2018年04月09日

「主語が自分でない人」とは関わらない方がいい



仕事をしていると


「〇〇をこうしてほしい」
「〇〇は何であるの?」
「〇〇は□□だからダメだ」


などと言う人がいます。


上記のように指摘している
点について間違いではない
ことが多い
のですが、でも
このように指摘しても周り
の人が動いてくれる人

動いてくれない人に分かれる
ことが多いです。


周りの人が動いてくれる人と
いうのは、普段から


自分が主語で動いている人が多い


です。


普段から自分が主語で仕事
をしているので、


「〇〇をこうしてほしい」

→自分ならこうする、
 こうやってみる。



「〇〇は何であるの?」

→確かによく分からない。
 だから自分が色々と確認
 してみる。それが分かった
 上で改善案を提案してみる。



「〇〇は□□だからダメだ」

→ダメだから自分が△△して
 みて、ダメを良くしてみせる。



という感じです。


普段からこういう思考・行動で
動いているので、周りもその
良い影響を受けて「じゃあこう
してみようか」
という流れに
なり、色々な知恵が集まって
実際に改善されていくのです。






しかし自分が主語で動くことは
なく、ただ評論家のようにモノ
を言っているだけの人だと、


「〇〇をこうしてほしい」

→自分は何もしない(できない)。
 けどアイデアだけは出したと
 思っている



「〇〇は何であるの?」

→よく分からないけど、面倒
 だから確認もしない



「〇〇は□□だからダメだ」

→その通りだけど指摘して
 いるだけで何もしない



という感じです。


こんな感じで「主語が自分で
ない人」は、何をやっても
つまらないでしょう。



反対に「主語が自分でやって
いる人」は、何をやっても
面白そう
に見えます。


これは仕事に限らず、学校でも
出会いでも同じだと思います。



仕事でも学校でも出会いでも、
自分が主語でいられることが
多い人は魅力的で面白い人が
多い
です。


反対に自分が主語でいられる
ことが少ない人は、受け身な
せいか魅力的ではなく、面白
くなさそうにしている人が
多い
です。


主語が自分でない習慣がついて
しまっている人は、なかなか
自分から変わることができま
せん。特に40代以降になると
その傾向は顕著なような気が
します。


そんな人とはあまり関わらず、
できる限り「主語が自分で
ある人」と関わった方が人生
プラスになるというもの。
主語が自分の人は、自分から
人生を面白くしている人。

主語が自分でない人は、自ら
人生をつまらなくしている人。

自分の人生ですから、面白い
方がいいに決まってますよね。


▼参考記事
「うだうだ言って何もしない人」
よりも「うだうだ言われてでも
何かしている人」のほうが、
ずっと偉い
――秋元祥治『20代に伝えたい
50のこと』





タグ:生きる力
posted by ごくう at 23:12 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年03月25日

「気遣い」と「絡む」は全然違う


会社で若いうちはよく上司や
先輩から「飲みに行こう」
「食事に行こう」
とお誘いを
受けるものです。


私も20代の頃はよくありました。


でも・・・、正直あまり気乗り
しないというか、楽しめないと
いうか、そんなに積極的に
「飲みに行きたい」とは思わ
ないこともよくありました。


まあこの「行きたい」「行きたく
ない」はその人の性格もあるで
しょうし(私はどちからというと
行かないタイプ)、相手(上司)
の性格や相性もあるでしょう。


よく考えると、20代のうちは
会社で色々教えてもらうのも
大事なのは分かるのですが、
20代であっても結構疲れてる
もの
なんですよね。


・仕事自体慣れてなくて疲れる

・会社の同期、学生時代の友人、
彼氏・彼女との付き合いに疲れる

・自分の趣味に疲れる(楽しくて
時間を忘れがちだから)



こんな感じが20代なんですよね。
だから仕事が終わってから上司と
飲みだなんて基本的にシンドイ
ものなんです。
(まあ行ったら行ったで「楽し
かった」「飲んで良かった」と
思うこともありましたが。)


自分が40代になって思うのは
若い子を飲みに誘うのは一種の
「気遣い」だと思っているんで
すね。


でも・・・、本当に「気遣い」
なら仕事中でも十分なんじゃ
ないかと思うのです。



まあ仕事中にしっかり「気遣い」
してくれる上司だったら、後腐れ
が無さそうなので飲みに誘われても
喜んで行きたくなるのですけど。






しかし問題は、飲みに行くことが
「気遣い」からではなく、一種の
「遊び」のような感覚
だったり、
自分の権力を誇示しようとする
人だったりする人だと「もう二度
と行かない」という気分なります。


このような行きたくなくなる人は
若い人に対して「気遣い」をして
いるのではなく、「絡む」ことが
良いことだと信じている人
だと
思います。


「気遣い」は相手の気持ちを考慮
しますが、「絡む」は自分優位、
相手の気持ちは二の次です。



でも・・・・年を取るにつれ
「気遣い」と「絡む」ことの
区別がつかないというか、
絡んでいれば自分は気遣いして
いるんだ
と勘違いしてしまう
人が多くなるような気がします。


きっと年を取って自分が気遣いを
受ける方がが多くなったからかも
しれませんが、やたらと若手と
絡みたがる人には注意が必要か
と思います。このような人は
今の自分が満たされておらず、
絡むことで自分を満たしている
ことが多いからです。



できた人は「気遣い」をし相手
を尊重する。
ダメな人は「絡む」
だけで相手を尊重していない。

(その証拠に一度でも乗って
くるとスッポンのように食い
つき、離れません。)



「絡む」ことがいいことだと
思っている年配者にならない
ように注意していきたいもの
です。




posted by ごくう at 11:03 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年03月11日

様々な「壁」を越えられないクセがつくと一生損をする



勉強でも仕事でも一つのことを
それほど成し得ず、壁のような
ものが来ると敏感に反応して、
壁を超えることを避けよう、
逃げようとする人がいます。



バイトでも部活でも勉強でも、
どんなことでも必ず「壁」は
やってきます。「壁」が無い
ものは基本的に無く、その
「壁」が来たということは
ある意味自分が成長している
証拠でもあります
ので、その
「壁」を乗り越えることこそ
人生の楽しいところでも
あり、また辛いところでも
あります。


しかし職を転々としたり、
いつまでも成長できない人
というのは、「壁」が来ると
何だかんだ理由をつけたり
ネガティブな捉え方をして
「壁」そのもの、「壁」を
作った状況を敵視します。


そして「この壁、ウザいよね」
というような同類の仲間を作り、
その仲間内で壁を超えようと
するのではなく「壁」を批判
し続けてしまう
のです。






私の経験ですと、以前こういう
ことがありました。


ある入社4年目になる若手社員に
新入社員研修の担当となるよう
提案したのですが、その若手
社員は怯んでしまい(無理も
無いと思いますが)、とても
憂鬱そうでした。


しかし私はその若手社員には
新人研修の担当となる力が
十分にあると感じていました
ので、できたらこの壁を成長の
過程だと思って欲しかったので
すが、そこにあまり仕事が
できないで有名な中堅社員が
その若手社員に対して


「新人研修担当なんてつらい
よね〜。やりたくないよね〜。」



というようなことを吹聴して
いました。


それが若手社員同志で「気が
重い」
とボヤくならともかく、
中堅社員がまるで若手社員が
新人研修担当を降りるのを
肯定するかのような発言

していたことに、私はとても
ガッカリした
ものです。
(中堅社員なら「頑張って
みようぜ、オレもサポート
するからさ、くらいのこと
は言って欲しかったです。)


このような感じで人生には
様々な「壁」が付き物ですが、
それをいちいち避けていたら
いつまで経っても成長できま
せん。
そして避けることが癖
のようになってしまうと、
色々なことに対して「壁」を
避けるようになってしまいます。
これは人生でとても損です。


例えば仕事なら入社して3か月、
6か月、1年、3年、5年と
いうようなスパンで「壁」が
来ると思っておいてよいかも
しれません。そしてその「壁」
が来たら「壁」を乗り越える
べく自分で努力したり、先輩
からアドバイスを聞いたりする

のが良いのでしょう。


どんな「壁」も超えるために
ある。
辛い時もあるでしょうが
そう思っておけば良いのだと
思います。


▼関連記事

人生に壁があるからこそ
【脱コントロール思考】が身につく


試行錯誤をすることがとても大切だ




posted by ごくう at 22:38 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「〇〇に自信が無い」と思っていたけど実は「自分に自信が無い」に注意する




「仕事に自信が無い」
「勉強に自信が無い」
「人間関係に自信が無い」
「恋愛に自信が無い」



このような「自信が無い」こと
は誰にでもあるものです。
むしろ何でも「自信がある」
という人の方が少ないと思い
ます。


ある調査では日本人(特に
若者)は他の国と比べても
自信が無い人が多いとか。
何だか悲しいですし、もった
いないですよね。


▼参考記事
世界を下回る日本人の 「自己肯定感」
を立て直すには?



この自己肯定感の低さ、
自分への自信の無さは
色々な面で現れてきます。


冒頭で書いた


「仕事に自信が無い」
「勉強に自信が無い」
「人間関係に自信が無い」
「恋愛に自信が無い」



という「〇〇に自信が無い」
は、実は〇〇ではなくて
「自分に自信が無い」の
では?
というケースが
多くあるように感じます。


「勉強には自信があるけど
人間関係はサッパリ」



とか、


「恋愛は自信があるけど
仕事はダメ」



ということもあるので
しょうが、どちらかと
いうと


「〇〇に自信が無い、
他のことも色々と自信
が無い。」



という人の方が多いように
思います。






これは実は「〇〇に自信が
無い」のではなく「自分に
自信が無い」からなのです
が、そこになかなか気付かず
いつまでも「〇〇に自信が
無い」と思い込んでいる

ことがあります。


ですが実は「自分に自信が
無い」ことから「〇〇に
自信が無い」と思っている
だけで、本当に着目しなく
てはいけないのは「自分に
自信が無い」ことなのです。



では「自分に自信が無い」
かどうかを見分けるには
どうしたらよいでしょうか。



私の個人的考えですが、
「自分に自信が無い」か
どうかは付き合っている
人(友人、知人)を見れば
すぐに分かります。



どんな人と仲が良いか、
どんな人といると居心地が
良いか考えてみてください。


明らかに自分より(レベルが)
下だと思われる人とつるんで
いたり、一緒にいたりする
ことが多いという人は「自分に
自信が無い」可能性が高い
です。
自分に自信が無いと自分より
上の人といるのはとても疲れ
ますし、居心地が悪く感じる
ものです。


レベルが下の人も上の人とも
絡めるという人は別に問題
ないでしょうが、積極的に
自分より下の人とつるむ人は
「自分に自信が無い」ことが
多いので要注意です。


なぜなら「自分に自信が無い」
と、何をしてもつまらないから
です。



勉強でも仕事でも自分のやる
ことに自信が持てませんから、
いつもビクビクしてしまって
神経が疲れますし、自分の
したいこと、やりたいことが
分からなくなりがちになる
からです。


こうなるとますます自分が
嫌になり、自信を無くし、
色々なことをやったとしても
何かとピントのズレたことを
やってしまうのです。



そうならないためにも、まず
自分自身の棚卸しをしっかり
とやって、今現在の自分は
自分に自信があるのか、
それとも自信が無いのかを
把握することが大事
です。
表面的な得意・不得意に
惑わされてはいけないの
です。




posted by ごくう at 11:40 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年03月08日

アプリ「My感謝日記」で良いことを引き寄せよう



今更ですが「ザ・シークレット」
を読んでます。引き寄せの法則
について書かれたこの本ですが、
良いことがたくさん書かれていて
本当にタメになります。


「引き寄せの法則」自体は前
から知っていたのですが、
「ザ・シークレット」には
より詳細に引き寄せについて
書いてあるのがいいですね。
でもこの引き寄せ、実践が
とても難しい・・・。

頭で分かっていても、すぐに
忘れてしまうのです。(単に
自分が悪いことを引き寄せる
クセがついてるのかも・・・)






そこで少しでも良いこと、
ハッピーなことを引き寄せる
べく、何か良いアプリでも
あればと思い探していたら、
ありました!「My感謝日記」
というアプリです。


iPhoneはこちらから「My感謝日記」

androidはこちらから「My感謝日記」


色々調べてみると寝る前の感謝日記
は人生を良い方向に導いてくれそう
です。一日の終わりに感謝して寝る
か、それとも怒りや後悔で寝るか、
どう考えてもこの差は大きいです。
どうせなら、ほんの小さなことでも
感謝してから気持ちよく眠りに
つきたいですよね。






posted by ごくう at 23:48 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする