2020年01月05日

いい歳なのに人生・仕事・趣味に一貫性の無い人



10代や20代の若いうちなら人生の
模索期でもありますので、色々と
迷いがあったりして自分を見失い
がち。でも30代や40代になっても
まだ模索しているのか、それとも
模索が当たり前の人生になって
しまっているのか、
そういう人が
案外います。


こういう30代、40代の人は人生や
仕事に一貫性がありません。

過去の自分がこうだから今がこう、
そして未来はこうなっていきたい、
という一貫性がまるで無いのです。


これは仕事でも趣味でもすべて
同じ。「趣味が無い」と言える
ならまだマシですが、あれも
これもと手を出すわりにどれも
浅い感じ
で何をやっているのか
分からない。


仕事も同じで過去の自分がこう
いう仕事をしていたから今こう
いう仕事の状態で、今後はこう
していきたい、でもここが障害
になるからそれを乗り越える
ためにこういうスキルを身に
つけておきたい、というような
一貫性がまるで無いのです。




いい歳をして人生や仕事に繋がり
が無い人を見ていると、本当に
人生がつまらなそう
で、しかも
たちの悪いことに、あれこれ
手を出しているだけで自分は
楽しい!と錯覚している場合
すらあります。
(人生や仕事に一貫性があって
思いのままに生きている人は
逆に魅力的です。)



しかし深みが無いので楽しい!
も一時的。酔いが醒めると
自己嫌悪になってまた新しい
何かを探していく・・・、
このループを延々と繰り返して
しまう。この時間は一体何なの
でしょうか?



過去、今、未来に一貫性の無い
中年は表面的にしか物事を見て
おらず、
自分がこういうキャラ
だからこう、とか、自分はこう
したいからこう、という自己
理解が抜けてしまっているのだ
と思います。


自分の外に目を向けてばかり
いても内なる自分を見つける
ことは難しい
でしょう。
休みの日など、たまには過去、
今、未来の3つの視点から
自分を振り返ってみてみる
のもいいのかもしれません。




posted by ごくう at 11:42 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。