2020年11月07日

参考になる記事:9割の人が知らない「無自覚に相手をコントロールしてくる人」に対抗する方法




このブログでは脱コントロール思考
を目指し「コントロールしない、させ
ない」
が大事だと考えています。


相手をコントロールしようとすれば
するほど(一時的には良いかもしれ
ませんが)ロクなことが起きず、
自分と周りが不幸になるだけだと
考えていますので、このような
思考から逃れることがとても重要
だと思います。


こちらの記事は「これぞまさに!
コントロール思考!」
という内容
です。ではどうぞ。


-------------------------------------------

[質問]

親に公務員になれ、さもなくば来年度は
一切の経済援助をしない
と突然言われま
した。

4月に大学4年になる者です。首都圏の
大学に通っています。民間企業への就職
を考えて就活していたのですが、親に
公務員になれ、さもなくば来年度は一切
の経済援助をしないと突然言われました。
大卒資格を失うのは想定外だったので、
話し合って公務員になることに従うと
伝えました。

しかし、諦めきれなかった自分が悪いの
ですが、民間就職はどうしても駄目かと
最終確認をしたところ、激昂して「4月
から大学を辞めて帰ってこい、今まで
借りていた借金(学資ローンのようですが
詳細を教えてくれません)を働いて返せ」
と言われました。大学の就職課にも相談
しましたが、同情されただけでした。
期限まであと1ヵ月もありません。
自分の望みは大卒で首都圏で民間就職
することです。親と和解することは
できないのでしょうか?
今までの出来事から、親が恐ろしくて
逆らいたくない自分もいます。



マインドコントローラーに人生を譲り
渡してはいけない



[読書猿の解答]

まず落ち着いてください。それは、
無茶を押し付けパニックに陥らせて視野
と選択肢を狭めて言うことを聞かせる
いつもの手口
です。どうか冷静に、
呼吸は深く、視野は広く。


あなたの敗因は、そういうやり口が常套
手段になっている(味を占めた)相手に、
わざわざこちらから本心をさらけ出した
上に許しを得ようとしたこと、相手に
決定権を移譲したこと
です。


この手口を使う無自覚なマインドコント
ローラーは世の中に少なからずいて、
この手口に弱い人を見つけるのが得意です。
というより、フラットな人間関係を結ぶ
やり方を知らない
のでまともな人には
相手にされず、この手のやり方に弱い
犠牲者候補しか周りに残らない
のです。


つまり今回、親御さんの圧迫をやり過
ごせても、この先、あなたは同種の手口
を仕掛けてくる人間に繰り返し出会う
ことになります。
対策を身につけて
おかないと、人生を繰り返し譲り渡す
羽目に陥ります。事は、この一、二年を
棒に振るだけで済みません。


あなたは近い将来社会に出ることに
なるので、あえて申し上げますが、
あなたの問題を丸抱えして解決して
くれる人はいません。そうした振りを
してあなたに近づく人は皆、あなたの
視野と選択肢を狭めるやり方を使って
来るでしょう。



他人に解決を丸投げするのでなく、他人
から得られる部分的な援助を複数集めて、
自分なりに束ねて解決を目指す(無論
その責任は自分が負う)ことができる人
のことを、大人と呼びます。



・・・・


▼引用
9割の人が知らない
「無自覚に相手をコントロールしてくる人」
に対抗する方法

-------------------------------------------




長い引用でしたがいかがでしょうか。


コントロール思考の人は相手を平然と
コントロールしようとしてきます。
家族(子供)、友人、同僚、部下。
近い人に対して「コイツはコントロール
できる!」と見るや、すぐにコント
ロールを始めます。


彼らは基本的に相手と対等に関係を
築くことができません。

常に上か下かを意識し、自分が上に
なれそうなポジションだと即座に
上になろうとします。


またマウントを取ってくることも
常套手段です。常に上からでいたい
ため、事あるごとにマウントを取ろう
とし
、もしマウントが取れないと
不機嫌になったり相手を悪く見たり
(下げたり)します。


これらコントロール思考の根源には
激しい劣等感があり、常に余裕が
ありません。自信が無いのです。


自分に自信が無いから自分より下だ
と思える人としか付き合えないし、
上の人を敵視することで上のレベル
の人を見ようとせず、それで安心を
得ているのです。


このようにコントロール思考の麻薬に
染まってしまった人は、人間としても
成長もせずコントロールばかりして
いるのでまともな人からも嫌われ、
ロクな人が周りに集まらない悲しい
状態になってしまうのです。
まさに悲劇ですね。


だからいかにコントロール思考から
離れるか、無意識に染まってしまう
こともあるコントロール思考を意識
して脱コントロール思考にベクトル
を向けるかが重要
なのです。




posted by ごくう at 16:07 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。