2020年03月04日

良い記事:マネジメントにおける人材育成の基本は「育てる」のではなく「育つ環境を整える」こと




人を育てよう、育てようとすると
逆に育ちが悪い・・・。
そんな経験はありませんか?


子供の頃、親に勉強しろ、勉強しろ
と言われるとやる気を失ったり。
親に悪気は無いのでしょうが、
現実を見ると「勉強しろ」と言われ
続けて本当に勉強をした人を私は
見たことがありません。


仕事も同じだと思います。
成長しろ、スキルを上げろ、リーダー
シップを持て、と言われても、
「そんなこと言われても・・・」
というのが本音なのではないで
しょうか。


育成という育成に共通することは
「育てる」というよりも「育つ
環境を整える」
ということに着目
することはとても大事だと思います。


▼参考記事
マネジメントにおける人材育成
の基本は「育てる」のではなく
「育つ環境を整える」こと



下記に記事の一部を引用させて
いただきました。
社会人なら忘れてはいけない
とてもためになる内容だと思います。




-------------------引用-----------------------

人間の成長にとって、「働きがい」はいつも
課題の中心となる。


「人間は、仕事を通して成長する」という
言葉があるが、もっと厳密にいうと、
「人間は、働きがいのある仕事に出逢った
ときに飛躍的に成長する」と考えたほうがいい。


だから、仕事を選ぶとき、「働きがいのある
仕事なのか、どうか?」は大切な判断基準と
すべきだと思う。では、「働きがい」を見出し、
高めるためにはどうしたらいいのだろうか?
これに関しては、ドラッカーの次の言葉が響く。


「働きがいを与えるには、仕事そのものに
責任を持たせなければならない。そのためには、
@生産的な仕事、
Aフィードバック情報、
B継続学習

が不可欠である」


仕事に対する責任こそが、「働きがい」の
源泉だという。つまり、自らの責任を果たす
ことが「働きがい」を生み、動機づけの要因
になるのだという。


「働きがいの源泉は他に求めるものではなく、
自覚だ」という。このドラッカーの考え方は、
主体性を確立したいという成長欲求を持って
いる者にとって肝に銘じておくべきことだと思う。


さて、仕事を遂行するレベルには次の4段階
(成長のプロセス)があると思う。


@ 指示に従って正確かつ迅速に処理できるか
素直さ、感謝、基礎力。


A 自らの段取りで仕事ができるか
責任観、職域拡大、目標管理。


B 仕事に対しての問題発見能力があるか
問題意識、指導力、自己革新。


C仕事に対しての問題解決能力があるか
使命観、マネジメント力、リーダーシップ。


仕事の各段階において、どのような責任を
期待されるのか?その責任を全うするために
何をなすべきかをしっかりと考え、目標設定する。
その目標へのチャレンジこそが、「働きがい」の
向上へとつながるのである。

(「責任」〜「働きがい」〜「成長」)


以上、「働きがい」とは本人の自覚以外の
何ものでもないことが明確になったと思う。


また、次の3点を心掛けて仕事をすること
によって「働きがい」は確実に高まると
確信する。


@ 甘い現状認識を捨てる
A 手段ではなく、目的から考える
B 主体的なキャリア形成プランを立てる


マネジメントにおける人材育成の基本は、
育てるのではなく、育つ環境を整えること
にある。
「働きがい」が育まれる環境を
つくりたいと思う。
-------------------引用-----------------------


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

赤字会社の9割を黒字化させた経営の基本 [ 岩永經世 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/3/4時点)



posted by ごくう at 11:50 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。