


ちなみに私は学生時代からお酒が
好きですし、色々な人と話をする
ことも好きです。


でもねえ・・・。


40代になった今でも会社の飲み会は
あまり好きではないんですよ。
会社は会社、プライベートはプライ
ベートで割り切りたいのもあります
けど、会社の飲み会なんて親睦が
深まるとかコミュニケーションが
取れるとか、そんなの会社でできる
と思っている派
なんですね。
つまり酒の力なんかまったく必要
ない!
というのが私の考え。


まあ酒を飲めばいつも以上によく
しゃべるようになるのですけど、
特に酒が必要かと言われればどう
でもいい、という感じですね。


それよりも何かとデメリットの方が
多い。皆で集まるのも面倒くさいし、
次の日が休みならいいですけど仕事
なら本当にしんどいし、まして謎の
二次会とかまったく理解できません。





結局突き詰めて考えてみると忘年会
や飲み会が嫌いなんじゃなくて、
会社に親分子分みたいな古臭い
人間関係を作っている人がうっとう
しいのかな
、と思うのです。


若い人を小馬鹿にしたり、年長者に
気を使わせて酒を注がせたり、役職
のある人の横に若い女性を配置したり、
こんなのただの社内接待じゃないか
と思うのです。バカバカしいとしか
思えません。


私は課長職ですが自分の席の近くに
若い女性を配置してくれたとしても
何にも思いませんね。そんなことで
ヨイショだと思うヒマがあるのなら
仕事で実績を出してほしい
ものです。
そんな親分子分みたいな感覚は会社
にいらないです。


忘年会やら飲み会、やる必要が無い
とまではいいませんけど、もっと
控えめにしても十分
だと思います
けど、いかがでしょうか?


▼参考記事
部長にデザートを「あーん」……
「忘年会楽しいじゃん」派の人たちが
知らない世界 なぜ数千円を支払って
社内接待要員をやらされるのか



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

会社で活躍する人が辞めないしくみ [ 内海正人 ]
価格:1628円(税込、送料無料) (2019/12/21時点)



posted by ごくう at 00:09 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年11月10日

良い記事:自発的な仕事ができない人が辿る悲惨な人生とは?



自発的に仕事ができない人って結構
たくさんいるような気がします。
「自発的でない」という言葉も当て
はまりますが「主体性が無い」とも
言えます。


「自発的でない」「主体的でない」
が続くとどうなるか・・・?
その末路がこちらの記事に書かれて
います。


▼記事はこちら
自発的な仕事ができない人が辿る
悲惨な人生とは?





こちらの記事で「ああそうだよな」と
思ったのは、自発的でない人は


「環境のせいにする」

「都合の良い嘘をつくようになる」


というところです。

環境のせいにし(他責)、都合の良い
嘘をつくようになる(それも平然と)
特に嘘をついても自分ではバレないと
思っているんですけど、やっぱり色々
とボロが出てしまう
んですよね(笑)。
見事に嘘をつき続ける能力があるなら
それを仕事に活かしてるはずですし。


他責思考で環境のせいにし、都合の
良いように嘘をつくようになると
どうなるか。それは単純な話で
周りから嫌われるというだけです。


では嫌われるとどうなるかと言うと
正確で有益な情報が入ってこなく
なる
ということです。


正確で有益な情報が入らず、無駄で
むしろ有害な情報しか入ってこない
(自分の都合の良い情報しか入って
こない)とどうなるか。これも単純
な話で「判断を誤るようになる」
いうことです。


判断を誤るから周りから信頼を失い、
ひどい場合はさらに嘘でごまかす
ようになる。もうこれは痛々しい
だけですね。


こういう負のスパイラルに入って
しまうとなかなかそこから抜け出す
ことは難しいです。ドラッグと一緒
で一度おいしい思いをしてしまうと
簡単には手放せないのです。
(余談ですが田代まさしはまたかと
いう感じですね。ドラッグは本当に
怖いです。)

そして落ちるところまで落ちて行く。
リストラや降格程度で済めば御の字
だと思います、もっと落ちていった
人を私は知っているので・・・。



ということでこちらの記事は若い人
はもちろん、ある程度の権限がある
中高年の人も読んでおいて損はない
良い記事です。なにはともあれ


「行動あるのみ!」


ということですね。




posted by ごくう at 16:35 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年07月07日

良い記事:優秀な上司は絶対にやらない!部下を活かせない人が無意識でやっているNG習慣6選




会社で先輩・上司になったら忘れては
いけないこと。やらないといけないこと。
そのような大事なことが書かれている
記事です。


記事はこちら↓


優秀な上司は絶対にやらない!
部下を活かせない人が無意識で
やっているNG習慣6選





------------------記事より引用------------------

1:部下の仕事の誤りを指摘して
  正そうとしない

2:部下からの提案に関心を示さない

3:部下からの報告メールにレスを返さない

4:自分優先で部下を主役にしない

5:部下との雑談を避けて通る

6:部下の短所を他の部下に話す


----------------------------------------------------


上の1〜6は結局のところ
「部下を立てず自分を立てる」
という上司のことなんだと思います。
「自分が、自分が」という上司だと仕事
自体が面白くありませんし、こき使われる
ようで嫌ですよね。


うまくいく上司は部下を主役にし、部下を
引き立てるのがうまい。最近よく言われる
サーバント型リーダーシップのスタイルは
その典型かもしれません。


人はいきなり上司になることはまず
ありません。まずは先輩になり、それ
からよくできる人が上司になっていく。

なのでまずは先輩になった時点でこの
6つを意識していったほうがいいのだ
と思います。




posted by ごくう at 16:17 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年01月14日

良い記事:なんだかんだ「うまくいく人」が知っている3つの法則



こういう人いますよね。
なんだかんだで「うまくいく人」。
逆になんだかんだで「うまくいか
ない人」もいますが・・・。


記事はこちらから↓


なんだかんだ「うまくいく人」が
知っている3つの法則





記事の3点を書きますと


・最終的に「うまくいく人」は失敗を恐れない


・最終的に「うまくいく人」はスランプとの
 付き合い方を知っている


・最終的に「うまくいく人」 は周囲への感謝を
 よく口にする



ということですが、どれも大事ですね。
特に最後の「周囲への感謝をよく口にする」
思ってるだけじゃダメってこと。


私はスランプとの付き合い方が下手。
ここをなんとかしなきゃなあ〜。




posted by ごくう at 17:34 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする