2017年04月01日

周りからインセンが感じられないと、人は自らインセンを与えるようになるのだと思う




私の勤務する会社の話ですが、
長年勤めているとどうしても
不祥事を起こして懲戒なり
解雇なりのペナルティを喰ら
う人が出てしまいます。


このような人たちを見ている
と、一見すると悪事を働いた
ので当人が悪いと思われがち
なのですが、元々はそんな
不真面目なことをしそうも
なく、むしろ人一倍仕事を
してきた人もいるのです。



ではどうしてそのようになって
しまったのでしょうか?


自分に甘くなった、自己管理が
できない人だから、などという
「自己責任」という面ももちろん
あるでしょうが、しかしよく
考えてみると、我が社には仕事上
でインセンティブらしいインセン
ティブ(以下インセン)がほぼ
無い
のです。


その結果、どんなに成果を出
したとしても、それほど褒めら
れたり給料が上がったりする、
昇格する、ということはほぼ
ありません。その代わりに
それほど成果が出なくても、
給料が大きく下がったりする
こともありません。


つまり給料体系はほぼ年功序列
のようなシステムとなっていて、
その体制に加えて何らかの成果
を出してもたいして評価が付く
わけでもなく、また皆の前で
褒められたりするわけでもない
ので、仕事としてはそれほど
面白味のあると感じる部分は
少ない
のが本音なのです。





とまあ何だか飲み屋での
愚痴のような内容を書いて
しまいました
が、仕事に
限らずどんなことでも
ある程度のインセンが無いと、
人は自ら動くことを辞め、
そして次第に思考停止し、
さらにはペナルティを
喰らうようなことにまで
手を染めてしまうことも
ある、ということです。


どうしてそうなるのか?


私なりに考えたのは、
褒められり評価されたり
給料がUPしたりと、周り
からインセンを感じられ
ない(得られない)と、
人は自らインセンを与える
ようになるのではないか、

ということです。


よく「自分にご褒美」と
いいますが、まさにこの
ことです。


自分では一生懸命やった、
もしくはそれなりの成果を
出した、と感じているのに
誰も何も言ってくれない、
誰も評価してくれない、
ということが続くと、自分
自身を守るために自ら
ご褒美(インセン)を
与えるようになる。
そしてこれがしばらく続き、
それでも評価がもらえない
となると、


「ちょっとくらい、いいか!」


となってしまい、いつしか
それが常態化し、善悪の
境界線があいまいになって
くる。こうしていつの間にか
悪事をしてしまい、気付いた
時にはペナルティを喰らう
ことまでしてしまっている

のだと思います。





なんでこんなことを思い
ついたかというと、最近
スマホアプリで「ホウセキ
の樹」
というのにハマって
いて、このゲームはいわゆる
インフレ放置ゲームなのです
が、このゲームをついつい
やってしまうのは、ゲーム内
でインフレ的にインセンが
発生して、それがとても
面白いから(やりがいがある
から)なんです。


結局人間はインフレでも
なんでもインセンがあれば
自然とやる気が出るんだな。



シンプルにそう思いました。


どんなに綺麗ごとを言っても、
やったことに対してのイン
センが無いとやる気なんて
出ない。
もしインセンが出な
い状態が続くと、腐っていく
か、もしくは自らインセンを
与えていかないとやっていけ
ない。
この「自らインセン」
が正しいうちならまだいい
が、それもいずれ「正しい
インセン」だけでは満足し
なくなっていく。



この「ホウセキの樹」という
アプリでそれを身に染みて
感じたというわけです。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


仕事でも勉強でも人間関係
でも(ゲームでも)、適度な
インセンを互いに与えて
いってこそ(インセンを互い
に感じてこそ)いい関係で
長続きする。
逆にこれが無い
と長続きしないだけでなく
人間として腐っていく可能性
すらある。いかに適度なイン
センが大事か。
40を過ぎて
今更ですが、つくづく思い
しらされた今日この頃です。




posted by ごくう at 19:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月05日

「現実的なことを言う人は信頼できることが多い」という話



もう10年以上前になりますが
私は以前小売業で家電を販売
していたことがありました。
そこでレンジの接客をして
いた時の話です。


レンジを買いに来るお客さんで
30〜40代くらいは、今でいう
スチームオーブンレンジの
ような、そこそこいいレベルの
レンジを買いに来るお客さんが
多いです。


でも実際に話を聞いていくと、
スチームオーブンレンジを買い
に来たけどオーブン機能なんて
使ったことがない、レンジなんて
ほとんど温めるだけしか使わない、

なんて感じで


「本当にスチームオーブンレンジ
を使うのかな?」


ということもよくあるのです。


こういう時に私は


「もしそのような感じでお使い
でしたら、もっとお手軽なもの
(安くて機能が少ないもの)も
ございますけど?」



なんて言うのですが、そうすると
たいていのお客さんは手軽なもの
(安いもの)ではなく、スチーム
オーブンレンジのような高機能
なものを買っていくのです。
これは何故でしょうか?





最初私は「高いものを買いに来た
のに店員に安いものを勧められた。
ちょっと悔しいから高いのを買って
やろう!」的な、見栄のような
気持ちから買っていくのかな?とも
思いました。


中にはそのような人もいるで
しょうが、実際は


「店員は自分の普段の使い方を
踏まえて現実的な手軽なものを
勧めてくれた。が、それほど
金額が変わるものでもないし、
せっかくだからいい方を買って
おくか。店員も信頼できそうだし。」



ということなんじゃないか、と
今は思っています。


というのも、客の普段のレンジ
の使い方を聴くわけでもなく、
はじめから高いレンジを勧めて
くる販売員だとしたらその人は
まず信用されないでしょう。

しかし私はまずは普段どんな
使い方をするか聞いて、それで
現実的なものを勧めた。
これなら大丈夫だから、ここで
買おうかとなると思うのです。





実はこのことに気が付いたのは
私がマンションを購入する時
でした。


私がマンションを買おうと
していた時は30歳。そして
マンションの担当者はほぼ
同世代の人でした。


銀行の審査も通り、いよいよ
あと少しのステップで契約に
入るぞ、という時に担当者は
私にこう言ってきたのです。


「〇〇(私)さん、マンション
買って本当にいいんですか?
まあ、私は契約が取れるから
いいんですけど。〇〇さん、
今ならまだ契約取り消しも
できますよ?」



私はこう言われたとき、少し
びっくりして


「どうしてそんなこと言うん
ですか?」


と聞くと、


「〇〇さんの実家は長野です
よね。ここ(横浜)で住むのは
いいですけど、ご両親が年老い
たらどうするんですか?長野に
戻るとなったらせっかく買った
マンションも売ることになる
かもしれませんよ。あと、今は
転勤なしの会社にお勤めのよう
ですど、今後どうなるかなんて
分からないですよね。それでも
本当にマンションを買っても
いいんですか?」


と言うのです。


私はこの人なら大丈夫だと感じ、
マンション購入の契約をしました。





社会人の方なら、このような人は
「やる気がない。売る気がない。」
と見る人もいるでしょう。しかし
レンジでもマンションでも、相手の
ことを本当にきちんと考えていれば
(見ていれば)、かなり現実的な
ことを言ってくるのが普通
だと思う
のです。


ですが相手のことなんて考えず、
単に売上を上げよう、契約を取ろう
とするだけの人は、やたらと良い
言葉(美辞麗句)を言っては現実的
なことを避けようとします。





こういう対応をしていると自然と
相手に伝わり、


「なんとなく信用できない」

「なにか胡散臭い」



と思われてしまい、売りを逃して
しまうのです。


自分に自信があり、商品にも自信
があれば美辞麗句でごまかそうとは
なりません。
そして経験的に現実的
なところもきちんと開示できるもの
です。


このようなウソの無い姿勢が相手に
安心感を与えて「よし、買おうか」
となるのだと思います。これは
販売などの話だけではなく、人間に
おいても同じことが言えるのでは
ないでしょうか。現実的なことを
言う人は信頼でき、美辞麗句が
多い人は信頼できない。
そういう
ことだと思います。




posted by ごくう at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月13日

正しい他者視点と悪い他者視点


最近仕事をしていて
「正しい他者視点を持つ」
ことが本当に大事なんだ
と思うことがありました。


こんなことを書くと、


「正しい他者視点」って?

「正しい」って何だ?


と思われると思います。


どんな仕事でも人間関係
でも、他者視点なくして
良い関係は築けない
と私
は思います。また多くの
人がそう感じているので
はと考えています。





しかしこの他者視点、よく
よく考えると2つに分ける
ことができる
のではないか

と思いました。


一つはコミュ力があるベース
の「他者視点」。そして
もう一つはコミュ障ベース
の「他者視点」です。


コミュ力があるベース
「他者視点」は、多くの
人から賛同が得やすく、
また話を聞いていて引き
込まれるものがあります。
自分の視点も他者の視点
も違うことが前提
で、どう
刷り合わせをするか、その
視点から見ているので多少
食い違ってもすぐ正しい
方向に修正することが
出来ます。


しかしコミュ障ベース
「他者視点」は、ひとり
よがりのものが多く、人
から賛同を得られない
ばかりか、嫌悪感すら感じ
させます。どうしてこう
なってしまうかというと、
自分の視点と他人の視点
は違うのだという前提が
まるっきり無いから
なの
かもしれません。


そしてなによりコミュ障
ベースの「他者視点」の
嫌な部分は、実質「他者
視点なんか無い」
のに、
自分の足りないところは
他人が補ってくれて当然、
という姿勢の所です。



これではもはや「他者視点
がある」とは言えないのか
もしれません。コミュ障
ベース
の「他者視点」を
求める人は、単に自分の
欠けている部分をうまく
補完してもらうことに
依存している
のかもしれ
ません。





私は社会人になって20年
近く経ちますが、大企業
の偉い人ほど正しい他者
視点、つまりコミュ力が
ある他者視点
を持っている
感じがします。一方で
零細企業の社長みたいな
人ほど、コミュ障ベース
の他者視点
になっている
ような気がします。
(もちろん一概には言え
ませんが。)


これはおそらく大企業だと
多くの人に揉まれている
ので、自然とコミュ力が
上がり、さらにその上で
他者視点が形成されるから
だと思います。


しかし零細企業のような
ところだと、どうしても
普段付き合う人の数が
限られてしまいます。
家族経営のような少人数
でまわしているような
状態で、コミュ力がある
他者視点を養うというの
相当難しいと思います。


そういった意味では、
会社に入るのなら若い
うちほど大きな企業に
入ったほうが良いかも
しれません。
若いうちに
「正しい他者視点
(コミュ力がある他者
視点)」
を育てておけば、
きっと正しい他者視点と
悪い他者視点の区別が
つくようになると思い
ます。これは長い人生
という点から見れば、
とても大きな財産だと
言えると思います。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いつも余裕で結果を出す人の複線思考術 [ 齋藤孝(教育学) ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/2/13時点)



posted by ごくう at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月05日

人は行動に本音が出る。言葉では簡単に嘘をつけるが、行動だと嘘は難しい。




子供でも大人でも、人は言葉だと
何とでも言うことができます。


・これから勉強します。
・仕事に力を入れます。
・あなたのことが大事です。
・家族を大切にします。


言葉だと美辞麗句はいくら
でも言うことができます。


しかし行動ではどうかと
言うと、行動にこそ本音が
だいぶ出てしまいます。

(よほどの役者でない限り)


言葉では「勉強します」と
言っていても、実際に行動で
「勉強している」かどうかで
その人の本音が分かるのです。


人を見るとき、どういう言葉
を発しているかよりも、どう
いう行動をしているかを見れば
その人の人となりはたいてい
分かるのではないか
、と私は
思います。





こういう人(男性)がいました。
日頃から自分は家庭を大事に
したい、子供は特に大事にしたい、

と言っていて、子供が熱を出したり
したら会社を休んだり早退したり
して子供の看病していたのです。
(一応言っておきますが、この
男性は離婚はしていません。)


その子供が18歳になったとき、
大学に行きたいと言い出しました。
しかしお金がかかると言って、
その男性は子供の大学進学を
諦めさせました。(奨学金を
使ってという考えは無かった
ようです。)


子供は勉強は得意だったようで
(偏差値60位)、本人も
大学進学にはかなり前向き
だったのですが、親がお金は
払えないと言えば仕方があり
ません。
自分で生活費(自宅
から大学に通うこともできた
のですが、大学に行くなら家
から出ていけということだった
らしい)と学費を稼ぎながら
大学に通っていたのですが、
結局半年ほどで大学を辞めて
しまいました。
お金の工面と
大学の授業の両立ができな
かったのです。


普通に考えて18歳の子が
奨学金も無しに生活費と
学費を稼ぎながら大学に
通うのは無理があるという
ものです。





この男性は本当に子供のことが
大事だったのでしょうか?

子供が風邪をひいたら会社を
休んだり早退したりしてまで
看病した、という行動は、本当に
子供の看病のためだったので
しょうか。



私はこの男性は本当は子供の
ための看病という行動ではなく、
単に自分が会社をサボりたいから
なのではないか
と思ってしまい
ます。本当に「子供が大事」なら
大学進学を諦めさせたりしない
はずです。それを簡単に諦め
させてしまうという親の行動は、
どう考えても「子供が大事」だと
思う親の行動だとは思えません。
本当に子供のことが大事だと
考えるのなら、子供がまだ
幼い頃から子供の進学のこと
を考えて学費を貯蓄している
はずだと思います。






このように、人は言葉では
いくらでも良いことを言う
ことができますが、行動では
本音が出やすいものです。
行動では嘘が難しいのです。


極端に言えば、人は行動だけ
見ていればよいのです。
言動
はあまり注意していなくても
行動を見れば本音は十分すぎる
くらい分かるのです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

今日から使える行動心理学 [ 齊藤勇(心理学) ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/5時点)



posted by ごくう at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月04日

気になる記事:真のコミュ障とは、初対面の人間とは割と話せる、が日を追うごとに気まずくなっていく人間を指す





とても気になる(参考になる)
記事を見つけたのでご紹介。


「コミュ障」というと人とうまく
話せない、というイメージがあり
ますが、この記事にあるとおり
「コミュ障」とは最初はどちらか
というと高得点で、徐々に点数が
下がっていく、というのが真の
コミュ障
というのかもしれません。





コミュニケーションの根っこは
「信頼」がありますからね。
この「信頼」が無いコミュニ
ケーションはただの表面上での
会話にすぎないのではないかと
私は思うのです。


コミュニケーションで悩まない
人はいないと言われています。
コミュニケーションについて
思うことがある人は一度こちら
の記事を見てみてはいかがで
しょうか。きっと参考になる
と思います。


▼リンクはこちら
http://bit.ly/2k5NbD3




posted by ごくう at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする