2016年08月27日

「ケガをして良かった」「病気になって良かった」という祖母の教え



今年91歳になる私の祖母は、私が
小さい時にずっと私の面倒を見て
くれていました。私の両親は商売
をしており、当時はとても仕事が
忙しかったので、私が幼少期の頃
といえばほとんどと言ってもいい
くらい祖母に面倒を見てもらって
いたものでした。


その祖母がたびたび口にしていた
のがとても記憶に残っているので
ご紹介します。


それは・・・・・


(ケガをしたら)「ケガをして良かった」
(病気をしたら)「病気になって良かった」
(財布を落としたら)「落として良かった」



とよく言っていたのです。


つまり普通に考えると悪いことが起こった
と感じて落ち込むところなのですが、祖母
に言わせると「良かった、良かった」
なるわけです。


これはどういうことかと言いますと、


「(ケガをした時)この程度のケガで
済んで良かった。このケガがもっと
大きな悪いものを持っていってくれた。



というふうに考えているようなのです。


なので病気をしても


「病気になって良かった。もしこの病気に
なってなかったら(健康に気をつけず)
もっと大きな病気になっていたかもしれない。



とか、


「病気になったから外出しないで済んだ。
もし外出していたら事故に遭って死んで
いたかもしれない。



と考えるのです。


財布を落としても「この小さな不幸が
大きな不幸を持っていってくれた」

考え、風呂が壊れたら「今壊れてくれて
良かった。これが親戚が来ていた時に
壊れていたらもっと大変だった
。」と
考える。万事こんな感じなのです。





この祖母の考えはよく言われるポジティブ
思考とは異なる
と私は思います。ポジティブ
思考はネガティブなものを無理矢理良く
捉えるようなものだと私は思いますが、
祖母の考えはそのようなものではあり
ません。ネガティブなものはネガティブ
なものとして捉え
つつ、


「(不幸なことがあったけども)この
タイミングで良かった」


「(残念なことではあるけども)この
残念なことのおかげでもっと大きな
悪いことから距離を置くことができた」


「不幸なことがあったおかげで注意深く
なることができた。それで大きな災いに
ならないで済んだ」


というふうに考えるのです。





こう考えると、どんなイヤなことも
不幸なことも不思議とどうでもよく
なってクヨクヨしなくなります。

そして「次はもっと良くなるかも」
というプラスの気持ちで日々生活
できるようになります。


このような思考を知っておくことは
「生きる力」に繋がるのだと私は
思います。悪いことが起きるのでは
ないかと思ってビクビク生きるより、
悪いことが起こっても「まあこれは
これで良かったんだ」
と達観できるか
できないかで、人生が変わってくる
ような気がします。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

幸も不幸もないんですよ [ 小林正観 ]
価格:1543円(税込、送料無料) (2016/8/27時点)

posted by ごくう at 11:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年08月15日

スキルアップに簿記や英語やパソコンもいいけど、メンタル系の知識も大事。




社会人にとってパソコンや簿記、
英語などの知識を身に付けること
はとても大事だと思います。
これらの知識は今は直接使わ
なくても、いつか使うことも
ありますし、簿記などは会社や
お金の流れも分かるのでやって
おいて損は無いと思います。


このようなスキル・資格のうち、
案外見逃されているのが心理学・
メンタル系の知識
だと私は思い
ます。


私は数年前に産業カウンセラーの
資格を取ったのですが、ここで
得た知識はうつの予防にかなり
有効
であると実感しています。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


私の知り合いに40代でうつに
なった人が何人かいるのですが、
うつになって会社を休職して
しまうと年収が大幅ダウンし、
家族に大きな影響を与えて
しまうことも決して珍しい
ことではありません。


ガンや心筋梗塞・脳梗塞などの
病気の予防のために、運動を
したりサプリを飲んだり医者
に通って高血圧の治療をしたり
する人は世の中にたくさんいる
と思います。しかしメンタルの
病気の予防のために何かをする
という人は少ないのではないで
しょうか。





もしうつ病になった場合、
ガンや心筋梗塞等と同様に
長期に渡って会社を休職
することがあるわけです。
会社の規定によっては一定
期間の休職ののち退職に、と
いうケースもあると思います。


そう考えるとガンや心筋梗塞等
と同様、メンタル系の病気に
ついても真剣に考えたほうが
良いと言えます。
会社員が取り
組みやすい心理系の資格ですと


・心理カウンセラー
・産業カウンセラー
・メンタルヘルスマネジメント検定
・交流分析士


などがあります。心理系だけでなく
傾聴スキルやアサーションスキルを
身に付けることも良いと思います。


簿記や英語やパソコンも大事ですが、
自分を守るため、家族を守るため、
会社の同僚を守るためにメンタル系
知識を身に着け、うつを予防していく
ことが大事な時代
になっていると
私は思います。


posted by ごくう at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年08月13日

良い記事:本当に強い人は、攻撃・防衛と無縁



とてもすばらしい記事。
本当に強い人とはどんな人かが
的確に書かれています。

-----------------------------------------

これだけは死守したい

守らないと攻め(責め)られる

調子に乗らないように、脅かしておかないと
予防線を引かないとどんどん侵略される

自分の地位を狙っている者がいる

財産をかすめとろうとする輩がいる

(仮想の)敵が常に存在する
 

こんなことを考えて、日々戦々恐々として
暮らしていたら、まずはつまんないです。
それから副次的な作用で、心身に不調を
もたらします。
不安は人間を小さくします。

 
護るものは自分自身の心の自由だけです。
各自が自分の自由と同じように人の自由も
認めようと生きたとき、攻撃・防衛から
フリーになれます。

真に強い人は隙だらけです。
どこから突っ込んでこられても、対処します。
慌てません。
なぜなら、守るものがないから。
戦う必要がないから。

誰かがコンタクトを取ってきたら、共通点を
探して、連帯・融合できるのように持って
いけます。
 

どこに主眼を置くか、元々の立ち位置が違うのです。
違いを見つけて、争いの種にするか、協力できる
ところを見つけて連帯するか。

上下関係で世界を見る争いが好きな人に、
口を酸っぱくして、仲良くしようと訴えても、
なかなか上手くいきません。・・・・・


引用:今、この瞬間を精一杯生きていますか?
http://bit.ly/2aOn7HQ
-----------------------------------------





この記事にあるとおり本当に強い人は
「隙だらけ」です。何かに対して怯えて
守るなど、全くといって考えていない
ようです。実際は怯えているのかも
しれませんが、それを感じません。

怯えを感じないくらいドン!と構えて
いられるのはメンタルが強いだけ
ではないでしょう。おそらく頭の中で
いくつものシミュレーションを行い、
過去の経験も活かしながら作戦を
練っているのだと思います。その
様子は「怯えて避けても無駄、ただ
やるしかない。」
という感じです。


このような強い人は「違い」が
あっても攻撃・無視の対象とは
しません。

その「違い」を楽しむかのように
受け入れ、そのギャップを埋めるか
のようにコミュニケーションを取って
いきます。


そもそも「違って当たり前」なの
ですが、弱い人にはそれが理解
できません。弱い人は「違い」を
極端に恐れます。
恐れているから
攻撃したり無視したりして自分を
守ろうと必死です。しかしそこからは
何も生まれませんし、「違い」に
よる溝が大きくなるだけでデメリット
しかありません。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



強い人は「違い」を察知し、そこを
埋めていきます。「違い」を「同じ」
にしようとコントロールしている
のではありません。

「違い」を「同じ」に統一しようと
している人は弱く精神的に子供ですが、
「違い」をそのまま受け入れつつ
ギャップを埋めて落としどころを
見つけることが出来る人は、強い人
であり精神的に大人である人です。


記事のタイトルにもある通り
「本当に強い人は、攻撃・防衛と無縁」
なのは、「違い」をどんどん吸収して
自分のものにしていけるから。

そして自分がそれを出来ると知っている。
だから一見すると「隙だらけ」。でも
実はこれこそが「自信」であり「強さ」
なのです。


弱い人は「違い」を極力避ける人。
だからどんどん小さくなっていき、
気付いた時には自分を守ること
さえも出来なくなっていて、
「自信のカケラも無くなっている人」
です。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

勝負に強い人がやっていること [ 松本整 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/8/13時点)

posted by ごくう at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年08月12日

勝者と敗者の違い


まずは引用から。

--------------------------------------


勝者と敗者の違い


1.勝者は間違ったときには「私が間違っていた」
 と言う。
 敗者は「私のせいではない」と言う。


2.勝者は勝因は「運が良かった」と言う。
 例え運ではなかったとしても。
 敗者は敗因を「運が悪かった」と言う。
 でも、運が原因ではない。


3.勝者は敗者よりも勤勉に働く。
 しかも時間は敗者より多い。
 敗者はいつでも忙しい。文句を言うのに忙しい。


4.勝者は問題を真っ直ぐ通り抜ける。
 敗者は問題の周りをグルグル回る。


5.勝者は償いによって謝意を示す。
 敗者は謝罪をするが同じ間違いを繰り返す。





6.勝者は戦うべきところと妥協すべきところを
 心得ている。
 敗者は妥協すべきでないところで妥協し、
 戦う価値がない所で戦う。


7.勝者は「自分はまだまだです」と言う。
 敗者は自分より劣るものを見下す。


8.勝者は自分より勝るものに敬意を払い
 学び取ろうとする。
 敗者は自分より勝るものを不快に思い、
 アラ捜しをする。


9.勝者は職務に誇りを持っている。
 敗者は「雇われているだけです」と言う。


10.勝者は「もっと良い方法があるはずだ」と言う。
  敗者は「何故変える必要があるんだ?今までうまく
  いっていたじゃないか」と言う。


引用:勉強・仕事・子育てetc・・
 人生に役立つ名言・格言(NAVERまとめ)

http://bit.ly/2aOO7s9
--------------------------------------

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



私はこの「勝者と敗者の違い」の10項目が
とても好きです。特に・・・

---------------------------------------
2.勝者は勝因は「運が良かった」と言う。
 例え運ではなかったとしても。
 敗者は敗因を「運が悪かった」と言う。
 でも、運が原因ではない。
---------------------------------------
6.勝者は戦うべきところと妥協すべき
 ところを心得ている。
 敗者は妥協すべきでないところで妥協し、
 戦う価値がない所で戦う。
---------------------------------------
8.勝者は自分より勝るものに敬意を払い
 学び取ろうとする。
 敗者は自分より勝るものを不快に思い、
 アラ捜しをする。
---------------------------------------


この3つは好きです。


2の運についてですが、運が強い人は偶然では
ないことがほとんど
です。明らかに運を貯金し、
必要な時に引き出している。そして運が良く
なる意識で行動をしている。勝者は基本的に
運が強い人が多いと思いますが、そんな人でも
(そんな人だからこそ?)勝因は「運が良かった
だけ」という。おそらく常時「運が強い状態」
なので、謙遜ではなく心からそう思っている
のだと思います。



6は戦うべきところを抑えている、というのは
「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という
ことですね。まず己を知ることがいかに大事か。
そんなことを教えてくれています。自分と向き
合うのって意外と出来ないですからね・・・。


そして8は「あるある」なのではないで
しょうか。「自分より勝るものを不快に思う」
というのは損しかありません。ひどい場合だと
「不快に思う」どころか無視して「無かった
ことにしてしまう」
ということもあります。
こんな人だとまずまともな人は寄ってこない
でしょうし、自分自身も「自分より劣る者を
好む」になってしまい、どんどんレベルが
下がっていくことになるので、8の状態だけは
何としても避けないといけません。



自分自身生きていく上で変な方向に行って
しまわないように、このような名言は大事に
していきたいと思います。


posted by ごくう at 00:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年07月11日

なぜ勉強するのか。それはインスタントなものに飛びつかないようになるため。



参院選が終わりました。予想通り(?)
自民党・公明党の勝利。民進党も
伸びてましたね。これから憲法は
どうなっていくのでしょうか。

気になるところです。


さてこの参院選で気になったことが
ありました。それは三宅洋平という
候補者です。


私は偶然蒲田と渋谷で三宅洋平氏の
演説なのかイベントなのかよく分から
ないショー(?)を見ました。
(こういうのを選挙フェスというので
しょうか?)


三宅氏はミュージシャンらしく、声は
とても良い声でした。また人を集める
ために良い雰囲気を作っていました。


しかしちょっとだけ演説を聞いていると、

「何だコイツは?何を言ってるんだ?
そしてコイツを盛り上げている奴らは
一体何者なんだ?」


という感じになりました。


正直言って、三宅氏の言っていることが
とても薄っぺらいのです。そして「選挙
フェス」という点では盛り上がっている
(しっかりしている)ように見えましたが、
なんだか「ただそれだけ」なのです。





このような「フェス」だけしっかりして
いる
ところを見て、「三宅洋平はすごい」
と思ってしまうような人は、はっきり
言って「浅い」です。

「フェス」だけ見ればさすがはミュージシャン。
しかし政治家を目指す人としては「????」
というところを見抜けない、ということは

「インスタントしか知らない」

ということです。

これは大の大人だとこれはかなり恥ずかしい
ことなのです。


   ・   ・   ・   ・
   ・   ・   ・   ・
   ・   ・   ・   ・
   ・   ・   ・   ・
   ・   ・   ・   ・

私はよく子供から「なぜ勉強するのか」と
言われます。「こんなの勉強しても大人に
なって使うと思えない」とも言われます。


「勉強したことが大人になっても使わない」
ということはある程度当たっていると思います。


しかし勉強で得た知識を「使う・使わない」
だけが勉強ではありません。
勉強していって
知識が増えていくうちに

「ここはもっと深く知っておいたほうが
良さそうだ」


とか、

「ここは対して覚えなくても大丈夫だな」

という勘のようなものが育ってくるのです。

これが育ってくると、インスタントな知識、
インスタントな知恵などはすぐに見抜ける
ようになってきます。さらに年齢を重ねると
インスタントなことばかりに手を出してきた
人も見抜けるようになってくるのです。


インスタントなものばかりに手を出して
きた人は、年を重ねても面白味がありません。

自分の人生の意味もなかなか見つけ出せず、
ただただ浅いところをグルグル回っている
ような人が多いからです。





そうならないようにするために、勉強して、
深い知識を持っておく必要があるのです。

そのための土台として小学校、中学校、
高校と勉強をしておくのです。そして
その土台の上に、さらに深く知恵を付けて
いって人生をより良くしていくのです。



勉強しないとインスタントなものに飛び
ついてしまい、結果として自分が損をする。
勉強していればそんなに簡単にインスタント
なものに飛びつかなくなる。


そういうことなのです。


不勉強が身にしみる [ 長山靖生 ]
価格:777円(税込、送料無料)

posted by ごくう at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする