2020年05月16日

とても良い記事:人間関係がうまくいく人といかない人の違い



尊敬するDJあおいさんの記事。
学校、職場、ご近所付き合いなど、
ありとあらゆる所で悩むことが多い
人間関係。その改善法がズバッと
書かれています。



▼記事はこちら

人間関係がうまくいく人と
いかない人の違い





こちらの記事にあるとおり、結局
人間関係で悩む人というのは

濃い付き合いを望んでいる人

ということかもしれません。
濃い付き合いを良しとするから
色々と悩むことが出てくる。

あの人に嫌われたのではないか、
あの言い方は無かったかもしれ
ない、こっちのグループよりも
あっちのグループの方がいい、
などなど・・・。


でも・・・極端に言ったらそんな
ことはどうでもいいのかもしれま
せん。



誰から好かれようが嫌われようが
果たして自分の人生にどれだけ
影響があるか?そういうことです。


よ〜く考えてみるとそれほど影響
がない、ということにも気付くの
かもしれません。
だからそんなに深刻に考えること
は時間の無駄という場合もある
のです。(もちろんそうではない
こともありますが。)


なのでそんな他人が自分をどう
思うか、なんていうことは気に
しないで、記事にもあるように


------------(引用)---------------

他人に対する関心を減らして
その分のエネルギーを自分に
向ければ
自分自身のためにもなるし
いざというときに他人を助ける力
にもなる

他人ではなく
もっと自分に興味を持った方が
いいということですね

------------(引用)---------------



ということです。


他人より自分の方が分からないもの。
ならば自己理解を深めたほうが
よっぽど生きやすくなるという
ものです。


人間関係は淡いくらいがちょうどいい。
確か美輪明宏さんもそう言ってたと
思います。


人間関係は大事ですが他人に関心を
持ち過ぎて、肝心の自分への関心は
疎かになっては何のために生きて
いるのか分からない
というものです。




posted by ごくう at 22:38 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。