2018年08月12日

気遣いは人情、絡むのは私情


気遣いが大事と言われます。


相手のことを慮って、相手の立場に
なってものを考える。


これは本当に大事だと思います。


しかし私が思う本当の気遣いとは
私情無く相手のことを気遣う姿勢
のことだと思いますが、私情優先で


【自分は気遣いをしている】


という人が結構多いのでそれは
違うだろ、と思うのです。


本当の気遣い分け隔てなく、
誰に対しても行われる行動。

分け隔てがあるのは気遣いでは
なくただの絡みです。






自分が絡みたくて相手に対して
気を遣うのは完全に私情です。
でも本当の気遣いは私情が無く
人情で動いているものです。


私情と人情を履き違えしている
人も案外多くいますが、気遣い
と絡むことを履き違えも案外
多くいる気がしてなりません。


本物の気遣いができるように
目指していきたいと思います。


▼関連記事

私情と人情を履き違えない

私情はコントロール、人情は脱コントロール




posted by ごくう at 17:07 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。