2017年11月11日

46歳人口株価連動説


「根本的に景気動向は人の消費行動に
左右される。人生のうちで一番お金を
使う年代は46歳前後であり、全人口の
うちで46歳人口が最も多くなる時期に
景気は最も良くなる



引用:投信1
http://bit.ly/2yQOx00



このような説を上のサイトで
見つけました。


現在日米ともに株価は絶好調。
特に日本の株価は本当に上がって
きており、まだまだ上がる、日経
平均は3万円くらいまではいくん
じゃないか、
という説もチラホラ。






実際はどうなるかは分かりませんが、
個人的にはどうもこの株価の上昇と
実態経済がリンクしていない
ような
気がしていて不思議でした。
(例えば日産や神戸製鋼や東芝の
問題なんかがあるのに何で?って
ことです。)


しかし上記記事にある、


---------(引用)-------------

その国の株価指数は46歳人口動態と
ピタリと一致する

---------(引用)-------------



ということであれば納得です。
いくら国を代表するような企業が
不祥事を起こそうが、株価的には
たいして関係ないという面がある
のかもしれません。


それにしても、いくら46歳人口
株価連動説があろうとも、
北朝鮮の問題、中国や日本の債務
問題、ビットコインが明らかに
バブル状態、等を踏まえると、
そろそろ冬支度の準備は必要か
とも思います。


引用:投信1
http://bit.ly/2yQOx00





posted by ごくう at 17:43 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。