2013年09月02日

気になる記事:「レイバーデー明けは要注意!」&「円高95円突破のリスク・シナリオ」


ドル円はシリア情勢の緊迫が和らいだことで、やや
円安に動いていますね。
しかしこういう時こそリスクを忘れてはいけません。
以下の2つの記事がとても気になります。
------------------------------------------------
レイバーデー明けは要注意!
今週、まったく新しいトレンド発生の可能性も

http://on-msn.com/172ZWm9
(引用:ダイヤモンドザイ)
------------------------------------------------
「円高95円突破のリスク・シナリオ」
http://bit.ly/18lkeqc
(引用:豊島逸夫の手帖)
------------------------------------------------

昨日のブログにも書きましたが、私はそろそろ一旦
FXは手仕舞いしようかと思っています。
まずは明日のレイバーデー明けの様子を見てから・・・。
posted by ごくう at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年09月01日

80円で仕込んだドルロング(2枚)、近いうち売却しようか・・・

いきなりですが、最近どうも為替が読めません
・・・。
今後どうなるのか、何だか分からなくなって
きています。

基本的にドル円でスイング程度でやっている
FXですが、昨年の7月あたりに仕込んでいた
80円のロングをずっと持ち続けていたのですが、
そろそろ売却しようかと思い始めました。


理由は以下の2点です。
-------------------------------------------
1.株などの投資をして15年になるが、ミドル級
の利益(10〜50万円程度)のチャンスを逃して
きたことが多い。なのでこれからはミドル級の
利益でいいので確実に出していく方向にする。


2.アメリカのデフォルト危機などまずあり得ない
とは思うが、過去に「ニクソン・ショック」が
あり、世界一の大国にはそのような横暴とも思え
るルール変更が許されるものだ。
レバレッジをかけたFX取引には、そのような
ルール変更は致命的なことがある。

「ニクソン・ショック」後、40年が経過し、
そろそろルール変更が起こってもおかしくない
時期であるので、それに備える。
(ただし最終的には米ドルが強いことには
変わりがないと考える。)

-------------------------------------------

私は2003年頃から始めた中国株で60万円→240万円
まで膨らませたことがありましたが、「600万円まで
はいくぞ」と勝手に思い込み、リーマンショックで
みるみる株価が下がってしまい、一時60万円割れ
寸前までになったことがあります。

240万円で一旦すべて手仕舞いしておけば、また
下がった時に買い増しできたのに、結局それが
できずに儲け損ねてしまった。4倍まで膨れたの
ですから、一旦利益を出しておくべきだったので
す。


なので今回のアベノミクスで利益が出たFXの
ドル円も、一度利益を出しておこうかと思いました。
35万円程度になりそうですが、まあそれでもいいか。

今年の9〜10月は何かが起きそうな気がしてなり
ません。
なので一旦手仕舞いして、また落ちついた
ら投資の開始です。FXはあくまでコツコツと。
理想は会社を辞めれるくらいに稼ぎたいですけど、
リスクが高すぎますから。まあそれは今のところは
「夢」としておきます。
タグ:FX ドル円
posted by ごくう at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年08月27日

今週のドル円は予想できなかった・・・

このブログを書いている現在、ドル円は97.3円
を割ってきました。シリア情勢の影響でだいぶ
円高が進んだようです。

先週の予想では8/19〜23は94.8円〜99.0円
でした。上の99.0円はほぼ当たりましたが、
下は94.8円どころか95円台にも行かず、全く
予想が外れました。

外れたから、というわけではありませんが、今週
(8/26〜30)は予想を辞め、FXは少し休むか、
と思っています。というのも、1枚だけですが
96.45円のショートがありますので・・・。
これをキレイに処分してからまた参戦しようか
と思っています。

それにしても9月は波乱要因がありすぎて、FX
に手を出すのはちょっと怖いですね。シリア・
エジプトの問題、米国量的緩和縮小、ドイツの総選挙、
そして(10月ですが)アメリカの債務上限問題、
日本ではオリンピック招致の可否、福島原発の
汚染水問題、そして9月中旬のアメリカのFOMC。

9月〜10月でドル円が90円前半になってくれれば
そこでロングを仕込むのはもちろん、そのタイミング
で海外のETFや投資信託を購入予定。
posted by ごくう at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年08月22日

9月が波乱相場となるかどうかはNYダウ次第か?

QE縮小をなぜ急ぐのか?

WSJが米国のQE縮小観測記事を載せた5月以降、
ゴールド市場の急落、日経平均の急落、日本
国債の乱高下、中国の信用収縮、豪ドルの急落、
ブラジル株の急落など金融市場は波乱含みの
展開となっている。

「米国経済も盤石という状況ではない。QE縮小観測
が出ただけでこんなにマーケットが荒れるなら、
QE縮小を急ぐ必要はないのではないか?」という
疑問や不満が、市場関係者やG20諸国(新興国)から
漏れている。こういった文句をいう人達はイエレンが
次期FRB議長になることを切望しているが、ブック
メーカー(賭け屋)の予想ではサマーズ優勢の
状況となっている。

FRB議長が誰になるのかはわからないが、オバマ
政権が1期目の「ドル安=輸出倍増路線」から、
2期目は「ドル高=内需主導路線」に転換して
いることはファンドの間では周知の事実となり
つつある。これを補完しているのは黒田日銀の
「異次元緩和」である。

オバマ大統領はサマーズの政策を高く買っている。
2期目のオバマ政権が「ドル高=内需主導」に舵を
切ろうとしている背景には、サマーズのアドバイス
があると噂されている。サマーズは量的緩和の効果
に疑問を持っており、オバマ大統領に提言している
のは「本国投資法」である。
本国投資法は米国の多国籍企業が海外で留保している
利益・配当金等を米国内に送金する税率を引き下げる
措置である。

ドル安政策をとっている限り、貧富の差は拡大し
米国内の雇用は増えない。オバマ政権の1期目は
米国株が7割も上昇したのにオバマ大統領の支持率が
低いのは、「貧富の差の拡大」と「雇用実体の悪さ」
(パートタイマーが増えているだけ)が原因だ。
本国投資法は米国への資金還流を促し、米国内での
投資を促進する効果がある。・・・・・

引用:石原順「外為市場アウトルック」(楽天証券)
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/ishihara/ishihara_20130822.html


こちらの石原順氏の記事はとても参考になります。
個人的に石原氏の「客観的」なところが好きです。
FXや株などの投資で大事なのは「いかに客観的に
なるか」という面がありますからね・・・。
posted by ごくう at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年08月18日

来週のドル円予想(8/19〜23)

今週(8/12〜16)の予想は95.0〜98.5円
でしたが、上はまさに98.64円でほぼ的中でした。
しかし13日に「安倍晋三首相が法人税の実効税率の
引き下げを検討するよう関係者に指示したことが
わかった」という報道から思ったより円高が進まず、
下は95円台には行きましたが(95.92円)、長く続く
ことはありませんでした。

結局この「法人税法人税の実効税率の引き下げ」の
指示は無かった、ということで再び円高に動きました。
私はこの報道は単なる「15日に向けた(一時的な)円高
防止」のための報道だと感じました。為替操作のようで
はっきり言ってかなり不愉快に感じます。(個人的に
は損をしていないのでいいですが。)こういうセコい
やり方はいかがなものでしょう?


さて来週のドル円予想ですが、ドル円ショートの
ポジションもそろそろ終わりに近づいてきたな、という
週になりそうです。この最後かもしれない円高の動き
で小さくともしっかり稼ぎ、8月末以降はロングで
手堅く行く戦略を立てていますが、来週の動き次第で
はまた違った戦略になるかもしれません。

来週の予想は94.8円〜99.0円です。

この根拠は以下の通りです。

1.米国量的緩和の段階的縮小・解除
(ターピング)の思惑

http://lounge.monex.co.jp/pro/gaikokukawase/2013/08/14.html
(引用:田嶋智太郎の外国為替攻略法)

やや円安に動くこともあり得る?
ただ9月開始はすでにある程度折りこみ済みか?


2.米国連邦準備理事会(FRB)による資産購入
プログラム縮小のタイミング、次期FRB議長
候補、中東・北アフリカの地政学的リスク、
などを受けた、米国のトリプル安懸念を
警戒する展開

http://www.zaikei.co.jp/article/20130817/146332.html
(引用:財経新聞)

思わぬことで一時的な円高になる可能性が。
そこはロングのチャンスかも。


3.USD/JPYは8月23日前後に反転する?!
― ただし、大きな上昇は見込み薄

http://kabool.livedoor.biz/archives/51901918.html#more
(引用:カブール投資日記)

エリオット波動では来週末に円高の可能性が。


4.ドル円と連動性が高い日経平均が三役陰転、
来週もつられて円高傾向になる?

http://www.sc.mufg.jp/report/mt_report/pdf/elliott130816.pdf
(引用:テクニカル分析:宮田直彦)


来週は以上のようなことからやや円高気味に推移する
と予想します。
しかしこの円高の流れもそろそろ終わりに近づいてきた
感じがしています(エリオット波動などから)。

そろそろロングで行く準備をしていきたいと思います。
が、ヒンデンブルグ・オーメンの可能性も否定できない
チャートが出ているので、あまりリスクを抱えないよう
に小さめに行くことが安全かと思っています。
posted by ごくう at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする