2018年03月11日

様々な「壁」を越えられないクセがつくと一生損をする



勉強でも仕事でも一つのことを
それほど成し得ず、壁のような
ものが来ると敏感に反応して、
壁を超えることを避けよう、
逃げようとする人がいます。



バイトでも部活でも勉強でも、
どんなことでも必ず「壁」は
やってきます。「壁」が無い
ものは基本的に無く、その
「壁」が来たということは
ある意味自分が成長している
証拠でもあります
ので、その
「壁」を乗り越えることこそ
人生の楽しいところでも
あり、また辛いところでも
あります。


しかし職を転々としたり、
いつまでも成長できない人
というのは、「壁」が来ると
何だかんだ理由をつけたり
ネガティブな捉え方をして
「壁」そのもの、「壁」を
作った状況を敵視します。


そして「この壁、ウザいよね」
というような同類の仲間を作り、
その仲間内で壁を超えようと
するのではなく「壁」を批判
し続けてしまう
のです。






私の経験ですと、以前こういう
ことがありました。


ある入社4年目になる若手社員に
新入社員研修の担当となるよう
提案したのですが、その若手
社員は怯んでしまい(無理も
無いと思いますが)、とても
憂鬱そうでした。


しかし私はその若手社員には
新人研修の担当となる力が
十分にあると感じていました
ので、できたらこの壁を成長の
過程だと思って欲しかったので
すが、そこにあまり仕事が
できないで有名な中堅社員が
その若手社員に対して


「新人研修担当なんてつらい
よね〜。やりたくないよね〜。」



というようなことを吹聴して
いました。


それが若手社員同志で「気が
重い」
とボヤくならともかく、
中堅社員がまるで若手社員が
新人研修担当を降りるのを
肯定するかのような発言

していたことに、私はとても
ガッカリした
ものです。
(中堅社員なら「頑張って
みようぜ、オレもサポート
するからさ、くらいのこと
は言って欲しかったです。)


このような感じで人生には
様々な「壁」が付き物ですが、
それをいちいち避けていたら
いつまで経っても成長できま
せん。
そして避けることが癖
のようになってしまうと、
色々なことに対して「壁」を
避けるようになってしまいます。
これは人生でとても損です。


例えば仕事なら入社して3か月、
6か月、1年、3年、5年と
いうようなスパンで「壁」が
来ると思っておいてよいかも
しれません。そしてその「壁」
が来たら「壁」を乗り越える
べく自分で努力したり、先輩
からアドバイスを聞いたりする

のが良いのでしょう。


どんな「壁」も超えるために
ある。
辛い時もあるでしょうが
そう思っておけば良いのだと
思います。


▼関連記事

人生に壁があるからこそ
【脱コントロール思考】が身につく


試行錯誤をすることがとても大切だ




posted by ごくう at 22:38 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。