2013年08月11日

来週のドル円予想(8/12〜16)

今週は一時95.8円まで円高が進みました。
予想では96円台もあり得る、としましたが、
96円台で普通に推移していますね。週末は
96.25円でクローズ。

先週はもっと円高が進むのではないか、と
思い、焦って96.2円でショートを1枚持って
しまいました。
しかしここからはなかなか
下がらず、96.18円で処分。とりあえず処分
できたのでホッとしています。
FXはレバレッジを使ってますので、無理な
利益狙いは禁物ですね。あくまで堅実にいか
ないと。来週は96円後半のショートを狙って
いきます。


さて来週8/12〜16は95.0〜98.5円を予想。
根拠は以下の通りです。


1.米ドル/円の下落はトライアングルの下限まで続く
---------------------------------------------------
http://zai.money.jp.msn.com/articles/-/15554?page=2
(引用:陳満咲杜のマーケットをズバリ裏読み)

このトライアングルだと94円台もあり得そうです。
---------------------------------------------------

2.15日は米国債の利払い日です。8月の円高要因・・。
---------------------------------------------------
http://ameblo.jp/ishiharajun/entry-11588993990.html
(引用:石原順の日々の泡)

上記1のトライアングル下限の日はこの15日かも?
---------------------------------------------------

3.c-3波のターゲットは94.68円
---------------------------------------------------
http://www.sc.mufg.jp/report/mt_report/pdf/elliott130809.pdf
(引用:エリオット波動マーケット分析 8月9日)
---------------------------------------------------

4.ドルが上昇、売られ過ぎとの見方や経済指標への期待で
---------------------------------------------------
円高要因がある一方で、週末は円安要因の記事も
見受けられた。週明けはやや円安から始まるかも?


9日終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨
に対して上昇。最近の売りは行き過ぎだったとの見方や、
来週発表される指標が米経済の改善を示唆する可能性が
あるとの観測が支援材料となった。

前週末2日に発表された7月の雇用統計を受けて
米連邦準備理事会(FRB)が9月にも量的緩和縮小に
着手するとの観測が後退したことで、ドルはこのところ
主要通貨に対し下落が続いていたが、この日は一部市場
関係者の間で、金融緩和の縮小ではFRBが他の主要中銀
に先行する公算が依然として大きいことを踏まえると、
最近のドル安は行き過ぎとの見方が広がった。

また、来週発表される米経済指標では小売売上高の増加や
消費者物価指数(CPI)の上昇が予想されており、
向こう数カ月間の緩和縮小観測を強める可能性がある。

フォレックス・ドットコムの通貨ストラテジスト、
クリス・テベア氏は、一部の指標は予想をやや上回る
可能性があるとの見方を示した。・・・・・

http://jp.reuters.com/article/bizforex/idJPTYE97807Q20130809
(引用:ロイター)
---------------------------------------------------
posted by ごくう at 04:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年08月08日

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」
【為替 予想】

http://tradeken.blog64.fc2.com/blog-category-1.html

プロの方の為替予想のサイトっていろいろありますね。
参考にさせていただきます。
タグ:FX 為替予想
posted by ごくう at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年08月07日

予想通り円高になってきた

先週、本ブログで予想したとおり(↓)、ドル円は
96円台になってきました。

----------------------------------------------------
来週のドル円予想(8/5〜9)
http://shin-ikiru.seesaa.net/article/371026637.html
----------------------------------------------------

7/31〜8/7までは以下のような感じで稼ぎました。
すべてショートでの利益。合計は\ 19,924
なのでまずまずといったところです。

----------------------------------------------------
USD/JPY 決済 買 98.150 2013/07/31 23:19:23 
利益 \ 10,936

USD/JPY 決済 買 97.850 2013/08/06 23:22:08
利益 \ 4,988

USD/JPY 決済 買 96.800 2013/08/07 22:30:57
利益 \ 4,000
----------------------------------------------------


さて、クルークにはこんな記事が。
----------------------------------------------------
NY市場 ドル円、ファンド勢からの100円台諦めの売り

日本時間23時のNYカットを通過して、ドル円は更に
売りが強まっている。東京時間に7月下旬に強い
サポートとなっていた97.50水準をブレイクした
ことで、見切売りが強まっており、これまでロング
を形成してきた本邦勢や海外ファンド勢から、
100円台を諦めた売りが活発に出ている模様。
フィボナッチ水準の96.85もブレイクしてきたこと
もあるのか、モデル系の売りも出始めている模様。

株式市場も利益確定売りが強まる中、リスク
回避的な雰囲気も出ている。

短期的には値ごろ感の買いも入りそうな雰囲気も
あるが、戻り売りもそれなりにありそうだ。

http://www.gci-klug.jp/fxnews/detail.php?id=192472
引用:クルーク
----------------------------------------------------

さて、「もう少し円高が続くかな」とも思う反面、
何かの拍子に99円あたりまで戻しそうな予感も
あるので、あまりショートで攻めないようにします。
あくまで4000円程度狙いで確実に行きます。


posted by ごくう at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年08月03日

来週のドル円予想(8/5〜9)

今週は8月2日の7月米雇用統計で「ジブリの法則」
と言われるとおりか、ここは円高になりました。
しかし円高といっても98円後半でサポートされ、
再び99円前半→98円後半に戻っています。

今週の前半のFOMC、第2・四半期の米GDP
では数字が良かったことから円安に動いて勢いが付いた
にもかかわらず、結局100円台には届きませんでした。
やはりここにポイントがあると思っています。
つまりまだまだ円高づいている、と。

よって来週(8/5〜9)も引き続き「円高気味」の
傾向が続き、円安になったとしても100円程度まで、
96円あたりになる可能性もある、
と予想します。
この予想の根拠は以下の通りです。


1.しばらく大型トライアングル内の推移
----------------------------------------------
ドルインデックスは底打ちの可能性大だが、
米ドル/円はなお下落余地が大きい!
http://zai.money.jp.msn.com/articles/-/15454
(引用:陳満咲杜のマーケットをズバリ裏読み)
----------------------------------------------

2.今後の雇用統計が20万人を大きく越える数字が
続かなければ、FRBはQE3縮小開始を年末まで見送る
と予想

----------------------------------------------
雇用統計直前予想〜雇用回復は続いても、
QE3 縮小開始は先送りか〜
http://www.monex.co.jp/Etc/00000000/guest/G903/sihyo/index.htm?num=0
(引用: 米経済の「今」を読む -経済指標動向
マネックス証券)
----------------------------------------------

3.雇用関係が思いのほか悪い
----------------------------------------------
米7月雇用統計 主要数字 雇用者数は前回値は
下方修正多い 労働時間減少
http://www.gci-klug.jp/fxnews/detail.php?id=191988
(引用:クルーク)
----------------------------------------------

4.積み上がったドル円のショートの調整
----------------------------------------------
ドル/円の通貨先物ポジション推移
http://zai.diamond.jp/list/fxmarket/imm
----------------------------------------------
posted by ごくう at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年07月31日

ドル円はどうなっていくのか?

先ほどのADP雇用者数と第2四半期GDP速報値
を受けて円安が進みましたが、また円高になって
きています(現在98.22円)。

今晩はFOMC結果発表がありますから、そこで
また上がったり下がったりするでしょうが、この
流れを受けていけば円安に進みそうなところなのに
結局また円高、というのはやはり強力なバリアが
あるのか、流れがしばらくは円高なのか
、という
ことのような気がします。99.25円のショートを
保有する身としては円高に振れてほしいところです。


さて気になる記事があったのでリンクします。
ご参考までに。
------------------------------------------------
いよいよドル/円の調整は最終の仕上げ段階へ?
http://lounge.monex.co.jp/pro/gaikokukawase/2013/07/31.html
引用:田嶋智太郎の外国為替攻略法(マネックス証券)
------------------------------------------------
タグ:FX USD/JPY
posted by ごくう at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする