2017年01月31日

ためになる記事:「部下の仕事もできる上司」がいると従業員はより幸せになることが判明




会社員をやっていると部下の
仕事ができない上司
って結構
普通にいますよね。


上司は管理やマネジメントが
メインなのだから部下の仕事
はできなくて当然、などと言う
人もいますが、よほどの大企業
でもない限りこの考え方だと
チームに致命的な打撃を与えて
しまう可能性がある
というのが
私の経験則です。


組織が小さくなればなるほど
上司は部下の仕事ができない
といけないのかもしれません。


しかしこれが分かってない
中小零細企業は以外と多い
のでは?



オレは上司だ!などと偉ぶる
前に、部下の仕事の一つでも
できるようになっておいた方
が部下から信頼を得られるの
かもしれません。





------------------------------

「人は『悪い仕事』だから退職する
のではなく、『悪い上司』のせいで
退職する」
という英語のことわざが
あるのですが、これを裏付けるような
調査結果が公開されており、「もし
上司が仕事の専門的スキルを持って
いれば、従業員の仕事の満足度は
上昇する」
ということが明らかに
なっています。


Boss Competence and Worker Well-Being
http://bit.ly/2jR6xff


If Your Boss Could Do Your Job,
You’re More Likely to Be Happy
at Work
http://bit.ly/2kNJiqm





「良い上司」の基準として仕事の
スタイルやカリスマ性などが挙げ
られますが、ウィスコンシン大学
経済学部のベンジャミン・アルツ
博士を含む研究チームは、「もし
上司が技術的能力(専門的能力)を
持っていると従業員にどのような
影響があるか」
について調査を行
いました。つまり会社の上司は
コアビジネスの専門家であるか
どうか、どれだけの専門知識を
持っているか、ということに着目
したわけです。


研究チームは上司の能力を以下の
3つの方法で計測しました。


・職場の監督者は、もし必要があれば
 部下の仕事をこなせるか

・職場の監督者は、昇格するまで同じ
 会社で働いていた人物か

・職場の監督者は、労働者の1人として
 評価されるレベルの技術的能力を
 持っているか



・・・・(続く)


引用:ギガジン
http://bit.ly/2jqyBK3
------------------------------

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心が折れる職場 [ 見波利幸 ]
価格:918円(税込、送料無料) (2017/1/31時点)



posted by ごくう at 23:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『盲亀の浮木』
人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。
言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。
両親のそれぞれの両親、合計4人。
このようにさかのぼって考えてみましょう。 
10代前を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと約100万人!!
そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
奇跡的なことのように思えます。
そのように考えてみると、先祖の大切さがわかり、お墓の重さがわかります。
先祖に手を合わせて感謝しましょう。

Posted by 大自然の法則 at 2017年02月03日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446525151
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック