2017年04月08日

コントロールで「和」は作れない


4月。新しいことが始まる季節
です。新入学、新社会人・・・。
新しい環境になり、いろいろ新鮮
でやる気が溢れる一方、「何だか
イメージと違うな」と感じる部分
もあったりして、精神的に疲れて
いる人もいるかもしれませんね。


このような新しい環境の時に
よく言われたりするのが


「和」が大事だ


ということです。


確かにどんな組織であっても
「和」は大事だと思います。
(「和」が乱れるといろいろ
大変ですからね。)


しかしこの「和」、最初は
一緒に食事(飲み)に行ったり
遊びに行ったりすることで
「和」が生まれやすい状況
になるのですが、これは
最初だけの話です。


本当の「和」とは一時的な
ものではなくて、長く続く
ことができる「和」です。

そのためには日々のコミュ
ニケーションが大事で、
そのためにはお互いが
お互いを気遣うような、
そしてお互いがお互いを
認め合うような、そんな
信頼関係があってこそ
「和」が醸成されていく

のだと思います。





それなのに日々のコツコツ
と築いていくコミュニケー
ションは怠り、イベントや
飲み会で「和」を築こうと
する人がいます。


私はこのような行動は


コントロールで「和」を
作ろうとしている



と思っています。


でもコントロールで「和」
を作ろうとする人は、
たいていうまく「和」
ができていません。
(仮にできたとしても
一時的です。)


そして「和」ができて
いないと思っているから
こそ、必死になって(?)
変にコミュニケーション
を取ろうとしてくること
が多いのです。


ですが・・・学校でも
サークルでも職場でも、
どんなところだろうと
結局一番「和」を作って
いる人というのは、脱
コントロール的な人です。



脱コントロール的な人は
自然にコミュニケーション
を取っているので、その
人の周りは自然と「和」
ができていくのです。





しかしコントロール的な
人は、お互いを思いやる
ことから生まれる日々の
自然なコミュニケーション
は取らず、イベント的な
ことだけで「和」を作ろう
としてしまい、結局周り
から


「この人、なに?」


という感じになってしまう
のです。





以前このブログで


「共感」は人間関係上での「貯金」
http://bit.ly/2fVaMqs


という記事を書いたのですが、
「和」もこれと同じような
ことです。日々のコツコツ
としたコミュニケーション
と信頼関係が積みあがって
「和」になるのであって、
スポット的なイベントを
いくらやっても、それでは
「和」は醸成できません。
このような「和」はコント
ロール的であって、コント
ロールと「和」はある意味
正反対のような性質のもの
なので、
当たり前ですが
コントロールで「和」は
できないのです。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

他助論 [ 清水克衛 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)



posted by ごくう at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック