2017年10月09日

やはり北朝鮮とアメリカは戦争をするのではないか



思えば北朝鮮の挑発行動は、かなり
前からあったと思います。今から
約20年前に阪神淡路大震災があり
ましたが、私はこの時たまたま
大阪におり、朝方すごい揺れと
地響きを感じました。その時
半分寝てたのですが夢うつつの
中で


「あ、ついに北朝鮮が攻めてきた
のかな」



思ったものです。

それから20年経った今、以前より
さらに北朝鮮は挑発行為を強めて
います。もうそろそろ北朝鮮も
他国もお互い限界なのでは?

思います。





そんなタイミングの中、我が国
では総選挙が行われることに
なりました。


北朝鮮が挑発を繰り返す中でなぜ?
という声も聞かれますが、未来から
の目線で「今」を見てみますと


ああ、首相からすれば今がまさに
総選挙のタイミングなのかな


とも見ることができます。


というのも11月にトランプ大統領が
来日し、その中で何が話し合われる
のかと言えばやはり北朝鮮問題が
メインとなる
でしょう。そこで
日本国内の意思統一がゴタゴタ
しているわけにはいかない
のです。
そしてトランプ大統領の来日後、
どのくらい後になるかはわかり
ませんが、おそらくそう遠くない
うちに


「北朝鮮はもう限界だ、危険すぎる」


ということで、いよいよ米朝で戦争
状態になるのでは、と私は見ています。
(トランプ大統領もよく意味深なこと
を口にするようになりましたしね。)


もし戦争が始まったら総選挙どころ
ではないでしょう。だからこのタイ
ミングなのでは?(安倍総理は米朝
戦争がかなり高い確度で行われる
ことを知っているのでは?)
と私は
思います。





北朝鮮はもう後には引けないところ
まで来てしまいました。親族である
金正男も暗殺したかと思えば、妹で
ある金与正が幹部に選出されるなど、
もともと内向きな思考がさらに極端
になっており、
かなり精神的にも
追い詰められている感じがします。


私はこのような状況なので、S&P500
の投資信託を解約したり、SPDRゴー
ルドシェア(金のETF)を買い増し
したりしました。また他に少しでも
利益の出ている投信なども今のうち
に少し解約しておき、下落に備えた
と思っています。


何にしろ本当は戦争など起きないのが
一番の理想なのですが、そういうわけ
にもいかなくなってきている、という
のが今の状況なのかなと思っています。
人は言葉では嘘をつけますが行動で
嘘をつくのは案外難しい。
今回の
選挙も野党から「大儀がない」とか
「加計学園問題から逃げるためだ」
などと言われていますが、もしも
米朝戦争が近々行われる可能性が
非常に高いと知っているのなら、
このタイミングでの解散総選挙は
とても意味のあるものだ
と思えて
しまうのです。




posted by ごくう at 16:50 | Comment(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。