2020年01月12日

iFreeNEXT「NASDAQ100インデックス」とiFreeレバレッジ「NASDAQ100」




毎年パシフィコ横浜開催される
楽天証券新春講演会に今年も
行ってきました。


竹中平蔵氏を始め著名人の話が
無料で聞ける上、協賛会社の
資料等がとても参考になるので
毎年楽しみにしているイベント。


さてここでとても気になったのが
大和投資信託のブースで言われて
いた、

iFreeレバレッジ「NASDAQ100」

を使って投資する「ツミレバ」
投資法。簡単に言うと成長性の
あるところにレバレッジをかけ
つつ長期投資を行うという方法
です。


私は最近ほぼインデックス投資
専門に近いのですが、この方法は
一考の価値がある
と感じました。


というのも最近は楽天証券や
SBI証券で投信の購入手数料が
無料化されつつあり、気になる
手数料がかからくなった!

これは積立投資には大きいです。


そして2倍程度のレバレッジ
ならNASDAQ100ならそれほど
大きなリスクにならないんじゃ
ないかと(あくまで長期投資
前提ですが)。





私はこれまで「さわかみ投信」
やら「ベトナムETF」やらで
長期投資をやってきましたが、
結局勝ちやすいんです。
もう辞めてしまった「さわかみ」
ですがリーマンショックの時
ですらわずかですがプラスに
なってました、
これは長期投資
によるドルコスト平均法が
効いていたからに他なりません。


NASDAQにしろS&P500にしろ
ここしばらくは上がり過ぎな
感じもありますが、長期で
見た場合はやっぱり米国株は
強い
と思いますので、2050年
頃の大きな勝ちをもくろんで
少しやってみようかと思って
います。
でもあくまでメインファンドは

・eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
・ニッセイ外国株式インデックス
 ファンド
・SPDRゴールドシェア


あたりですけどね。
レバレッジのないNASDAQ100
インデックス
も結構面白いと
思うんですけど、なぜかあまり
売れてないんですよねえ。




posted by ごくう at 23:38 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年01月05日

いい歳なのに人生・仕事・趣味に一貫性の無い人



10代や20代の若いうちなら人生の
模索期でもありますので、色々と
迷いがあったりして自分を見失い
がち。でも30代や40代になっても
まだ模索しているのか、それとも
模索が当たり前の人生になって
しまっているのか、
そういう人が
案外います。


こういう30代、40代の人は人生や
仕事に一貫性がありません。

過去の自分がこうだから今がこう、
そして未来はこうなっていきたい、
という一貫性がまるで無いのです。


これは仕事でも趣味でもすべて
同じ。「趣味が無い」と言える
ならまだマシですが、あれも
これもと手を出すわりにどれも
浅い感じ
で何をやっているのか
分からない。


仕事も同じで過去の自分がこう
いう仕事をしていたから今こう
いう仕事の状態で、今後はこう
していきたい、でもここが障害
になるからそれを乗り越える
ためにこういうスキルを身に
つけておきたい、というような
一貫性がまるで無いのです。




いい歳をして人生や仕事に繋がり
が無い人を見ていると、本当に
人生がつまらなそう
で、しかも
たちの悪いことに、あれこれ
手を出しているだけで自分は
楽しい!と錯覚している場合
すらあります。
(人生や仕事に一貫性があって
思いのままに生きている人は
逆に魅力的です。)



しかし深みが無いので楽しい!
も一時的。酔いが醒めると
自己嫌悪になってまた新しい
何かを探していく・・・、
このループを延々と繰り返して
しまう。この時間は一体何なの
でしょうか?



過去、今、未来に一貫性の無い
中年は表面的にしか物事を見て
おらず、
自分がこういうキャラ
だからこう、とか、自分はこう
したいからこう、という自己
理解が抜けてしまっているのだ
と思います。


自分の外に目を向けてばかり
いても内なる自分を見つける
ことは難しい
でしょう。
休みの日など、たまには過去、
今、未来の3つの視点から
自分を振り返ってみてみる
のもいいのかもしれません。




posted by ごくう at 11:42 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年01月04日

徹底してお金を投資に回し楽々1000万円超!そのためにやったこと10か条



徹底してお金を浮かし、浮いた
お金を投資に回す。なんでこんな
ことをやるのかと言えば単純に

---------------------
将来が極めて不安
---------------------


だからです。不安というより
日本は基本的に詰んでしまってる
国ですので、将来を少しでも気分
良く過ごしたいのなら今こうする
しかないのかと。


我が家は長女が高校に入ってから
妻が40過ぎにして契約社員になり
ましたが、それまでは月収5万程度
のパートでした。マンションも
持っています。私は都内の零細企業
の社員です。それでも我が家の
金融資産は1500万円を超えました。

そのカラクリをご紹介します。




【1】車は持たない

都内&都内近郊であれば車を持つ
必要はほぼ無いかと。今はネットが
ありますし、何なら潔くタクシーを
使いましょう。これで何百万という
単位でお金が浮きます。


【2】ふるさと納税&iDeCoを活用

言うまでもないかもしれませんが
国の制度はどんどん使いましょう。
ふるさと納税は最近返礼品が改悪
されていますが、それでもたった
2000円の出費で色々もらえる
ので
あれば全然良いというものです。
ちなみに「2000円の出費」と書き
ましたが楽天を使えばポイント還元
されますので出費どころかプラスに
なるケースもある
でしょう。


【3】格安スマホと格安SIMを使う

「3大キャリアでiPhone」、これが
固定費増の原因です。3大キャリア
ではアイスやドーナツ無料で釣って
きますが、よく考えればこんなの
当然です、だって月々にたっぷり
支払ってるのですから。

中高校生・大学生なら周りとの
調和も大事な年代ですのでiPhone
でも良いかと。あとアップル信者
でどうしてもiPhoneじゃないと!
というこだわりのある人もiPhone
でいいかと思います。

でもそれ以外の人でiPhoneを持つ
利点てありますか?
多くの人は
安価なアンドロイドで事足りると
思います。

またLINEモバイル等の格安SIMに
すれば固定費は半分以下になる
場合もあります。

スマホは現代人に必須アイテム。
必要経費はしょうがないとしても
ここを削る余地はあると思います。




【4】無駄な飲み会には行かない

人付き合いも大事ですが、ただ単に
飲んでいれば人脈ができていると
勘違いしやすい人脈など不要です!
飲んでできる信頼関係は誰かの悪口
がベースになっていることが多い
ですしね。そんな人間関係なら無い
ほうがマシです。

ただしお互いがプラスになるような
関係ができる飲み会には多いに参加
しましょう。でもこういう飲み会は
だいたい1次会で終わるものです。

20代の人ならともかく、30代以上で
優秀な人なら体調管理や時間管理が
うまいですから、ダラダラと飲む
なんてことはまずありません。


飲み会も1回5000円位かかります
よね。それだけの価値がある人と
飲んで時間を共有していいのか、

今一度冷静に考えてみる必要が
あります。


【5】服はGLADD(グラッド)で買う

ユニクロ・GUもいいですがデザイン
性の高いブランドも欲しいもの。
そこで手軽にブランド品をゲット
するためにGLADD(グラッド)
使いましょう。

GLADD(グラッド)では毎日セール
を行っています。ブランド品が驚く
ほど安く手に入ります。これを使わ
ない手はありません。


【6】サプリはiHerb(アイバーブ)

日本のサプリは品質の割に高いです。
サプリ先進国のアメリカで高品質な
ものを安く買いましょう。

そこでサプリはiHerb(アイバーブ)
ここで安く手に入れ健康にも気を
配りましょう。健康あってこその
人生ですから。




【7】メンタル系の資格を取る

現代の日本はメンタルがやられて
しまい休職・退職になるケースが
ごく普通にありえます。

日本人の同質性、年功序列的思考、
キャリア教育の不足などからメン
タルがやられやすいのだと私は
考えています。

私は産業カウンセラーメンタル
ヘルスマネジメント検定2種

取得していますが、このおかげで
うつ病にならずに済んでいるのだ
と自信を持って言えます。


半年休職したらその間の収入が
途絶えてしまうことも大きな
リスクですが、それよりも心配
なのは「その後の会社での出世」
以前と比べればマシになってきた
とはいえ、まだまだ日本の企業は
大手中小を問わず一度メンタル
不調になってしまった人に対して
出世の道を提示することを躊躇
するのが現実
です。企業もリスク
を負いたくないですからね。

出世しない=給料が上がらない。
少しでもその確率を減らしたい
のであれば、メンタルを強化する
ためにもメンタル系の資格取得を
オススメします。


【8】本業をおろそかにしない

お金を増やすためにはインカムを
増やし無駄な出費を減らす
、これ
だけです。

無駄を削ることも大事ですが肝心の
インカムを増やすことも忘れては
いけません。

現代の日本は転職が珍しくなく
なってきました。しかも今後も
さらに人手不足は深刻化するで
しょう。

とはいっても高い収入を得るため
には、やはり高いスキルを持って
いないとまず高収入は難しい

思われます。

将来独立や転職を考えているに
しろ、今の会社に残るにしろ、
自分のレベルを上げておくこと
が今後の収入に繋がります。

そのためには今ある仕事(本業)
をおろそかにしてはいけません。
たとえ今会社でくすぶっていた
としても、今の会社にいる間は
自己研鑽しながらでも本業に力
を入れていきましょう。

風向きが変わった時や独立転職
の時も役立つのは「本物の力」
です。




【9】新しい知識・行動に抵抗しない

今までにやったことがない、前例
がない、といったことを平気で
言い、新しいことを拒否しがちな
人でお金を持っているなと感じた
人を見たことがありません。

過去の栄光は所詮過去の栄光であり
未来はまた別のことが栄光になる
可能性があります。


過去の知識や経験が活きることは
あるでしょうが、それに固執せず
新しいことを受け入れる姿勢が
ないとあらゆるチャンスを逃し
ます。


【10】浮いたお金は継続して投資に回す

上記9つを実践していくと自然と
お金に余裕が生まれてくると思い
ます。

でもその浮いたお金をまた消費に
回してしまってはあまり意味が
ありません。浮いたお金は基本
投資に回していきましょう。

投資といってもいきなり個別株を
買う、などとはしないで、まずは
「つみたてNISA」にラインナップ
されているようなインデックス型
に投資していきましょう。

コツは【10】をしている間も
【1】〜【9】も忘れないように
するということです。

常に気を張っている必要はありま
せんが、【1】〜【9】を忘れて
しまうとお金が浮きにくくなって
しまいます。投資してそこそこ
お金ができてしまう(例:500万円
貯まった等)とついつい忘れて
しまいがちですが、いくらお金が
貯まったとしても【1】〜【9】を
疎かにしてしまうと、とたんに
資産が減少していきます。使う
のは簡単ですからね。




posted by ごくう at 13:16 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年01月03日

良い記事:「なんであいつは…」「どうして自分だけ…」。不公平だと感じたときに、よくよく自分に言い聞かせたいこと





本記事のタイトルにある通り、

「なんであいつは…」
「どうして自分だけ…」


と不公平だと感じることは誰しも
経験があると思います。


子供の頃、兄弟がいた人なら

何で兄(弟)は・・・

なんて思うことはザラでしょうし、
学校では

何であいつに人気があってオレ
には無いんだ・・・?


とか。


利害関係が生じる社会人になれば
もっと感じることが増えるかと
思います。これが人間の性という
ものなのかもしれません。


でも・・・・!


これに対してもっと冷静に自分を
振り返ってみようよ!
というのが
本記事の良いところです。


エピクテトスという人が言った、


---------------(引用)--------------
他人と同じことをしないでいながら
同じものを要求することはできない、
ということを記憶しておくがよい。
--------------------------------------



という真実は案外自分からは見えにくい
もの
です。




自分はそれほど気を配っていないのに
相手にぞんざいな扱いを受ける、これは
不当だ!と言ってみたところで「自分を
客観的に見れていますか?」
という視点
が欠けているとなると、誰も相手にして
くれなくなってしまいます。


不公平に感じたとしても実は自分も
そのような振舞いをしていたからだ、
という客観的な視点と、さらに実は
知らない間に利点も得ているでは
ないか、そこはどうなんだ?
という
視点は実に冷静だと思います。


不公平だと感じる人ほどこの古代
からの教えは大切かもしれません。


▼参考記事
「なんであいつは…」「どうして
自分だけ…」。
不公平だと感じたときに、よくよく
自分に言い聞かせたいこと





posted by ごくう at 00:30 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年01月01日

林修氏の名言「負ける人間の3つの共通点は『情報不足・慢心・思い込み』」は胸に刻んでおく大事なこと




以前テレビで林修氏が


『負ける人間の3つの共通点は
情報不足・慢心・思い込み』



ということを言っていました。
これは実に名言だと思います。
勉強、仕事、スポーツ等あらゆる
ことに当てはまる法則のような
ものだと私は思います。


▼参考記事
林修先生の名言『負ける人間の特徴は
情報不足と…』
【負ける3つの要因・失敗傾向・考え方】



世の中うまくいった人、成功した
人の話や本などは毎日のように
出ていますが、失敗した人の話は
意外と深堀されません。やっぱり
失敗した人の話なんて花が無い
からでしょうか、ウケが悪そうな
感じがして敬遠されがちなのかも
しれません。



しかし成功の裏には失敗があり、
成功者だっていきなり成功した
わけではないことがほとんどで
しょう。



成功する人と失敗する(失敗し
続ける)人の根本的な違い。
それがこの


情報不足・慢心・思い込み


から来るのだと思います。


例えばある世界的に有名な
投資家は、投資では勝とう
とするのではなく負けずに
投資の世界に残り続けること
が一番大事
だと言っています。
負け続けさえしなければ資金
があればいずれチャンスが
くる。それが投資の世界なの
かもしれません。


また話のスケールはだいぶ
小さくなりますが、転職して
みたものの「こんなはずじゃ
なかった」
という話を案外
よく聞きます。


もうこの会社(部署)はダメ
だと思って転職してはみた
ものの、上が変わったり世の
情勢が変わったりして事態が
好転し、前は部下(後輩)
だった人間がいつの間にか
上に行っていた、もしあの
タイミングで辞めなかったら
自分が上に行けたかもしれな
い。

このような話は飲み屋で何度も
聞いてきました。




こういう人は一言で言えば
タイミングが悪いのです。
タイミングが悪い=運が悪い
かと言えば一概にそうとは
言えない。なぜならこの
タイミングが悪いことこそ


情報不足・慢心・思い込み


から来ているパターンが多い
からなのです。


逆にうまくいっている人は
タイミングがすごくいい。

もちろん運という要素も
あるかもしれませんが、
単に運だけではなくその
タイミングをある程度狙って
いる感じがしてなりません。
これはやはり


情報がしっかりあって、
慢心せず、思い込みもない



からこそなのでしょう。


結局は思慮深く、注意深く
周りを観察し、色々な人の
話に耳を傾け、それでいて
情に流されたり良さそうな
情報に飛びついたりしない。

そういう人がうまくいって
いるのだと思います。
そしてそういう人はまわり
から見ると単に「運が良い
だけ」に見え、当の本人も
「運が良かっただけだよ」
なんて言うのですが、これは
絶対真に受けてはいけません、
だって謙遜しているだけ
ですから。



だから負ける人間にならない
ために、思慮深くじっくりと
冷静に物事を進めないとダメ
だということなんでしょうね。
この林修氏の名言はずっと
忘れないようにしたいと
思います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

林修の仕事原論 壁を破る37の方法 [ 林修 ]
価格:1408円(税込、送料無料) (2020/1/1時点)



posted by ごくう at 23:38 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする