2017年09月03日

良い記事:南キャン山里に聞く「不毛な嫉妬」の本質 自己肯定が嫉妬を成長に変える




人間誰しも「嫉妬」の感情という
ものがあります。この「嫉妬」、
最初は他人との比較から始まり、
それから「嫉妬」になっていく
ものなのだと思いますが、この
「嫉妬」を自分の人生にうまく
使うか、それとも悪い方に使う
かでだいぶその後の人生が変
わっていくようにも思います。



こちらの記事は南海キャンディーズ
の山里さんのことが書かれて
いますが、「嫉妬」に対する
考え方、自己肯定感の捉え方など、
とてもためになる記事だと
思いました。どうせ湧いて
くる「嫉妬」の感情なら
うまく使っていきたいですね。
「真の生きる力」がつく何度も
読み返したくなる良い記事です。





------------------------------------

嫉妬で潰れてしまう人と、嫉妬で
伸びる人がいる。南海キャンディーズ
の山里亮太さんは後者だ。相方、
芸人仲間、ときにはイケメン俳優
にも「嫉妬」する一方で、「生まれ
変わってもこのままの自分がいい」

と強い自己肯定感がある。なぜ山里
さんは嫉妬の感情をプラスに変え
られるのか――。


お笑いコンビ、南海キャンディーズ
の山里亮太さんは、自身を「嫉妬
マン」と呼んでいる。「M-1グラン
プリ2004」で初出場ながら準決勝
まで勝ち進んだあと、世間が注目
したのは相方の「しずちゃん」
(山崎静代さん)だった。
そのとき、山里さんは「しずちゃん
の人気に嫉妬するキモい男」という
キャラクターになりきった。

その後の活躍ぶりは説明不要だろう。
慶應義塾大学特任准教授の若新
雄純さんは、テレビ番組で共演した際、
「嫉妬と自己肯定」をうまく使いこ
なす山里さんの様子に強い関心を
もったという。
連載「マネジメント
からの逃走」、今回は特別版として
山里亮太さんと若新雄純さんの対談
をお届けします。・・・・・・・


引用:プレジデント・オンライン
http://president.jp/articles/-/22980
-------------------------------------



posted by ごくう at 15:06 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月15日

普段当たり前にやっていることにはルーツがある。自分のルーツを知ることはとても大切なこと。




今日は終戦の日です。

終戦の日だから、というわけでは
ありませんが、今回は


【自分のルーツ】


について書きたいと思います。

ルーツといっても自分は中国系とか
韓国系とかそういうことではなくて、


現在の自分の性格を作っているルーツ


のことです。


私は最近いろいろな機会があり、
この自分のルーツを強く意識する
ようになってきました。(40代にも
なって今更かもしれませんけど。)


ここでは自分のルーツ、つまり


・今の自分の思考回路(と思われる)下地
・今の自分があるベース



について書きたいと思います。
私を例に書きますが、もうこれは
幼稚園の頃からさかのぼります。





まず自分が幼稚園の時の先生
(女性)なのですが、今思えば
とても優秀でバイタリティ溢れる
先生でした。というのもこの先生
はいまだに幼稚園で仕事をして
おり、今は園長をしています。


数多くの若い女性の幼稚園の
先生が入っては消え、入って
は消えという業界で(まあ
結婚して辞めるというパターン
がほとんどですが)、いまだに
しぶとく(笑)残って現役でいら
れるそのバイタリティは、やはり
私が幼稚園の頃からありました。



なので自分の先生はちょっと
した対応が他の先生と比べても
明らかに秀でたものが多く、
幼稚園の私でも「自分の先生
はちょっと他の先生とは違うな
(いい意味で)。」
と思った
ものです。





そして次に小学校の時の話。
私が小学校4、5年生だった
時の先生は、これまたバイタ
リティ溢れる先生でした。
この先生はクラスの子全員に
朝からグラウンド5週(約2km)
を課し、その後朝の計算ドリル、
そして朝の合唱ということを
やらせたのですが、こんなこと
やっていたのは当時の学校では
この先生だけ
です。


またこの先生は毎日学級通信
を手で書き、生徒と親に情報を
発信もしていました。これも
小学校でこんなことする先生は
他におらず、毎日学級通信を
発行していたのは自分の担任
だけだったと記憶しています。


その後この先生は教頭か校長
までなったのですが、それを
聞いた時は「そりゃそうだろ」
と思ったものです。だって小学
4年、5年生の私の目から見ても
明らかに色々な面で他の先生とは
違っていましたから(これもまた
良い意味で)。





このような感じで過去の自分
に関わっていた先生や親、友人
が、実は今の自分の思考の根幹
を作っている
、ということは
案外あると思います。


私の場合、色々な先生の中でも
先に挙げた2人の先生のことが
強く印象に残っていて、そして
これがいつの間にか今の自分に
強く影響している。例えば自分
で言うのも何ですがバイタリティ
溢れる行動はこれらの先生から
来ているのだとやっと気付きま
した。


過去に関わった人で尊敬している、
いないに関わらず、


自分はどんな空気を吸ってきたか


を自覚することはとても大事な
気がします。もし今のあなたが


・何となく会社の社風に合わない

・仕事が向いてないように思う

・夫婦関係や親子関係がギクシャク
 している


などがあるとすれば、案外自分の
過去から影響を受けているのかも
しれません。


普段自分が当たり前にやっている
ことは、実は自分を作ってきた
ルーツから来ている。普段当たり前
にやってしまっているがゆえについ
忘れがち
ですが、もっとこのこと
を自覚して生きていく方が良いの
かもしれませんね。





posted by ごくう at 23:57 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月17日

良い記事:あえて退屈させて創造力を育ませよう!暇な時間が子どもには大切な理由3つ




「暇」というと何だか悪い印象を
感じる現代。子供も大人も「暇」
を敵視しすぎてはいませんか?

私は思うことがあります。


私は中学2年の長女と小学4年の
次女を見ていると


なんだか忙しいよな


と思ってしまいます。
まあ私は田舎育ちなので、横浜の
ような都会の子は田舎の感覚から
すると忙しいように見えるのかも
しれません。


というのも、私が小学生の時は
ファミコンはありましたがネット
もなく、テレビのチャンネルも今
の半分も無い時代。もちろん携帯
もスマホもありません。そんな
時代は「基本的に小学生は暇が
デフォルト」
なのです。





しかし今の子はネットがあるので
YouTubeは普通に見ますし、ネット
でスクイーズの検索なんか普通に
してますし、3DSでゲームもするし
ハードディスクに自分で録画した
テレビの番組も見ますし、友達とも
遊び、その上ベネッセ(進研ゼミ)
のタブレットで勉強もします。


小学4年生でもこんなもんです。


ちょっと忙しすぎなのではない
でしょうか?


さらに中2の長女は週6で部活
に行き、おまけに週2回塾にも
行っています。


田舎育ちの私は


子供ってもっと暇でいいんじゃ?


と思ってしまうのです。

子供のうちに暇だからこそ得ら
れるものってあると思うのです。
確か関根勤さんもそんなことを
言っていたような気がします。
暇は想像力を育てますからね。


もっと暇になって「生きる力」
をつけよう!
という見方もあって
いいと思うのですが、今の世の
雰囲気ですと「暇だと生きる力
なんか育たない」
という感じ
ですね。大人も子供ももっと
暇を大事に!と個人的には
思います。




----------------------------------
私たち親はつい、子どもの興味を
そそるおもちゃや本、遊びを探しては
子どもに与えようとします。


「クリエイティブな才能が開花する
かも」「少しは大人しくしてくれる
かな」と、いろいろな期待をして
しまいますが、実は何もすることが
ない時間こそ、子どもには大切だと
いうのです。
ですが、お稽古事で
忙しい最近の子どもたちには、何も
しない時間、暇な時間が少なくなって
きています。


そこで今回は、『WooRis』の過去記事
や海外情報サイト『theAsianparent』
を参考に、“暇な時間が子どもに
とって大切な理由”3つをご紹介
します。・・・・・


引用:ウーリス(WooRis)
http://sgk.me/2vaiGSn
----------------------------------

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

退屈は素敵 [ 友部正人 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/7/17時点)



posted by ごくう at 23:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月09日

とても良い記事:「同じ会社に長く」を重視するのは間違いだ こだわるべきは「一貫したキャリア」




まずは記事より。


------------------------------------

・・・・・・(途中から)


「一貫性」と「実績」が大事


なお、その際に重要なのは、何も「ひとつの
会社で長年勤務をする」ことが大事なのでは
なく、「ひとつのゴールに向かって一貫した
キャリアを築く」
ことです。


私自身も何度か転職をしており、そのたびに
会社というハコは変わっていますが、目指す
ゴールがぶれたことはありません。
したがって
キャリア上のストーリーには一貫性があると
思っています。さらに言うと、それぞれ所属
した組織で圧倒的な結果を出してきている
つもりです。


ストーリーに一貫性がありなおかつ実績が
あるからこそ、経験やスキルにも重みが
出て、周りからの信頼が生まれますし、
転職回数もネガティブではなくプラス要素
として考えられるのです。



反対にストーリーに一貫性がなく、大した
実績もなく単に転職回数が多いだけでは
やはりその事実だけでネガティブにとらえ
られてしまう可能性も高まる
でしょう。


冒頭で申し上げたとおり、何歳になっても
やりたい仕事を求めることは本来推奨される
べき行為です。しかしながら、転職理由は
「逃げ」ではなく、前向きな理由での転職
や探求であるべき
なのです。


ですから竹下さんも将来なりたい姿を漠然
とした形ではなく、もっと具体的なスキルや
経験レベルにまで落とし込んだ形のイメージ
を持ち、それをもって今現在ご自身がやる
べきことの優先順位をつけられては
いかが
でしょうか。・・・・(続く)


引用:東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/175614
------------------------------------





私も40を過ぎて転職を考えているので
この記事はとても「ドキッ」としま
した。もしかすると「ドキッ」より
「グサッ」のほうが近いかもしれま
せん。


最近よく転職サイトを見るのですが、
どうしても年齢が年齢なせいか、
自分のキャリアに一貫性を、自分
のやりたいことを、というよりも


・年収はいくらなのか
(これは家族持ちの人間としては
どうしてもこうなりがち)


・転職してどこまでやっていけ
そうなのか
(「やりたいこと」というより
「やれそうなこと」になってる?)

・勤務時間や休日は今より良く
なるのか、悪くなるのか
(これはあくまで労働条件に
すぎません)


という視点で企業を選択しがち
なのです。


しかし転職とは、自分のキャリアに
一貫性があって、前向きに、自分も
成長できそうで、かつ相手の企業にも
貢献度合いが高そうでないと、仮に
入社できたとしてもうまくいかない
気がします。


まずは自分のキャリアと転職先に
一貫性があるか、そして転職して
何をしたいのか、その先の人生を
どうやっていきたいのかを明確に
しないといけないのですね。


そう考えると、私が転職を考えて
いるのは果たして正しいのか?
転職せずに、今の会社でそのまま
やっていったほうがいいのでは?
という見方もあります。


こちらの記事の方はまだ30代の
ようですが、30代でも40代でも
転職は慎重に、かつ熟考してい
かないといけない
ようです。





posted by ごくう at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月02日

良い記事:日本流「過剰サービス」は誰も幸せにしない 「カネを取れないサービス」は本当に必要か




久しぶりにブログ更新。

以前このブログで


「安い・早い・便利が正しい時代」
がやっと終わった

http://bit.ly/2sAUNRs


ということで、ヤマト運輸のことに
ついて書きましたが、やっぱり
過剰サービスや無料サービスが
当たり前、というのはおかしい

と思うのです。


確かに家で手軽にネット通販で
モノを買えるのはとてもありが
たいです。わざわざ買いに行か
なくてもいいので、都心なら
車が無くても生活に困りませんし、
何よりラクですし。私なんかは
SDカードやゲームや本、デジカメ
からサプリメントなどは殆ど
通販ですし。


でも、普通のサービスなら問題
ないのでしょうが、「過剰サービス」
というのが問題
だと思うのです。


ヤマトや佐川の無料再配達や、
セブンイレブンで500円位買えば
家まで持ってきてくれる(この
サービスは地域による)など、
ちょっとやり過ぎではないで
しょうか。





こんな「どう考えても無理が
あるサービス」は完全に「過剰
サービス」なわけで、それで
サービス残業やら過労死やらに
繋がるのであれば、もうそんな
サービスは辞めようよ、という
ことにやっとなってきた
のです。


ほどほどのサービスでみんな
幸せに。それで十分だと思い
ます。もしたっぷりサービスを
望むならそれなりにお金を
払わないとおかしいのです。


----------------------------------

「不在にしていても、何度でも無料で
宅配便を届けてくれる」
「ガソリンスタンドに入ると数人が
駆け寄ってきて窓ガラスを拭いてくれる」

当たり前になってしまったサービスだが、
空前の人手不足の中で、このような「過剰
サービス」はどこまで持続するのだろうか。
そもそも、本当にこのようなサービスは
必要なのだろうか。

経済学者である伊藤元重氏は著書『伊藤
元重が警告する日本の未来』で、「年に
3%ずつ生産性を向上させられない企業は
淘汰の時代を迎える」
と指摘する。
どういうことか、解説してもらった。





日本の生産性は先進国中で最下位


自分自身の働き方を振り返って、「長時間、
仕事をしているが、あまり効率はよくない」
と感じている人は案外多いかもしれません。

実際、OECD(経済協力開発機構)による
労働時間の調査では、日本は38カ国中
22位で、38位のドイツの人々よりも
平均で25%長く働いているという結果が
出ています。

OECDのデータに基づいて日本生産性本部
が発表している労働生産性の国際比較
で見ると、日本は1人当たりでも1時間
当たりでも加盟34カ国中の21位です。
これは主要先進7カ国中で最下位です。

こうしたデータからも、「睡眠時間を
削りながら長時間働いているが、生産性
はあまり高くない」という日本人ビジネ
スパーソンの姿が浮かんできます。
いったいなぜ、そんなことになっている
のでしょうか。・・・・


引用:東洋経済オンライン
http://bit.ly/2tezfw0
----------------------------------

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伊藤元重が警告する日本の未来 [ 伊藤 元重 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/7/2時点)



posted by ごくう at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする