2018年10月28日

40代のストレス解消法は何か


40代というと何かとストレスがかかる
年代。
職場ではミドル層、家では子育て、
介護、そして自分自身の老化。そして
老後への準備など・・・。


考えただけでも色々なことがのしかかり、
ユングが言った「中年の危機」とは
いつの時代も本当に一緒で40代とは
何かとしんどいんだなあ、と思います。


かくいう私もその40代。


じゃあストレスがあるかと言えば、
実は30代より全然マシ!です。


確かに30代と比べて体力も落ちてますし、
覚えも格段に悪くなりました。
身近にいる人の苗字が出てこない、
さっきやったばかりのことを覚えて
いない、なんてしょっちゅう。
自分が30代の頃だったら「ああはなり
たくないな」と感じていたかもしれ
ません。


しかしそんな状況でもストレスを
あまり感じないのは何故でしょう。


理由は色々ありますが、主な理由を
3つ挙げますと、


1.無駄な人間関係に関わらなくなった
(必要の無い人間関係は距離を取った)


2.管理職になり自分の裁量が増えた


3.家族がいて健康でスピリチュアル的
  知識(引き寄せの法則等)が増えた



この3点なんではないかなと思ってます。






しかし逆にいえば・・・


必要の無い人間関係に関わり過ぎて、
管理職でなく(マネジメントせず)、
一人で生活していてスピリチュアル的
なことを知らない



としたら、私はストレスMAXで
荒んだ生活をしていたかもしれません。
(これはあくまで私基準の話です)


日本人は「ストレス解消をする」人が
多いといいます。(↓参照)

---------------------------------------------
「ストレス解消」をやめることにした。
原因の解決に向けたアクションで
前向きに生きよう!

http://bit.ly/2PYTEj7
---------------------------------------------


仕事や家庭のストレスを別のことで解消
しようとしても、ストレスの原因がある
限り同じことの繰り返し。
だったら
ストレスの原因をつぶしてしまうほうが
良いというものです。


ストレスが無い→無駄な浪費が無い、
という良いサイクルにしたいものですね。




posted by ごくう at 13:18 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年09月23日

本物のリーダーシップと偽物のリーダーシップの違い



リーダーシップ。


この言葉はよく耳にしますが、
よく考えるととても解釈が難しい
ですね。


引っ張っていく支配型のリーダー
シップがあるかと思えば、支援型の
サーバント型リーダーシップもある。
どちらもいい面も悪い面もあると
思いますが、どちらもリーダー
シップを取ってるともいえる。
(個人的にはサーバント型の方が
何かとうまくいくと思いますが。)


問題は本物のリーダーシップと
偽物のリーダーシップの区別が
ついていない人。



本物のリーダーシップは
「リーダー」の言葉通りで
人を引っ張っていける人。
人を引っ張るとは、人より
先にある程度のことを認識して
いる
、ということ。


人より先に起こりうることを察知
して、それを他の人に見せること
ができる人がリーダー。


あるいは道なき道に新しく道を
作って、皆が通れるようにする
人がリーダー。



どちらにしても人より先に、前に
行っていて、そこから導けるか
どうかがリーダーシップがあるか
ないかということです。


ところがリーダーシップを勘違い
して、人より先に、前に行くのでは
なく、「人より上に」という目線で
しか人を見れない人はリーダーとは
言えない
でしょう。


本物のリーダーシップのある人は
人より先を見ていますから、
色々な選択肢を用意しつつ人を
導きます。完全な正解で導ければ
それはすごいことですが、道なき
道を行っている以上、いつも正解
とは限りません。それでもこの道
がいいんじゃないか、と進んで
いけるのがリーダーというもの
です。






しかし偽物のリーダーシップを
とってしまう人は、新しい道を
切り開くわけでもなく、いくつか
の選択肢を提示するわけでもなく、
単に後からついていって「この
道は間違いなんじゃないか」
とか
「ここに標識が必要なんじゃない
か」「この舗装はなってない。
もっと良い舗装にしないといけ
ない。」
という言うだけです。


この「言うだけ」という点も
偽物のリーダーシップをとる
人の特徴です。本物のリーダー
シップをとる人は「言うだけ」
ではなく「実際に行動する」
のが特徴だからです。


本物のリーダーシップをとる
ことが出来る人は、何でそんな
ことが分かるの?
という感じで
見事に先を見ていることが多い。
何でだか分からないけど、現在
当たり前にやっていることの
土台作りは実はあの人がやって
いた、
という人がリーダーで
あることが多いように思います。


反対に偽物のリーダーシップを
とる人は、周りのあらさがしに
終始し、何かを指摘して上から
になった気分でいることが多い。

でもこれではいずれ人が離れて
いくというものでしょう。


本物のリーダーシップをとる
人は、間違いを指摘しても
それを良い方向に転化して
しまいます。
指摘して自分が
上からになった、なんていう
満足感に浸ることは決して
ありません。

このような姿勢がよりリーダー
という雰囲気を作っていくのかも
しれませんね。




posted by ごくう at 14:05 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年09月17日

その話、主観は何割で客観は何割?


人と会話していると自分の主観を
延々と語る人がいます。


私が若い頃の話ですが、


大学なんて行く意味がない


という人がいました。
こういう人は大学在学中でも
大卒でも高卒でもいくらでも
いるのものですが、当時の私は
特にこれといって反論もせず、
「まあそういう見方もあるか」
という感じでした。


大学に行く意味、確かに明確に
答えることができる人は実は
それほど多くはないかもしれ
ません。


しかし・・・、肝心なのはここ
なんですが、世の中に大学って
とてもたくさんありますよね。

これはなぜなんでしょうか?
意味が無い機関ならそんなに
あるはずがないのですが・・。



大学がこれほどあって、しかも
週刊誌なんかでも「〇〇大学に
入った人の出身高校ランキング」
という特集を見ますし、大学と
いうものに対して一定の関心が
世の中にはある、ということは
事実です。


でも人によっては「大学なんか
行く必要がない」という。
ここに妙なギャップがあるわけ
です。



よ〜く考えてみますと、「大学に
行く必要がない」という人の見方
のたいていは主観から来ている
ものです。その人本人、もしくは
友人、家族、職場の人程度の
エリアの人の見方、考え方から
強く影響を受けていることが
多いです。



しかし客観で見ますと世の中には
大学が腐るほどあって、しかも
行きたい人はいつの時代でも
一定数いるわけですね。






大学に行く必要はない


という話、この話の中の主観は
一体何割なんでしょうか?
これに対して客観の入る余地は
ないのでしょうか?



人の話の中で主観の割合がとても
高い、もしくは逆に客観の割合が
とても高い、という話をする人は、
私はあまり話をする必要はないと
感じています。(カウンセリング
の時は別です。むしろ主観と客観
のバランスを取ろうとすると思い
ます)


といいますのも、主観がとても
高い、という時は自分の見方しか
ない
わけで、客観を否定している
ことが多いですし、客観が入る
余地が無い時は「自分がいかに
正しいか、いかにまわりが間違
っているか」
という状態になり
がちだからです。


逆に客観がとても高いという時は
自分を守っているというか、単純
に情報だけで優位に立とうとして
いたり、単に情報の羅列だけで
満足している、という状態になって
いることが多いのです。これは
単に情報の交換であって、仕事的
なことでは意味がありますが、
それ以外だとそれほど意味は
無いように思います。


なので人(自分)と会話している
時、一体主観が何割で、客観が
何割なのか
を意識したほうが良い
と思います。理想の割合は5:5
だと思いますが、なかなかこう
いかないのが普通でしょうね。




posted by ごくう at 11:27 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年08月19日

人生のやりたいことリスト(ウィッシュリスト)はとても大事



先日買った「PHP」という雑誌の
中に元テニスプレイヤーの杉山愛さん
の記事があり、そこに


「やらねば」より「やりたい」が大事
ウィッシュリストはとてもいい!



ということが書かれていました。


私はウィッシュリストという言葉は
初めて聞いたのですが、要は


「やりたいことリスト」


ということです。


人生でやりたいことは色々あると
思いますが、ただ「何となく」だと
いつの間にか忘れてしまって、自分
の気持ちや思い自体も忘れて


何で生きているのか分からない
人生つまらない



となりがちです。これでは人生
もったいない!というものです。


そこで私もこの記事を見習い、
ウィッシュリストを書いてみました。
紙に書いてもどうせ無くして
しまいますので、ライフログ・
日記アプリの「Journey」
書いてみました。


▼「Journey」はこちらから
日記、記録 - Journey






今の時代ウィッシュリストを書いても
スマホに簡単に残せますし紛失の心配
もないし、気軽に見返せるのがとても
いいですよね♪


それにしてもこのウィッシュリスト、
書いてみると結構出てくる出てくる!
私はとりあえず23個書きましたが、
やりたいことが小さくても大きくても
何でもいいんです、とにかく書くこと
が大事なんだと思いました。


というのも自分の書いたウィッシュ
リストを読み返すだけでも、何だか
やる気が出てくるというか、明るい
気持ちになります。
そして何より
自分のやりたいことが忘れないのが
いい!せっかくの「やりたいこと」
を忘れてしまったらもったいない
ですからね。


ということでこのウィッシュリスト、
自分のやりたいことを視覚化する
ためにもオススメです!


▼関連記事
リッチな人生を創る「ウィッシュ
リスト100」の魔法





posted by ごくう at 13:18 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年08月16日

物事に取り組んでいない人は、取り組んでいる人をちょっとバカにしていて、そして大損している




私が大学3年〜4年生の時は
いわゆる就職超氷河期でした。
私は大学を1999年に卒業して
いるのですが、いわゆるこの
世代は「ロスジェネ」とか
「アラフォークライシス」
言われてる、かわいそうな
世代のようです(と世間では
言われてます)。


でも・・・!


そのような超氷河期にも関わらず、
私はといえばロクに就職活動もせず
バイトをしたり、友達と遊んだりと
本当にどうしようもない学生でした。


じゃあ何でそんなに就職活動に熱が
入らなかったかと言えば、結局は
自分のやりたいことがいまいち
よく分からなかったから
なんです。


一方で真面目に就職活動をしている
同期がたくさんいたことも事実。

彼ら・彼女らは3年生後半に大学が
用意してくれた就職活動への心構え
の講座を受け、業界研究、自己分析
などをしっかりやっていました。
さらにSPI対策、面接対策、OB
(OG)訪問など、とにかく動いて
いました。


でも私はといえば、ほとんど何も
していない。

敢えてやったといえば自己分析
くらいかもしれません。
といってもそれも当時の習慣だった
日記の延長であって、たいした自己
分析というわけではないのです。






こういう時、当時の私は斜に構えて
いる
、というか、ひねくれている
というか、キチンと就職活動をやって
いる人をちょっとバカにしている
ところがありました。


「そんなにやっても意味ないよ」


「結局面接でうまく言えればそれで
OKなんだよ。自己分析なんて
適当でいいじゃん。」


「バイトもロクにやってないヤツが
就職活動なんてうまくいくのかね?」



とまあ、こんな感じです。


今書いていても恥ずかしいのですが
当時の私はこんな感じでした。


でも・・・、自分をフォローするわけ
じゃないですが、一部は合ってるんです。
就職超氷河期だから努力が報われるとも
限りませんし、面接なんてうまく言えた
もん勝ちですし。バイトをやってれば
それなりに「仕事に関わってるオーラ」
も身に付く。だからこれはこれで一理ある。


でも・・・、40代になっていまさら
なんですが、大学生の頃の私には
肝心のことが抜けてる
んですね。


それは


一体自分はどんな人間で、
それを元にどんな仕事をしたいか



ということです。


こんなこと自己分析等でいくらやっても
所詮20代の若造ですので、間違っている
こともある。むしろ独りよがりすぎて
間違っていることの方が多いかもしれない。


それでも・・・、自分で自問自答して
自分で考え抜く、ってことが大事なん
ですね。
しかもそれをやるにはとても
最適な時期。


ところが当時の自分はお恥ずかしい
ことにそこに気付けませんでした。
いや、気付こうともしてませんでした。


20代、30代と過ごしてきて、これは
とても大きな損失だったのではないか
と思う時があります。






40代の私はさすがに斜に構えては
いませんが、まわりのアラフォー、
アラフィフを見ると、就職活動の
時の私のように斜に構えてしまって
真面目に取り組んでいる人をバカに
したような人が少なからずいます。

そして残念なことに、こういう人で
仕事がうまくいっている、出世して
いる、人望がある、という人は
ほとんど見たことがありません。


結局コツコツ真面目にやっている人が
結果的に一番強い。
コツコツやっている
人は基本的にブレないから、そのまま
正比例に近い感じで伸びていく。一方
斜に構えている人は、肝心のことでは
頑張らず、
私の大学生の頃のように
就職活動期に就職活動をまともにやらず
バイトに精を出すような生き方をして
いる。だからいつまで経っても成果が
出ず、パッとしない。
そんな感じです。


物事に取り組んでない人は、一生懸命に
なって取り組んでいる人を涼しい顔で
高みの見物をしているが、結局何も
していない
わけで、その習慣が何年、
何十年と続けばおのずと結果は見えて
いるというものです。



アラフォー、アラフィフ世代は
真面目にやっている人をバカにして
いるヒマなんかないんじゃないか、
もう結構追い詰められてるのかもよ?
と、こう思うわけです。




posted by ごくう at 13:20 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする