2018年04月15日

評価者である前に理解者であれ!


人と話をしていると「何か
不愉快だな」
と思う人の
話し方をよくよく観察して
みると、やたらと自分が
評価者であるような話し方を
している
ことに気が付きました。


このような話し方をする人には
学歴が高い、会社で役職が高い、
という人もいるのかもしれま
せんが、一概にそうとも言えない
というのが私の印象です。つまり
評価者風に話す人は学歴や役職の
ようなものではなく、一種のクセ
のようなもの
なのかもしれません。


ですがこのクセ、最初のうちは
我慢もできますが、付き合って
いくとだんだん不愉快になって
きます。「あなたは一体何様
なの?」
とどうしても感じて
しまうからです。まわりにこの
ような評価者風の話し方をする
人がいるといつの間にか感染
してしまうこともあるので注意
が必要
かもしれません。


この評価者の視点が怖いのは、
評価者のような視点ばかりで
人やモノを見ていると、次第に
人やモノを「理解しよう」と
しなくなってくる
ことです。


相手を理解しようとするよりも
評価してしまう。



こうなると相手のことを見よう
ともせず、見ないで一方的に
評価してしまうようになります。


相手を見ないで評価するなんて
基本的にはあり得ないと思うかも
しれませんが、評価者癖がついて
しまった人には理解者の視点が
欠如
していますので、相手を
ろくに見もしないで評価をして
しまうようになるのです。






しかしこれでは人が離れていく
でしょう。
いつも評価者風を
吹かせているけど相手を理解
しようともしない、では人が
離れていって当然かもしれま
せん。


人と話をする時、接する時、
評価者である前にまず相手を
理解しようとする姿勢が大事

なのではないでしょうか。
極端に言えば評価者である
姿勢なんてほとんどいらない

のかもしれません。


人は自分を評価しようとして
くる人なんてだいたい不愉快
に感じるものです。
逆に自分を理解しようとして
くる人には好感を抱きます。



評価しようとする人は相手や
状況をコントロールしようと
する傾向があり、理解しよう
とする人は脱コントロール
いう感じがします。


評価しようとすると何かと
無理が生じ、
理解しようと
すると無理がなく自然体に
なれる
という感じがします。
「評価するより理解しよう」
という姿勢が大事なような
気がします。




posted by ごくう at 10:35 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。