2018年02月04日

コントロール思考が強くなると、目の前にいる人のことが見えなくなる



自分の身近にいる人が何を考え、
何を思っているのか、身近だから
当然分かっている
と思っている人
がいます。


しかしこのような人ほど、目の前
にいる人に対してその人のことを
質問したり、気にかけたりして
いない、
というケースがあります。


例えば目の前にいる人と話をして
いても、その場にいない人のこと
を話していたり、世間一般のこと、
仕事のこと、勉強のことばかり
話している、ということです。


確かに目の前にいる人と関係が
あると言えばあるかもしれませんが、
その人の現在の(いま、ここの)
気持ちだったり、体調だったり、
どんなジャンルにしても上手く
いっているのか、それとも上手く
いっていないのか、など、そう
いう相手の肝心なことには関心
が向いていない
のです。


しかしこのような人ほど、相手と
よく話をしている、相手のことは
よく分かっている、と思い込んで
います。



いくら一緒にいる時間が長くても、
肝心の相手のことはまるで見えて
いない。このような人と一緒に
いても「自分を全然見ていない」
というのはすぐに伝わります
ので、
相手は次第に距離をとるように
なっていくのです。






どうしてこのようなことが起こる
かと言えば、それは相手をコント
ロールしようとしているから

しょう。自分がメインで相手が
サブ、という人は、相手のこと
なんか見る必要が無いのです。
(見るところがあるとすれば
相手に利用価値があるか否か、
そのくらいでしょう。)


このような人は目の前の人を
見ようとしていないため、周り
からどんどん距離を置かれます。
そしてそれが嫌なのか、ますます
コントロールを強める場合があり
ます。
そんなことをしても全く
逆効果なのに・・・。


相手と距離を縮めたかったら
まず肝心要の相手を見ること。
それが一番の王道なような気が
します。




posted by ごくう at 16:26 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。