2016年12月31日

2016年は「ひょっとして日本はいまだに徳川時代を引きずっているのではないか」と思った1年だった




2016年も今日で終わりです。
今年も色々ありました。


私が今年一番印象的だったのは
SMAPの解散です。



私は別にSMAPが好きでも嫌い
でもないのですが、私が中学
の時に学研の「中一コース」
という本を取ってまして、
その本の表紙にSMAPが登場
したのを覚えています。
もう30年も昔だと思います。
その頃香取慎吾さんはまだ
小学生でした。「オレより
年下かよ!」
とかなり衝撃
を受けたことをハッキリと
記憶しています。私の中では
そんな頃からずっとSMAPが
身近にいました。


SMAPの解散については色々
報道されていますが、真相
はともかくとして、報道等
の情報を信頼するとすれば、
これは完全に


創業家 VS 実力のある家来
の権力闘争である



と私は感じました。


実力のある家来によって
自分たち創業家の立場が
危うくなるのではないか。
もしかしたら他の家来たち
も創業家の言うことを聞かず
実力のある家来になびいて
いってしまうのではないか。


そう感じた創業家の面々は
実力のある家来を排除し、
自分たち創業家のやり方を
貫き通そうとします。
こうして自分たちの身分・
権力を守ろうとするのです。






このような


創業家が何よりも偉い


という考え方は、ずっと世襲で
やってきた江戸時代の徳川の
発想と何ら変わらないのでは?

と思うのです。
創業家というだけでたとえ
ダメでも「偉い、すごい」
と見なしてしまう。


もちろん徳川のやり方が
全て悪いとは思いません。
265年もの間「江戸時代」を
続けることができた手法は
見習う点は多くあると思い
ます。しかし今の時代には
合わない面が多々あるのも
事実です。





どんなに優秀な家来が手柄
を立てても創業家を脅かす
ような存在は認めない。

そうするために創業家以外
の人間に対してたくさんの
制限を設定します。


情報化が進んでいない江戸
時代ならその手法も通用
したのでしょうが、今は
どんなこともすぐにネット
で拡散する時代
です。
いくら制限しても拡散を
止めることができない
ような時代になった今、
創業家があの手この手で
制限を加えても、実力が
ある人物はどうしても
頭角を現しやすい環境
になっている
のです。


しかし創業家はそれがどう
しても認められない。自分
で築いた体制は、何としても
自分の子や親族に継がせたい。

どんなに実力があって貢献
した人物でも、創業家の人間
を超えるなんてことはあって
はならない。



そんなところにSMAP解散の
本質があったのではないか
と個人的には思います。





このSMAP解散と似たような
構図に、セブンイレブンの
お家騒動がありました。


この騒動があった際、いまだ
に創業家である伊藤雅俊名誉
会長の名前が出てきたことに
正直驚きました。
またこの
騒動の発端となった鈴木敏文
元会長の息子に世襲を行わせる
のでは?という噂があったと
いうのも、事実かどうかは別
として「この時代になんて
時代錯誤な話なんだ」
と私は
思いました。(個人的には
鈴木敏文元会長は高齢だし、
もう引退していいんじゃない?
もっと言えばもっと早く引退
しても良かったんじゃない?
と思います。)


 ・  ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・  ・
 ・  ・  ・  ・  ・


SMAPの騒動もセブンイレブン
の騒動も、結局は


創業家 VS 実力のある家来
の権力闘争である


なら、いまだに徳川(江戸)
時代のような発想を引きずって
いるのが今の日本なのでは
ないか
、と思うのです。


実力ある人より創業家。
実力があるか無いかは
さほど問題ではない。
大事なのは創業家の意向
である。



この考え方は創業家が良い
方向に導いている時はいい
ですが、うまく行かなく
なった時にどうなるので
しょうか。


実力者を認めない仕組み
だと、うまく行かなく
なった時ほど実力者が
周りにいない
、という
組織になってしまって
いると思うのですが、
いかがでしょうか?


posted by ごくう at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445418343
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック