2018年02月12日

大人になってからの付き合いは、「相手に自己肯定感があるかないか」がとても大事。




ネットを見ていたらとても気になる
記事を2つ見つけました。


一つ目はこちら。

自己肯定感の高い男性をパートナー
にしよう

女医の恋愛事情から見える大事なこと



そして2つ目の記事がこちらです。

自信のない人ほど"年下"を呼び捨て
にする

「敬語」「さん付け」で損はしない




どちらの記事も自己肯定感に関する
記事なのですが、いい大人になったら
自分に対して自己肯定感があるか、
ないかはとても大事だと思います。


というのも・・・、自己肯定感が弱い
人ほど年齢を重ねるごとに性格が悪く
なっていく、
と私が感じているから
です!


自己肯定感が低い人は、自分より下
だと思う人に対してとても偉そうです。
「自分より下」とは、年下だったり
勤続年数だったり年収だったりしま
すが、特にどうしようもない「年下」
と「勤続年数」で下に見てくるような
人ほど、本当にもうどうしようもない
くらい自己肯定感が低い人が多い

私は思います。






こういう人は基本的に自分より上の
人を無条件で嫌います
から、レベルの
高い情報、センス、話題などが入って
くるチャンス自体がない場合が多い。
こうなるともう負のスパイラルで、
どんどん下へ、下へと視点が行く
ようになる。これでは自分の成長は
まずあり得ません。


若いうちから自己肯定感が低いまま
だと、視野も狭くなって新しいこと
にもチャレンジせず、ただひたすら
ラクな人(自分より下だと思える人)
と付き合うことになるので、いい年
になっても悪い意味で面白味が無い
人が多い
気がします。


ですので若いうちから、これはもう
幼稚園、小学校、中学校という年齢
のうちから、その年齢にあった自己
肯定感を作っていかないといけない
のかもしれません。
そう考えますと
子供の頃の環境って本当に大事ですね。




posted by ごくう at 22:27 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月28日

学生時代にアルバイトを経験した方が良い?



私は高校時代、大学時代と色々な
アルバイトを経験しました。
回転寿司屋に遺跡発掘、パチンコ屋
にホテルのレストラン。
今となってはどれも淡い思い出で
あり、良い思い出の方が多いです。
アルバイトで知り合った仲間で20年
以上経った今でも年賀状のやり取り
をしている人もいますし。






しかしこのアルバイト経験、良い
思い出も多いのですが、じゃあ
本当に学生時代にその経験が必要
だったかというと、一概に言えない
ことが多いのです。少なくとも自分
の子供には「学生時代のうちにアル
バイトをした方がいい」とは言い
切れません。



それはなぜか?


だって貴重な学生時代という時間を、
アルバイトで売ってしまうわけです。
時間とお金、どちらが大事かと言えば
そりゃ時間に決まってます。


でも・・・、学生時代は時間を売って
でもお金が大事ですし(遊ぶのにお金
が必要ですから)、アルバイトは単に
お金を稼ぐだけの場ではない、って
いうのも分かるんですよね。






でも40代になった今だから分かるの
ですが、時間給のアルバイトに精を
出すより、学生時代にしかできない
こと、勉強だったり資格取得だったり
恋愛だったり部活やサークルだったり
に時間を使った方が絶対いいわけです。


まあ恋愛やサークルにもお金がかかる
のでバイトせざるを得ない、っていう
面もあるとは思うのですが・・・。


それも十分わかるのですが、要は貴重
な時間をバイトだけで終わらせないで
ほしい、バイトなんかあくまでサブで、
それよりも学生時代にしかできない
ことを十分満喫したほうがいいよ、

思うのです。


バイトはあくまでバイト。時間給の
仕事はそれなりの仕事でしかなく、
それで社会(仕事)が見えるなんて
ことはあるわけがありません。
(見えてもほんの一部です。)


だからバイトはほどほどに。
それより今を満喫したり将来のこと、
自分のことを真剣に考えた方が後々
役に立つ
というものだと思います。


自分が学生の時にこういうことを
言ってくれる大人がもっといたら
良かったのになあ〜と思ったので、
思わずブログに書いてしまいました
(笑)。




posted by ごくう at 22:15 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月21日

良い記事:潰れる会社に必ずいる「静かな殺し屋」の正体 忖度できる便利な人材は危ない




タイトルにもある「静かな殺し屋」
=サイレントキラー。
会社という
組織も人間の病気も、サイレント
キラーほど厄介なものはありません。
糖尿病みたいに自覚症状があまり
出ないで進行し、手遅れになると
相当大変ですよ、というのはたい
ていサイレントキラーです。


▼記事はこちらから

潰れる会社に必ずいる「静かな
殺し屋」の正体 忖度できる
便利な人材は危ない

(東洋経済オンライン)


こちらの記事を読んでいて、一番
大事なのは下の引用の部分だと
私は感じました。






------------(引用)-------------

──ほかに衰退サイクルを回さない
重要なくさびは?



経営陣が現場や現実を基にロジカルな
議論を尊ぶ
という規範の存在。これは
すごく大事です。幹部が持論と経験談
一本やりだと若い人は口を挟めない。
おまえは青い、経験が足りない、で
終わりでしょ。
顧客接点にいるのはだいたい若い人
です。

要は、最近売れ行きが悪いとか、
お客から苦言が出たとか、営業の
最前線でアラームが鳴ったとき、
それがちゃんと経営の中枢に届く
仕組みになってることが大事。

ダメな会社ではいくら危機意識
を訴えたって、事前の根回しの
ところで排除されちゃうか、角が
全部取れて訳のわかんない文書に
なって会議に上がったりする。

------------(引用)-------------






結局どんな情報でも中間層・幹部層の
ところで情報をオブラートに包んだり
シャットアウトしたり、もしくは捻じ
曲げて情報を上げてしまう。最前線に
いる人の情報が中枢に届かない。

そんな組織では良くなるはずがない、
というわけです。


このようなことが組織にとっての
「忖度」だとして上層部で喜ぶ人は
いるのかもしれませんが、先の戦争
を見ても、日本が敗戦になったのは
このような情報伝達スタイルだった
からだというのは明らかです。

つまり経営にとって都合のいいこと
しか言わない、忖度ばかりして悪い
情報は上げない、というサイレント
キラーこそが一番の問題なのでしょう。


ここでは会社のこととして記事が
ありますが、これは会社だけの問題
ではありません。
政治でも家庭でも
学校でも、戦前からずっと続く日本
全体にはびこる問題なのではないで
しょうか。




posted by ごくう at 13:49 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月07日

気になった記事:格安スマホに切り替えられない残念サラリーマンは大損している!




まずはこちらの記事をどうぞ。


▼記事リンクはこちら
格安スマホに切り替えられない
残念サラリーマンは大損している!



格安スマホ。最近はとても安く
スマホを持てるようになって
きました。かくいう私も


・LINEモバイル

・ソフトバンク


の2台持ちですが、月々の費用は
LINEモバイルが月525円、ソフト
バンクが月800円程度。2台合わ
せても1300円台
ですね。


そして中学生と妻の子供のスマホ
もLINEモバイルで各1500円程度、
小学生の子供もソフトバンクで
月800円程度。


ということで我が家では家族4人
で私が2台持ちでも7000円以内
に収まってます。



まあソフトバンクの機種(本体)
自体が安いものを選んだというのと、
期間限定サービス(ガラケーから
スマホへの切替特典)があって
特別安いのでしょうが、この
ソフトバンクも安い期間が終了
したら家族全員LINEモバイルに
乗り換えるつもり
です。






でポイントは今回の記事にもある
通り、スマホ代を抑えて浮いた分
を投資に回そうよ、
ということ。


しかし保守的な人や情報を持って
いない人は「時間が無い」「どう
しても今までのキャリアがいい」

と格安スマホを拒むようですが、
格安スマホに切り替えて節約する
だけにとどまらず、その他のこと
に対しても同じようなスタンスで
取り組んでしまうような感じが
する
のです。


つまり「本当に必要で従来キャリア
でしかダメ」、「格安スマホだと
どうしても不都合が生じるからダメ」
というのではなく、「何となく」
とか「今までそうだったから」、
「格安スマホはイメージが悪いから
使いたくない」。そういったこと
だけで従来スマホを使っている、と
いうスタンスは、仕事でも人生でも
同じようなスタンスでやってしまう
のでは?
そこが問題だと思うのです。


このスタンスだと知らず知らずの
うちに大損している
可能性が高く、
しかもいつまで経ってもそのことに
気が付かない。気が付くチャンスが
あったとしてもスルー(反発)して
しまう。



これはかなり怖いことではないか
と思うです。



たかがスマホのキャリアが従来か
格安かの問題なのでは?と思える
かもしれませんが、ここの選択の
仕方が他のことにも大きく関連
している可能性が高い、と思うと
「ちょっと色々考えてみようかな」
と思いませんか?私はそう感じま
した。考えさせられる良い記事だ
と思いました。


▼記事はこちら
格安スマホに切り替えられない
残念サラリーマンは大損している!



▼関連記事
SIMフリースマホ&LINEモバイル
で低コストなスマホライフ





posted by ごくう at 15:43 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年12月31日

「年末年始はできるだけ休もう」という風潮が出てきたのはとても良いことだと思う




最近政府が主導する「働き方改革」
のおかげか、


無駄な残業はやめよう


出来る限り効率的に働いて自分の
時間を作り、プライベートも充実
させよう



という空気が出てきました。



またこんな記事(↓)を見つけた
のですが、一昔前なら総スカン
されたでしょうが、今なら受け
入れられそうな感じがします。

▼記事はこちら
郵便局がパンクしているようなので、
年賀状は控えさせて頂きます




電通の高橋まつりさんの事件、
ヤマト運輸などの物流業界の
値上げ、そして人手不足。
今までのような「長時間働き、
かつ休みも返上するのがスゴイ」
的な空気がダサいと感じる社会
になってきた
のは個人的には
とてもうれしいです。






仕事とプライベートのオンオフ
もなく、さらに人間関係までも
公私の境界線があいまいなのが
良い、つまり社内の人同士で
仲良くなるのは会社のためで、
もっと言えば社内恋愛から社内
結婚まですればもっと良い、と
いうような狭い世界観で生きて
いても、これからの時代では
絶対ロクなことが無いと思う
のです。


ネットが当たり前の時代で、
銀行への振り込みだってネット
で出来るし、株や投資信託も
ネットで購入できる。本だって
電子書籍で買えてしまう。
そんな時代に「働く場所(会社)
だけはできるだけ狭い世界に」

と言うほうが無理があるのです。


若い人たちに対してよくゆとり
世代
だ、さとり世代だとやや
下に見るような言い方でレッテル
を貼ることが多いですが、どちら
かといえばメリハリのある働き方
をしているのはこの世代
であって、
休み返上で働くのが素晴らしい、
長時間働くのが社会人だ、なんて
いうことを言っている世代のほうが
メリハリがなく、視野(世界)が
狭くなりがちだと思うのです。
ゆとり世代と言われる世代の方が
会社とうまく距離を取ってやって
いる感じがしてなりません。



それならゆとり世代を見習って、
休む時はしっかりと休み、働く
時はしっかり働く(←決して
長時間働くという意味ではない)、
というスタイルのほうがよほど
視野も広がりそうですし(これも
時間の使い方によるので個人差が
だいぶできそうですが)、精神
衛生上も良いのではないかと
思うのです。






そういうわけで年末年始も営業
されているお店や企業の皆さん、
多くの人が休んでいる中、仕事
をされているのはとても助かる
面もあるのですが、もうそろそろ
年末年始はもっと休んでもいい
のではないでしょうか?
コンビニ
だって全店年中無休でやらなく
たっていいんじゃないですか?


そして35歳以上の世代の皆さん、
もし働き方改革などで時間が
できたとしても、その空いた
時間で会社の人と飲んだり行動
したりするの、やめましょうよ。

せっかく時間ができたのなら、
会社から離れて自分の時間を
楽しんだり、会社以外の人や
会社以外の世界を楽しんだ方が
よほど意味があるというものだ
と思います。




posted by ごくう at 01:06 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする