2020年08月30日

良い記事:職場が疲弊するのは「心理的安全性」がないからだ


職場には心理的安全性が重要。
これは過去にあのグーグルが
発表したことでもあり、私も
この心理的安全性の大切さは
とても実感しています。


私が個人的に実感しているのは
心理的安全性があると部下が
どんどんと提案してくるように
なります。



ここで「簡単にものを言うな」
とか「簡単に提案されたら上司
の威厳が無くなる」
と言うような、
古臭い上司・先輩だと二度と提案
は出て来なくなるでしょう。

これはバブル入社組とかゆとり
世代とかそういう世代間の問題
ではなく、人としての心理の話
なのです。


しかしこの心理的安全性も万能
というわけではなく、自分から
心を閉ざしている場合もあり、
そういう場合はなかなか難しい
ところもあります。


私としてはあまりにレベルの低い
人のためだけに心理的安全性を
確保するのではなく、
どちらかと
言うとレベルの高い人、優秀な人
こそ心理的安全性を確保し、その
上で力を発揮してもらうのが一番
良いと思う
のです。
レベルの低い人に心理的安全性を
確保してしまうと、単なる甘えを
許してしまう、ということになり
かねませんから。


以下に記事内の大事なところを
抜粋させていただきます。
詳しくは記事をご覧ください。




------------(引用)--------------

「心理的安全性」がチームに
もたらす3つのメリット



【1】チームメンバーのパフォー
 マンス向上


【2】イノベーションや改善の推進


【3】質の高い「エンプロイー・
 エクスペリエンス」の提供



「心理的安全性」の高い職場を
つくる4つのメリット



【1】情報やアイデアの共有が盛ん
 になる


【2】ポテンシャルの向上


【3】目指すビジョンが明確になる


【4】エンゲージメントの向上



▼引用
職場が疲弊するのは「心理的安全性」
がないからだ
チームや職場へのメリットを紹介





posted by ごくう at 22:50 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。