2018年01月07日

気になった記事:格安スマホに切り替えられない残念サラリーマンは大損している!




まずはこちらの記事をどうぞ。


▼記事リンクはこちら
格安スマホに切り替えられない
残念サラリーマンは大損している!



格安スマホ。最近はとても安く
スマホを持てるようになって
きました。かくいう私も


・LINEモバイル

・ソフトバンク


の2台持ちですが、月々の費用は
LINEモバイルが月525円、ソフト
バンクが月800円程度。2台合わ
せても1300円台
ですね。


そして中学生と妻の子供のスマホ
もLINEモバイルで各1500円程度、
小学生の子供もソフトバンクで
月800円程度。


ということで我が家では家族4人
で私が2台持ちでも7000円以内
に収まってます。



まあソフトバンクの機種(本体)
自体が安いものを選んだというのと、
期間限定サービス(ガラケーから
スマホへの切替特典)があって
特別安いのでしょうが、この
ソフトバンクも安い期間が終了
したら家族全員LINEモバイルに
乗り換えるつもり
です。






でポイントは今回の記事にもある
通り、スマホ代を抑えて浮いた分
を投資に回そうよ、
ということ。


しかし保守的な人や情報を持って
いない人は「時間が無い」「どう
しても今までのキャリアがいい」

と格安スマホを拒むようですが、
格安スマホに切り替えて節約する
だけにとどまらず、その他のこと
に対しても同じようなスタンスで
取り組んでしまうような感じが
する
のです。


つまり「本当に必要で従来キャリア
でしかダメ」、「格安スマホだと
どうしても不都合が生じるからダメ」
というのではなく、「何となく」
とか「今までそうだったから」、
「格安スマホはイメージが悪いから
使いたくない」。そういったこと
だけで従来スマホを使っている、と
いうスタンスは、仕事でも人生でも
同じようなスタンスでやってしまう
のでは?
そこが問題だと思うのです。


このスタンスだと知らず知らずの
うちに大損している
可能性が高く、
しかもいつまで経ってもそのことに
気が付かない。気が付くチャンスが
あったとしてもスルー(反発)して
しまう。



これはかなり怖いことではないか
と思うです。



たかがスマホのキャリアが従来か
格安かの問題なのでは?と思える
かもしれませんが、ここの選択の
仕方が他のことにも大きく関連
している可能性が高い、と思うと
「ちょっと色々考えてみようかな」
と思いませんか?私はそう感じま
した。考えさせられる良い記事だ
と思いました。


▼記事はこちら
格安スマホに切り替えられない
残念サラリーマンは大損している!



▼関連記事
SIMフリースマホ&LINEモバイル
で低コストなスマホライフ





posted by ごくう at 15:43 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年12月31日

「年末年始はできるだけ休もう」という風潮が出てきたのはとても良いことだと思う




最近政府が主導する「働き方改革」
のおかげか、


無駄な残業はやめよう


出来る限り効率的に働いて自分の
時間を作り、プライベートも充実
させよう



という空気が出てきました。



またこんな記事(↓)を見つけた
のですが、一昔前なら総スカン
されたでしょうが、今なら受け
入れられそうな感じがします。

▼記事はこちら
郵便局がパンクしているようなので、
年賀状は控えさせて頂きます




電通の高橋まつりさんの事件、
ヤマト運輸などの物流業界の
値上げ、そして人手不足。
今までのような「長時間働き、
かつ休みも返上するのがスゴイ」
的な空気がダサいと感じる社会
になってきた
のは個人的には
とてもうれしいです。






仕事とプライベートのオンオフ
もなく、さらに人間関係までも
公私の境界線があいまいなのが
良い、つまり社内の人同士で
仲良くなるのは会社のためで、
もっと言えば社内恋愛から社内
結婚まですればもっと良い、と
いうような狭い世界観で生きて
いても、これからの時代では
絶対ロクなことが無いと思う
のです。


ネットが当たり前の時代で、
銀行への振り込みだってネット
で出来るし、株や投資信託も
ネットで購入できる。本だって
電子書籍で買えてしまう。
そんな時代に「働く場所(会社)
だけはできるだけ狭い世界に」

と言うほうが無理があるのです。


若い人たちに対してよくゆとり
世代
だ、さとり世代だとやや
下に見るような言い方でレッテル
を貼ることが多いですが、どちら
かといえばメリハリのある働き方
をしているのはこの世代
であって、
休み返上で働くのが素晴らしい、
長時間働くのが社会人だ、なんて
いうことを言っている世代のほうが
メリハリがなく、視野(世界)が
狭くなりがちだと思うのです。
ゆとり世代と言われる世代の方が
会社とうまく距離を取ってやって
いる感じがしてなりません。



それならゆとり世代を見習って、
休む時はしっかりと休み、働く
時はしっかり働く(←決して
長時間働くという意味ではない)、
というスタイルのほうがよほど
視野も広がりそうですし(これも
時間の使い方によるので個人差が
だいぶできそうですが)、精神
衛生上も良いのではないかと
思うのです。






そういうわけで年末年始も営業
されているお店や企業の皆さん、
多くの人が休んでいる中、仕事
をされているのはとても助かる
面もあるのですが、もうそろそろ
年末年始はもっと休んでもいい
のではないでしょうか?
コンビニ
だって全店年中無休でやらなく
たっていいんじゃないですか?


そして35歳以上の世代の皆さん、
もし働き方改革などで時間が
できたとしても、その空いた
時間で会社の人と飲んだり行動
したりするの、やめましょうよ。

せっかく時間ができたのなら、
会社から離れて自分の時間を
楽しんだり、会社以外の人や
会社以外の世界を楽しんだ方が
よほど意味があるというものだ
と思います。




posted by ごくう at 01:06 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年11月25日

仕事がはかどっているのはDHA・EPAサプリのおかげ



35歳を過ぎたころから明らかに
頭の回転が悪くなった、記憶力
も落ちたと自覚のある私。


言葉が出てこない、あの人の
名前なんだったけ?、
なんて
しょっちゅう。このまま年を
とっていくのが何だか心配。


そう思って数年が経ち、40を
過ぎた頃からぼちぼち本格的
に脳の対策をしないとな、

思い、DHA・EPAサプリを
飲み始めました。






飲み始めて数週間経ったころ、
私の仕事は事務系で結構記憶
を要求されるのですが、以前
と比べて何だかいろいろ覚えて
いる(その日にあったことを
よく覚えている)
ことに気付き
ました。


私は社会や理科などの長期的な
記憶は得意なのですが、日々
の短期的な記憶はまったくダメ
なタイプ。でも仕事では短期
の記憶もそこそこ要求される
ので、結構ストレスになって
いました。


しかし!DHA・EPAサプリを
飲んでからというもの、
いろいろ覚えているのです!
覚えているおかげで仕事が
はかどる、はかどる!
頭の回転も明らかに速く
なった気がする!



ということで短期的な記憶
を要求される仕事をされて
いる方、勉強に励んでいる
学生の方、年齢的に記憶が
心配な方にぜひDHA・EPA
サプリをオススメします。

これで仕事がはかどったり
成績が上がったりしたら
儲けもんですよね♪




▼こちらがオススメ!


posted by ごくう at 23:24 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年11月14日

とても良い記事:心が強い人は「無理なやる気」を手放している



やる気がある、やる気がない、と
よく言いますが、「やる気を出す」
とは一体どうすればいいのでしょう?


私は「やる気を出すぞ!」と思って
しまっている時点で「やる気なんか
あるわけない」と思ってしまう

いう、極めて冷静な人間なのですが、
この記事を読んだら少し安心しま
した(笑)。
やる気がある、ない
に関わらず定期的に読みたい良い
記事
です。






-------------------------------------


(途中省略)


「やる気の出し方」のコツは、シンプルです。


1. 感情のないニュートラルな心で、ていねいに
  作業する
2.「快」のある方向性を確認する
3. 喜びの感情をもっと積極的に感じるようにする



この3つを実践すると、やる気が上がって、
効率は大幅に向上、“人生全体の生産性”
も格段に上がります。
具体的に説明しましょう。


「感覚に帰る」ことが成果を上げるカギ


「ニュートラル」とは、「快でも不快でもない
(感情のない)精神状態」
のことです。
(詳しくは前回記事でも紹介しています)


「感情のない心の状態」が大事なのは、
「心の消耗(ロス)」を防ぐため。そもそも、
心がムダな反応を繰り返していたら、楽しさは
湧いてこないし、自分らしさも能力も発揮でき
ませんよね。


仕事や学び、プライベートでも、実は「ニュー
トラル」な精神状態が出発点になります。
そしてこれが、何よりも重要です。


ニュートラルな状態になるには「体の感覚を
意識する」こと。
雨の日は鼻先で「空気の潤い」
を感じる。夏の日は暑さや室内の冷気を肌で
感じる練習をします。






「感覚」がカギとなって、気分(感情)が
リセットされ、作業に集中できる状態に
なります。自分がめざす目標の達成も
可能になります。「心をニュートラルに
保つ習慣こそが、頑張る人の基本」
だと
いうことです。


仕事でも同じです。そこで、楽しく働き
最高の成果を上げるために「ニュートラル
に仕事を始める」こんなプチ修行をやって
みましょう――。


(途中省略)


意外かもしれませんが「さぁ頑張るぞ!」
「やらなければ!」ではないのです。

手のひら・指先を意識して、「ニュートラル
な心で、ちょっと緻密に」始めるのが、コツ
なのです。


この「ニュートラルに、ていねいに」は、
いろいろな可能性を持っています。気分転換、
リラックス、ストレス解消、趣味を楽しむ、
仕事に集中する――どれも、マイナスの感情
や妄想(つまり雑念)があったら、うまく
いきません。・・・・・


引用:東洋経済オンライン
http://bit.ly/2AFXMg6
-------------------------------------






やっぱり「やる気」って勢いドンドン
だけじゃないな、とつくづく思いました。
勢いドンドンだけの人はどこかで必ず
息切れしてしまう(それも結構早い段階
で)のです。



それよりもコツコツ、そして確実にやって
いく人というのは、どこか冷静であって、
でも冷めてもいない、というそんな感じ
がします。
それはこの記事にもありました
が、


「快ある方向性を見すえつつ、目の前の
作業にニュートラルに集中する」

(引用:http://bit.ly/2hqIHY3


という感じだからでしょうか、やはり心
の使い方がうまいなと思います。


やる気は瞬発的には誰でも出せますが
継続して出すにはやり方がある。
そんなことを学べた気がしました。




posted by ごくう at 23:58 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年11月11日

46歳人口株価連動説


「根本的に景気動向は人の消費行動に
左右される。人生のうちで一番お金を
使う年代は46歳前後であり、全人口の
うちで46歳人口が最も多くなる時期に
景気は最も良くなる



引用:投信1
http://bit.ly/2yQOx00



このような説を上のサイトで
見つけました。


現在日米ともに株価は絶好調。
特に日本の株価は本当に上がって
きており、まだまだ上がる、日経
平均は3万円くらいまではいくん
じゃないか、
という説もチラホラ。






実際はどうなるかは分かりませんが、
個人的にはどうもこの株価の上昇と
実態経済がリンクしていない
ような
気がしていて不思議でした。
(例えば日産や神戸製鋼や東芝の
問題なんかがあるのに何で?って
ことです。)


しかし上記記事にある、


---------(引用)-------------

その国の株価指数は46歳人口動態と
ピタリと一致する

---------(引用)-------------



ということであれば納得です。
いくら国を代表するような企業が
不祥事を起こそうが、株価的には
たいして関係ないという面がある
のかもしれません。


それにしても、いくら46歳人口
株価連動説があろうとも、
北朝鮮の問題、中国や日本の債務
問題、ビットコインが明らかに
バブル状態、等を踏まえると、
そろそろ冬支度の準備は必要か
とも思います。


引用:投信1
http://bit.ly/2yQOx00





posted by ごくう at 17:43 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする