2018年08月14日

色々考えさせられた記事:「性格が悪い子」は成績も伸びない根本理由



現役の東大生が書いた記事です。
「性格が悪い子」は成績が伸びない。
何とも刺激的なタイトルですが、
書かれていることはかなり的を
得ていると思います。


まずは記事をご覧ください。

「性格が悪い子」は成績も伸びない根本理由
元偏差値35の東大生「僕も昔はそうでした」



・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・
・  ・  ・  ・  ・  ・


こちらの記事を読んでいただくと
分かると思いますが、伸びない人
(性格の悪い人)は


・人のアドバイスに耳を傾けない

・自分の欠点に向き合えない



ということです。


これは勉強に限らずスポーツや仕事
にも言えること。
このような性格の
人はいくら時間を費やしても伸びる
ことは少ない傾向があるように思い
ます。


そして逆に伸びる人(性格のいい人)



謙虚さ、素直さがある


を持つ人です。
これも勉強もスポーツも仕事も
一緒ですね。






ここでは勉強の話ですが、40代
社会人の私からすると、もう本当に
性格がいかに大事か
痛感させられ
ます。


伸びる人は素直にまっすぐ真面目に
やろうとします。



伸びない人は何事も斜に構えて人の
アドバイスも信用しません。
間違ったとしてもそれを認める度量
(謙虚さ、素直さ)もありません。






ではどうして性格が悪くなって
しまうのか?



私は自分の経験から次のようなこと
から性格が悪くなっていくのだと
考えます。


性格が悪くなる引き金(ポイント)


1.お互い成績の悪い者同士で足を
 引っ張り合う


2.成績上位の者を妬みバカにする。
 こうすることで成績下位の者が
 安心しあう


3.マンネリが大好き。新しいことは
 自分が下位からスタートすること
 が多く、それがイヤ。マンネリで
 あればおのずと上位にいられる
 (気分になる)



逆に性格が良くなっていく引き金は
次の通りだと思います。


性格が良くなる引き金(ポイント)


1.上位の者を素直に認め、良い所を
 学ぼう(真似しよう)とする


2.周りの上位者、下位者はあまり
 気にしていない。戦うのはあくまで
 自分。自分を伸ばすことに注力
 しており、そのために自分の
 強み・弱みをできる限り客観視
 しようとしている


3.マンネリを好まず、内と外を
 バランス良く見るようにしている



性格が良い、悪いとは、生まれ持った
ものではなく、上記のような繰り返し
で出来上がっていくもの
だと私は
思います。


言うまでもありませんが東大生の
ような勉強が出来る人すべてが
性格が良いとは言い切れません。
成績上位者でも内と外のバランスが
悪い人もいますからね。


ですが勉強でも何でも伸びるための
土台として性格が大きく影響して
いることは間違いない
と思います。
性格がいかに大事か。自分の性格が
悪い方に傾いていないか。毎日とは
言わないまでもせめて半年に一回
くらいは自己チェックする必要は
あるように思います。



▼関連記事
感じの良い50代になるために
若いうちからやるべきこと





posted by ごくう at 11:06 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。