2020年05月06日

気になる記事:「この国にもう余力はない」 賃金8割支給がイギリスにできて、日本にできない理由




アエラにあった新型コロナ関連で
とても気になる記事。


コロナに関係なく、コロナ前から
日本はかなり危険な状況だと言わ
れていましたが、今回新型コロナで
やはり露呈したなと思わざるをえ
ませんでした。


それは「もう日本にお金が無い」
という懸念です。


▼記事はこちらから

「この国にもう余力はない」
賃金8割支給がイギリスにできて、
日本にできない理由



アベノミクスが始まった頃は安倍
総理も黒田日銀総裁もイケイケ・
ドンドンという感じでした。


円安になり株価が上がる

日銀のETF購入でまた株価が上がる



2%のインフレ目標を掲げ、これで
長年続いたデフレから脱却できる、
やっとインフレの流れになる。

そういう明るい空気が流れました。


しかしそう簡単にはインフレになり
ませんでした。

いや、流れとしては円安が進んだり
人手不足でのインフレ傾向でしょう。
スーパーに行けば値段は変わらない
ものの量が10%位減っていることも
珍しくありません。
運送会社の運賃も上がりました。




明らかにインフレ傾向にはなって
いるにも関わらず、統計上は思った
ほどインフレにはなっていないので


まだまだデフレである

もっとお金を刷れ



という声もたくさんあるようです。
しかしそんな簡単には思ったほど
インフレは進んでいません。
(というかインフレになっても
給料と連動するわけではありま
せん、インフレを期待している
人たちは給料もインフレになる
と思い込んでいるのかも。)



そんな中、もともと傷んでいた
日本に新型コロナウイルスが
襲ってきました。


今まで何かあるごとに政府は
お金をばら撒き、さらに年々
増える社会保障費などにも
お金を使い、そろそろ本当に
お金が尽きてきた、
そういう
空気が安倍総理、麻生副総理
の対応から読み取れます。
なぜならアベノミクス当時の
明るさがまるでなく、お金を
出すのにかなり渋っている。

ケチなのではなく、放漫財政
の結果いよいよお金が無く
なってきた、あ〜マズイな
という表情です。


本当は今こそお金をばら撒き
国民の信頼を得たい・・・!



安倍総理は心の奥底ではそう
思っているのかもしれません。
しかしもう余力が無いのでは
ないでしょうか。



もしかすると10万円の一律
給付も、もうやぶれかぶれ
かも
、とさえ思えます。
明らかにアベノミクス当初
とは表情や対応が違う。


ここは結構重要なところだと
私は思います。




posted by ごくう at 17:55 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。