2020年02月24日

気になる記事:2020年、2030年の金価格


金の価格が上がってきています。
世界的な新型コロナウイルス感染症
の広まりから「有事の金」となり
価格が上がっているようです。


しかしそれだけでしょうか?


今まではこのような危機が起きると
安全資産と言われた「円」にお金が
流れて円高になりました。しかし
最近はまったくそんなことがあり
ません。



新型コロナウイルスが流行る少し
前に、中国とアメリカの貿易戦争が
話題になりましたが、その時も円は
円高になっていませんでした。
多少の円高こそあれ、そこそこ
大きな危機が来ても円高にならない
のは円が安全資産とは言われなく
なってきているからでは?
と私は
思います。


金価格の話で言えば2015年に金の
第一人者である豊島逸夫氏が
このような記事を書いています。


▼記事はこちら
2020年、2030年の金価格




こちらの記事だと「東京オリンピック
2020年までにグラム7000円台」

という予測です。根拠となる数字に
多少差がありますが、このブログを
書いている現在グラム6500円程度。
2015年に記事を見た時はさすがに
グラム7000円は無いだろうと思って
いましたが、豊島氏の予想が当たり
つつあります。


インドで金3千トン埋蔵の報道が
あったようですが(中央政府は否定)
仮に埋蔵が見つかったとしても金の
価格は色々な要因が絡んでまだまだ
上がるのではないでしょうか。
一番の金の上がる要因は通貨バブル
(債券バブル)の崩壊が近いからだ
と思いますが。





posted by ごくう at 17:08 | Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。